ゆりかもめ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京臨海ホールディングス > ゆりかもめ (企業)
株式会社ゆりかもめ
Yurikamome Inc.
Yurikamome headquarters, at Ariake, Koto, Tokyo (2019-01-01) 02.jpg
ゆりかもめ本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-0063
東京都江東区有明三丁目13番1号
北緯35度37分33.59秒 東経139度47分47.82秒 / 北緯35.6259972度 東経139.7966167度 / 35.6259972; 139.7966167座標: 北緯35度37分33.59秒 東経139度47分47.82秒 / 北緯35.6259972度 東経139.7966167度 / 35.6259972; 139.7966167
設立 1988年(昭和63年)4月25日[1]
(東京臨海新交通株式会社)
業種 陸運業
法人番号 9010601021591 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道・軌道事業(新交通システム)
代表者 代表取締役社長 小野 恭一
資本金 137億56百万円
(2019年3月31日現在[2]
発行済株式総数 27万5020株
(2019年3月31日現在[2]
売上高 112億3307万2000円
(2019年3月期[2]
営業利益 32億3255万2000円
(2019年3月期[2]
純利益 20億1345万3000円
(2019年3月期[2]
純資産 251億4091万7000円
(2019年3月31日現在[2]
総資産 465億9036万円
(2019年3月31日現在[2]
従業員数 205人(2019年度定数[3]
決算期 3月31日
主要株主 東京臨海ホールディングス 99.90%
東京都 0.10%
2019年3月31日現在[4]
外部リンク https://www.yurikamome.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ゆりかもめ: Yurikamome Inc.)は、東京都内で鉄道事業および軌道事業新交通システム)を営む株式会社東京臨海ホールディングス子会社で、東京都も出資する第三セクター方式の企業である。

1988年(昭和63年)設立時の商号は東京臨海新交通株式会社(とうきょうりんかいしんこうつう)だったが、1998年(平成10年)4月1日に運営路線の愛称名を商号とした。運営路線の詳細については、「ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線」の項を参照。

歴史[編集]

路線[編集]

車両[編集]

側方案内式の新交通システム車両で、軽量ステンレス製車体。先頭車両に記されている編成番号は19・20・29・30・49・50が欠番で、現有車両は31以降となっている。ゴムタイヤを履いている。電気方式は三相交流600V。ATOATCなどの保安装置のバックアップにより無人運転されるが、毎日昼過ぎに本線技能訓練といった名目で有人運転が行われる。有人運転は荒天時や非常時にも行われることがある。なお、7000系の4次車以降は1-3次車と制御方式が異なり7200系として区別されるが、外観に大きな違いはない。ただし7200系のうち2005年製のものはカラーリングが異なるなど、製造年度による細かな違いがある。

現有車両[編集]

  • 7300系 - 6両編成18本(108両)を導入し[8][9][10]、7000系を置き換えた。2014年1月18日に営業運転を開始した[9]
  • 7500系 - 7200系置き換えのために2018年から2020年にかけて導入される予定[11]2018年11月11日に営業運転を開始した[12]

過去の車両[編集]

運賃[編集]

大人旅客運賃(障害者・小児半額、IC利用の場合は1円未満切り捨て、切符・定期は10円未満切り上げ)。2019年10月1日改定[14]

キロ程 普通運賃(円) 定期券1か月
IC利用 切符購入 通勤 通学
初乗り2km 189 190 5600 3360
3 - 5 251 260 7460 4480
6 - 8 325 330 9640 5750
9 - 15 388 390 11500 6910
  • 通勤定期は普通運賃1往復分を1日分として約15日分(約半額)、通学は約9日分と他の第三セクター鉄道より割安になっている。りんかい線は通学についてはゆりかもめとほぼ同じだが、通勤は約19日分となっている。

企画乗車券[編集]

小児は半額

  • ゆりかもめ全線が1日乗り降り自由となる「ゆりかもめ一日乗車券」が各駅の券売機で発売されている。価格は820円。PASMOに搭載する「ゆりかもめ24時間券」は900円。
  • 東京臨海副都心エリア内のお台場海浜公園駅 - 有明テニスの森駅間に限り1日乗り降り自由となる「お台場-有明快遊パス」が、対象区間内の各駅の券売機で発売されている。価格は500円。
  • 回数券は金額式で10枚分の値段で12枚綴り。終日利用できる。

マスコットキャラクター「ゆりも」[編集]

ゆりもは、株式会社ゆりかもめが東京臨海新交通臨海線の開業10周年及び2006年有明駅 - 豊洲駅間開業を記念して2005年に登場させたキャラクターである。

路線愛称の由来になった東京都の都鳥「ユリカモメ」をモチーフに、胸にゆりかもめのシンボルマークが描かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集) 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』 30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、23頁。 
  2. ^ a b c d e f g 第31期決算公告
  3. ^ 会社概要 - ゆりかもめ
  4. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  5. ^ 沿革 - ゆりかもめ、2022年1月23日閲覧
  6. ^ 鉄道ジャーナル』第32巻第7号、鉄道ジャーナル社、1998年7月、 98-99頁。
  7. ^ 歴史 - 豊洲2・3丁目地区まちづくり協議会、2022年1月23日閲覧
  8. ^ ゆりかもめ新型車両デビュー! (PDF)”. ゆりかもめ (2013年3月15日). 2013年3月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  9. ^ a b ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用 - レスポンス、2014年1月19日
  10. ^ 新交通ゆりかもめ向け全自動無人運転車両(AGT)48両発注 2020年に向けて導入 - 三菱重工
  11. ^ ゆりかもめ は新型車両を導入します (PDF) - ゆりかもめ、2018年3月29日閲覧。
  12. ^ ゆりかもめ新型車両7500系デビュー! (PDF) - ゆりかもめ、2018年11月12日閲覧。
  13. ^ ゆりかもめ7200系車両の引退について - ゆりかもめ、2020年10月15日閲覧。
  14. ^ 消費税率引き上げに伴う運賃改定についてのお知らせ (PDF) - ゆりかもめ、2019年9月6日

外部リンク[編集]