IEEE 802.1D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

IEEE 802.1D(アイトリプルイーはちまるにてんいちディー)は、IEEE 802.1ワーキンググループが策定した、IEEEにおけるMACブリッジの標準規格。

概要[編集]

”802.1D”はIEEE 802.1ワーキンググループによって標準化されたMACブリッジの標準規格であり、ブリッジ接続STPに関することなどが含まれる。 また、IEEE 802.3(イーサネット)や802.11(無線LAN)、802.16(WiMAX)等多くの802プロジェクトとのリンクに関することが幅広く含まれている。 なお、VLANに関することは802.1Dではなく802.1Qで定義される。

参考文献[編集]