二十四の瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二十四の瞳
著者 壺井栄
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

二十四の瞳』(にじゅうしのひとみ)は、1952年昭和27年)に壺井栄が発表した日本小説である。

第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井栄は、自身が戦時中を生きた者として、この戦争が一般庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。

発表の2年後、1954年昭和29年)に映画化された(二十四の瞳 (映画))。これまで、映画化2回、テレビドラマ化6回、テレビアニメ化1回、計9回映像化された。

概要[編集]

瀬戸内海べりの一寒村」を舞台に、女学校を出て赴任した女性教師と、その年、小学校に入学した12人の生徒のふれあいを軸に、日本第二次世界大戦を突き進んだ歴史のうねりに、否応なく飲み込まれていくこの教師と生徒たちの苦難や悲劇を通し、戦争の悲壮さを描いた作品である。

1928年昭和3年)から1946年(昭和21年)まで、すなわち、昭和の戦前期、終戦、その翌年まで、18年間が描かれている。

小説の舞台は、壺井栄が、その冒頭で「瀬戸内海べりの一寒村」としている。そして、全ページを通じて、一切、舞台の具体的な地名は出てこない。しかし、映画・テレビをあわせて9回映像化された際、原作者壺井栄の故郷が香川県小豆島であることから、これら映像作品では、物語の舞台を「小豆島」と設定した。これにより、「二十四の瞳」と、原作にはない「小豆島」の2つが結びついて広く認識されるようになった。

あらすじ[編集]

1928年昭和3年)、普通選挙が実施される一方で治安維持法の罰則が厳しくなった年に[1]、「女学校の師範科」を卒業したばかりの正教員の大石久子(おなご先生)は、島の岬の分教場に赴任する。そこに入学した一年生12人(男子5人、女子7人)の児童の、それぞれの個性にかがやく二十四の瞳を前に、この瞳をどうしてにごしてよいものかと感慨を持つ。

若く朗らかな大石先生に子供たちはすぐになつき、信望を集めた。しかし颯爽と自転車に乗り洋服姿で登校するおなご先生は「ハイカラ」であることを理由に、保守的な村の大人達から敬遠される。些細な誤解から面罵され、思わず涙する事も。しかしいつでも子供たちはおなご先生の味方であり、支えであった。

そんな折、大石先生は年度途中で子供たちの作った落とし穴に落ちてアキレス腱を断裂。分教場への通勤が不可能になってしまう。大石先生が不在の中、「おなご先生」を一途に慕う子供たちの姿を目の当たりにした村の大人達の態度も軟化する。大石先生が子供たちにとってかけがえのない存在であることを理解したのだった。やがて怪我が完治した大石先生は本校へ転任する事となり、村の皆に見送られ、再会を約束して分教場を去った。

1932年昭和7年)、5年生になった子供たちは本校に通うようになり、新婚の大石先生と再会する。しかし昭和恐慌や東北飢饉、満州事変第一次上海事変と続く戦争といった暗い世相は、大石先生を始めつつましく暮らす生徒達のそれぞれの暮らしに、不幸の影を落とし始める。

1934年昭和9年)春、戦時教育に憂いを持った大石先生は教え子たちの卒業とともに教職を辞する。12人の生徒たちはそれぞれの運命を歩む。彼らの行く末を案じ、戦地へ赴く教え子には「名誉の戦死などするな、必ず生きて帰れ」声を潜めて伝える大石先生だった。

1946年昭和21年)、船乗りの夫を戦争で、相次いで母親も末娘も亡くした大石先生はふたたび教壇に復帰する。幼い児童たちの中にはかつての12人の児童たちの近親者もいる。点呼を取るだけで涙ぐんでしまう大石先生は、その昔「小石先生」とあだ名をつけられたように「泣きミソ先生」と呼ばれることとなる。教師の道をえらび、母校に勤務しているかつての教え子の呼びかけで、12人(のうち消息のわかるもの)は大石先生と会合をもつ。貧しさから波乱の人生を余儀なくされた者、家が没落し消息を絶った者、誰にも看取られる事なく病死した者、遠い海の向こうで戦死し2度と帰ってこない者、戦場で負傷し失明した者。時代の傷を背負って大人になった彼らは、大石先生を囲んで小学1年生のあの日皆で一緒に撮った写真を見る。

フィルモグラフィ[編集]

以下は、同作品を原作もしくは、同作品を参考としたものである。

劇場用映画[編集]

テレビドラマ[編集]

1964年版[編集]

1964年4月17日 - 7月10日に、開局して間もない東京12チャンネル(現・テレビ東京)において放送された。放送時間は金曜19:30 - 20:00(JST)。

キャスト
スタッフ
東京12チャンネル 金曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
二十四の瞳
(1964年版)

1967年版[編集]

キャスト
スタッフ
毎日放送制作・NET系列 木曜21時台前半枠
【『大丸名作劇場』再開】
前番組 番組名 次番組
二十四の瞳
(1967年版)

1974年版[編集]

キャスト
スタッフ

1976年版[編集]

1976年1月5日 - 14日にNHKにおいて「少年ドラマシリーズ」枠で放送された1974年版の第二部。

キャスト
  • 杉田景子
  • 武智豊子
スタッフ
NHK制作 少年ドラマシリーズ
前番組 二十四の瞳シリーズ 次番組
少年カウボーイ
(1974.10.14 - 1974.11.6)
二十四の瞳
(1974.11.11 - 1974.11.20)
アルプスのスキーボーイ
(1974.11.25 - 1974.11.28)
あおげばとうとし
(1976.1.3)
二十四の瞳 第2部
(1976.1.5 - 1976.1.14)
幼年時代
(1976.1.19 - 1976.1.29)

1979年版[編集]

1979年7月9日-8月31日TBSにおいて「花王愛の劇場」枠で放送された。

キャスト
スタッフ
TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
体の中を風が吹く
(1979.5.14 - 1979.7.6)
二十四の瞳
(1979.7.9 - 1979.8.31)
北の宿から
(1979.9.3 - 1979.10.26)

2005年版[編集]

2005年8月2日日本テレビ系列において終戦60周年特別ドラマとして放送された。

キャスト
スタッフ

2013年版[編集]

2013年8月4日21:00 - 23:10[2] (JST)にテレビ朝日系列『日曜エンタ・ドラマスペシャル二十四の瞳』として放送。1954年の映画を監督した木下惠介の生誕100年記念作品。

キャスト
スタッフ

テレビアニメ[編集]

フジテレビ系列 日生ファミリースペシャル
前番組 番組名 次番組
二十四の瞳
(テレビアニメ)

関連著作[編集]

 木下恵介監督の映画「二十四の瞳」を、当時の子役や出演者、スタッフらの証言をもとに検証することで、作品が現代へ何を問いかけているかを探ったノンフィクション。

  • 「古地図で歩く香川の歴史 さぬきで息ぬき 高松城下に遊び、二十四の瞳の世界をさまよう」(井上正夫著 同成社2009年刊) ISBN 4886214509

 第3部 二十四の瞳の世界では、昭和3年発行と平成19年発行の小豆島の地図を見比べ、大石先生が岬の分教場へ通ったであろう道を辿っている。また、大石先生のモデルについても考察されており、高松市出身の実在の人物にスポットを当てている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 治安維持法1928年(昭和3年)に緊急勅令「治安維持法中改正ノ件」により強化された。(治安維持法#法律制定を参照の事)
  2. ^ 20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』も別途放送。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]