IEEE 802.6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3SONETE3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB(Distributed Queue and Dual Bus)層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。

「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有して全二重通信を行う。トポロジーバス型、あるいは、ループ型のいずれかである。