サン電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サン電子株式会社
SUNCORPORATION
Global Gate.jpg
本社が入社するグローバルゲート(右:高層タワー)
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証スタンダード 6736
2002年3月20日上場
本社所在地 日本の旗 日本
453-6120
愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番12 グローバルゲート20階
本店所在地 483-8555
愛知県江南市古知野町朝日250番地
設立 1971年昭和46年)4月16日
業種 電気機器
法人番号 5180001087444 ウィキデータを編集
事業内容 パチンコ関連事業
情報・通信関連事業
その他の事業
代表者 代表取締役社長 内海龍輔
代表取締役専務 木村好己
資本金 20億86百万円(2021年3月31日現在)
発行済株式総数 23,992,328株[1]
売上高 連結 372億5百万円
単独 80億46百万円
(2022年3月期)[1]
経常利益 連結 96億73百万円
単独 85億79百万円
(2022年3月期)[1]
純利益 連結 28億18百万円
単独 239億98百万円
(2022年3月期)[1]
純資産 連結 270億40百万円
単独 320億80百万円
(2022年3月期)[1]
総資産 連結 820億88百万円
単独 470億76百万円
(2022年3月期)[1]
従業員数 連結 1,171名
単独 224名
(2021年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 フロンティア監査法人[1]
主要株主 東海エンジニアリング(株)17.8%
(2021年3月31日現在)[1]
主要子会社 Cellebrite Mobile Synchronization英語版
イードリーム(株)
Bacsoft, Ltd.
関係する人物 出身者を参照
外部リンク https://www.sun-denshi.co.jp/
テンプレートを表示

サン電子株式会社(サンでんし、: SUNCORPORATION)は、通信機器パチンコ関連機器・ゲームソフトなどを扱うメーカー

ゲームソフトはSUNSOFTブランド、通信機器・パチンコ関連機器はSUNTACブランドで知られる。

概要[編集]

SUNSOFTブランドロゴ

1971年(昭和46年)、会社設立。設立時は立石電機(現・オムロン)の自動券売機を受託製造していた[2]1974年(昭和49年)にはパチンコホール用コンピュータを開発し、販売を開始。1978年(昭和53年)にはアーケードゲーム市場に参入。1983年(昭和58年)にファミリーコンピュータが発売されると、2年後の1985年(昭和60年)に同社製作のアーケードゲーム『アラビアン』の移植作品である『スーパーアラビアン』で家庭用ゲーム機市場にも参入した[3]

2007年(平成19年)、携帯電話販売店向けのデータ転送装置などを開発していたイスラエルのセレブライト社を買収すると、2009年(平成21年)に同社がデジタル・フォレンジック機器に参入[2]2020年(令和2年)にはアメリカでデジタル・フォレンジック事業を展開するブラックバッグ・テクノロジーズ社を買収し、同事業の強化を図っている[4]

なお、「SUNSOFT」ブランドで展開するゲームコンテンツ事業においては、2001年(平成13年)よりアメリカのアクティビジョン(現・アクティビジョン・ブリザード)が開発したパズルゲーム『上海』の日本国内における総代理店となっている[5]

また、かつてはナイトメア・プロジェクト俺!プロジェクトといった制作チームが存在しており、それぞれテキストホラーアドベンチャーや女性向けBLゲームなどを制作していた[6]ほか、語学学習の復唱などを目的として開発されたICレコーダー付きラジオ「トークマスター」[7]も製造販売していた。

なお、テレビ用アンテナなどの映像情報機器の製造・販売を行っている同名の企業・サン電子(本社・東京都新宿区)、及び電子機器の製造を行っている企業・サン電子工業(本社・大阪府四條畷市)、スイッチング電源やアミューズメント機器の製造を行っている企業・サン電子工業(本社・埼玉県秩父市)などとは、無関係である。ゲームソフトブランドの“SUNSOFT”は、かつてサン・マイクロシステムズが使用していたソフトウェアのブランド・“SunSoft”と同じだが、それも無関係である。

沿革[編集]

