テレビ離れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレビ離れ(テレビばなれ)とは、テレビの視聴習慣を持たなくなること、及びそのような国民の傾向を指す言葉である。世界各国でテレビ離れの傾向がある。

概要[編集]

テレビ離れとは、テレビ視聴よりも他媒体の優位性が向上し、若しくは、選択肢が増化したことによって、相対的にテレビ視聴の地位が低下する現象のことである。こうした傾向が統計上で現れ、「テレビ離れ」と呼ばれるようになった。

総務省の統計[1]によると、日本のテレビ平均視聴時間は1990年代以降も増加傾向に在る。ニールセンの調査[2]によればアメリカでも増加傾向にある。フランスカンヌのテレビ番組の国際見本市「MIPTV」で発表された統計では、日本人の平均視聴時間は5時間1分で世界で一番テレビを見ているという。これでは労働時間の他にはほとんど休みなくテレビを見ているということになる。

一方、日本ではテレビの総世帯視聴率 (HUT) は低下傾向にある[3]。また、2005年(平成17年)度のNHKの「国民生活時間調査」[4]によれば、日曜日にテレビを見る時間は10代男性が1995年(平成7年)の3時間34分から2005年(平成17年)に2時間52分、20代男性は3時間48分から2時間45分に減少している。行為率(テレビを観る人の割合)も同様に10代が94%から84%へ、20代は85%から74%に減少した。ただし、この行為率は全年齢層で微減している。この中で「若い男女は各曜日を通して視聴時間が短い。一方、70代以上は1日5時間以上テレビを見ており、主婦農林漁業者も同様に長時間視聴している」としている。また、2012年の博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所が行った調査では、自称元ヤン・元ギャルも一般の人よりテレビの視聴時間が長い傾向にあることが分かった[5]

また、テレビ局数も関東をはじめ三大都市圏五大都市圏とそれ以外の地域でのテレビ局数や番組編成の違いもあり、地方都市部を中心にテレビでテレビ番組を見るスタイルから、インターネットを通じてPCでテレビ番組を見るスタイルに変化しつつある。

傾向として、無職や高齢者の視聴時間は増加しているが、テレビを視聴する人は全体的に微減しており、その中で特に若い男性がテレビを見なくなっている。2011年(平成23年)のテレビ放送波の地上デジタルテレビ放送(地デジ)への切り替えに際しては、メーカーと販売店がこれを機会に、過剰とも受け取られる程までに従来のブラウン管テレビから液晶テレビへの買い替えを宣伝したため、従来のブラウン管テレビでは今後のテレビ視聴は不可能になるという誤解が世の中に広がった。だが、これは、メーカーと販売店の戦略であり、技術的には誤解である。従来のブラウン管テレビでも地上デジタル放送対応のTV用チューナーとデジタル→アナログ変換機さえ接続すれば視聴可能である。また、テレビを買い換えたくても金銭面や視聴不可能地域のため、テレビを視聴すること自体が困難になる世帯(過疎地域、高齢者・低所得者世帯)には、生活保護受給者を含めた低所得者層向けのチューナー無料貸し出しや難視聴地域向けのケーブルテレビ導入などが図られている。

例としてNHK紅白歌合戦の視聴率推移を見ると、1990年代は50%台(2部)を維持していたが、2000年に48.4%(2部)、39.2%(1部)と50%(2部)を切って以降この数字までは回復せず、2013年では44.5%(2部)、36.9%(1部)となっており、この傾向の一部が伺える。また、レギュラー番組でも、民放・NHKを問わず視聴率が20%を超える番組は減少傾向にある。

歴史[編集]

1997年(平成9年)の内閣府による「高齢者対策総合調査」の中の「高齢者の健康に関する意識調査」において、現在の趣味として「テレビ」と答えた高齢者は31.4%なのに対して、今後の趣味として「テレビ」と答えた高齢者は21.0%となっている[6]

