角記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角記号(かくきごう)は「∠」の形をした幾何学で用いられる記号である。日本語では「かく」と読む。

概要[編集]

角記号は、下線の左に接し、右上方向に伸びる斜線を引く図形を書く。

角記号のなかでも直角であることを示すために直角記号の「∟」が用いられることもある。

使用例[編集]

∠ABC = 60° (線分ABと線分BCがBの位置で接しており、その角度が60度であることを示す。)
∠ABC + ∠CBD = ∠ABD
(ABとBCの間の角と、BCとBDの間の角の和が、ABとBDの間の角と等しいことを示す。
即ち∠ABC = ∠CBD = ∠ABD = 120°あるいは、∠ABCか∠CBDか∠ABDが0°であることを示す。)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2220 1-2-60 ∠
∠
∠

関連項目[編集]