ソニック ヒーローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソニックヒーローズ
ジャンル ハイスピードチームアクション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
PS2Xbox・PC
開発元 ソニックチーム
発売元 セガ(後のセガゲームス
プロデューサー 中裕司
ディレクター 飯塚隆
デザイナー 前川司郎
シナリオ 前川司郎
プログラマー 片野徹
音楽 瀬上純
幡谷尚史
蓑部雄崇
大谷智哉
杉山圭一
小林秀聡
南波真理子
中川輝彦
熊谷文恵
美術 星野一幸
人数 1~2人
メディア ニンテンドーゲームキューブ用8cm光ディスク
ダウンロード販売
発売日 2003年12月30日
2014年9月17日
テンプレートを表示

ソニック ヒーローズ』(SONIC HEROES)は、2003年12月30日PlayStation 2ニンテンドーゲームキューブXbox用ソフトとしてソニックチームの製作でセガ(後のセガゲームス)より発売されたアクションゲーム2004年12月4日にはWindowsにも登場した。また、2014年9月17日にはPS2版がPlayStation 3用のゲームアーカイブスとして配信された。

概要[編集]

本作の特徴は、三人のキャラクターがチームを組んでプレイを進めていく「チームプレイ」であり、チームによってストーリーが異なり、ゲームの難易度やミッションも変わってくる。 ストーリーは『ソニックアドベンチャー2』の後日談で、その中でもチームダークのストーリーは前作とのつながりが深い。

ベクター、エスピオ、チャーミーはカオティクス以来の登場だが、この作品から設定が変更される(発売直前に放送された『ソニックX』第39話でも同様の設定で登場)。

ストーリー[編集]

チームソニック
荒野を走るソニックに、テイルスからエッグマンから挑戦状が来たと知らされる。それを知ったソニックは、テイルスとナックルズと共にチームソニックを結成し、エッグマンのもとに急ぐ。
ゲームは標準的な難易度で、これまでのシリーズ同様ゴール一直線を目指す。
チームダーク
お宝を求めてエッグマンの基地に潜入したルージュは、その宝の正体を見て驚いた。なんと、『ソニックアドベンチャー2』においてスペースコロニー・アークでの戦いで行方不明となっていたシャドウが封印されていたのだった。
すると、同じ部屋にいたオメガにエッグマンのロボットと誤解され、シャドウは攻撃を受ける。シャドウがオメガに攻撃しようとしたときルージュがそれを止め、二人に事情を聞き、シャドウは記憶を取り戻すため、オメガは復讐を果たすためチームダークを結成しエッグマンのもとに急ぐ。
ゲームはチームソニックをベースに、敵の配置数が多くなっていたり、少しコースが長くなっていたりと難易度が高くなっている。
チームローズ
ソニックとの連絡が全く取れなくなってしまったエミーはソニックの影らしきものが写った新聞記事を見る。一方ビッグは親友であるカエルくんを探し、クリームはチーズの双子であるチョコラを探していた。
そして、ビッグはカエルくんを、クリームはチョコラを、エミーはソニックを探すためチームローズを結成し新たな旅に出る。
仕掛けが単純で敵の数も少なく、コースも短くなるため、作中で最もクリアが簡単なチームである。スペシャルステージをこのチームで済ませてもいい。
チームカオティクス
仕事もなく暇なカオティクス探偵事務所。そこへ仕事の依頼として小包が届く。小包の中には通信機が入っており、謎の依頼人から「お前たちを腕利きの探偵と見込んで一つ仕事を頼みたい、報酬は望みのままじゃ」というメッセージが届いた。
ベクター、エスピオ、チャーミーの三人は報酬のために仕事を引き受け、チームカオティクスは旅を始めた。
「敵に気づかれてはいけない」ミッション等、他チームとは性質を異にしているゲーム内容が多い。
ラストバトル
ここで今までのエッグマンの不審な行動の理由がわかり、真のボスが現れる。

ゲームシステム[編集]