2008年(平成20年)3月に行われた、NHK放送文化研究所のワークショップにおける調査報告においては、20代について、テレビを見ない人の増加や夜間視聴率の低下は起きているものの「テレビ離れが起きているとまでは言えない」としているが、漠然視聴の増加や視聴習慣の弱まりが確認されており、これを「テレビ視聴の希薄化」と位置づけられるのではないかと提起している[7]

グループインタビューの結果報告によると、テレビを長時間視聴している人は仕事の充実度が低い傾向にあり、テレビを重要と考えている人は、生活態度が受動的な傾向にある[7]。また、長時間視聴する人は番組へのこだわりが薄い人が多い[7]。長時間視聴・高重要と考えているグループは、テレビに「家族」という印象を持っており、長時間視聴・低重要と考えているグループは、テレビに「友達」という印象を持っている[7]

2008年(平成20年)5月に、NHK会長の福地茂雄が、課題として「若者のテレビ離れ」「テレビ視聴の希薄化が若者を中心に発生」を挙げ、深夜番組刷新や課題層へ、番組の新たなアプローチ方法を模索するなど、解決に向けた取り組みを語っていた[8]

2008年(平成20年)と2009年(平成21年)に、インターネットコムなどにより行われた調査では、「情報」「娯楽性」共にテレビよりもインターネットを重視する傾向となっており、2009年(平成21年)同調査でテレビの視聴時間が「短くなった」との回答は2/3を占めた[9]

2009年(平成21年)に、厚生労働省が行った「全国家庭児童調査」において、テレビやDVDをほとんど見ないと答えた子供の割合は、2004年(平成16年)の調査に比べて2倍超に増え、見ている場合でも、視聴時間は減っていることが分かった[10]

2010年(平成22年)1月25日から1月27日に、NTTコミュニケーションズが行った調査では、若い世代(20代以下)は他の世代に比べテレビ離れの傾向が大きく出ており、録画をしてテレビを見るという人も他の世代に比べ少ない傾向が出ていた[11]

2011年(平成23年)のアスキー総合研究所の調査では、既に20代では7人に1人程度(13.5%)が、全くテレビを視聴していない事がわかった。また、2011年(平成21年)7月24日地デジ化を機に、テレビを捨てた世帯がある程度居る [12][13] (なお、ビデオリサーチにおける調査対象ではテレビ非所有世帯を除外している[14])。

一方、ケーブルテレビの加入者も増加している [15]時事通信の調査によると、被災三県以外において地デジの対応をしていない人は2.1%にものぼっており、20代~30代の若年層において3.5%前後と高く、また70歳以上の高齢者も1.2%居ることが分かった[16]。また、2011年8月末までにNHKの解約件数が9万件を超えていることも判明している[17]

2011年上期のABC部数調査において、テレビ情報誌のザテレビジョンが8万部減、月刊ザテレビジョンが12万部減であった[18]

NHK世論調査部の全国個人視聴率調査によると、若年層と高年層の視聴の差が広がっていることが分かった[19]。2010年の時点で20代男女と30代男性において、1割以上の人がテレビを全く視聴しておらず[19]、2000年と比べて2010年の20代女性のテレビ視聴時間は25%以上も減っている[19]。逆に、高齢者のテレビ視聴時間が増えているが、高齢者は衛星放送を見る傾向にあり、70歳以上の男性においては42%が週に一度以上衛星放送を視聴している[19]

ビデオリサーチが行ったRDD方式によるBS世帯普及率調査によると、BSチューナー付の地デジ対応型テレビが普及することによって、2011年10~12月の平均で、BSの視聴可能世帯数は全世帯の72.3%まで増加している[20][21]。また、2011年12月のRDD方式によるBSパワー調査では、ゴールデンタイムにおけるBSデジタル放送への週平均接触率は15.2%となっている[22]

2012年、地上波のロンドンオリンピック番組の平均視聴率がNHKで9.2%、在京5局で7.4%と、1988年の計測開始以来過去最低になった[23][24]。計測に含まれないBSでの視聴が増えていることや、放送時間の増加、時差により深夜に行われる競技が多かったことが原因と言われている[23][24]放映権料の高騰や深夜のCM枠販売の不振によって、民放連加盟社全体のオリンピック放送の収支は、1984年昭和59年)以来初の赤字となり、数億円のマイナスとなった[25][26]

