へべれけ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

へべれけ』は、1991年9月20日サンソフトから発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームソフト。またはそのシリーズのタイトル。

概要[編集]

1990年代のサンソフトの代表的なタイトルのひとつで、コミカルでシュールな世界観を特徴としている。CMやゲーム起動時のサンソフトロゴにも登場し、メーカーのマスコットキャラクター的な側面もある。

後にゲームのキャラクターを用いたソフトが何本か発売され、シリーズとして認知されている。これら一連のソフト群はジャンルもシステムも異なっているが、独特の世界観を引き継いでいる。

キャラクターデザイナーうっちーによる4コマ漫画徳間書店刊「ファミリーコンピュータMagazine」の刊末で連載。途中、連載タイトルがなぜか「ぺもぺも」に改題されるが、しばらくして「へべれけ」を冠するタイトルに戻る。当初の約2年分を纏めた『へべれけのほん』も刊行された[1]。掲載誌の「ファミマガ」の誌名が「ファミマガ64」に変更後も連載は継続し、1998年の休刊と同時に自然終了。「へべれけのほん」未掲載分の単行本は出版されていない。

1994年頃にはナムコ販売でゲームセンターの景品展開が行なわれたが、ナムコ直営店アミューズメントスポットのみの卸しだった為、品薄でファンにも行き渡らなかった。

シリーズ作品の多くは、携帯アプリゲームにも移植されている。2009年11月13日にiPhoneiPod touch用にコミックが配信開始された。

ゲーム内容の解説においての名ゼリフ「あとはめんどくさいから取説を読むにょー」がある。

へべれけシリーズ[編集]

へべれけ
1991年9月20日ファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。
とある2つの勢力の間で大きな戦争が起き、その影響で開いた次元の狭間に落ちてしまった主人公「へべ」が仲間を集めながら元の世界に戻るために冒険する。キャラクターの外観や口調が特徴的。オープニングデモでの説明を途中で終わらせ説明書を読むよう促すといった、変わった演出も見られる。
後に、2002年3月28日に発売されたプレイステーション用ソフト『メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.5』に収録された。
2011年3月29日よりWiiバーチャルコンソール2013年7月24日よりニンテンドー3DSのバーチャルコンソールにて配信開始。
Ufouria The Saga(ユーフォーリア・ザ・サーガ)
『へべれけ』のヨーロッパ及びオーストラリア向け版。両地区とも1992年にNES用ソフトとして発売。ゲーム画面や音楽は日本版と全く同じであったが、「へべ」と「おーちゃん」が日本版と異なったキャラクターとなっている。なお、2010年にはヨーロッパ及び北アメリカ向けにWiiバーチャルコンソール用ソフトとして復刻された。
へべれけのぽぷーん
1993年12月22日スーパーファミコンで発売、後にアーケードゲームとして移植された。ジャンルはパズルゲーム
いわゆる落ち物パズルで、キャラクターごとに連鎖時の攻撃パターンが異なっている。
独特のテクノサウンド風のBGMが特徴。
すごいへべれけ
1994年3月31日にスーパーファミコン用ソフトとして発売。ジャンルは格闘アクションゲーム
当時人気を博していたストIIタイプとは異なり、クォータービューマルチタップ使用による4人までの同時対戦が可能となっている。
キャラクター毎のストーリーが用意されておりマルチエンディング式。
上、下、右、左、A、B、X、Yでタイトルが「すごいぜへべれけ」に変わり、同キャラ対戦が可能となる。
A、Y、Lを押しつつ電源を入れるかリセットボタンを押すと、サウンドテストができる。
モードによっては、エンディング後放置するとキャラクターによるデモが始まる。
へべれけのおいしいパズルはいりませんか
1994年8月31日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された。ジャンルはパズルゲーム。
内容は1993年にリリースされたアーケードゲーム『おいしいパズルはいりませんか』と同じ。キャラクターが『へべれけ』の登場人物に変更されている他、若干の差異がある。
はしれへべれけ
1994年12月22日にスーパーファミコン用ソフトとして発売。ジャンルはレースゲーム
乗り物は登場せず、『へべれけ』のキャラクター達が走り回る内容になっている。
キャラクター自身がレースマシン代わりのためドリフトも可能。
1面の上の方にある小屋に入るとサウンドテストができる。
エンディング後放置するとキャラクターによるデモが始まる。
ポポイっとへべれけ
1995年にアーケードゲームとしてリリースされた後、3月3日セガサターン版、5月26日にプレイステーション版、7月28日にスーパーファミコン版が相次いで発売された。
落ち物パズルだが『ぽぷーん』とはルールが異なっており、Dr.マリオに近い一人プレイ向きの内容になっている。
なお、プレイステーション版として発売された『へべれけスてーショんポポイっと』には『ぽぷーん』も収録されている。

