テレ東系リアルタイム配信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレビ東京 > テレ東系リアルタイム配信
TVer > テレ東系リアルタイム配信

テレ東系リアルタイム配信(テレとうけいリアルタイムはいしん)は、2022年4月11日に開始されたテレビ東京常時同時配信・見逃し番組配信サービスの名称である。

概要[編集]

TVerのシステムを利用して、ゴールデンタイム・プライムタイムの番組同時配信を行う[1]

開始まで[編集]

イギリス英国放送協会(BBC)とITVが2008年からテレビ放送の同時配信サービスを開始したのを皮切りとして、世界各国の放送局が相次いで同時配信サービスを開始したが、日本では著作権法や採算上の問題、系列局地方局)への配慮などから、テレビ東京を始めとする、民放各社はこれまでテレビ番組のインターネット同時配信に慎重だった[2][3]

しかし、テレビ離れが急速に進んでいることや2020年3月に日本放送協会(NHK)がNHKプラスのサービスを開始させることを受けて、テレビ東京などの在京民放5社でも同年秋にインターネット同時配信を始める方針で関係各所と調整していることが同年2月に報じられた[2][3]

テレビ東京も同時配信サービスを開始する予定であることを2021年9月30日に行われた定例社長会見にて明らかにした。同局にて放送しているプライムタイムの番組[注釈 1][注釈 2]を中心にTVerにて配信することを予定しており、同局社長の石川一郎は「我々が作るコンテンツを、テレビを持っていない方にも見ていただきたい」とコメントしている[5][6][7]。当初は2021年12月頃を目処にサービス開始する予定だったが、TVerの新アプリ開発が遅れていることから延期となり[6][8][9]、その後、2022年4月11日に「テレ東系リアルタイム配信」のサービス名で開始することを同年3月24日に行われた定例社長会見にて発表した[1][7]

これまでテレビ東京系列(TXNネットワーク)は全国に6局[注釈 3]の系列局しか無く、仙台市広島市といった大都市でもテレビ東京の系列局が存在しなかったために同局制作の人気番組を見ることが出来ない[注釈 4]という事態になっていた。このため、該当する地域の在住者からは不満の声も高かった[10]。テレビ東京は2022年4月10日付朝刊日本経済新聞含めた全国紙、同月12日付の地方各紙テレビ欄にそれぞれ『全国放送っぽくふるまっていた件に関してのお詫び』[注釈 5]『お詫び ここ(テレビ欄)にいなくて、すみません。』と題した新聞広告を掲載し、これまでテレビ東京の番組を見ることが出来なかった地域の在住者に対して謝罪すると共に同月11日から日本全国でテレビ東京の番組をリアルタイム配信することを告知した[10][11][12]

特徴[編集]

TVerでリアルタイム配信を行っている放送局で唯一、ローカルセールス枠の番組[注釈 6]も含めて配信を行っている(他の4局はネットワークセールス枠全国ネット)の番組のみリアルタイム配信の対象)。

配信画面[編集]

右上に「テレ東7系」(「7」はテレビ東京マスコットキャラクターの「ナナナ」)と透かし(ウォーターマーク)が挿入されている。

追っかけ再生[編集]

報道番組(『ワールドビジネスサテライト』)や一部のバラエティー番組(『家、ついて行ってイイですか?』)、日経スペシャル冠スポンサー番組(『カンブリア宮殿』・『ガイアの夜明け』)、アニメ番組(『妖怪ウォッチ♪』・『ポケットモンスター』)での利用は出来ない[5]

対象機器[編集]

スマートフォンタブレットPCに対応。なお、TVerのテレビアプリやChromecastを介した視聴は出来ない[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 月曜日 - 金曜日は18時台から23時台まで。土曜日は18時台から21時台まで。日曜日は18時台から22時台まで。また、報道番組である『ワールドビジネスサテライト』も同時配信の対象となる。
  2. ^ また、国政選挙実施に伴う選挙特別番組池上彰の選挙ライブ』についても同時配信したことがある[4]
  3. ^ TX、TVOTVATSCTVhTVQ
  4. ^ 実際は一部番組を番組販売という形で週末の午後を中心に放送している局が多い。
  5. ^ この広告にはTXNが視聴出来ない地域に住む人々のSNS投稿も掲載していた(全て実際に投稿されていたという)[10]
  6. ^ 火曜日・土曜日の18時台から20時台が該当。

出典[編集]

  1. ^ a b テレビ東京が4月から「TVer」リアルタイム配信へ、「Youは何しに日本へ?」でスタート”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年3月24日閲覧。
  2. ^ a b 民放キー5局 今秋ネット同時配信へ 若者のテレビ離れ対応”. 東京新聞 (2020年2月2日). 2020年9月20日閲覧。
  3. ^ a b 日テレ同時配信開始で聞こえる電波返上の足音”. 東洋経済新報 (2020年9月17日). 2020年9月21日閲覧。
  4. ^ 民放各局系列の参議院議員選挙特番をTVerでリアルタイム配信”. TVerPLUS (2022年7月10日). 2022年7月11日閲覧。
  5. ^ a b c 民放テレビの地上波リアルタイム配信が TVer に勢ぞろい! 2022 年 4 月 11 日(月)夜からスタート!”. 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン・株式会社毎日放送・朝日放送テレビ株式会社・テレビ大阪株式会社・関西テレビ放送株式会社・讀賣テレビ放送株式会社・株式会社TVer (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  6. ^ a b テレ東も「同時配信」年内スタートで準備 石川一郎社長が明言”. サンケイスポーツ (2021年9月30日). 2021年9月30日閲覧。
  7. ^ a b テレ東系リアルタイム配信”. テレビ東京 (2022年3月24日). 2022年3月24日閲覧。
  8. ^ テレ東、同時配信開始を延期 TVerの開発遅れ原因”. 共同通信 (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  9. ^ テレ東社長、同時配信に意欲「4月のどこかのところから始めたいと認識して進めています」”. スポーツ報知 (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  10. ^ a b c テレ東“全国デビュー”に「地方民には待望」「革命だ」おわび広告効果で「#テレ東見れない」トレンド入り”. スポーツニッポン (2022年4月11日). 2022年4月12日閲覧。
  11. ^ テレビ東京が新聞一面の“お詫び”広告 全国っぽいふるまい謝罪!”. デイリースポーツ (2022年4月10日). 2022年4月12日閲覧。
  12. ^ 南日本新聞 報道部@373houdou_1のツイート”. Twitter (2022年4月12日). 2022年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]