2012年3月~4月にインターネットで行われたクロス・マーケティングの調査によると、テレビよりも商品比較サイトを参考にして商品購入する人の方が多くなっている[27]。また、インターネット通販の普及によって、2012年(平成24年)11月には、テレビ通販老舗の日本直販を行っていた総通が破綻し、民事再生法の適用を申請している[28]

2012年の大阪ガス エネルギー・文化研究所のネット調査によると、年齢層が高いほど生活におけるテレビの重要性は高くなっており、逆に年齢層が低いほど生活における携帯電話・スマートフォンの重要性は高くなっているという結果が出ている[29]

また、NTTアドのネット調査によると、テレビとソーシャルメディアの両方を利用している人は、そうでない人よりもテレビの視聴時間が長いという結果が出ている[30]。なお、ソーシャルメディアでネタにされやすい番組は、「ニュース、報道番組」や「スポーツ」という結果が出ている[30]

2013年(平成25年)1月28日から3月1日まで6週間、ビデオリサーチの関東地区の週間視聴率ランキングにおいて、視聴率の20%を越える番組が存在しなかった[31][32][33]。3週間以上連続で20%を越えないのは、このランキングが始まって以来初めてである[31]

原因[編集]

イメージの悪化[編集]

やらせ虚偽報道、など多数のメディア問題が発生し、テレビのみならずメディアに対する不信感が高まっている。(詳細は当該項目を参照。) やらせ虚偽報道、は各テレビ局で多発しており、多くの番組がBPOの審議入りなどを受けて、打ち切られている。また、公共放送のNHKでも、クローズアップ現代でやらせがあったことが発覚し、番組は打ち切りになっている。

また、テレビ局は視聴者に対してエリート意識を持っているという指摘もある。視聴者より番組等に関するクレームが来ても横柄な態度を取るか、聞き流するだけで誠意がない。一方で、スポンサーには弱く彼らからのクレームには敏感であるとされている[34]。番組の内容はスポンサーからの要望などにより、変更されることが多い。

しかし、マスメディア自身が持つ既得権益に対しても不信が高まっている[35]。特にテレビにおいては、自己利益に繋がるような宣伝[36]、自己保身に走った姿勢[37][38]、礼を欠いた取材態度[39][40]などが批判されている。また、マスコミ自身の不祥事などに関しては報道しないか、軽く触れる程度である。朝日新聞の慰安婦問題をなかなかテレビ朝日は取り上げなかったことも話題になった。インターネットで朝日新聞に対する批判が高まってようやく、大きくテレビで報道し、検証することになった。

面白い番組しか見たくないというリスク回避の要求や、決まった時間を占有されることに対する拒否感があると指摘されている[7]。テレビを始めラジオ・新聞・雑誌は「オールドメディア (en:Old media)」「レガシーメディア」と呼ばれ、好きな時に好きな場所で好きなデバイスで見られて双方向性もある「ニューメディア (en:New media)」に比べ、古くさい印象を持たれている[41]視聴率主義の中で日本テレビ視聴率買収事件も起きている。

テレビは食事中に見られているが[27]、教育において、食事中はテレビを消そうという運動が行われている[42]。福岡県では取り組みによって、食事中にテレビを「消している」・「どちらかといえば消している」と答えた児童が、取り組み前から取り組み後の2年間で約25ポイントも増えている[42]

他の娯楽の発達[編集]

2000年代に入ると、コンテンツの選択肢が圧倒的に増え、テレビが数ある選択肢の中の一つの存在に成り下がったとされる(特に若年層に顕著)[43]

インプレスが発表した「インターネット白書2007」では、インターネットの普及及び利用時間の増加によってテレビの視聴時間がますます減少するのではないかと指摘されている[44]。動画に限っても、YouTubeニコニコ動画などの動画共有サイトや、GyaO!Huluバンダイチャンネルなどの無料・定額制動画サービスが伸びてきている。ただし、動画サイトはくつろいでいる時に見られる傾向があり、テレビと違って食事中や外出準備中や家事中に見られることは少ない[27]

