IEEE 802.15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IEEE 802.15は、IEEEにより規定された無線PAN(WPAN)関連規格の一つ。また、その仕様標準化のためにIEEE 802委員会に設置された規格策定グループ(ワーキング・グループ)。

1999年3月にIEEE 802.11ワーキング・グループから独立して設置された。当初、無線PANはIEEE 802.11と共通の媒体アクセス制御 (MAC)方式を使用する方針だったが、後発のBluetoothの方が結果的に先に製品化されたために2000年1月にその仕様を流用する方針に転換し、2002年3月にBluetooth1.1をIEEE 802.15.1として正式に採択している。

枝番規格一覧[編集]

2020年現在審議済みのものを以下に示す。

名称 英名 概要
IEEE 802.15.1 Bluetooth Bluetooth バージョン1.1 (2002年)、バージョン1.2 (2005年)と同等。以降は維持管理されていない。
IEEE 802.15.2 Coexistence Bluetoothと同じ周波数帯を使用するIEEE 802.11bとの互換性を保つための仕様策定 (2003年)
IEEE 802.15.3 High Rate WPAN 高速無線PAN
IEEE 802.15.4 Low Rate WPAN 低速無線PAN、ZigBeeなどの基盤仕様
IEEE 802.15.5 Mesh Networking メッシュネットワーク
IEEE 802.15.6 WBAN ボディエリアネットワーク
IEEE 802.15.7 Visible Light Communication 可視光通信
IEEE 802.15.8 Peer Aware Communications P2P通信
IEEE 802.15.9 Key Management Protocol 鍵交換
IEEE 802.15.10 Layer 2 Routing レイヤ2ルーティング

改訂履歴[編集]

IEEE 802.15.3[編集]

  • 802.15.3-2003[1]: 初版
  • 802.15.3-2016[2]: 改訂プロジェクト(b, c, d, e)の反映
改訂プロジェクト一覧
グループ 策定年 概要
15.3a 取り下げ UWB、頓挫のため撤回(2006年)
15.3b 2006年 MACの拡張改訂
15.3c 2009年 ミリ波
15.3d 2017年 300GHz帯
15.3e 2017年 60GHz帯、最大13.1Gbps
15.3f 2017年 ミリ波物理層の拡張改訂

IEEE 802.15.4[編集]

  • 802.15.4-2003[3]: 初版
  • 802.15.4-2006[4]: PHY種別追加 (タスクグループ15.4bによる)
  • 802.15.4-2011[5]: 改訂プロジェクト(a, c, d)の反映
  • 802.15.4-2015[6]: 改訂プロジェクト(e, f, g, j, k, m, p)の反映
  • 802.15.4-2020[7]: 改訂プロジェクト(n, q, u, t, v, s, x)の反映
改訂プロジェクト一覧
グループ 策定年 改訂対象 概要
15.4a 2007 2006改訂1 PHY種別追加
15.4c 2009 2006改訂2 中国向け対応
15.4d 2009 2006改訂3 日本向け対応
15.4e 2012 2011改訂1 MACの拡張改訂
15.4f 2012 2011改訂2 RFID対応
15.4g 2012 2011改訂3 SUN対応
15.4j 2013 2011改訂4 医療用WBAN対応
15.4k 2013 2011改訂5 インフラ監視対応
15.4m 2014 2011改訂6 TVホワイトスペース対応
15.4p 2014 2011改訂7 鉄道制御対応
15.4n 2016 2015改訂1 中国向け対応
15.4q 2016 2015改訂2 超低電力PHY
15.4u 2016 2015改訂3 インド向け対応
15.4t 2017 2015改訂4 2Mbps通信対応
15.4v 2017 2015改訂5 各地域向け対応
15.4s 2018 2015改訂6 帯域占有率(SRU)測定
15.4x 2019 2015改訂7 SUN拡張
15.4z 2020 2020改訂1 UWB距離測定
15.4w 2020 2020改訂2 インフラ監視のWAN拡張
15.4y 2021 2020改訂3 暗号化の拡張
15.4aa 2022 2020改訂4 SUNの日本向け対応

出典[編集]

  1. ^ IEEE 802.15 WG (2003-06-12), IEEE 802.15.3-2003 - IEEE Standard for Information technology-- Local and metropolitan area networks-- Specific requirements-- Part 15.3: Wireless Medium Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications for High Rate Wireless Personal Area Networks (WPAN), https://standards.ieee.org/ieee/802.15.3/1182/ 2022年8月20日閲覧。 
  2. ^ IEEE 802.15 WG (2016-07-25), IEEE 802.15.3-2016 - IEEE Standard for High Data Rate Wireless Multi-Media Networks, https://ieeexplore.ieee.org/document/7524656 2022年8月20日閲覧。 
  3. ^ IEEE 802.15 WG (2003-05-12), IEEE 802.15.4-2003 - IEEE Standard for Telecommunications and Information Exchange Between Systems - LAN/MAN Specific Requirements - Part 15: Wireless Medium Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications for Low Rate Wireless Personal Area Networks (WPAN), https://standards.ieee.org/ieee/802.15.4/3388/ 2022年8月20日閲覧。 
  4. ^ IEEE 802.15 WG (2006-06-08), IEEE 802.15.4-2006 - IEEE Standard for Information technology-- Local and metropolitan area networks-- Specific requirements-- Part 15.4: Wireless Medium Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications for Low Rate Wireless Personal Area Networks (WPANs), https://standards.ieee.org/ieee/802.15.4/3582/ 2022年8月20日閲覧。 
  5. ^ IEEE 802.15 WG (2011-06-16), IEEE 802.15.4-2011 - IEEE Standard for Local and metropolitan area networks--Part 15.4: Low-Rate Wireless Personal Area Networks (LR-WPANs), https://standards.ieee.org/ieee/802.15.4/5050/ 2022年8月20日閲覧。 
  6. ^ IEEE 802.15 WG (2015-12-05), IEEE 802.15.4-2015 - IEEE Standard for Low-Rate Wireless Networks, https://standards.ieee.org/ieee/802.15.4/5788/ 2022年8月20日閲覧。 
  7. ^ IEEE 802.15 WG (2020-07-23), IEEE 802.15.4-2020 - IEEE Standard for Low-Rate Wireless Networks, https://ieeexplore.ieee.org/document/9144691 2022年8月20日閲覧。 

外部リンク[編集]