オスラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オスラム
OSRAM GmbH
Osram Logo.svg
種類 子会社
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
80807
Marcel-Breuer-Straße 6, ミュンヘン
設立 1919年 (103年前) (1919)
業種 製造業
代表者 Ingo Bank(CEO
外部リンク グローバルサイト
テンプレートを表示

オスラムOSRAM GmbH)は、ドイツミュンヘンに本社をおき、LEDなどの光半導体(オプトセミコンダクター)や、車載用ランプ、蛍光ランプなどの照明機具を製造・販売する照明メーカー。現在はオーストリアams-OSRAM AGの子会社となっている。

概要[編集]

2015年度売上高55.7億ユーロ、純利益1.7億ユーロの企業で、計40000人以上の従業員を抱える大企業である[1]。最大拠点であるドイツの他、アメリカ中国ロシアスロバキアマレーシアに製造・販売拠点を持つ。2016年1月現在、代表者は最高経営責任者 (CEO) オーラフ・ベルリーン(Olaf Berlien )。オーラフ博士は1962年ベルリン生まれ、IBMティッセンクルップ等の企業に勤めた[2]

1906年、オスラムの商標登録が完了、ブランドが誕生(登録番号:86.924)[3]。OSRAMという名称は1906年にドイツで登録された商標であるが、その由来は照明器具のフィラメントの製造に必要だった物質であるオスミウム(Osmium)のOSと、タングステンにあたるWolframのRAMを合わせたものである[4]

1919年AEG、Siemens & Halske AGおよびDeutsche Gasglühlicht AGが電灯事業部を統合、製造活動を始めた[5]1993年にアメリカの管球メーカー、シルバニア(かつて日本電気と合弁していた)を傘下におさめており、北米ではシルバニアブランドで販売している。

1999年インフィニオン・テクノロジーズとの合弁で始めたオプトセミコンダクター事業を、2001年に完全子会社化し、自動車向けなどの産業用オプトセミコンダクター事業を強化した[6]

1978年2013年まで、シーメンスの100%子会社であったが、2013年7月に株式公開企業となり[7]2017年にシーメンスは残りの保有株式を売却した[8]2020年amsがオスラムの株式の69%を買収[9]2021年オスラムは新たに設立されたams-OSRAM AG傘下のブランドとなった[10]

日本法人[編集]

オスラム株式会社
OSRAM K.K.
Osram Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
221-0056
横浜市神奈川区金港町1番地7
代表者 代表取締役 マイケル・ウィルラッカー
資本金 1000万円
純利益 3706万円
(2021年12月31日時点)[11]
総資産 17億5789万円
(2021年12月31日時点)[11]
決算期 9月末日
テンプレートを表示

日本法人はオスラム株式会社およびオスラムオプトセミコンダクターズジャパン株式会社。両法人とも神奈川県横浜市神奈川区に所在する[12]

日本法人は、LEDや、ディスチャージヘッドランプ等の車載用光源、特殊照明・シアター照明用光源などの輸入・販売を手がけている。一般向け照明用ランプの製造・販売は、三菱電機照明株式会社(オスラム株式会社と同じ場所に本社を構えていた。)を通じて行ったが、現在は三菱電機照明株式会社が撤退し、光洋電機株式会社が総販売元として輸入・販売を行っている[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]