感圧タッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
3D Touchから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

感圧タッチ(Force Touch)とは、アップルが販売しているMacBookMacBook ProMagic Trackpad 2Apple WatchiPhoneシリーズ(iPhone SEiPhone XRを除くiPhone 6sからiPhone XS/XS Maxまでのモデル)に搭載されている、タッチの強さに反応する触覚フィードバックタッチパネルである。3D Touch(スリーディー タッチ)とも呼ばれる。

画面上をタッチし、そのまま強く押すと、通常のタッチとは異なる動作が実行される。

概要[編集]

2015年9月9日サンフランシスコのBill Graham Civic Auditoriumで開催された「Special Event September 2015」でiPhone 6s/iPhone 6s Plusが発表された際にiPhoneの新機能「3D Touch」として紹介された[1]

新たにディスプレイに圧力センサーのレイヤーを配置することで、画面をタッチするだけではなく、押す(圧力を加える)ことで様々な機能を使用することができ、また、弱く押し込む、強く押し込むといった圧力差も検知する。なお2014年9月10日に発表された同社の腕時計ウェアラブルコンピュータ端末であるApple Watchのディスプレイや2015年以降に発売されたMacBookMacBook Proのトラックパッド及び周辺機器であるMagic Trackpad 2にも同様の圧力検知機能が存在し、それらの製品では感圧タッチという[2]

2016年9月7日に発表されたiPhone 7では3D TouchがiOSに深いレベルで組み込まれており、さらに用途が広がったとしている[3]

主な動作[編集]

3D Touchによる振る舞いはそれぞれの機能にクイックアクション、ピーク、ポップという正式な呼称が与えられている[4]

クイックアクション[編集]

  • ホーム画面のアイコンを押し込むとそれぞれのアプリの機能にショートカット。
  • iOS 11においてのコントロールセンターでの様々な機能へのショートカット。

ピークとポップ[編集]

  • Safari中のリンクを押し込むと現在のページを維持したままリンクを開き(ピーク)、手を離すと閉じる。そのまま強く押し込んだ場合はリンク先にジャンプする(ポップ)
  • 写真を弱く押し込むと写真一覧を表示したまま写真をプレビュー(ピーク)、強く押し込むと写真が開く(ポップ)

なお、上記の動作はあくまで一例でありiOS 10以降では3D Touchとの親和性が増しているほか、サードパーティーにも解放されておりアプリケーション開発者は自由に3D Touchによる振る舞いを自身のアプリケーションに組み込むことができる[5]

実装[編集]

3D Touch採用iPhoneでは通常のタッチと3D Touchの違いを使用者が区別できるように例外なくTaptic Engineという触覚フィードバック(ハプティクス)装置が端末に内蔵されている。

3D Touchが動作する際は必ずこのTaptic Engineによって端末が僅かに振動し、使用者に3D Touchがアクティブになったことを知らせるようになっている。

なお、Taptic EngineはiPhoneに留まらず、Apple Watch、2015年以降発売のMacBookとMacBook Proのトラックパッド、Magic Trackpad 2にも搭載されている[6]

対応OS[編集]

iOS 9.0以降[7]
OS X Yosemite以降

対応ハードウェア[編集]

(2018年12月現在)

なお、iPhone XR、およびiPhone 11iPhone 11 Pro/11 Pro MaxHaptic Touchは圧力感知をしないで、触覚フィードバックのみを行う機能である[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アップル、iPhone 6s/6s Plusを発表、9月25日発売”. ケータイWatch (2015年9月10日). 2017年7月12日閲覧。
  2. ^ 3D Touch - iOS - Apple Developer”. アップル. 2017年7月12日閲覧。(英語)
  3. ^ iPhone 7”. アップル. 2017年7月12日閲覧。
  4. ^ 3D Touch APIs”. アップル. 2018年4月6日閲覧。(英語)
  5. ^ 3D Touch - User Interaction - iOS Human Interface Guidelines”. アップル. 2017年7月12日閲覧。(英語)
  6. ^ Apple's ‘force touch’ and 'taptic engine' explained”. The Guardian. 2018年4月6日閲覧。(英語)
  7. ^ Adopting 3D Touch on iPhone: Getting Started with 3D Touch”. アップル. 2017年7月12日閲覧。(英語)
  8. ^ “「iPhone XR」もワンタッチでカメラやフラッシュライトを起動可能に” (日本語). CNET Japan. (2018年9月13日). https://japan.cnet.com/article/35125563/ 2018年9月13日閲覧。