その他・関連

バーコードワールド
ファミリーコンピュータ用ソフト。バーコードバトラーIIと接続して遊ぶゲーム。同梱のカードやゲーム中のグラフィックの一部に『へべれけ』のキャラクターが使用されている。
アルバートオデッセイ
スーパーファミコン用ソフト。主役の4人が町人として登場する。
弁慶外伝-沙の章-
スーパーファミコン用ソフト。ゲーム中の”ある地域”でへべが敵として登場する。
おーちゃんのお絵かきロジックシリーズ
おーちゃんが主役のピクロスタイプのゲーム。発売ハード・続編を含めると本筋である『へべれけ』よりもタイトル数が出ているシリーズ。
たくさんへべれけ
サウンドトラックCD。『へべれけ』『へべれけのぽぷーん』『すごいへべれけ』の曲と、へべれけと同時期リリースの『ギミック!』の曲も収録。
それ以後の『へべれけ』シリーズの音源はCDとしてリリースされてはいないが、「スーパーファミコンマガジン」の付録CDに『へべれけのぽぷーん』『すごいへべれけ』のシンセサイザー版、『へべれけのおいしいパズルはいりませんか』の楽曲が数曲収録されている。ちなみに、誌面で葉山宏治が『へべれけのぽぷーん』の曲はプロの仕事だ、と誉めていることも確認出来る。
へべれけのすくり~んせいば~
PC用アクセサリーソフト。スクリーンセイバー以外にも壁紙やキャラクター音声も収録されている。
超!楽しいインターネットともだちのわ
プレイステーション2用ソフト+モデム同梱で発売。
Oh! Type
おーちゃんが主役のタイピングソフト
へべれけのペアペアウォーズ
リリース予定はあったものの結果的に日の目を見なかったアーケードゲーム。一部雑誌などにゲームショーで出品された画面写真が載った。

主な登場キャラクター[編集]