チームソニック、チームダーク、チームローズ、チームカオティクスの4つのストーリーを自由に進めていく。チームごとに三人が協力し合ってゴールリングを目指す。チームにはスピードタイプ、フライタイプ、パワータイプが一人ずつ存在し、状況によってフォーメーションを使い分けていく。またチームごとに必殺技を持っており、チームブラストゲージがMAXになると使用可能になる(周囲のザコ敵を一掃・ボスに大ダメージを与える・操作不能状態になっている仲間が復帰する点は共通)。

スピードフォーメーション[編集]

ソニック・シャドウ・エミー・エスピオが先頭になり、残りのチームメイトが後ろに続くフォーメーション。全フォーメーション中最高速が最も早い。チームコアは青。

  • チームアクション(スピード)
ロケットアクセル
三人が揃っており、リーダーが足場に立っている時に攻撃ボタンを押し続けるとリーダーの後ろにチームメイトが集まり、離すと高速でリーダーを射出する。風を起こす効果もある。
  • ソロアクション(スピード)
ホーミングアタック(すべてのキャラクター)
過去のシリーズと同様、近くの敵に体当たりして攻撃できる。レベルが上がると攻撃力が増し、レベル3ではエフェクトが虹色となって風を起こせるようにもなる。
三角跳び(ソニック&シャドウ&エスピオ)
一定の狭さの通路の壁にホーミングアタックすると張り付くことができ、その状態でジャンプボタンを押すと反対側の壁に向かって飛び移って進める。スティックを倒しながら押すとその方向へと進むこともできる。一定時間張り付いたまま何もしないか攻撃ボタンを押すと張り付きを解除できるがエスピオのみ、時間経過で張り付き状態が解除されることがない。
ライトダッシュ(ソニック&シャドウ)
リングの近くで攻撃ボタンを押すと、リングの列に沿って高速で移動する。
ブルートルネード(ソニック)/ブラックトルネード(シャドウ)
目の前に竜巻を起こす。見た目が違うだけで効果は同じ。
トルネードハンマー(エミー)
ハンマーを振り、竜巻を前方に飛ばす。
木の葉隠れ(エスピオ)
その場で竜巻を起こし、エスピオが半透明になって敵から見つからなくなり、レーザーを通り抜けられるようになる。チームメンバーはリーダーを変えるかもう一度使って元に戻るまで使った場所で待機し続ける。
キック(ソニック&シャドウ)
スライディングし、近くの敵に攻撃。やや加速する。
ピコピコハンマー、プロペラハンマー(エミー)
ピコピコハンマーを振り回して、近くの敵に攻撃。スティックを倒したままで、回転することができる。
プロペラハンマーはジャンプボタンを押し続けるとハンマーを振り回し、暫くの間滞空する(移動も可能)。終了後にトルネードハンマーを使うともう1度使用可能。
手裏剣(エスピオ)
エスピオが壁に当たると反射する手裏剣を投げつける。「木の葉隠れ」を使った状態だと必然的に発生する。

フライフォーメーション[編集]

テイルス・ルージュ・クリーム・チャーミーが、チームメイトをぶら下げる形のフォーメーション。全フォーメーション中空中への適応力が最も高い。チームコアは黄色。

  • チームアクション(フライ)
サンダーシュート(すべてのキャラクター)
チームメイトを電気の球にして打ち出す攻撃。敵を痺れさせて足止めが可能であり、空中にいた場合は地面に墜落させてダメージを与えられる。敵が複数いる場合はまとめて攻撃できる。レベル2で直接ダメージが与えられるようになり、レベル3では飛ばした先にあるリングを吸い寄せることができる。
  • ソロアクション(フライ)
飛行(すべてのキャラクター)
空中を飛行し、飛行中にさらにジャンプボタンを押すと急上昇も可能。前後左右に動くとフライゲージが減少し、ゲージがなくなると落ちてしまう。チームメイトが少なくなるほど身軽になるがその代わりにフライゲージの減りが大きくなる。
ダミーリングボム(テイルス&ルージュ)
テイルス(ルージュ)がリングに似た爆弾(自分・味方にはダメージ判定無し)をばらまき、近づいた敵を麻痺させる。
チャオアタック(クリーム)
クリームが「行ってチーズ!」と言い、チーズが周囲の敵全てを攻撃する。攻撃力がかなり高い。
針攻撃(チャーミー)
お尻の針で体当たり攻撃。特定の花の前であればチームメイトが居ても使用でき、使うと花のつぼみを開かせて様々な恩恵を得られる。

