Apple TV+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple TV+
Apple TV Plus Logo.svg
運営元 Apple Inc.
サービス開始日 2019年11月1日 (2年前) (2019-11-01)[1]
プラットフォーム

Web (tv.apple.com)
Supported OS:
- macOS, Windows, Android, Chrome OS

Apple TV アプリケーション
Supported OS:
- iOS 10.2 and later, macOS 10.15 Catalina or later
Supported media devices:
- Apple TV, selected smart TVs, PlayStation, Xbox, Roku, Amazon Fire TV, Chromecast with Google TV
会員数 増加 10 million (2020年11月1日 (2020-11-01)現在)
価格 $4.99 per month (US)
£4.99 per month (UK)
€4.99 per month (EU)
$7.99 per month (AU)
₹99 per month (IN)
ウェブサイト www.apple.com/apple-tv-plus/
テンプレートを表示

Apple TV+(アップル ティーヴィープラス)は、Apple Inc.が所有・運営するアメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド・サービス。2019年11月1日に開始され、Apple TV+ Originalsと呼ばれるオリジナル制作の映画やテレビシリーズを提供している。2019年3月25日にスティーブ・ジョブズシアターで開催されたApple Special Eventでの発表され、オプラ・ウィンフリースティーヴン・スピルバーグジェニファー・アニストンといったセレブリティがステージに登場した[2][3][4]

AppleのウェブサイトやApple TVアプリを通じて利用できる。Apple TVアプリは、多くのApple製デバイスや、一部のスマートテレビやゲーム機を含む主要な競合ストリーミングデバイスで徐々に利用できるようになっている。また、Apple TV+と同時に定額の月額料金で映像コンテンツを提供するビデオアグリゲーションサービスであるApple TV Channels英語版が発表された。このサービスはApple TV+と共に映像コンテンツを広く配信し、サービスの収益を増やすための活動の一環とされている[5]

歴史[編集]

発端[編集]

Appleは長年、テレビのストリーミングサービスを開始することに関心を持っているとの噂が立っており、同社はこれまで様々なテレビ企業とコンテンツ配信に関する交渉を行っていた。しかし、Apple側が出した要望に相手企業側が難色を示したことにより、交渉はいずれも決裂することとなった。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた内容によれば、これら決裂の原因には交渉にあたった同社のソフトウェアおよびサービス担当上級副社長のエディ・キュー(Eddy Cue)が相手企業の幹部たちに傲慢な印象を与えてしまったことも含まれるとされている[6][7]

2016年10月、CEOのティム・クックはテレビに対して「非常に興味深い」と語っており、同社が独自のコンテンツ制作に取り組み始めたことに加え、「(コンテンツ制作は)創造と所有権両方の観点から私たちにとって素晴らしい機会であり、私たちが注力している分野だ」と述べた[8]

人員の確保[編集]

2017年6月、Appleはソニー・ピクチャーズ テレビジョンの共同社長であるジェイミー・エリック(Jamie Elricht)とザック・ヴァン・アンバーグ(Zack van Amburg)を引き抜き、番組制作全般を監督する役職に就任させた[9][10]。同年8月には、Matt ChernissがDomestic Creative Development部門の責任者として採用された[11]。この年の後半、AppleはApple TV+の幹部チームを補充し続け、Kim Rozenfeldが現行番組および台本なしの番組部門の責任者として、Jay Huntがヨーロッパ方面のクリエイティブディレクターとして、Morgan WandellがInternational Creative Development部門の責任者として、Tara Sorensenが子供番組部門の責任者として、Max Aronson, Ali Woodruff, Carina Walker, Michelle Leeが開発およびクリエイティブ部門の幹部として参加した[12][13][14][15][16]