アジャイルメディア・ネットワークが2007年(平成19年)3月15日から3月31日に行った「ブログ読者のメディア利用動向に関する調査」では、インターネットユーザーの中においてブログ読者層は一般的なユーザー層に比べてインターネットの利用時間が長くなっており、テレビなどのマス媒体の利用時間が短い傾向が出ていた[45]

イギリスの新聞タイムズの取材によると、フジテレビの取締役がゴールデンタイムにテレビを見る代わりに、任天堂家庭用ゲーム機Wiiで遊んで過ごす家族が増えつつあると述べている[46]

また、レンタルビデオ店におけるDVDレンタル料の低価格化と仕入れ枚数の増加も起きている[47]

録画機器の普及[編集]

ビデオテープレコーダーDVD等の録画機器が普及するに従って、リアルタイムでテレビを見るよりも録画したものを見る傾向が強くなってきた[48]。好きな時間に見られると共に山場CMをカットできる利点がある。ところが、録画された番組の視聴は視聴率に反映されない為、結果として視聴率を下げる結果となっている[49]

質の低下[編集]

2012年6月の朝日新聞土曜版のbeモニターに対するアンケート記事において、75%が最近のテレビはつまらないと答えている[50]

つまらないと答えた人の、つまらないジャンルはバラエティー・お笑い、ドラマ、情報・ワイド番組の順に高い[50]。逆に、つまらなくないと答えた人の面白いジャンルは、ドキュメンタリー、ニュース、ドラマの順となっている[50]。つまらない地上波放送局はフジ、日テレTBSの順であり、面白いチャンネルはNHK、テレ朝NHK BSプレミアムの順となっている[50]

テレビがつまらないと答えている人が増えたのは、視聴率低下によってスポンサーからの広告収入が減少し、併せて製作費も減少することで質の高い番組が作れなくなったとの見方が強い。また報道番組などでは局の意向が強い、またはワイドショー化されて過剰な演出や低俗な報道が目立つとの批判もある。

バラエティ番組でも批判が多い。AOLニュースは、フジ系で放送された27時間テレビの2013年放送分に対するネット上の意見を視聴者の「テレビ離れ」ではなく、番組が内輪だけで受けている状態であるという「テレビの視聴者離れ」に基づくものと評した[51]

予算の割に視聴率がそれなりに稼げると、2000年代になって、警察24時などの警察番組や旅番組、健康番組など類似番組が乱立し出した。内容もマンネリ化しており、警察番組では、痴漢などの逮捕の瞬間や交通取り締まりの模様、旅番組では高級旅館に泊まって豪華料理を食べ、温泉に入るというパターンが定番化してきた[52]

一部視聴層の切り捨て[編集]

テレビの視聴者はいくつかの層に分類されている[53]。 このうち視聴率を大きく左右する主流層を優先した編成が行われ[54]、非主流層におけるテレビへの不満は高くなっている[53][55]。一方で、視聴層が狭く購買力がある層(コアユーザー)に頼った番組が増えている[56]

またスポンサーが重視する購買欲の高い若者女性向け(F1層)の番組が、バブル崩壊以降増えている。1980年代以前のゴールデンタイムは、老若男女だれでも受け入れられる番組が主体だったのに対して、それ以降は、明らかに女性をターゲットにした番組が午前中はもとより、ゴールデンタイムでも主流になっている。中でも情報系番組は「女性に人気」「女性が支持する」といった語句を並べて、あたかも男性視聴者は存在しないような番組作りを行っている番組もある[57]

日本テレビは、かつて巨人戦を中心としたプロ野球中継を柱にしていたが、女性向けの番組がスポンサーから支持されると知ると「伊東家の食卓」を「女性の視聴率が低い」という理由で終了させたり[58]、野球中継も殆どなくした[59]ことで、男性層に気に入られる番組が少なくなり、男性層がテレビから離れる結果となった。

テレビ東京は、このような状況の中で独自路線を強めて、一部コア層のための番組を多く編成している。

対策[編集]

