007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
No Time to Die
No Time To Die 13.svg
監督 キャリー・ジョージ・フクナガ[1]
脚本 ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド英語版
スコット・Z・バーンズ
キャリー・ジョージ・フクナガ
フィービー・ウォーラー=ブリッジ
原作 イアン・フレミング
製作 バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
出演者 ダニエル・クレイグ
ラミ・マレック
レア・セドゥ
ラシャーナ・リンチ
ベン・ウィショー
アナ・デ・アルマス
ナオミ・ハリス
ジェフリー・ライト
クリストフ・ヴァルツ
レイフ・ファインズ
音楽 ハンス・ジマー[2]
主題歌No Time To Die
ビリー・アイリッシュ
撮影 リヌス・サンドグレン
編集 トム・クロス
エリオット・グレアム
製作会社 ダンジャック
イーオン・プロダクションズ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ユナイテッド・アーティスツ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2021年9月30日(予定)
アメリカ合衆国の旗 2021年10月8日(予定)
日本の旗 2021年(予定)
上映時間 163分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $250,000,000
前作 007 スペクター
テンプレートを表示

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time to Die)は、2021年公開予定のイギリスアメリカ合衆国スパイアクション映画。『007シリーズ』第25作。007映画シリーズ初のユニバーサル・ピクチャーズ配給作品でもある[3]

あらすじ[編集]

スペクター』から5年後、現役を退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、彼のもとに旧友でもあるCIAエージェントのフェリックス・ライターがやって来て、誘拐された科学者ヴァルド・オブルチェフを救い出してほしいと依頼する。

現役復帰したボンドは、危険な最新技術を操る正体不明の敵との想像を超える過酷な闘いに身を投じる。

キャスト[編集]

主人公のダニエル

製作[編集]

2020年1月15日にビリー・アイリッシュがシリーズ史上最年少で主題歌を提供することが007と本人のインスタグラムで発表された。

撮影[編集]

公開[編集]

当初は2020年2月14日に全世界公開とアナウンスされていた[6]。その後、イギリスでは同年4月3日、アメリカでは4月8日、日本では4月10日に公開予定とされていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全世界で11月まで延期されることが決まり、さらに後日新たな公開予定日がイギリスは11月12日、日本は11月20日、アメリカは11月25日に決まっていた[7]。しかし、同年10月には翌2021年4月まで再度延期されることが発表され[8]、更に2021年1月には10月まで3度目の延期が発表された。

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『007』新作、D・ボイルの後任が日系人監督キャリー・フクナガに決定!”. cinematoday. 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ ‘No Time to Die’: Hans Zimmer Takes Over as Composer on Bond Movie (EXCLUSIVE)”. 2020年1月8日閲覧。
  3. ^ ただし、(日本を含む)一部の地域では、「オクトパシー」から「ワールド・イズ・ノット・イナフ」にてかつてユニバーサル・スタジオの合弁会社であったUIPが配給を務めたことがあり、実質的に務めるのは21年ぶり。
  4. ^ Nicholson, Tom (2018年12月7日). “Léa Seydoux, Ben Whishaw, Ralph Fiennes And The Gang Will Return For Bond 25” (英語). Esquire. 2019年3月25日閲覧。
  5. ^ “007最新作「ボンド25」悪役にラミ・マレック”. 日刊スポーツ. (2019年4月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904270000043.html 2019年6月26日閲覧。 
  6. ^ “『007』最新作、世界公開は2020年2月14日 新監督はキャリー・ジョージ・フクナガに!”. cinemacafe.net. (2018年9月20日). https://s.cinemacafe.net/article/2018/09/20/58378.html 2018年9月23日閲覧。 
  7. ^ “新型コロナで延期の『007』新作、日本公開は11月20日に決定!”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114617 2020年3月11日閲覧。 
  8. ^ ボンド新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」、2021年に公開延期”. AV watch (2020年10月5日). 2020年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]