iPhone 8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アップル > iPhone > iPhone 8
iPhone 8
IPhone 8 Wordmark.svg
IPhone 8 vector.svg
開発元 アップル
発売日 通常モデル
2017年9月22日(PRODUCT)RED
2018年4月13日
OS iOS 11(初期搭載)
CPU Apple A11 Bionic 6コア (2× Monsoon + 4× Mistral)2.39GHz
メモリ 2GB
ストレージ 64, 256 GB
ディスプレイ 4.7インチマルチタッチディスプレ , 1334 x 750 ピクセル , 326ppi
グラフィック アップル独自設計 3コア
デジタルカメラ

背面:
12.0メガピクセル, 裏面照射型センサー, 4Kビデオ

前面:
7.0メガピクセル, 裏面照射型センサー, HDビデオ
サイズ 縦 138.4mm
横 67.3mm
厚さ7.3mm
重量 148g
前世代ハード iPhone 7
iPhone 7 Plus
関連商品 iPhone 8 Plus
ウェブサイト www.apple.com/jp/iphone-8/

iPhone 8(アイフォーン エイト)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第11世代目のモデルである。

概要[編集]

iPhone 8は、2017年9月12日(現地時間)、アメリカカリフォルニア州クパティーノの新しい本社地に作られたThe Steve Jobs Theaterで初開催されたアップルのスペシャルイベントで発表された。

2017年9月15日から予約開始。9月22日日本国内ではNTTドコモKDDI沖縄セルラー電話連合au)、ソフトバンクから販売のほか、Apple StoreではSIMフリー版が販売。

iPhone 7に引き続き耐水・防塵のIP67等級に適合している。また、iPhone 7では日本国内でApple Payを利用可能にするFeliCaが日本向けのモデルのみ有効になっていたが、iPhone 8からは全世界のモデルでFeliCaが利用可能になる。これにより、日本人が海外モデルを購入しても日本国内でApple Payを利用できないという問題が解消し、訪日外国人観光客についても日本国内でApple Payを使用した決済が可能になるといったメリットが考えられる。また、電波法施行規則の改正を受け、先代の裏面にあったFeliCaへの対応を示す「総務省指定」の表記がソフトウェアによる画面表示(電磁的表示)へ切り替えられ、筐体材質の変更とも相まって見栄えが向上した[1]

iPhone 8の外観はiPhone 7と似ているが、iPhone 4/4sのように背面をガラスパネルにする事でワイヤレス給電規格のQiに対応した。これによりQi対応のワイヤレス充電器や、2018年に発売予定のAirPowerマットによりワイヤレス充電が可能になる[2]

デバイス内のハードウェアも更新されており、システム性能およびグラフィック性能を向上させたApple A11 Bionicチップを内蔵している。このCPUのうち4つの効率コアはiPhone 7のA10 Fusionチップより最大70%高速で、2つの性能コアは最大25%高速になった。更に性能が必要な時にはこの6つのコアすべてを同時に使うことも可能である。また、Appleが設計した新しい3コアのGPUは、A10 Fusionよりも最大30%高速化された。

iPhone 7に引き続きiPhone 8およびiPhone 8 Plusの両方に光学手ブレ補正付き12メガピクセルの背面カメラ、iPhone 8 Plusにはズーム機能付き望遠レンズが付加されている。

僅かながら大型化したことにより、iPhone 7向けの従来のケースで使えないものがある。

iPhoneとしては本機種から、高音質コーデックであるEnhanced Voice Services(EVS)に対応している[3]

KDDI沖縄セルラー電話連合au)においては、当モデルから3GCDMA2000 1x)エリアによる音声通話CDMA2000 1xRTT)、およびデータ通信(1xEV-DO Rel.0/Rev.A/MC-Rev.A)に非対応となる。このため、以前のようにLTE契約のau ICカード(au Nano IC Card (LTE))では利用できず、VoLTE契約のau ICカード(au Nano IC Card 04 (VoLTE))での利用となるため、交換する必要がある。SIMフリー版においても同様である。