2019年を通じて、Appleは台本なしコンテンツチームの構築を続け、同年4月にMolly Thompsonがドキュメンタリー部門の責任者として採用された[17]。11月にはRozenfeldが役職を退き、自身の会社であるHalf Full Productionsを通してAppleとコンテンツ制作におけるファーストルック契約を結び、コンテンツ制作に専念することとなった。これによりChernissはRosenfeldが担当していた現行の台本ありの番組の監督業務を引き継ぐこととなった[18]

開発に関する報道[編集]

2018年5月、Appleが独自のコンテンツサービスの姉妹プロジェクトを開始し、Apple製品を持っている人に同社のアプリストアから個別にダウンロードしたアプリを通じて加入させるのではなく、iOStvOS上のApple TVアプリを通じて直接サブスクリプションでの動画サービスを開始する見込みであることが報じられた[19]

同年10月、Appleが今後のオリジナルコンテンツを、すべてのiOSおよびtvOS搭載の製品にプリインストールされているApple TVアプリ内に設置する、まだ開発中の動画サービスを通じて配信すると報じられた。このサービスは、Apple製品を持っている人に無料で提供されるオリジナルコンテンツと、HBOStarzといったメディア企業のサブスクリプションチャンネルの両方を備え、オンラインのみのサービスに申し込むことができると予想されていた[20]。同月末、Appleが2019年前半にアメリカでこのサービスを展開し、さらにその数ヶ月後には約100カ国に提供を拡大する意図があると報じられた[21]

発表内容[編集]

2019年3月25日、Appleは正式名称がApple TV+となったコンテンツサービスを発表するプレスイベントを開催した。このイベントでAppleは、今後配信予定のオリジナルコンテンツのティーザー映像を公開すると共に、一部コンテンツの正式発表を行い、それに参加する俳優やプロデューサーがステージに登場した。発表されたコンテンツには、教育番組『セサミストリート』の製作会社であるセサミワークショップによる初のシリーズ『Helpsters 〜お助けモンスターズ〜英語版』や、オプラ・ウィンフリーによるApple TV+向けの初のプロジェクトとして、職場のセクハラに関するドキュメンタリー『Toxic Labor』(仮題)や、メンタルヘルスに関するドキュメンタリーシリーズなどが発表されている[22][23][24]

同年9月10日には、Apple TV+が11月1日にサービス開始となり、月額4.99ドル(1週間無料体験付き)で最大6人の家族とアカウントを共有できることが発表された。またAppleは、新しいApple TV、Macパソコン、iPadiPhoneiPod Touchといった製品を購入した人にApple TV+を1年間無料で提供すると発表した[25]。加えて、音楽サブスクリプションサービスApple Musicに割引価格で加入している学生には、当面の間、Apple TV+も追加費用なしで提供されるとした[26]

無料サブスクリプション期間の延長[編集]

2019年11月1日の本サービス開始後、AppleはiPhoneを含む自社製品を購入した人に、Apple TV+の無料サブスクリプションを最大1年間提供することを発表した[27]。Appleは当初、2020年11月1日に終了する予定だった無料期間を2021年2月28日まで延長したが[28]、その後2021年1月中旬に同年7月31日まで再延長することを発表している[29]

2021年6月中旬、Appleは自社ウェブサイトにて、2021年6月30日以降に新規加入するユーザーに対し、無料期間が従来の1年間ではなく3ヶ月間となる旨を伝えている[30]

オリジナルシリーズ[編集]

Apple TV+のサービス発表の際、Appleは同サービスに参加する脚本家、監督、スターなどの著名人の名前を発表した。また、Appleは自社のオリジナル作品に多額の出資をしており、ドラマ「ザ・モーニングショー」においては、1エピソードあたり1500万ドルの製作費が費やされ、主演のジェニファー・アニストンリース・ウィザースプーンにそれぞれ1エピソードあたり200万ドルが支払われている[31]

2019年3月時点で、配信予定の作品のうち5作品が完成し、6作品が撮影中と報じられた[32]

