時分割多元接続

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多元接続 (FDMA、TDMA、CDMA)

時分割多元接続(じぶんかつたげんせつぞく : Time Division Multiple Access)は、同一周波数電波の固定タイムスロットをそれぞれの無線局に割り当て、多元接続を行う無線通信技術である。

特徴[編集]

  • 時間ダイバシティが使用できるためフェージング耐性がある。
  • 回線交換接続が可能で遅延時間や通信速度が保証できる。
  • 無線局間の同期が必要不可欠である。
  • 周波数利用効率・回路規模は、周波数分割多元接続符号分割多元接続の中間程度である。
  • 時間軸圧縮を行っているため、音声の場合遅延時間がある。
  • 通信衛星を利用する場合に、周波数分割多元接続と比較して地球局から受信する電波の電力の差に対応しやすい。

用途[編集]

関連項目[編集]