へべ 林原めぐみ
シリーズの主人公で、雪だるまのような外見をしているナゾの生物。
設定上はペンギンだが、氷の上は滑ってしまい上手く歩けない。泳ぎも苦手。
一人称は「わち」で、語尾に「にょ」や「ぴょ」を付けるなど独特な喋り方をする。
ゲーム的には「アイテム(吸盤)で壁が昇れる」「足が速い」キャラクター。
  • 必殺技 くびちょんぱあたーく
    • 向いている方向に首が飛び、敵に攻撃できる。
  • 必殺技 うぴょーあたーく
    • 首を上方に飛ばす対空技。
  • 超必殺技 へべ乱舞
    • 全身を発光させ、踊りながら敵に体当たりする技。
おーちゃん 声:かないみか
ネコの着ぐるみを着ている見た目はキュートだが高飛車な女の子
お嬢様言葉を話し、よく高笑いをする。
歌が好きで、よくリサイタルを開きたがっている。しかし音痴。
へべに好意を持っているが、性格上それを表に出さない(とされている)。
ゲーム的には「水面を泳ぎ、氷上を歩ける」「二段ジャンプが出来る」キャラクター。
攻撃力と体力は弱い。
  • 必殺技 あいすこちこちあたーく
    • 敵を凍らせることが出来る。
  • 必殺技 しっぽぐるぐるあたーく
    • 仰向けになり、クルクル周りながら体当たりする技。
  • 超必殺技 しんぎんぐおー
    • マイクを取り出し、歌声(音符)を飛ばして周囲を攻撃する。
デザインワークス的には主人公のへべよりも前に完成しており、しかも当初は性別が男の子という、現在のおーちゃんとは大きくイメージが異なるものだった[2]
助左衛門(すけざえもん) 声:若本規夫
サングラスと羽のついた帽子をつけたお化けのような外見をしており、礼儀正しい武士言葉を話す。
動きもノッタリふわふわしている不思議なキャラ。その外見故か、身軽で空中を漂う事が出来る。
ゲーム的には「高く長いジャンプが可能」なキャラクター。
  • 必殺技 めんたまとびであたーく
    • サングラスをずらし、後頭部をハンマーで叩くことにより目を飛び出させて敵に攻撃することが出来る。
  • 必殺技 すけはんまー/すけ16tハンマー
    • 持っているハンマーで攻撃。
  • 必殺技 めだまわーぷ
    • 姿を消しながら移動する。
  • 超必殺技 ちゃのみすけ
    • 座布団に座ってお茶を飲み、体力を回復する。
ぢぇにふぁー(ヂェニファー) 声:千葉繁
二足歩行をするチョウチンアンコウのような格好をしており、水中行動が出来る。
攻撃力が高く打たれ強い。
ひねくれ者で口が悪いが、気は優しいらしい。
おーちゃんに好意を持っているが、相手にされていない。
ゲーム的には「水中での行動が可能」なキャラクター。
  • 必殺技 うげーばくだんあたーく
    • 爆弾をクチから吐くことが出来る。破壊力満点。
  • 必殺技 びりびりあたーく
    • 電撃で相手の行動を止め、その間に一方的に攻撃する。
  • 超必殺技 すりーぴんぐぢぇに
    • 周囲に向かって一気に爆弾を8個吐き出す。
ぺんちゃん 声:林原めぐみ
ペンギンの着ぐるみを着ているドジっこタイプの大人しい女の子。
おーちゃんと同じ種族で、キャラクター的にはスピードを生かした体当たりが得意。
  • 必殺技 ぺんそると
    • 弧を描くように放つ対空技。
  • 必殺技ぺんくらっしゃー
    • ヘッドスライディングで敵を攻撃。『すごいへべれけ』では必殺技発動時に、「負けないっ」というセリフがつく。
  • 超必殺技 超ぺんくらっしゃー
    • ぺんくらっしゃー進化版。威力だけでなく、スピードと攻撃範囲も上回る。
ぼーぼーどり 声:千葉繁
よく「たまご」を無くすヘンテコな外見の鳥。
空中戦が得意。
  • 必殺技ぷるぷるあたーく
    • 頭からプロペラを出して敵を攻撃。
  • 必殺技たかいたかいあたーく
    • 敵を空高く持ち上げて上空から落とす。『すごいへべれけ』の必殺技では全キャラクター中最大の攻撃力を誇る(が、操作がそれなりに難しい)。
  • 超必殺技 ひなあたーく
    • ひなを2羽発生させ、自身の周囲を回転させる。敵がひなに当たるとダメージ。
うつーじん 声:若本規夫
うにょーんの手下で、遠くの宇宙からやって来た高度な科学文明を持つ宇宙人。
UFOを操り、科学の力を利用した兵器で攻撃してくる。
  • 必殺技 うつーれーざー
    • レーザーで相手を打つ。
  • 必殺技 こうつー
    • 小さなうつーじんを相手に向けて放つ。
  • 超必殺技 UFOふぁいなる
    • UFOに乗って前方に突進する。
うにょーん 声:若本規夫
『へべれけ』第一作のラストボス[3]。ファミコン版以降はうつーじんの協力で自らの身体を改造している。
  • 必殺技 どちゅーんあたーく
    • 頭からミサイルを打つ。
  • 必殺技 うにょばりあー
    • 自分の周りにバリアを張る。
  • 必殺技 ?不明
    • 接触した敵の体を燃やす。
  • 超必殺技 うにょふぁいなる
    • 全方向に光線を発射する。
むうねこ
うにょーんの手下。さんぼ同様に中ボス的キャラクターだが、作品によっては審判を勤めている。
さんぼ
カギ等のアイテムを守る中ボス的キャラクター。攻撃するたびに表情と歩くスピードを変える。
みっきー
へべぺん
へべにわ
てけてけ
けらす
くちげるげ
ぷにぷに
ぽぷーん
敵キャラクターを倒すと出てくることがある物体。投げて敵に攻撃することが出来る。
『すごいへべれけ』では負けたキャラクターがこの姿になり、攻撃不能になる。しかし、裏技を使用すれば自爆攻撃が可能。

脚注[編集]

  1. ^ 図書番号 ISBN 978-4197900138
  2. ^ 成人コミックス「拳王MARIMO」にその顛末が載っている。
  3. ^ 『へべれけのぽぷーん』以降はうにょーんを倒した後にファイナルステージとして贋へべと対戦するため、ラストボスとは言えなくなった。

外部リンク[編集]