2019年9月10日、AppleはApple TV+オリジナルのシリーズ番組8作品とオリジナルのドキュメンタリー1作品の配信を開始することを発表した。シリーズのほとんどは初め3話ずつ配信され、以降は毎週新しいエピソードが配信されるが、Appleはすべてのシリーズがこのモデルに従うわけではなく、いくつかのシリーズは全話配信される可能性があると述べている[33]

発表当初、批評家たちは同サービスが提供する番組数の少なさに対しまちまちの反応を示していたが、コメンテーターはAppleには今後コンテンツ制作会社として成長し高い評価を得る作品を制作する時間があり、特にApple製品の複数購入でサービスが無料で提供される年には、ユーザーが新しいシリーズを視聴し続け、最終的にサブスクリプション料金を払うようになるだろうと予測している[34][35][36]

新型コロナウイルス感染拡大による影響[編集]

2020年3月13日、Appleは新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、当時進行中だった撮影をすべて中断し、シリーズ番組の制作をすべて無期限延期とした[37]

2020年半ば、Appleが往年のテレビ番組や映画の配信権を大量に取得していることが報じられ、その理由について各ニュースサイトは、感染拡大時にオリジナル作品を制作するための時間稼ぎとして、往年の作品の配信ラインアップへの追加により加入者の興味を引き、サービス利用を習慣づけさせることで、新規オリジナル作品が公開される頃にある程度の視聴者層を確保するためとの見方を示した[38][39]

また、感染拡大により映画の劇場公開が相次いで中止となる状況に乗じ、Appleは話題性のある新規コンテンツの獲得に努め、2020年5月にトム・ハンクス主演の映画「グレイハウンド[40]、次いで7月にはウィル・スミス主演の映画「Emancipation」の配信権を獲得した[41]。 また、Appleは「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の配信権に関して3億5000万ドルから4億ドルで購入を検討したと報じられているが、この金額は製作会社のメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが提示していた6億5000万ドルから8億ドルにはほど遠い金額だった[42]

スポーツ中継[編集]

2022年3月8日、メジャーリーグベースボール(MLB)と提携して、同年シーズンから毎週金曜日に行われるMLBの2試合を「Friday Night Baseball」とのタイトルでライブ配信することを発表した。アメリカや日本など、世界8か国が配信対象となる[43][44]

