フジテレビ系リアルタイム配信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フジテレビジョン > フジテレビ系リアルタイム配信
TVer > フジテレビ系リアルタイム配信

フジテレビ系リアルタイム配信(フジテレビけいリアルタイムはいしん)は、2022年4月11日開始されたフジテレビジョン常時同時配信・見逃し番組配信サービスの名称である。

概要[編集]

TVerのシステムを利用して、ゴールデンタイム・プライムタイムの番組同時配信を行う[1]

開始まで[編集]

イギリス英国放送協会(BBC)とITVが2008年からテレビ放送の同時配信サービスを開始したのを皮切りとして、世界各国の放送局が相次いで同時配信サービスを開始したが、日本では著作権法や採算上の問題、系列局地方局)への配慮などから、フジテレビを始めとする、民放各社はこれまでテレビ番組のインターネット同時配信に慎重だった[2][3]

しかし、テレビ離れが急速に進んでいることや2020年3月に日本放送協会(NHK)がNHKプラスのサービスを開始させることを受けて、フジテレビなどの在京民放5社でも同年秋にインターネット同時配信を始める方針で関係各所と調整していることが同年2月に報じられた[2][3]

フジテレビも同時配信サービスを開始する予定であることを、2021年9月6日に行われた10月期番組改編の記者発表会で明らかにした[4][5]。配信媒体についてはTVerにて配信する方向で調整している[6]。当初は2022年1月からのサービス開始を予定していたが、TVerの新アプリ開発遅延を理由に一旦開始時期を未定に変更[6][7]。その後、2022年4月11日にサービス開始することを同年2月25日に行われた定例社長会見にて発表した。フジテレビのプライムタイム[注釈 1]に放送されている計31番組[注釈 2][注釈 3]を配信するとしている[1][10]

特徴[編集]

配信画面[編集]

右上に「フジ系」と透かし(ウォーターマーク)が挿入されている。

対象機器[編集]

スマートフォンタブレットPCに対応。なお、TVerのテレビアプリやChromecastを介した視聴は出来ない[10]

差し替え[編集]

地上波にてCMが放送されていたり、同時配信においての権利が得られなかった映像のほか、月曜日 - 土曜日の20時台番組における番組末尾6分間(20:54 - 21:00)のローカルセールス枠部分については、別の映像に差し替えたり、都合により配信できない旨のメッセージ(ふたかぶせ)が表示される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 月曜日・水曜日・木曜日は19時台から23時台まで。火曜日は21時台から23時台まで。金曜日は20時台から翌0時台まで。土曜日は19時台から翌0時台まで。日曜日は19時台から21時台まで。系列局関西テレビ東海テレビ制作番組も対象となる。
  2. ^ なお、フジテレビ系列は日曜22時台に情報・ワイドショー番組『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)を編成しているが、報道・情報系生番組は配信しないTVerの方針上、同番組は同時配信の対象外としている。また、ローカルセールス枠で放送されている『今夜はナゾトレ』『潜在能力テスト』『坂上どうぶつ王国』も同時配信の対象から外れているほか、同時配信の対象番組でも終盤6分間がローカルセールスとなる番組については該当部分の同時配信が行われていない(見逃し配信では観る事が可能)。なお、通常は同時配信の対象とされている『爆買い☆スター恩返し』『ウワサのお客さま』についても、19:00開始のスペシャル版となる場合はそれが一部地域で20:00からフジテレビからの裏送り送出による短縮編集版で放送されることに配慮して同時配信は行われない。また、『土曜プレミアム』は放送回(映画中心)によっては権利の関係上、配信されない。
  3. ^ また、重大ニュース発生時の報道特別番組国政選挙実施に伴う選挙特別番組Live選挙サンデー』についても同時配信したことがある[8][9]

出典[編集]

  1. ^ a b フジテレビがリアルタイム配信を4月11日に開始 GP帯31番組が対象”. サンケイスポーツ (2022年2月25日). 2022年4月11日閲覧。
  2. ^ a b 民放キー5局 今秋ネット同時配信へ 若者のテレビ離れ対応”. 東京新聞 (2020年2月2日). 2020年9月20日閲覧。
  3. ^ a b 日テレ同時配信開始で聞こえる電波返上の足音”. 東洋経済新報 (2020年9月17日). 2020年9月21日閲覧。
  4. ^ フジ、同時配信「年度内開始」で調整”. 産経新聞 (2021年9月6日). 2021年9月6日閲覧。
  5. ^ フジテレビが同時配信開始で調整 年度内にもネットで”. 共同通信 (2021年9月6日). 2021年9月8日閲覧。
  6. ^ a b フジテレビ、同時配信は22年1月から”. 日本経済新聞 (2021年10月29日). 2021年11月3日閲覧。
  7. ^ フジテレビ社長「TVerの開発に遅れ」番組配信開始は未定”. 日刊スポーツ (2021年11月26日). 2021年12月1日閲覧。
  8. ^ TVerとNHKアプリで報道特別番組をリアルタイム配信中、安倍元首相の銃撃事件について”. ケータイ Watch (2022年7月8日). 2022年7月11日閲覧。
  9. ^ 民放各局系列の参議院議員選挙特番をTVerでリアルタイム配信”. TVerPLUS (2022年7月10日). 2022年7月11日閲覧。
  10. ^ a b 民放テレビの地上波リアルタイム配信が TVer に勢ぞろい! 2022 年 4 月 11 日(月)夜からスタート!”. 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン・株式会社毎日放送・朝日放送テレビ株式会社・テレビ大阪株式会社・関西テレビ放送株式会社・讀賣テレビ放送株式会社・株式会社TVer (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]