  • 1971年昭和46年)4月16日 - 「サン電子株式会社」を設立
  • 1974年(昭和49年)5月 - パチンコホール用コンピュータを開発し、販売開始
  • 1978年(昭和53年)
    • 10月 - 業務用(アーケード用)テーブル型ビデオゲーム機を開発し、販売開始
    • 12月 - パソコン「READY1」を開発
  • 1980年(昭和55年)
    • 3月 - パチンコ制御基板を開発し、販売開始
    • 5月 - 音声合成技術を採用した業務用ゲーム機「スピーク&レスキュー」を開発し、販売開始
  • 1983年(昭和58年) - 米国家庭用ゲーム機(アタリ)向けソフトを開発し、販売開始
  • 1984年(昭和59年)4月 - パソコン「SUNTAC-PC」シリーズを開発販売
  • 1985年(昭和60年)
    • 7月 - 家庭用ゲーム機(任天堂ファミコン)向けソフトを開発し、販売開始
    • 12月 - モデム「マイルーパー300」を開発し、販売開始
  • 1987年(昭和62年) - IBM互換機向けチップセットを開発し、販売開始
  • 1988年(昭和63年)12月 - アイワ化成株式会社(現・イードリーム(eDream)株式会社)を買収
  • 1990年平成2年)4月 - サンコミュニケーションズ設立
  • 1991年(平成3年)4月 - ノート型パソコン「VANY」を開発し、販売開始
  • 1993年(平成5年) - パチンコホール用コンピューターシステムにLAN方式を導入
  • 1994年(平成6年)
  • 1995年(平成7年) - アーケード用ゲーム機「バーチャルバッティング」を開発し、発売開始
  • 1996年(平成8年) - ネットワーク型サッカーゲーム「サッカーネーション」を開発し、発売開始
  • 2002年(平成14年)
    • 1月 - 子会社のイードリームにて、ISO9001を取得
    • 1月 - モバイルデータ通信カードを利用したルーター「Rooster」を開発し、販売開始
    • 3月20日 - 日本証券業協会(現・ジャスダック)に株式を店頭登録。証券コード - 6736
    • 4月 - COMTEC JAPANに、日本初のインターネットラジオ「BiBio」を出展
    • 8月 - ISO14001認証を取得
  • 2003年(平成15年)
    • 4月 - AM/FMラジオチューナー付きICレコーダー「トークマスター」を開発し、販売開始
    • 8月 - 携帯電話向けゲーム専用サイト「上海iパズル」を開設
  • 2005年(平成17年)10月 - ポッドキャストのコンテンツ&サーバー・サービス事業を開始
  • 2007年(平成19年)7月 - イスラエルのCellebrite Mobile Synchronization Ltd.を子会社化
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 連結子会社だった株式会社サンコミュニケーションズを吸収合併
    • 11月 - Cellebrite GmbH(バイエルン)開設
    • 12月 - 中国・上海市に『依地贸易(上海)有限公司』設立
  • 2009年(平成21年)
    • 11月4日 - 株式会社ニフコ傘下の株式会社ニフコアドヴァンストテクノロジー(株式会社ブルーム・テクノ)を子会社化
    • 12月 - 事業停止した日本テレネット知的所有権を取得。中国・上海市に『依地贸易(上海)有限公司』設立
  • 2010年(平成22年)
    • 3月 - SUNTACブランドの一般向けコンシューマー製品の製造および販売に関する事業を株式会社プロテックへ事業譲渡
    • 4月 - ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
    • 10月 - 大阪証券取引所の市場再編に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 子会社の株式会社ブルーム・テクノを吸収合併
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - 株式会社藤商事と資本、および業務提携
    • 4月 - Cellebrite APAC(シンガポール)開設
    • 7月 - Cellebrite LATAM(サンパウロ)開設
    • 7月 - 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場
    • 9月 - 三田開発センター(東京都港区)開設
  • 2014年(平成26年)
    • 2月 - Cellebrite UK(ロンドン)開設
    • 5月 - SUNCORP USA,Inc.開設
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 - Cellebrite France(パリ)開設
    • 3月 - Cellebrite Canada(ブリティッシュコロンビア)開設
    • 8月 - イスラエルのBacsoft, Ltd.を子会社化
    • 9月 - Cellebrite China(北京)開設(2021年8月清算)
  • 2016年(平成28年)4月 - 設立45周年
  • 2017年(平成29年)7月 - Cellebrite Australia(シドニー) 開設
  • 2018年(平成30年)1月 - 本社事務所を愛知県名古屋市中村区のグローバルゲートに移転[8]
  • 2019年(平成31年)1月 - Cellebrite India(ニューデリー)開設
  • 2020年令和2年)
    • BlackBag Technologies, Inc.を連結子会社化
    • 5月 - 簡易新設分割により、株式会社SUNTACを設立[9][10]
    • 7月 - 株式会社SUNTACの株式のうち36%をJALCOホールディングス株式会社に譲渡[11]
    • 8月 - O2O事業部門(iToGo事業)を株式会社ジャストプランニングに事業譲渡[12]
    • 10月 - 株式会社SUNTACの株式の50%をJALCOホールディングス株式会社に譲渡し、非子会社化[11]
    • 12月 - Cellebrite digital Intelligence LP(デラウェア)開設
  • 2021年(令和3年)
    • 3月 - Cupcake Merger Sub,Inc(米国)開設(2021年8月De-SPACによる合併で消滅)
    • 8月 - Cellebrite DI Ltd. Nasdaq Global Select Marketに国内初となるDe-SPACによる上場を果たす
    • 11月 - ナイトメア・プロジェクトのオリジナルメンバーにナイトメア・プロジェクトのゲーム事業を譲渡し、株式会社ナイトメアスタジオとして独立[13]
  • 2022年(令和4年)
    • 2月 - 東京事業所を秋葉原から浜離宮に移転し三田開発センターを統合
    • 4月 - 東京証券取引所の市場区分見直しに伴い、東京証券取引所スタンダード市場に上場

主な製品[編集]

情報通信関連[編集]