2022年6月14日、メジャーリーグサッカー(MLS)と提携して、2023年シーズンから10年間の配信契約を結んだ上で同リーグの全試合をライブ配信することを発表した[45][46]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Apple Targets Apple TV+ Launch in November, Weighs $9.99 Price After Free Trial”. (2019年8月19日). オリジナルの2019年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190820030303/https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-19/apple-is-targeting-launch-of-apple-video-service-by-november 2019年8月20日閲覧。 
  2. ^ Welch, Chris (2019年3月25日). “Apple announces Apple TV Plus video subscription service”. The Verge. 2019年3月25日閲覧。
  3. ^ Apple Unveils Video Service With Celebrity Parade but Few Details”. The New York Times (2019年3月25日). 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ *Desantis, Rachel; Young, Susan (March 25, 2019). “Apple Reveals Apple TV+, with Shows from Oprah Winfrey, Jennifer Aniston & Reese Witherspoon”. People. https://people.com/tv/apple-reveals-apple-tv-shows-oprah-winfrey-jennifer-aniston-reese-witherspoon/ 2019年3月26日閲覧。. 
  5. ^ *Greenwald, Will (2019年3月26日). “Apple TV Is the Death of Apple TV”. https://www.pcmag.com/commentary/367380/apple-tv-is-the-death-of-apple-tv 2019年3月26日閲覧。 
  6. ^ アップルのストリーミングTVサービス、交渉決裂は傲慢な態度が原因か--WSJ報道”. CNET Japan (2016年7月29日). 2020年1月24日閲覧。
  7. ^ アップルのTV事業、強引な交渉戦術が裏目に”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2016年8月2日). 2020年1月24日閲覧。
  8. ^ Apple Looks To Buy Original Programming, But How Much Will It Spend?”. Deadline.com (2017年1月12日). 2020年1月24日閲覧。
  9. ^ Critic's Notebook: Apple and All of Its Money Just Got Real About the TV Business”. The Hollywood Reporter (2017年6月21日). 2020年1月24日閲覧。
  10. ^ ソニーのTV幹部2人、アップルが引き抜く コンテンツ強化へ”. ロイター日本版 (2017年6月18日). 2020年1月24日閲覧。
  11. ^ Andreeva, Nellie (2017年8月15日). “Matt Cherniss Joins Apple As Head Of Development For New Programming Unit”. Deadline Hollywood. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月29日閲覧。
  12. ^ Andreeva, Nellie (2017年9月6日). “Apple: Kim Rozenfeld, Max Aronson, Ali Woodruff & Rita Cooper Lee Join TV Unit” (英語). Deadline Hollywood. 2017年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  13. ^ Littleton, Cynthia (2017年10月25日). “Apple Video Recruits Channel 4 Alum Jay Hunt for European Post” (英語). Variety. 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  14. ^ Andreeva, Nellie (2017年10月20日). “Amazon's Morgan Wandell Joins Apple As Head Of International TV Development” (英語). Deadline Hollywood. 2020年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月29日閲覧。
  15. ^ Goldberg, Lasley (2017年12月21日). “Amazon Head of Kids Programming Tara Sorensen Among Trio Exiting for Apple (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  16. ^ Goldberg, Lesley (2017年12月6日). “Apple Enlists Jason Katims' Producing Partner Michelle Lee” (英語). The Hollywood Reporter. 2017年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  17. ^ Otterson, Joe (2019年4月15日). “Apple Hires Molly Thompson as Head of Documentaries” (英語). Variety. 2021年4月5日閲覧。
  18. ^ Andreeva, Nellie (2019年11月11日). “Kim Rozenfeld Steps Down As Apple Head Of Current Programming & Unscripted, Segues To First-Look Deal” (英語). Deadline Hollywood. 2019年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。
  19. ^ Apple Plans to Sell Video Subscriptions Through TV App”. Bloomberg News (2018年5月9日). 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  20. ^ Apple plans to give away original content for free to device owners”. CNBC (2018年10月10日). 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  21. ^ Apple to Launch TV Subscription Service Globally”. The Information (2018年10月23日). 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  22. ^ Watch the Apple Special Event. Apple (英語). 該当時間:103分. 2019年11月14日閲覧
  23. ^ Hipes, Patrick (2019年3月25日). “Apple Shows Off Original Series For First Time With Sizzle Reel – Watch”. Deadline Hollywood. 2019年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月27日閲覧。
  24. ^ Gartenberg, Chaim (2019年3月25日). “Oprah will release two documentaries on Apple TV Plus along with a new book club”. The Verge. 2019年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月27日閲覧。
