Macintosh Color Classic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Macintosh Color Classicは、1993年Apple Computerから販売されたパソコンMacintosh」の一機種。このページでは、派生モデルのPerforma 250や後継機種のColor Classic IIなどについても記述する。

Color Classic[編集]

Macintosh Color Classic
製造元 Apple Computer
発売日 1993年2月10日
標準価格 1400US$
販売終了日 1994年5月16日
OS System 7.1-Mac OS 7.6.1
CPU Motorola 68030 @ 16 MHz
メモリ 4 MB, 10 MBまで拡張可能 (100 ns 30-pin SIMM)

Classic IIの後継機種として発売された。ただし当時の他のMacintoshシリーズのモデルチェンジでも見られるように、先行のClassic IIも引き続き併売されていた。

 (Compact Macintoshとして初のカラーディスプレイを持ち、ブラウン管として10インチソニートリニトロンが採用された。ロジックボードの仕様としては、同世代のMacintoshであるLC IIと近似しており、メモリやCPUバス、LC ProcessorDirectSlotが互換となっている。LCなどと同様、このスロットにApple IIeカード (Apple IIe Cardを差してAppe II用のディスプレイ (Apple II graphics#High-Resolution (Hi-Res) Graphicsを繋ぎ、ディスプレイを切り替えると、Apple IIeの互換機種として使うことができる。これ以外の拡張カードとして、CPUアクセレータ、イーサネットカード、ビデオカードなどがある。

アメリカ合衆国では本機をベースに付属品などを充実させたMacintosh Performa 250も販売された[1]

エスプレッソデザイン言語を採用した最初の製品である[2]

Color Classic II[編集]

Macintosh Color Classic II
Macintosh Color Classic II.JPG
製造元 Apple Computer
発売日 1993年10月1日
販売終了日 1995年5月16日[3]
OS System 7.1-Mac OS 7.6.1
CPU Motorola 68030 @ 33 MHz
メモリ 4 MB, 36 MBまで拡張可能 (80 ns 72-pin SIMM)

Color Classic の後継機種として発売された。

ロジックボードの仕様としては、同世代のMacintoshであるLC IIIと近似しており、メモリやCPUバス、LCIII ProcessorDirectSlotが互換となっている。

本機をベースに付属品などを充実させたMacintosh Performa 275も販売された。

Mystic[編集]

Appleが計画していたとされるColor Classic IIの後継機種の開発コードネームとして愛好家の間では認知されていたことから、意味は転じてColor Classic系のロジックボードを LC575 ないし Performa575 のそれと交換する改造のことをこのように称する。当時普及の始まったインターネットで改造の情報交換が行われたこともあり、愛好家たちの間で流行した。当然ながらAppleが後継機種の計画やこのコードネームの存在を公式に認めたわけではない。

関連項目[編集]

注釈、出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]