テレビ局各局はインターネットとの融合化を図り、パソコンに流れがちの層を意識したコンテンツの提供を図るとしている[60]在京民放キー局5局は共同でインターネット番組配信サービス「TVer」を2015年10月より開始した。

その一方でNHKは上記のインターネットとの融合化によるテレビ受信の公平性やテレビ離れ進行による収入減を防ぐ為、ワンセグ等テレビを受信できるデバイス所持者からも受信料を徴収する案や受信料徴収の義務化を検討しており[61]、民放は4Kテレビの録画禁止を検討している[62] 

しかし、現状ではテレビ離れの現状がNHKでたまに報じられるだけで、民放はもとよりその資本関係にある新聞でも報じられる事はごく少なくテレビ離れとその対策は国民に広く知られていないのが現状である。

世界各国におけるテレビ離れ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカにおいてもテレビ離れが進んでいる[63]との調査結果があり、特に若年層[64]ネットワーカーにおいて顕著である。若年層でも特に10代は、インターネット、携帯電話、ビデオゲームといったコンテンツを選択して時間の大半を過ごしている[65]。同じネットワーカーでも中高年ではネットのほかにテレビや新聞の利用に多くの時間を割いても若年層のネットワーカーは従来のメディア利用を減らしてまでネットの利用を増やしているといった調査結果が出ている。

イギリス[編集]

イギリスの英国放送協会 (BBC)ではテレビやビデオデッキなどを所有するための許可証を購入することによって受信料徴収を行っているが(TVライセンス制度)、インターネットで番組を視聴する人が増え、テレビ保有者が減ったため約1000人をリストラすると発表した[66]

テレビ離れを題材にしたコンテンツ[編集]

ニュース特集・ドキュメンタリー[編集]

  • NHK 1000人が考える テレビ ミライ 2013年2月1日放送[67]
  • NHKニュースウオッチ9 特集 テレビ放送60年 変化する視聴スタイルとは 2013年2月7日放送[68]

