カンガルー (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カンガルー』は、1982年サン電子が開発し、岐阜特機およびサン電子から発売されたアーケードゲームである。

概要[編集]

ボクシンググローブを着けた母親カンガルーを操作して進むアクションゲーム。子カンガルーと出会えば1面クリア。全4面で構成されており、それ以降はループする。

操作は4方向レバーと2つのボタンのみで、レバーを上に入れるとジャンプし、レバーを下に入れると伏せる。ボタンを押すと攻撃する。

敵と接触したり、敵の攻撃が当たるとミスとなる。

ステージで一定時間経過するとツッパリコングが現れる。負けたりぶつかったりするとボクシンググローブは奪われ、一定時間は攻撃できなくなる。

ベルを鳴らすと取ったフルーツが復活し、得点がアップする。フルーツの得点は100→200→400→800の順にアップする。

子供を助けると左上に表示された「BONUS」が加算される。

2周目以降から敵の攻撃が激しくなり、リンゴも中段で飛んでくることがある。

ストーリー[編集]

さあ大変、子供カンガルーがサルの軍団に誘拐されてしまった。それを知った母親カンガルーは、自慢のパンチ力と脚力で、子供を助け出すためにひとりサルの国へと入っていった。

BGM[編集]

本作のBGMは、スタート又はステージ開始時のBGMは「トルコ行進曲」、ステージBGMは「アメリカンパトロール」(ディップスイッチ設定で足音にすることが可能)、ステージクリア時のBGMは「おおスザンナ」、ベルを鳴らした時のBGMは「ウェストミンスターの鐘」が使われている。

余談[編集]

  • 段差は飛び降りないとミスになってしまう。
  • LEVEL表示は1行しか無いため、10周目以降の表示はアルファベットになる。
  • サービスボタンを100回押すかコインを100枚入れるとクレジットは00になり、またコインを投入するとクレジットは1になり、「1 OR 2 PLAYERS BUTTON」から「ONLY 1 PLAYER BUTTONN」になる。実質101以上はカウントされない。
  • 999900点を超えるとスコアが0からになる。
  • 敵の攻撃により、たまに回避不能になる。
  • 攻撃不能時にボタンを押すとを白旗を振る。
  • 北米地域ではアタリから発売されている。タイトル画面のコピーライト表記は「1982 SUN ELECTRONICS CORP.」が「1982 ATARI,INC.」になっており、子供の吹き出しの文字は「ママ!」が「MOM」になっている。また、アップライト筐体も存在する。
  • 北米ではAtari 800Atari 2600Atari 5200に移植されているが、日本国内では移植されていない。
  • 1983年にCBSで放送した「Saturday Supercade」でアニメ化されている。1984年9月8日から12月1日まで放送されていた。なお、舞台は動物園であり、原作とは異なる内容だった。日本国内では放送されていない。