バトルフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バトルフォーミュラ
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 東海エンジニアリング
発売元 サンソフト
ディレクター CHO MUSOU
プログラマー 北川正昭
野村雅仁
Y.AZUMA
音楽 小高直樹
原伸幸
瀬谷辰宇
美術 塚田雅士
さとうひろゆき
シリーズ Spy Hunterシリーズ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199109271991年9月27日
アメリカ合衆国 1992021992年2月
その他 型式:日本 TEC-5U
アメリカ合衆国 NES-UY-USA
テンプレートを表示

バトルフォーミュラ』 (BATTLE FORMULA) は、1991年9月27日サン電子(サンソフト)が発売した日本ファミリーコンピュータゲームソフト

北米では『Super Spy Hunter』のタイトルで、『Spy Hunter』シリーズの1作品として発売された。

日本では後にPlayStation用ソフト『メモリアル☆シリーズVol.6』(2002年)に収録されて発売された。

概要[編集]

スーパーファミコンが登場して1年が経過した中でファミコン向けに発売したソフトとあって、サン電子が4ヶ月後に発売した『ギミック!』(1992年)と同様にファミコン標準を凌駕するクオリティで知られ、ファミコン末期の隠れた名作と称されている。そうしたこともあって、販売品であるにもかかわらず、箱付きの美品が10万円を超える価格でオークションで取引された実績もある[1]

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

画面上方に行くと加速していき、下方に行くと減速する。ボスのレーザーに当たったり、本体ごと挟みこまれるとミスになる。

パワーアップ[編集]

赤いトレーラーを破壊するとパワーアイテムが出現し、アイテムを取ることによってパワーアップできる。

マーク 特徴
C 砲台が手動モードと自動モードに、戦闘機の場合はミサイルが直進と追尾に切り替えられる。
R 連射速度が上がる。
P 最大5段階(戦闘機は最大6段階)まで強化可能。パワーアップ中は砲台が外れて敵の当たり判定がつく。
L ライフが4メモリ増え、同時にライフも回復する。最大ライフ12まで増加可能。

青いトレーラーを破壊すると特殊アイテムが出現し、アイテムを取れば、1度きりの特殊アイテムがストックされるようになる。

マーク 特徴
O 後ろからオイルを流して敵の車にスリップさせる。
T タイヤクラッシャー。横から敵にダメージを与えるのみならず、側面の壁にぶつかってもダメージが減らない。
G 砲台が外れて敵に追尾攻撃を行う。
B 全体攻撃。画面上の敵と弾を全て一掃する。
L ライフが4メモリ回復する。即効アイテムの1つ。
1UP その名の通り残機数が1増える。最大残機数が99までカンストする。即効アイテムの1つ。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ジーンは天下無敵の走り屋。そんなある日、近年に世間を騒がせているテロリスト軍団が新たに開発した秘密兵器「バトルフォーミュラ」を入手するのが目的であった。早速ジーンがバトルフォーミュラを試乗し、どの性能が搭載されているか確かめようとするのだが、いじったとたんに警報が鳴り響いてしまう!今、命懸けの爆走が始まる。

ステージ構成[編集]

全6ステージ。

ステージ1
ステージ2
砂漠が舞台。砂上はスピードが下がり、流砂に飲み込まれればミスになる。
ステージ3
高速道路が舞台。カーブ地帯が多く、分岐点も多い。
ステージ4
前ステージと同じく高速道路地帯。氷の路面は非常に滑りやすい。後半は大ジャンプ地帯となり、路上を踏み外すとミス。
ステージ5
前半はボート形に変形して水上を走る。後半は戦闘機に変形し、シューティングステージに直行する。
ステージ6
最終ステージ。ボスは全3体中、以前のステージに登場したボスが2体が登場。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.6
日本 200211212002年11月21日
PlayStationサンソフトサンソフトCD-ROMSLPS-03486-
2メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.6
ゲームアーカイブス
日本 201012222010年12月22日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
サンソフトサンソフトダウンロード--
3バトルフォーミュラ
プロジェクトEGG
日本 201304092013年4月9日
Windowsサンソフトサンソフトダウンロード--

スタッフ[編集]

  • ディレクター:CHO MUSOU
  • プログラム:NORTH RIVER(北川正昭)、IDATEN、NOM(野村雅仁)、Y.AZUMA
  • グラフィック:HEBEREKE、塚田雅士、YOU-RI、さとうひろゆき、IDATEN、T.AJIRO
  • 音楽:小高直樹、原伸幸、瀬谷辰宇
  • スペシャル・サンクス:ほんまよしのり、リタ・ジマラー、北角浩一、カズコ・ハーマン、カレン・シャドレー、スティーブ・ゲールケ、江口弘泰、MAC、ASSHI(酒井敦史)、おかざきみほこ、DAGAWA-R、竹内昭人、HIRO-KUN(東谷浩明)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Electronic Gaming Monthly30/40点[2]
ファミ通18/40点[3]
GamePro5/5点[2]
Nintendo Power3.6/5点[2]
ファミリーコンピュータMagazine19.5/30点[4]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、4・4・5・5の合計18点(満40点)となっており[5][3]、レビュアーの意見としては、「ちょっと古めかしいデザインで、かなりストイックなゲーム」、「自分の腕をちまちまと研いていくタイプのゲームが好きな人にはおすすめ」などと評されている[5]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.2 3.3 3.3 3.2 3.2 3.3 19.5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784906735891 p105
  2. ^ a b c Super Spy Hunter for NES (1991) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ a b バトルフォーミュラ まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年7月23日閲覧。
  4. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 108頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  5. ^ a b ファミコン通信』、アスキー1991年10月4日

外部リンク[編集]