フィクション[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分野別データ:放送:視聴時間量 総務省
  2. ^ Nielsen Reports Americans Watch TV at Record Levels ニールセン 2005年
  3. ^ テレビ東京:メディアデータ:世帯視聴率の推移:HUT(関東地区) テレビ東京
  4. ^ 2005年国民生活時間調査報告書 NHK放送文化研究所 2006年2月20日
  5. ^ 酒、パチンコ・スロットでの消費比率高い……元ヤン、元ギャル生活行動実態調査
  6. ^ 高齢者の健康に関する意識調査の結果概要 13 趣味で最も多いのは,「園芸,庭いじり」(現在の趣味 34.3%,今後の趣味 30.5%) 内閣府 1997年
  7. ^ a b c d e テレビは20代にどう向き合ってゆくのか NHK放送文化研究所 2008年6月
  8. ^ 「若者のテレビ離れに危機感」NHK・福地茂雄会長 ZAKZAK(産経デジタル) 2008年5月8日
  9. ^ 情報はやはりネットから、娯楽までテレビよりネットを選ぶ傾向に japan.internet.com 2008年7月18日
    約87%が有益な情報は「テレビよりインターネット」、楽しいのも「ネット」約68% japan.internet.com 2009年9月24日
  10. ^ テレビ見ない子が2倍超に 厚労省調査 共同通信 2011年12月22日
  11. ^ 若い人の間で“テレビ離れ”が進んでいるのかもしれない Business Media 誠 2010年3月19日
  12. ^ 地デジ化で加速するテレビ局“負の連鎖”(1) 東洋経済オンライン 2011年7月22日
  13. ^ 地デジ完全移行 最も見ていた70代以上のテレビ離れ始まる NEWSポストセブン 2011年8月11日
  14. ^ 視聴率調査について(視聴率ハンドブック) ビデオリサーチ
  15. ^ 全国ケーブルテレビ82局の8割超、地デジ化効果で加入世帯増 マイナビニュース 2011年7月29日
  16. ^ 地デジ、2%が未対応=若者はテレビ離れ?―「難民」発生裏付け・時事世論調査 asahi.com 2011年10月2日
  17. ^ 地デジ化でNHK受信料解約申込が9万件超に MSN産経ニュース 2011年9月8日
  18. ^ 小沢一郎「妻」迂回で政治資金ロンダリング?家賃344万円の奇っ怪 J-CASTニュース 2011年11月4日
  19. ^ a b c d 年層による差がさらに広がるテレビ視聴 〜2000~2011年の全国個人視聴率調査から〜 NHK放送文化研究所 2011年12月
  20. ^ テレビは変わったか?地デジ移行1年<下> 別次元のゆとり支持広げる 東京新聞 2012年7月26日
  21. ^ BSデジタル放送視聴可能世帯の割合は72・3%=BSデジタル民放6社が「BS世帯普及率調査 連合通信ドットコム/連合通信放送映画速報 2011年12月26日
  22. ^ ゴールデンの週平均接触率は15・2%=12月度「BSパワー調査」の結果まとまる 連合通信ドットコム/連合通信放送映画速報 2012年2月8日
  23. ^ a b 五輪の平均視聴率、低調 在京5局7.4% BS影響か 朝日新聞デジタル 2012年8月14日
  24. ^ a b ロンドン五輪みんなこの選手を応援してた!視聴率ベスト30 J-CAST 2012年8月15日
  25. ^ ロンドン五輪放送で数億円の赤字 民放各社 MSN産経ニュース 2012年9月20日
  26. ^ ロンドン五輪放送、民放は赤字 放送権料の高騰で 日本経済新聞 2012年9月20日
  27. ^ a b c 商品購入時に参考にするメディア、世代によって違い Business Media 誠 2012年5月15日
  28. ^ 「日本直販」の総通が経営破綻 ネット通販普及で業績悪化 共同通信 2012年11月9日
  29. ^ 大阪ガス(株)CEL【エネルギー・文化研究所】コラム 生活経営のすすめ これがないと暮らせない 大阪ガス エネルギー・文化研究所 2012年8月27日
  30. ^ a b 20代の6割がテレビ番組をネタにリアルタイムでつぶやく CNET Japan 2012/8/29
  31. ^ a b 20%台…3週連続でゼロ 1/28~2/3 MSN産経ニュース 2013年2月6日
  32. ^ 2/4~10 3連休で「八重の桜」15%台 MSN産経ニュース 2013年2月13日
  33. ^ 20%台ゼロ…WBCが止める(2/25~3/3) MSN産経ニュース 2013年3月6日
  34. ^ [1] 探偵ファイル 2014年2月7日
  35. ^ 既得権に縛られ影響力を失った“レガシーメディア”ネットで新しい調査報道、「儲かるジャーナリズム」を目指す JBpress 2012年5月10日
  36. ^ 「日経エンタテインメント」2009年6月号(日経BP社) テレビ局が躍起になって取り組む放送外収入 TBSが持つ不動産物件を番組と連動して宣伝する行為は違法スレスレ
