ウィッチャー3 ワイルドハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィッチャー3 ワイルドハント
The Witcher 3: Wild Hunt
対応機種 PCMicrosoft Windows
PlayStation 4
Xbox One
Nintendo Switch
開発元 CD Projekt RED
Switch版移植
Saber Interactive英語版
発売元 世界 CD Projekt
日本の旗 スパイク・チュンソフト(PS4版、Switchパッケージ版)
販売元 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテインメント英語版
欧州連合の旗オーストラリアの旗 バンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ウィッチャーシリーズ
発売日 WindowsPS4Xbox One
世界 2015年5月19日
日本の旗 2015年5月21日
Nintendo Switch
世界 2019年10月15日
日本の旗 2019年10月17日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
USK18(18歳未満提供禁止)
ダウンロード
コンテンツ
あり
売上本数 (正確には旗ではありません)世界の旗2800万本[1]
日本の旗50万本[2]
テンプレートを表示
2014年に開かれた制作発表の様子

ウィッチャー3 ワイルドハント』(ポーランド語:Wiedźmin 3: Dziki Gon、英題:The Witcher 3: Wild Hunt)は、ポーランドのゲーム開発会社CD Projekt REDが開発したコンピュータゲーム。ジャンルはアクションロールプレイングゲームオープンワールドの特徴を持つ。2015年5月19日にPC版、PlayStation 4版、Xbox One版が、2019年10月15日にNintendo Switch版が発売された。日本ではスパイク・チュンソフトより2015年5月21日にPS4版、Xbox One版が、CD PROJEKTより2019年10月17日にNintendo Switch版が発売されている。また、2015年10月13日には拡張パック第1弾『無情なる心』の配信が開始され、第2弾『血塗られた美酒』は2016年5月30日に配信された[3][4]

アンドレイ・サプコフスキによるポーランドのファンタジー小説『ウィッチャー』(原題:Saga o wiedźminie)を原作とする本作は 、ウィッチャーと呼ばれる魔物退治の専門家、リヴィアのゲラルト英語版の活躍を描いたウィッチャーシリーズの3作目にして、最後のゲラルトの物語である

ゲーム内容[編集]

本作の主人公であるゲラルトは、「ウィッチャーの感覚」という能力を持ち、隠されていたアイテムや、クエストを進める手がかりなどを得ることができる。また、瞑想を行うことによりゲーム内の時間を進行させ、体力を回復させることなどもできる。

難易度は、「ストーリー」「ストーリー&バトル」「ブラッド&ハードコア」「デスマーチ」の4段階に分かれており、ゲーム進行中にいつでも変更することができる。4つの難易度のうち「ブラッド&ハードコア」と「デスマーチ」は瞑想による体力回復が無効化されている[5]

前作ウィッチャー2英語版のセーブデータシミュレーションにも対応しており、ゲーム序盤でオンにすると、その時のゲラルトの決断をストーリーに反映させることができる[5]。なお、オフにすることも可能であり、前作を知らなくてもプレイできる仕組みになっている[5]

プレイ時間は、メインストーリーに50時間、それ以外に50時間の合計100時間が見込まれている。[6]。サイドストーリーには「ウィッチャーへの依頼」というカテゴリーがあり、これは人々からモンスターの退治を依頼され、モンスターの正体や弱点などの情報を収集して戦いを挑むというものである[7]。 クエストは全て人間の手で用意されたものであり、自動生成される繰り返しクエストはない[8]。また、ゲーム内にてグウェントと呼ばれるトレーディングカードゲームがプレイできる。

プレイヤーのとった選択で、ゲラルトをとりまく人間関係、世界情勢などが変化していく。メインクエストの結果でWitcher3の世界は36種類の状況があり、サブクエストの選択結果も反映されるエンディングデモが3種用意されている[9]