  25. ^ Alexander, Julia (2019年9月10日). “Apple TV+ launches on November 1st for $4.99”. The Verge. 2019年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。
  26. ^ Brown, Shelby (2019年10月30日). “Apple TV Plus will be free for students with an Apple Music subscription”. CNet. オリジナルの2019年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191103005423/https://www.cnet.com/news/apple-tv-plus-will-be-free-for-students-with-an-apple-music-subscription/ 2019年11月3日閲覧。 
  27. ^ Haslam, Oliver (2019年9月12日). “Families can only get Apple TV+ free once”. iMore. 2021年6月28日閲覧。
  28. ^ Apple to extend Apple TV+ free year trials through February 2021”. 9to5mac (2020年10月8日). 2021年6月27日閲覧。
  29. ^ Apple again extends Apple TV+ free trials, subscribers now get free access until July 2021”. 9to5mac (2021年1月15日). 2021年6月27日閲覧。
  30. ^ Apple TV Plus free trial period drops from one year to three months”. Cnet (2021年6月16日). 2021年6月27日閲覧。
  31. ^ Block, Alex Ben (2019年11月21日). “What's Apple's Streaming Strategy? Think of It as Content as Catnip”. Los Angeles Magazine. 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月27日閲覧。
  32. ^ Apple’s Big Spending Plan to Challenge Netflix Takes Shape”. The New York Times (2019年3月17日). 2019年3月26日閲覧。
  33. ^ Apple TV Plus launches on November 1st for $4.99” (英語). The Verge (2019年9月10日). 2020年1月24日閲覧。
  34. ^ Alexander, Julia (2019年10月31日). “Do Apple TV Plus shows have to be good to succeed?”. https://www.theverge.com/2019/10/31/20936686/apple-tv-plus-morning-show-see-mankind-dickinson-price-netflix-disney-streaming 2019年11月1日閲覧。 
  35. ^ Bundel, Ani (2019年11月1日). “Apple TV Plus joins Disney+ in the streaming wars with mediocre shows and lots to prove”. https://www.nbcnews.com/think/opinion/apple-tv-plus-joins-disney-streaming-wars-mediocre-shows-lots-ncna1074946 2019年11月1日閲覧。 
  36. ^ Travers, Ben (2019年10月29日). “Apple TV+ Original Series: What Those Mixed Reviews Mean For Friday's Launch”. https://www.indiewire.com/2019/10/apple-tv-bad-reviews-how-to-watch-1202185615/ 
  37. ^ Clover, Juli (2020年3月13日). “Apple Suspends All Active Filming on Apple TV+ Shows”. MacRumors. 2020年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月12日閲覧。
  38. ^ Mayo, Benjamin (2020年5月19日). “Bloomberg: Apple TV+ tops 10 million subscribers, company buying TV show and movie back catalog to expand service”. オリジナルの2020年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200526151238/https://9to5mac.com/2020/05/19/apple-tv-plus-back-catalog-subscribers/ 2020年5月19日閲覧。 
  39. ^ Katz, Brandon (2020年5月19日). “Apple TV+ Switching Up Its Strategy to Lock Horns With Netflix”. オリジナルの2020年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200520145913/https://observer.com/2020/05/apple-tv-plus-buying-old-shows-for-library-netflix/ 2020年5月19日閲覧。 
  40. ^ Fleming, Mike, Jr. (2020年5月19日). “Tom Hanks WWII Film 'Greyhound' Alters Course In Apple Deal: Film Will Premiere On Apple TV +”. Deadline Hollywood. 2020年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月19日閲覧。
  41. ^ Fleming, Mike, Jr. (2020年7月1日). “Apple Wins 'Emancipation'; Will Smith's Westbrook Relationship With Toppers Zack Van Amburg & Jamie Erlicht At Sony Helped Seal Festival Record Pre-Buy”. Deadline Hollywood. 2020年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月1日閲覧。
  42. ^ Behind MGM's Apple Overture: How Much Is a Bond Movie Worth?”. The Hollywood Reporter (2020年10月27日). 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月27日閲覧。
  43. ^ Apple TV+でメジャーリーグ観戦が可能に 週に1度のダブルヘッダー「Friday Night Baseball」、日本でも”. ITmedia NEWS (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  44. ^ 米大リーグがまた放映収入 今季から毎週金曜にアップルTVで試合配信”. スポーツ報知 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  45. ^ Rachel Bachman, Tim Higgins (2022年6月15日). “アップル、メジャーリーグサッカー全試合の配信で10年契約”. WSJ Japan. 2022年6月16日閲覧。
  46. ^ 米MLSがアップルと提携 ストリーミングで全試合を生中継 MLSの収入は最低338億円”. スポーツニッポン (2022年6月15日). 2022年6月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]