  • 携帯電話販売店向けデータトランスファー及び犯罪捜査機関向けデジタルインテリジェンスソリューション
  • M2M関連機器(Roosterシリーズ、置くだけセンサー)

エンターテイメント関連[編集]

  • パチンコ・トータルホールコンピューターシステム(DUO STATION、DUO WARE、TRYSEM)
  • 遊技台情報演出パネル(PREVO、PREVOα、PREVO EX、PREVO SE、PREVO V)
  • 各台計数機システム(ラクーナ)
  • 電子認証システム協議会(認証協)iClearシステムの製品
  • 賞品管理、会員管理、貯玉管理システム
  • パチンコ制御基板

ゲームコンテンツ(SUNSOFTブランド)[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

パチンコ・パチスロゲーム

デジタル関連機器(SUNTACブランド)[編集]

デジタルオーディオプレーヤー / レコーダー

  • BiBio - 据置型MP3プレイヤー & インターネットラジオチューナー。
  • AQA026 - 防水MP3プレーヤー。
  • TalkMasterシリーズ - ラジオチューナー搭載MP3レコーダー。
  • BossMaster - 据置型ラジオICレコーダー。
  • Be!Master - 携帯型SDカードプレイヤー。

その他[編集]

  • ARソリューション(ARスマートグラスAceRealOne)

かつて行っていた事業[編集]

  • O2Oソリューション(飲食店向けサービスiToGo) - ジャストプランニングに事業譲渡

グループ会社[編集]

  • イードリーム株式会社 - ABS造形品製作、プラスチック用金型製作、射出成形、プリント基板実装、電子機器組立、エンプラワイヤー製作などを手掛ける。
  • Cellebrite DI Ltd.英語版(イスラエル)- モバイルデータトランスファー機器及びソリューションサービスの開発・製造・販売
  • Cellebrite Inc. [略称:USA](アメリカ・ニュージャージー)
  • Cellebrite GmbH(ドイツ・バーダーボルン)
  • Cellebrite Asia Pacific Pte Ltd. [略称:APAC](シンガポール)
  • Cellebrite Soluções Technol'ogicas Ltda. [略称:LATAM](ブラジル)
  • Cellebrite UK Limited [略称:UK](イギリス・ロンドン)
  • Cellebrite France SAS [略称:France](フランス・パリ)
  • Cellebrite Canada Mobile Data Solutions Ltd. [略称:Canada](カナダ・バンクーバー)
  • Cellebrite Australia Pty Limited[略称:Australia](オーストラリア・シドニー)
  • Cellebrite Japan株式会社(東京都港区)
  • Cellebrite Digital Inteligence Solutions Private Limited[略称:India](インド・ニューデリー)
  • Cellebrite digital Intelligence LP(アメリカ・デラウェア)
  • Cellebrite Saferworld, Inc.(アメリカ・デラウェア)
  • BlackBag Technologies, Inc.(アメリカ・カリフォルニア)
  • Bacsoft, Ltd.(イスラエル) - IoTソリューションの企画・開発・販売
  • Bacsoft Peru SAC(ペルー)

出身者[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 有価証券報告書2022年3月期 (html)” (2022年6月27日). 2022年6月27日閲覧。
  2. ^ a b 12年前に日本で初めてイスラエル企業を買収した先駆者「サン電子」”. WirelessWire News. スタイル株式会社 (2019年8月9日). 2020年6月23日閲覧。
  3. ^ ファミコンのソフトがWindows版で登場!”. 4Gamer.net. Aetas株式会社 (2001年6月5日). 2020年6月23日閲覧。
  4. ^ サン電子<6736>、デジタル証拠を収集分析する米ブラックバッグ・テクノロジーズを子会社化”. M&A Online. 株式会社ストライク (2020年1月14日). 2020年6月23日閲覧。
  5. ^ サンソフト 上海オフィシャルサイト”. サン電子株式会社. 2020年6月23日閲覧。
  6. ^ ゲームコンテンツ”. サン電子株式会社. 2020年6月23日閲覧。
  7. ^ トークマスター
  8. ^ 本社事務所移転のお知らせ”. サン電子株式会社 (2017年12月1日). 2017年12月26日閲覧。
  9. ^ サン電子からの事業承継でSUNTAC発足”. 遊技通信web. 株式会社遊技通信社 (2020年5月11日). 2020年6月5日閲覧。
  10. ^ 会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ (PDF)”. サン電子株式会社 (2020年4月17日). 2020年6月5日閲覧。
  11. ^ a b JALCOホールディングスが大一商会と資本業務提携、レンタル事業も開始”. 遊技通信web. 株式会社遊技通信社 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  12. ^ ジャストプランニング<4287>、サン電子<6736>から飲食店向けテイクアウト支援アプリ「iToGo(アイトゥゴー)」事業を取得”. M&A Online. 株式会社ストライク (2020年7月10日). 2020年12月7日閲覧。
  13. ^ ナイトメア・プロジェクト事業譲渡に関するお知らせ”. 株式会社ナイトメアスタジオ (2021年12月27日). 2022年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]