パワーフォーメーション[編集]

ナックルズ・オメガ・ビッグ・ベクターを中心に、横広がりになって行動するフォーメーション。全フォーメーション中複数の敵に対する乱戦にめっぽう強い。チームコアは赤。

ボルカニックダンク(ナックルズ)
ショートジャンプし、地面に拳を叩きつけた衝撃で攻撃する。レベル2では叩き付けた箇所が短時間燃え続け、レベル3ではさらに火の玉が散華し、効果範囲がアップする。
オメガアーム(オメガ)
両腕を武器に変形させ、前後左右360度にバルカン弾をばら撒く。レベル2では火炎放射に、レベル3ではミサイルランチャーに変化。ミサイルは爆風にも攻撃判定がある。
ビッグフィッシング(ビッグ)
巨大なウキが付けられた釣竿を振り回す。レベル2では巨大な浮き輪、レベル3では巨大な鉄球を振り回す。しかし、振り回すという攻撃方法のため当てづらい。
ベクターブレス(ベクター)
周囲に音符を放射して攻撃する。レベル2では火炎放射、レベル3では触ると爆発する風船ガムを発射する。オメガアームと同じく爆発にも攻撃判定がある。
遠距離攻撃(ナックルズ&オメガ)
ナックルズ(オメガ)がソニックとテイルス(シャドウとルージュ)を玉のように投げつけ攻撃する。空中の敵でも攻撃出来る。一人になるとこの技は出せない。
ボディープレス(ビッグ&ベクター)
ビッグ(ベクター)が急降下し、お腹(ベクターは拳)で攻撃する。空中の敵でも攻撃出来る。地面に当たった後バウンドするため、連続で使える。
トライアングルダイブ(ナックルズ&オメガ)/パラソル落下(ビッグ)/風船ガム落下(ベクター)
三人で集まって空気抵抗を増やし、ゆっくり落下したり風を受けて上昇したりできる。

キャラクター[編集]

チームソニック[編集]

ソニック - 声優:金丸淳一 スピードタイプ
ソニックシリーズおなじみの主人公。エッグマンの挑戦状を受けエッグマンのもとに急ぐ。
テイルス - 声優:広橋涼 フライタイプ
挑戦状のことを知らせるためソニックと久しぶりに再会し、彼とともに行動することになる。
ナックルズ - 声優:神奈延年 パワータイプ
今回もソニック、テイルスと会い3人で行動する。
チームブラスト - ソニックオーバードライブ
ソニックがテイルス、ナックルズの二人がかりで発射され、一定範囲をライトアタックで暴れまわる。ブラストゲージが無くなるまで、スピードフォーメーション時のブルートルネードが敵に誘導して攻撃するライトアタックに変化し、ザコ敵を一掃できる。他チームとの対戦の場合、ダメージ効果に加えて痺れさせる。
テーマソング
We Can

チームダーク[編集]

シャドウ - 声優:遊佐浩二 スピードタイプ
行方不明となっていたが、何らかの原因でエッグマンの部屋のカプセルに入っていた。ルージュによって解放されたが記憶をなくしてしまったため記憶を取り戻すべくルージュ達と行動を共にする。
ルージュ - 声優:落合るみ フライタイプ
エッグマンのお宝を盗むために侵入したが、お宝らしきものを発見するも、中身はシャドウであった。さらにオメガにも会い、対立する二人のまとめ役として、二人の目的のためにTEAM DARKを結成した。
E-123 オメガ - 声優:楠大典 パワータイプ
エッグマン作のEシリーズ最終形態において、Eシリーズ最高傑作。しかし長い間部屋に閉じ込められており、エッグマンを憎んでいた。ルージュにより解放され、エッグマンに復讐するために行動する。
チームブラスト - カオスインフェルノ
シャドウがカオスコントロールで時を止め、その隙にルージュによって支えられたオメガがレーザー放射で攻撃。ブラストゲージが無くなるまで、3人以外のすべての時間が止まる(再度チームブラスト発動ボタンを押すことで自発的に解除できる)。他チームとの対戦の場合、ダメージ効果がなくなり、動きを止めるだけとなる。
テーマソング
This Machine

