出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さまざまな書体での∞

無限を示す記号である。数字の8を90度回転したような記号である。「むげんだい」「むげん」「インフィニティ」「アンリミテッド」などと呼ばれる。

歴史[編集]

ローマ数字1000であるↀ(CIƆ)をもとに作られたといわれている。ジョン・ウォリス1655年に自著の『De sectionibus conicis』で無限大の文字を使用した[1][2]ギリシア文字の最後の文字であるωを基にしているといるともいわれている[3]

関連する記号[編集]

無限大と関連する数学記号として「⧜」(右上のない無限大記号)、「⧝」(上に「」をつけた無限大記号)、「⧞」(中央に縦線のある無限大記号)が存在する。

用途[編集]

数学において[編集]

数学では順序数が無限に続く場合に用いる。総和極限の場面で用いられる。

 \sum_{i=0}^{\infty} \frac{1}{2^i} = \lim_{x\to\infty}\frac{2^x-1}{2^{x-1}} = 2,

中性紙の記号[編集]

中性紙の記号

無限大を丸で囲った記号♾は中性紙の記号として用いられる。

ウロボロス[編集]

タロットカードに示されたウロボロスをあらわす∞

昔はウロボロスをあらわす記号として同形の記号が用いられていた。

メビウスの帯[編集]

ウラジーミル・ナボコフは『賜物』 (Дар)や『青白い炎』(Pale Fire)の小説でメビウスの帯の記号として用いた[4]

メティ[編集]

メティの旗

カナダ先住民族であるメティはメティの旗にこの記号を用いている。

煙霧[編集]

日本の天気記号の煙霧

アメリカなどでは∞を煙霧の天気記号として用いる。日本の天気記号では∞を丸で囲った記号を煙霧の記号として用いる。

漫画、アニメーション[編集]

漫画やアニメ作品の名称で用いられることがある。

漫画[編集]

アニメーション[編集]

吉本興業[編集]

吉本興業では∞を用いたものが多い。

アーティスト名[編集]

アーティストで∞を名称にふくんでいる者もいる。

音楽[編集]

ダンスミュージックなどで無限大の記号がよく用いられる。アンリミテッドやインフィニティと読むことも多い。

シングル
アルバム
ミュージックビデオ

ラジオ番組名[編集]

音楽を無限に流すFM番組の番組名などでよくもちいられる。

その他[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+221E 1-1-4 ∞
∞
無限大
U+29DC - ⧜
⧜
INCOMPLETE INFINITY
U+29DD - ⧝
⧝
TIE OVER INFINITY
U+29DE - ⧞
⧞
INFINITY NEGATED WITH VERTICAL BAR
U+267E - ♾
♾
PERMANENT PAPER SIGN

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Scott, Joseph Frederick (1981), The mathematical work of John Wallis, D.D., F.R.S., (1616-1703) (2 ed.), American Mathematical Society, p. 24, ISBN 0-8284-0314-7, http://books.google.com/books?id=XX9PKytw8g8C&pg=PA24 .
  2. ^ Martin-Löf, Per (1990), “Mathematics of infinity”, COLOG-88 (Tallinn, 1988), Lecture Notes in Computer Science, 417, Berlin: Springer, pp. 146–197, doi:10.1007/3-540-52335-9_54, MR1064143 
  3. ^ Clegg, Brian (2003), A brief history of infinity: the quest to think the unthinkable, Robinson, ISBN 9781841196503 
  4. ^ Toker, Leona (1989), Nabokov: The Mystery of Literary Structures, Cornell University Press, p. 159, ISBN 9780801422119, http://books.google.com/books?id=Jud1q_NrqpcC&pg=PA159