ストーリーに合わないため多人数プレイに対応しておらず、QTEは無い[10]。また、プレイヤーの権利を制限するのを避けるという観点から、デジタル著作権管理の搭載も行っていない[10]

プロット[編集]

ゲームシステム上、プレイスタイルによって下記のシナリオは一部が前後したり変わったりする。

ニルフガード帝国による本格的な北方諸国への侵攻が始まり、北方の大国テメリアは滅亡した。帝国が間もなく大陸を統一すると思われていたが、北方諸国の1つレダニアは逆に隣国に侵攻して残った北方諸国を併呑してしまい、旧テメリア領はニルフガードとレダニアによる覇権争いの様相を呈して悲惨な状況となっている。

最近、かつて自身が保護し、女性ウィッチャーに育てたシリラことシリに関する不吉な夢を見るリヴィアのゲラルトは、長らく離れ離れであった恋人イェネファーを探して、ニルフガードに征服された旧テメリア領ホワイトオーチャードに来ていた。紆余曲折の後、実はイェネファーはニルフガードを率いるエムヒル皇帝の臣下となっており、彼女の頼みもあってゲラルトは犬猿の仲でもある皇帝(ゲラルトは前作において、ニルフガードの陰謀により、テメリア王殺しの濡れ衣を着せられていた)から直々に依頼を受ける。依頼はシリの捜索であり、彼女は時空を操れる古代エルフの血を引く最後の末裔であり、かつ、エムヒルの実娘でもあった。シリは謎多き幽鬼の軍団「ワイルドハント」に追われているらしく、帝国が得た目撃情報を元にゲラルトはシリの捜索を始める。

まずは戦災の傷跡が深い旧テメリア領ヴェレンに向かったゲラルトであったが、現地の帝国諜報員は既にワイルドハントに殺されていた。彼が残した手がかりから、同地を支配する血塗れ男爵に会いに行くと、彼は行方不明の妻娘を見つけ出せばシリの行方を教えると言う。また、別の手がかりからゲラルトは旧知の女魔術師キーラ・メッツと再会し、謎のエルフの魔術師がシリを探していたことを教える。やがてすべての手がかりは「森の貴婦人」とも呼ばれるクルックバック湿原の妖婆に行き着き、3人の妖婆たちがシリを襲ったこと、そこから逃亡した彼女を血塗れ男爵が保護したことがわかる(また、この時、男爵が賭けで手に入れたという謎の生物ウーマと出会う)。最終的にシリはワイルドハントに察知される危険を冒して男爵を怪物から助けるために力を使ってしまったこと、他にも何らかの目的があってノヴィグラドに向かったことなどが判明する。

かつて女魔術師協会など魔術で栄えた独立都市ノヴィグラドでは、魔法や異端を強く排斥する「永遠の炎」教団が力を持ち、過激な魔女狩りや異端刈りが行われるようになっていた。魔女狩りから逃れるためスラム街などに潜伏する女魔術師で元恋人のトリスと再会したゲラルトは共にシリの行方を捜索する。シリはゲラルトの親友であるダンディリオンと会っていたことが判明するが、肝心の彼が行方不明であり、やがて彼は裏社会の組織の1つに捕まっていたことが判明する。永遠の炎の思惑や、裏社会の力関係などが交錯する中、敵対組織の力も借りて、ダンディリオンの救出に成功したゲラルトは、彼からシリが多数の部族からなる海賊の国スケリッジ諸島に向かったことや、謎のマジックアイテムの修理をしようとしていたことを教えられる。