チームローズ[編集]

エミー - 声優:川田妙子 スピードタイプ
ソニックのことが大好きな女の子。ソニックを探すために旅に出る。
クリーム - 声優:あおきさやか フライタイプ
いなくなってしまった親友のチーズの弟のチョコラを探すためにエミーとともに行動する。
ビッグ - 声優:長嶝高士 パワータイプ
いなくなってしまった親友のカエルくんを探すため、エミー、クリームと共に旅をする。
チームブラスト - フラワーフェスティバル
ビッグがパラソルでエミーとクリームを玉回しした後、パッと沢山の花が満開になる。発動後、全員のレベルが1つ上がり、さらにバリアと無敵、スピードUPアイテムが付く。無敵終了時間は無敵の音楽が終わるまででブラストゲージが無くなるまでよりも実際は長い(スピードUP効果はブラストゲージが無くなるまでだと思われる)。他チームとの対戦の場合、ダメージ効果がなくなる代わりにブラストゲージがなくなるまでの間、フォーメーションをチェンジできなくさせることができる。
テーマソング
Follow Me

チームカオティクス[編集]

ベクター - 声優:三宅健太 パワータイプ
カオティクス探偵事務所の所長。報酬が見合えば何でもやるのがポリシーで、アニキ的存在。実は推理力が抜群で3人と共に仕事をしていく。
エスピオ - 声優:増田裕生 スピードタイプ
カオティクス探偵事務所のご意見番的存在。常に冷静でいるため依頼主の発言を不審に思うも、結局仕事をすることになる。
チャーミー - 声優:鉄砲塚葉子 フライタイプ
お調子者なハチの子。探偵というよりもマスコット的な存在。3人と共に依頼を達成していく。
チームブラスト - カオティクスリサイタル
エスピオの三味線、チャーミーの太鼓、ベクターのダミ声というメチャクチャなリサイタルで、一定範囲のザコ敵をリング(敵の強さに関係なくランダムで5・10・20)に変える。ブラストゲージが無くなるまで、倒した敵をリングにすることが出来る。他チームとの対戦の場合、ダメージ効果に加えて痺れさせる。
テーマソング
Team Chaotix

その他[編集]

Dr.エッグマン - 声優:大塚周夫
ソニックを敵視する悪の科学者。いつまでも、世界征服をたくらみ、さまざまなロボットを駆使しソニックたちに立ち向かうが、非情になりきれない憎めない面も併せ持つ。今作ではエッグマンらしくない発言もシャドウに対して言っている。実はその正体は変身したメタルソニックで、エッグマン本人はメタルソニックに閉じ込められていた。ちなみに、チームカオティクスの依頼人もエッグマン本人である。
オモチャオ - 声優:小桜エツ子
チャオの姿をしたロボット。メニュー画面で色々な項目の説明をしてくれたり、アクションなどの説明もしてくれる。
チーズ - 声優:広橋涼
クリームといつも一緒にいるチャオ。今回は弟であるチョコラを探す為、クリーム達チームローズに同行する。
カエルくん - 声優:なし
ビッグの親友で、エミー達が探している仲間の一体。手がかりからして最初はソニックが犯人かと思われていたが、真犯人はメタルソニックだった。
ソニックアドベンチャー』にてカオスに憑依されたことがあるため、カオスのデータをコピーするために誘拐されていた。
チョコラ - 声優:なし
チーズの双子の弟で、エミー達が探している仲間の一体。
カオスの正体がチャオの突然変異体であることから、カエルくんと共にカオスのデータをコピーするためにメタルソニックに誘拐されていた。
メタルソニック- 声優:金丸淳一
エッグマンによって造られた対ソニック用兵器で、かつてソニックと何度も戦いを繰り広げた。独自のAIチップの発達により自我が芽生え、自身を改造して「ネオメタルソニック」となり、人型に近いボディを持つ様になった。他の人物に姿を変える能力を持つ。ロボットの世界を作り上げる為にエッグマンに反逆。彼を拘束し、彼自身に変身してソニック達に挑戦状を送り付け、さらにカエルくんやチョコラを誘拐してカオスのデータをコピーして影で計画を進めていた。
本作の真の最終ボスであり、「ラストシナリオ」では怪物を思わせる様な巨大な改造形態「メタルマッドネス」、飛行形態の「メタルオーバーロード」となってソニック達との決戦に挑む。
本編後はエッグマンによって元の従順なロボットに戻されたとされる。

