小紅書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
行吟信息科技(上海)有限公司
Xingin Information Technology (Shanghai) Co, Ltd
公開会社
業種 電子商取引 ウィキデータを編集
設立 2013年[1]
創業者 毛文超、瞿芳
本社 中華人民共和国の旗 中国上海市黄浦区馬当路中国語版388号[1]
サービス SNS電子商取引
ウェブサイト https://www.xiaohongshu.com/

小紅書(シャオフォンシュウ、中国語: 小红书、Xiaohongshu、RED)は、中華人民共和国SNSおよび電子商取引プラットフォームである[1][2]。運営法人は行吟信息科技(上海)有限公司[1]

概要[編集]

中国においては最大規模のソーシャルコマースプラットフォームであり、「世界中の良いモノが見つかる」をメインコンセプトとしたものである[2]。女性向け口コミアプリでもある[3]

衣食住全ての日常生活にまつわる口コミを投稿するSNS、および直接商品を購入することが可能なEC機能を持ち、お気に入りの商品や行きたい場所を検索することを一般化し、消費行動に大きな影響を与えている[2]コスメファッション旅行グルメ等といった多様な体験を写真動画を交えて投稿し、それをユーザー間で情報共有を行うものとして重宝されている[2]

歴史[編集]

2013年、行吟信息科技(上海)有限公司を設立。同年6月、「小紅書出境購物攻略(海外買い物攻略)」を開始[4]。同年10月に「小紅書」としてリリース[4]

2014年8月、「秒殺」にて早押しモードを電子商取引の分野で試し、コミュニティにおいて評判の良い商品を販売し、ユーザーの「買えないように見える」という問題を解決した[4]

2015年3月、鄭州経済技術開発区の河南保税物流センターに物流倉庫を開設し、同年9月に国務院総理李克強の視察を受けた[5]

2018年5月、アリババグループをリードインベスターとして、テンセントを含む全株主をコ・インベスターとして、3億ドル(約320億円)の出資を受けた[6]。同年6月6日、上海市静安区西藏北路中国語版にある上海静安大悦城中国語版に「小紅書之家」をオープンした[7]

2020年1月、プライベートエクイティファイナンスのラウンドを実施し、4億から5億ドルを調達し、評価額は約60億ドルであった[8]。また、公式サイトによると約3億人の登録ユーザーと1億人以上の月間アクティブユーザーであった[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d ENJOY JAPANが中国の口コミメディア「小紅書(RED)」と提携し、 日本企業の小紅書越境ECプラットフォームへの出店をサポート”. アットプレス. ソーシャルワイヤー (2018年12月21日). 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 株式会社バベル、日本唯一の『小紅書(RED)』公式MCNに認定”. バベル. PR TIMES (2020年1月8日). 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  3. ^ 中国最大級の口コミアプリ・「小紅書(RED)」への日本人インスタグラマーの進出・運用の無料サポートを開始しました。”. ENJOY JAPAN. PR TIMES (2021年5月12日). 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  4. ^ a b c 小紅書(RED)の成功要因について考察する”. 兵庫県立大学. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  5. ^ “小红书”为啥让总理念念不忘?创造“社区+跨境电商”新模式,不到1年已有7亿多的销售额”. 大河报 (2015年10月10日). 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  6. ^ 人気ソーシャルEC「小紅書」、ライブコマースでタオバオの商品購入リンクが表示可能へ”. 36Kr Japan (2020年9月1日). 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  7. ^ 策略行銷/小紅書 靠分享生活竄紅”. 經濟日報. 聯合線上公司 (2018年6月29日). 2019年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  8. ^ a b 消息称小红书将暂停在美国上市,正与顾问讨论替代方案”. 新浪科技. 新浪 (2021年7月16日). 2021年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]