  37. ^ 【新聞に喝!】ジャーナリスト・伊豆村房一+(1/2ページ) MSN産経ニュース 2012年1月8日
  38. ^ 一次資料も読めず、日銀の言いなりになってバーナンキ発言をミスリードする日本のマスコミは、役所に飼い慣らされた「ポチ」 | 高橋洋一「ニュースの深層」 現代ビジネス(講談社) 2012年2月6日
  39. ^ TBSディレクターが「ガガ」に失礼取材 和田アキ子「最低だね」と激怒 J-CASTニュース 2011年7月3日
  40. ^ 明石家さんまがメッシに「間抜け」な質問 日テレのインタビューが海外でも「酷評」 J-CASTニュース 2012年12月19日
  41. ^ 元フジテレビの横澤彪プロデューサーもかつて部下だった吉田正樹との対談で同様の見解を述べており、テレビ局が衰退した大きな要因として「(ニューメディアに対して)テレビ局が手を打たなければならない時に何も手を打たなかったから。」と述べている。また、日本のメディアは電通を中心とした大手広告代理店に支配された状況が続いており、大手広告代理店が未だに視聴率主義をテレビ局に押し付けている事も痛烈に批判している。
  42. ^ a b 子どものよりよい成長・発達のために… 規則正しい生活習慣づくり 福岡県教育委員会 2012年
  43. ^ “午後4時”のテレビ産業〜落日の危機は近づいている〔5〕 日経BPネット 2008年7月15日
  44. ^ テレビ利用者3割超減 その理由は? - コミミ口コミ asahi.com 2007年08月16日
  45. ^ ブログ読者はテレビを見ない傾向?--アジャイルメディア調査 CNET Japan 2007年4月16日
  46. ^ Japanese desert prime-time TV to play on their Nintendo Wii TIMES ONLINE 2007年7月11日
  47. ^ 日本映像ソフト協会 会報 JVA REPORT 12 '09 DECEMBER NO.137 日本映像ソフト協会(JVA) 2009年12月
  48. ^ テレビのリアルタイム以外での視聴は8割/CMは早送りやチャンネル切替で対応 MarkeZine 2015年9月11日配信 2016年10月8日閲覧
  49. ^ 録画視聴率について ホームメイトテレビ局リサーチ 2016年10月8日閲覧
  50. ^ a b c d 〈be between〉最近のテレビはつまらない? 朝日新聞デジタル/朝日新聞土曜版「be」 2012年6月16日
  51. ^ 視聴率過去最低も当然? 「27時間テレビ離れ」顕著「内輪ウケ」「何が面白いかわからない」 livedoor NEWS 2013年8月8日
  52. ^ 【視聴率が取れて制作費もカットできるけどそれでいいの?】 日刊ゲンダイ (ライブドア). (2009年12月7日) 2014年10月5日閲覧。
  53. ^ a b 個人視聴データから抽出された クラス別テレビ視聴行動の分析 2004年3月
  54. ^ 【放送】バラエティー化する民放の夕方2時間ニュース asahi.com 2009年8月10日
  55. ^ "数字が取れない"AKB48、総選挙で巻き返しなるか? メンズサイゾー 2011年3月
  56. ^ 「韓流ブーム」はニセモノ? 大人気のはずが視聴率は散々 メンズサイゾー 2011年7月
  57. ^ 週刊東洋経済2011年2月19日 「テレビ新世紀」
  58. ^ 週刊ダイヤモンド2011年1月15日号「新聞・テレビ勝者なき消耗戦」
  59. ^ 巨人戦の全国放送減少 日テレ、地上波デーゲーム2試合のみ スポーツニッポン 2014年1月27日付け記事(2014年11月2日閲覧
  60. ^ テレビ朝日とKDDI、スマートフォン向け動画配信事業に関する業務提携についてテレビ朝日報道資料 2015年8月20日 2016年10月1日閲覧
  61. ^ なぜNHKはネットで受信料を取ろうとするのか? 波紋広げる石原進経営委員長の発言産経ニュース 2016年9月25日配信 2016年10月1日閲覧
  62. ^ 「4K番組は録画禁止」という驚愕のシナリオ東洋経済ONlINE 2015年1月14日 2016年10月8日閲覧
  63. ^ 活字離れならぬ"テレビ離れ"進む米ネットユーザー - ネット広告の将来有望 マイコミジャーナル 2008年2月25日
  64. ^ 若者のテレビ離れは怖くない・テレビ復活のカギは高齢者 IT-PLUS 2008年7月22日
  65. ^ 10代の若者と携帯が鍵--アメリカ広告市場における今後の流れ CNET Japan 2008年7月22日
  66. ^ TV離れ深刻…英BBCが1000人超リストラ ネットフリックス進出が打撃に… 産経ニュース 2015年7月13日付け記事(2015年11月8日閲覧)
  67. ^ 1000人が考える テレビ ミライ NHK 2013年2月1日
  68. ^ テレビ放送60年 変化する視聴スタイルとは - NHK 特集まるごと NHK 2013年2月7日
  69. ^ TV局が倒産したら…テレビ東京、映画で問題提起 asahi.com 2010年6月10日

関連項目[編集]