2018年3月30日、iOS 11.3とキャリア設定アップデートより、NTTドコモのPREMIUM 4Gで最大受信速度594Mbpsのデータ通信に対応した[4]

急速充電(PD充電)の仕様[編集]

iPhone 8を急速充電するにはApple USB-C - Lightningケーブルと29W、61W、87WのApple USB-C電源アダプタを使用する必要がある。急速充電を行うと30分で50%まで充電できる。29W以上のApple USB-C電源アダプタを使用しても29W電源アダプタと同じ出力になる。iMacのUSB-Cポートでは15Wでの急速充電が出来る。またiPadに付属する12W電源アダプタを使用すれば、iPhoneに付属されている5W電源アダプタより、速く充電出来る。

仕様[編集]

ハードウェア[編集]

Taptic Engineの振動により、ハプティクスが提供され、iPhone 6sに導入された3D Touchを引き続き採用している。

重量は、iPhone 7より10g増え、148gとなった。

形状や寸法等の外観は、iPhone 6iPhone 6sに似ているが、ガラスとアルミフレームを組み合わせた構造に変わっている。ガラスについては画面、背面ともに最も耐久性の強い物を使用し、背面のカラーは7層のカラープロセスを経て作られたシルバー、ゴールド、スペースグレイ、プロダクトレッドが提供され、アルミフレームはそれに合わせたカラーになっている。iPhone 8はIP67等級の防水・防塵耐性を有する。

iPhone 8のホームボタンは、iPhone 7同様の静電容量方式を採用している。そのため電源オフ時に押しても何も反応がないが、電源オン時にはタプティック・エンジンの振動によって、実際にボタンを押したような物理的なフィードバックが提供される。

画面サイズは4.7インチスクリーンと、従来と変わらないが、DCI-P3準拠のより広い色域を有し、新たにTrue Toneに対応したRetina HDディスプレイを採用している。 以前のiPhoneとは異なり、iPhone 8の内蔵ストレージの最小モデルは64GBとなった。

iPhone 7に引き続き、4色LEDによる"True Tone"フラッシュ、F値1.8の広開口レンズ、光学手ブレ補正が搭載されている。このような仕様上では前モデルから変化はないが、より高性能化されたセンサー、新しいカラーフィルタを採用したことで画質が向上している。FaceTime HDカメラは7メガピクセル、F値はƒ/2.2である。ビデオ撮影に関しては新たに4K(60fps)での4Kビデオ撮影と1080p(240fps)でのスローモーションビデオの撮影が可能になっている。

iPhone 8は、iPhone 7から引き続きFeliCaに対応したNFCチップが搭載されており、日本国内においてはiD, QUICPayに対応したApple Payが利用出来る[5]

ソフトウェア[編集]

iPhone 8はiOS 11がプリインストールされて出荷されている。

不具合[編集]

通話中にノイズが発生する場合がある。 iOS11.0.2のアップデートで修正された。

付属品[編集]

  • Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプタ
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning - USBケーブル
  • 5W USB電源アダプタ

以上の付属品は、全てApple Storeにて個別に販売されている。

なお、iPhoneをワイヤレス充電できるQiパットは付属されていない。

脚注[編集]

  1. ^ iPhone 8で「総務省指定」の刻印なくなる。理由は? - Engadget 日本版(2017年9月21日, 午後05:30版)2017年11月13日閲覧
  2. ^ iPhone 8 ワイヤレス充電
  3. ^ 「iPhone X待ち」は多い? 3G非対応の影響は──au田中社長に聞く(前編)
  4. ^ iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone XがiPhoneシリーズ国内最速受信時最大594Mbpsの通信サービスに対応”. NTTドコモ. 2018年3月30日閲覧。
  5. ^ Apple Pay - 始め方

外部リンク[編集]

先代:
iPhone 7iPhone 7 Plus
iPhone 8/iPhone 8 PlusiPhone X
第11世代
次代:
-