ITU-R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ITU-Rこと国際電気通信連合 無線通信部門(International Telecommunication Union Radiocommunications Sector) は、国際電気通信連合(ITU)の部門の一つ。旧称はCCIRComité Consultatif Internationale des Radiocommunications国際無線通信諮問委員会)とIFRB(International Frequency Registration Board国際周波数登録委員会)。

無線通信に関する標準化や勧告を行う機関である。衛星通信のような国をまたがる電波の平等で経済的な割当てや、異なる方式の無線電波による相互干渉を防ぐための基準の制定などを行う。

傘下に数々のStudy Groupを持ち、Recomendation(勧告)を策定する。

数年に一度世界無線通信会議(WRC)を開催し、無線通信規則(RR:Radiocommunication Rule)を改定する。RRには法的な拘束力があり、地域により周波数割り当て、帯域幅、スプリアスレベルなどが異なるが、ほぼそのまま各国の法(日本なら電波法)に反映される。

日本国内標準は電波産業会が取りまとめる。

外部リンク[編集]