先王の死去に伴い後継者争いによる内乱の火種を抱えているスケリッジ諸島では森の半分を吹き飛ばす謎の大爆発の情報を受けて既にイェネファーが調査を行っており、ゲラルトと合流する。特殊なアイテムによって大爆発の原因はやはりシリやワイルドハント、さらに謎のエルフの魔術師も関わっていたことがわかり、シリは"門"を使ってヴェレンへ逃れたことがわかる(そしてクルックバック湿原の妖婆に出会う)。さらに最近、ワイルドハントに襲われた村の情報を得て現地に向かうゲラルトとイェネファーは、情報を得るため襲撃の際に一人逃走して生き残るも臆病者と呼ばれることになったスヒャールという青年を捜すことになる。やがて発見したスヒャールの死体(霊魂)から、彼がスケリッジにやってきたシリを助けたこと、ワイルドハントの村襲撃の際に魔術師が無理やりシリを船で脱出させようとしていたことがわかる。ここで手掛かりは失ったように見えたが、スヒャールは最後に謎の生物を見たことを話し、ゲラルトはそれが血塗れ男爵の館で見たウーマであることに気づく。いずれにしてもシリは既にスケリッジにはいないようであり、ゲラルトは再び本土へ戻ることに決める。同地を離れる前にゲラルトは誰が王の後継者となるか間接的に選択することができ、また、ゲラルトはイェネファーへの愛を貫くか関係を断つことができる。

ウーマは人が呪われた結果の生物であり、もしかしたらこれがシリかもしれないと判明する。呪いを解くため、ゲラルトはウーマをウィッチャーたちの本拠地であるケィア・モルヘンに連れていき、イェネファー主導で解呪が進められていく。やがて呪いが解かれると、ウーマの正体はシリではなく謎のエルフの魔術師ことアヴァラックであった。アヴァラックはワイルドハントが大陸を手に入れるためにシリを狙っていることや、今彼女は霧の島にいることを明かす。ゲラルトは、シリを助けるためにはもはやワイルドハントを迎え撃つしか無いと考え、共に戦ってくれる仲間を集める。準備を整えつつ、ゲラルトは霧の島へ向かい、アヴァラックの魔法で仮死状態であったシリを蘇生させ再会を果たす。そこでシリよりワイルドハントの王エレディンは故郷の世界が消滅しかけているために、大陸を狙い、そのために一度に大量の兵力を動かせる能力を持つ彼女を狙っていると教えられる。シリと共にケィア・モルヘンへ戻ったゲラルトは、仲間たちと迎撃体制を整え、ワイルドハントを待ち構えるが、イムレリス率いる軍勢の猛攻の中でヴェセミルがシリを庇って死ぬ。その瞬間、シリは怒りで秘めた力を解放し、ワイルドハントは退散する。

ゲームのエンディングはプレーヤーのこれまでの行動によって変わり、大きくはシリの運命、ニルフガードがどうなるのか、ゲラルトはイェネファーとトリスのどちらを伴侶にするのか(あるいはしないのか)で分岐する。

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
Metacritic(PC) 93/100[11]
(PS4) 92/100[12]
(XONE) 91/100[13]
(NS) 85/100[14]
レビュー結果
媒体結果
デストラクトイド8/10[15]
ゲーム・インフォーマー9.75/10 [16]
Game Revolution3.5/5stars[17]
GameSpot10/10[18]
GamesRadar+4/5stars[19]
GameTrailers9.8/10[20]
IGN9.3/10[21]
PC Gamer US92/100[22]
Polygon8/10[23]
VideoGamer.com9/10[24]

レビュー集計サイトのMetacriticでは、PC版、プレイステーション4版、Xbox One版で「全世界的に肯定的」とされ、Switch版では「概ね肯定的」とされている[11][12][13][14]