敵キャラ[編集]

エッグポーン
最も多く存在するザコ敵。丸い体の上部にエッグマンを模した顔が付いており、体当たり、火器、盾などの武装も行う。
エッグフラッパー
空中に滞空しているエッグマンのロボット。エッグポーンと似た外見をしており、色によって機銃やレーザー、索敵、爆弾投下などの様々な種類がある。
キャメロン
カメの形をした緑色の敵。装甲が固くパワータイプのキャラでないと攻撃が通らないが、スピードタイプのキャラで風を当てるとひっくり返って無防備になる。
ゴールドキャメロン
金色になって強化されたキャメロン。普通に近づくとすぐに手足を引っ込めてパワータイプでも手が出せなくなるが、ひっくり返されるとやはり無防備になってしまう。
クラゲン
長い腕が付いている敵。プレイヤーを捕獲し、倒すまで捕まったキャラクターをリーダーに出来なくなり、他のキャラクターをリーダーにしても捕まったキャラは付いてこない。
ゴールドクラゲン
強化されたクラゲン。基本はクラゲンと同様だが、捕まえて一定時間が経過するとどこかに消えてしまい倒せなくなる。チェックポイントを通過するか、チームブラストを使うと救出できる。
リノライナー
グラインドレールを走るサイ型の列車。極めて体力が低く、攻撃もあまりしてこない。
エッグナイト
複数のエッグポーンを従えて登場するリーダー。性能は高いが、倒すと周囲のエッグポーンも同時に破壊される。
エッグハンマー
ハンマーを担いだ巨人型ロボット。体力がとても多いが、ふらついている所に攻撃を加えると倒れてしばらく起き上がれなくなる。
エッグビショップ
赤い魔法使い型ロボット。一瞬で近くのロボットの体力を全快させるが、自身は攻撃手段を持たない。風を当てるとエッグマジシャンに変身する。
エッグマジシャン
紫色の魔法使い型ロボット。プレイヤーの足元に魔法陣を作り、リングを吸い取る。風を当てるとエッグビショップに変身する。
ヘビーハンマー
防御面を強化したエッグハンマー。ボディにはすべての攻撃が通らず、頭のコアを守っている兜を外さないと倒せない。
ファルコ
赤い鳥型メカ。サンダーシュートでしか追いつけないほど高速で飛行しエッグポーンなどを投下するが、非常に脆い。
E-2000
赤い人型ロボット。シールドで防御したり太いレーザーを撃ってくる強敵。時折小型に変形する。
E-2000R
金色のE-2000。武装はE-2000と変わらないが、撃破時のスコアが10000点と非常に高い。

ボス[編集]

  • 海ステージ(シーサイドヒル、オーシャンパレス):エッグホーク
  • 都市ステージ(グランドメトロポリス、パワープラント):他チーム(チームソニックVSチームローズ、チームダークVSチームカオティクス)
  • 娯楽ステージ(カジノパーク、ビンゴハイウェイ):ロボットカーニバル
  • 渓谷ステージ(レールキャニオン、バレットステーション):エッグアルバトロス
  • 密林ステージ(フロッグフォレスト、ロストジャングル):他チーム(チームソニックVSチームダーク、チームローズVSチームカオティクス)
  • 屋敷ステージ(ハングキャッスル、ミスティックマンション):ロボットストーム
  • 空母ステージ(エッグフリート、ファイナルフォートレス):エッグエンペラー
  • ラストストーリー:メタルソニック(メタルマッドネス→メタルオーバーロード)

外部リンク[編集]