シムス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シムス株式会社
SIMS Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木1-32-11
Kビル7階
設立 1991年6月12日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトの開発・販売
代表者 代表取締役社長 町田 登
資本金 5,000万円
外部リンク http://www.sims.co.jp/
テンプレートを表示

シムス株式会社: SIMS Co., Ltd.)は、日本東京都渋谷区に本社を置く、ゲームソフトの開発・販売を事業内容とする日本の企業。

概要[編集]

1991年6月12日にセガ(後のセガゲームス)とサンリツ電気の共同出資という形で設立された。その際にサンリツ電気のゲーム開発部門がシムスに移管されている。そのため、サンリツ電気がシムスに社名を変更したという解釈をされることが多いが、誤りであり、ゲーム部門を切り離したサンリツ電気は2009年現在も存在する[1]。その後、セガ100%資本に移り、2004年6月に、セガから完全独立した。

代表作としては、メガドライブから発売された『OutRun-2019』や、ドリームキャストで発売された『まぼろし月夜』がある。後者は、2000年4月6日ナグザットから発売されたプレイステーション版の移植も、この時点ではまだセガの完全子会社だったシムスが担当している。そのため、セガがドリームキャストから撤退を発表する以前に、セガの完全子会社がライバルハードであるプレイステーションのソフトを開発するという稀有な例が派生している[2]

開発タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.sanritsudenki.com/enkaku.htm [リンク切れ]
  2. ^ 同じような事例としてはセガ開発でナムコから発売された『ヴァンパイアナイト』がある。
  3. ^ ライセンス問題のこともあって発売中止を余儀なくされるが、2006年9月28日に、PS2用ソフト『セガエイジス2500シリーズ Vol.28 テトリスコレクション』に収録され、完全移植が実現した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]