批評家たちは、本作が大規模で野心的なアクションロールプレイングゲームであることは認めたが[21][23][15]、技術的な課題[24][19]と革新性の欠如[22]という短所も挙げている 。GameSpotとEurogamerは、ゲームに最高の評価を与えた[18][25]。本作は史上最高のビデオゲームの1つと見なされている[26][27] [28][29][30][31][32][33]。その世界観は批評家たちから広く称賛を受けた。Game InformerのKimberly Wallaceはこれを「immersive(没入感)」と表現し、細部へのこだわりに対する感銘を表明した[16]。DestructoidのChris Carterは、その規模を称賛し、この巨大さはプレイヤーが探索するのに何時間もかかると感じさせたという[15]。Game RevolutionのJonathon Leackは、その広大な世界を効果的に扱えていると称賛した。彼は各地域にはプレーヤーが挑戦できるクエストやアクティビティが用意されているとし、その多くがゲームを長くプレイするための詰め物(filler)だと考えたと書いている[17]。GamesRadarのTom Seniorは、オープンワールドの多様性を賞賛し、「浪人ファンタジーのエキサイティングな実現」と表現した[19] 。GameTrailersのDanielBloodworthは、探索に力点を置いたことを称賛した。多くのクエストはプレーヤーが様々な地域でノン・プレーヤー・キャラクター(NPC)と出会って始まる[20]。 IGNのVinceIngenitoとPCGamerのShaunPrescottは、ゲームの風景とその昼夜のサイクルに感銘を示し[22]、Ingenitoはゲームの世界の信憑性を実感させたと述べている[21]

発売前の予約本数は100万本を超えた[34]、発売後2週間で400万本が販売された[35]The Game Awards 2015にて「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞[36]

ゴールデンジョイスティックアワード2015にて「ベストストーリーテリング」、「ベストビジュアルデザイン」、「ベストゲーミングモーメント」と「アルティメットゲームオブジイヤー」を受賞。[37]

週刊ファミ通』のクロスレビューでは4人のレビュアーによる評価で、40点満点中37点を獲得した[38]。1人のレビュアーがバトルについて「オーソドックスにまとまりすぎた印象」、2人のレビュアーが「システム面や、インターフェースについて複雑さを感じたりもする」「オープンワールドでの膨大な量の情報や操作性を含めて、多少の煩雑さは否めない」と意見をつけたものの、問題点とはしていない。また、4人とも購入を推奨する今週(2015年6月1日ー6月7日)のゲームとして『ウィッチャー3 ワイルドハント』を提示した[39]

出典[編集]

  1. ^ https://www.playstationlifestyle.net/2020/04/08/the-witcher-3-sales-28-million-units/
  2. ^ https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07WX2J5K2?ie
  3. ^ Blood and Wine -- Out Now!”. 2019年5月28日閲覧。
  4. ^ 『ウィッチャー3 ワイルドハント』 エキスパンション・パック第1弾ローンチトレーラーが公開”. ファミ通 (2015年10月9日). 2015年10月30日閲覧。
  5. ^ a b c 今度のゲラルトは名探偵? 「ウィッチャー3 ワイルドハント」のプレイレポートおよび開発者インタビューをお届け」”. 4Gamer.net (2015年4月1日). 2015年7月12日閲覧。
  6. ^ Rio Tani (2013年6月23日). “新システム詳細や次世代機開発に迫る『The Witcher 3: Wild Hunt』ゲームディレクターインタビュー”. GamesPark (IID). http://www.gamespark.jp/article/2013/06/23/41650.html 2015年7月12日閲覧。 
  7. ^ [1]
  8. ^ “The Witcher 3 – ‘No repeated quests’ promises CD Projekt RED”. X-One (Imagine Publishing). http://www.xb1.co.uk/interviews-2/the-witcher-3-no-repeated-quests-promises-cd-projekt-red/ 2015年7月12日閲覧。 
  9. ^ ishigenl=http://www.gamespark.jp/article/2013/03/27/39803.html+(2013-04.27).+“『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に”. GamesPark (IID) 
  10. ^ a b RIKUSYO (2013年4月26日). “CD Projekt RED: 『The Witcher 3』にはマルチプレイヤー、QTE、DRMを搭載しない”. GamesPark (IID). http://www.gamespark.jp/article/2013/04/26/40425.html 2015年7月12日閲覧。 
  11. ^ a b The Witcher 3: Wild Hunt for PC Reviews”. Metacritic. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ a b The Witcher 3: Wild Hunt for PlayStation 4 Reviews”. Metacritic. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ a b The Witcher 3: Wild Hunt for Xbox One Reviews”. Metacritic. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ a b The Witcher 3: Wild Hunt - Complete Edition for Switch Reviews”. Metacritic. 2019年10月26日閲覧。
  15. ^ a b c Carter, Chris (2015年5月12日). “Review: The Witcher 3: Wild Hunt”. Destructoid. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ a b Wallace, Kimberley (2015年5月12日). “Choice On A Grand Scale – The Witcher 3: Wild Hunt – PlayStation 4”. Game Informer. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  17. ^ a b Leack, Jonathan (2015年5月20日). “The Witcher 3: Wild Hunt Review”. Game Revolution. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  18. ^ a b VanOrd, Kevin (2015年5月12日). “The Witcher 3: Wild Hunt Review”. GameSpot. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ a b c Senior, Tom (2015年5月12日). “The Witcher 3: Wild Hunt review”. GamesRadar. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ a b Bloodworth, Daniel (2015年5月12日). “The Witcher 3: Wild Hunt Review”. GameTrailers. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ a b c Ingenito, Vince (2015年5月12日). “The Witcher 3: The Wild Hunt Review”. IGN. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ a b c Prescott, Shaun (2015年5月21日). “The Witcher 3 PC review”. PC Gamer. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  23. ^ a b Gies, Arthur (2015年5月13日). “The Witcher 3: Wild Hunt review: off the path”. Polygon. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ a b Phipps, Brett (2015年5月12日). “The Witcher 3: Wild Hunt Review”. VideoGamer.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ Welsh, Oli (2016年8月30日). “The Witcher 3: Wild Hunt review”. Eurogamer. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  26. ^ Arnold, Cory (2017年7月20日). “What is the best RPG of all time? Japanese gamers say Persona 5”. Destructoid. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  27. ^ The best RPGs of all time”. PC Gamer (2016年12月22日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  28. ^ Top 100 RPGs of All Time”. IGN. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  29. ^ “Edge Presents: The 100 Greatest Video Games of All Time”. Edge. (August 2017). 
  30. ^ HG101 Presents: The 200 Best Video Games of All Time”. Hardcore Gaming 101 (2015年12月5日). 2018年12月13日閲覧。
  31. ^ Staff (2017年11月27日). “The 500 Best Video Games of All Time”. Polygon. 2018年12月13日閲覧。
  32. ^ “The Top 300 Games of All Time”. Game Informer (300). (April 2018). 
  33. ^ Top 100 Video Games of All Time”. IGN. 2018年12月13日閲覧。
  34. ^ [2]
  35. ^ Robert Purchese (2015年6月9日). “The Witcher 3 sells 4m copies in two weeks”. Eurogamer.net (Gamer Network). http://www.eurogamer.net/articles/2015-06-09-the-witcher-3-sells-4m-copies-in-two-weeks 2015年7月12日閲覧。 
  36. ^ “『ウィッチャー3 ワイルドハント』がゲーム・オブ・ザ・イヤーなど複数の賞を受賞! 【The Game Awards 2015】”. ファミ通.com. (2015年12月3日). http://www.famitsu.com/news/201512/04094544.html 
  37. ^ 歴史的ゲームアワード「Golden Joystick Awards 2015」の受賞作品が発表!GameSpark 2015年10月31日
  38. ^ 評価基準:4人のレビュアーが各10点満点(7点で標準的な完成度)で評価。合計30点以上で良質なゲーム
  39. ^ 乱舞吉田、ジゴロ☆芦田、ブンブン丸、本間ウララ、ローリング内沢、2015、「新作ゲーム クロスレビュー」、『週刊ファミ通』(2015年 6/11)、エンターブレイン pp. 17-19

関連項目[編集]

外部リンク[編集]