ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルパン三世 > ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!
土曜スーパースペシャル > ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!
ルパン三世
バイバイ・リバティー・危機一発!
ジャンル 単発テレビアニメ
原作 モンキー・パンチ
脚本 柏原寛司
監督 出崎統
出演者 山田康雄
増山江威子
小林清志
井上真樹夫
納谷悟朗ほか
製作
プロデューサー 安田嬢、武井英彦、徳永元嘉
制作 日本テレビ東京ムービー新社
放送
放送国・地域日本の旗 日本
初回放送
放送期間1989年4月1日
放送時間土曜19:00 - 20:54
放送枠土曜スーパースペシャル
放送分114(本編97)分
回数1
再放送(山田康雄追悼企画)
放送期間1995年3月31日
放送時間金曜21:03 - 22:54
放送枠金曜ロードショー
放送分111分
回数1
テンプレートを表示
本作の舞台の一つとなった自由の女神像

ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』(ルパンさんせい バイバイ・リバティー・ききいっぱつ!)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のテレビスペシャルシリーズ第1作。1989年4月1日日本テレビ系の『土曜スーパースペシャル』にて放送された。視聴率は13.3%[1]

概要[編集]

1987年の『ルパン三世 風魔一族の陰謀』以来2年ぶりに製作された。テレビアニメ放送版での作品としては『ルパン三世 PARTIII』最終回以来3年半ぶりとなるが、本作中内で過去の3シリーズとの明確なつながりは描写されていない[注 1]。監督は、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』への参加経験を持つ出崎統。『風魔一族の陰謀』で一新されたキャストも本作で元に戻された。

不定期ながら、現在も続くルパン三世テレビスペシャルシリーズの第1作であり、平成最初のルパン作品でもある。放送枠は、次作以降の『金曜ロードショー』ではなく『土曜スーパースペシャル』であった。放送時には、モンキー・パンチ書き下ろしイラストによる番組ポスターが製作された。

衣装は『TV第2シリーズ』に準じており(下記参照)、ルパンは再び赤色のジャケットを着用するが、ルパンのネクタイは黄色、五ェ門の白の着物・茶色の袴[注 2]に変更された部分もあり、以降のスペシャルではほぼ全作[注 3]で共通設定となった。キャラクターデザインは担当した古瀬登によると、初めて担当した仕事が『ルパン三世 ルパンVS複製人間』であったため、敬意を表して同作に似せたものにしたという[2]。このデザインはTVスペシャル第4作『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』まで続いた。

1995年3月に長年ルパン三世を演じてきた山田康雄が死去した際、同年3月31日の『金曜ロードショー』にて「山田康雄追悼企画」と題して再放送がなされた(視聴率17.0%)。

制作[編集]

本作は、プロデューサーの武井英彦によると、放送前年の秋から久々に行われた『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の再放送が高視聴率[注 4]で反響が大きかったことを受け企画されたという。また、本放送終了から9年以上経ちファンの層も入れ変わっていることを意識し、新たに再放送でファンになった若い世代を主な対象にしている。

初めてのテレビスペシャルであるため、オリジナルプロットは原作者のモンキー・パンチに依頼。モンキーも丁度、当時最先端だったコンピュータウイルスに関するアイデアを持っていたため快諾、それを主題にしたプロットを基に柏原寛司が脚本を作成した。ゲストキャラクターのマイケルは、モンキーの「抜群に頭の切れる子供を出したい」という提案から誕生している。

完成作について、出崎の演出スタイルは大まかなあらすじを覚えると一気に勢いでカット割りを仕上げ、それに伴い様々な改変も行うというものだったため、当初の柏原が執筆した脚本から大幅にストーリーが変更されている。このことについて、後にシナリオディレクターの飯岡順一は、柏原の洒落た台詞が生かせずベタな人情芝居になったことに不満な思いがあったと語る一方で、当の柏原は「(改変されることは)よくあることだ」と気にしておらず、完成作にも納得していたという。

あらすじ[編集]

急激な情報技術の発達により、今やルパン三世の記録はネットワークを介して全世界の警察に共有される事態となっていた。盗みもしにくくなり、記録を盗んだり抹消しようとしても50年はかかると予測したルパンは引退を宣言し、最愛の女性ジュディとの甘い生活を夢見る。次元は旧友の泥棒ルースターの頼みを受け、彼がかつて盗み出し、自由の女神像に隠したという世界最大のダイヤモンド「スーパーエッグ」を手に入れようとする。当初、引退宣言したルパンは次元の誘いを断るものの、ジュディが3億ドルの借金を残して別の男と逃げてしまったため、泥棒稼業に復帰する。一方、アラスカで修行中の石川五ェ門は謎の襲撃者に狙われている美女イザベルを助け、彼女の護衛役となる。

ルースターと会うルパンらであったが、同じく「スーパーエッグ」を狙う謎の襲撃者の一団に襲われ、唯一詳細な隠し場所を知るルースターは殺されてしまう。そこでルパンは、探す時間を稼ぐため自由の女神像ごと盗んでしまう。像の中にはコンピュータの扱いに長けた天才少年マイケルが潜んでおり、コンピュータの演算結果によりルパンが女神像を盗むと予測していたという。マイケルの助言によって像をグランドキャニオンに隠したルパンは、さらに彼より世界中のデータの消去や改竄ができる「ニューウイルス」と呼ばれるコンピュータウィルスの存在を教えられる。マイケルの狙いはこのウィルスの確保であり、ルパンもまた自分のデータを削除したいため、マイケルと手を組むことを決める。そしてルパンはついにスーパーエッグを手に入れる。

一方、スーパーエッグやイザベルを狙っていた謎の集団はスリーメイソンと呼ばれる世界的な秘密結社であった。実は彼らの狙いも「ニューウイルス」であり、スーパーエッグやイザベルはその鍵であった。総帥シルバーマン(No.1)は、後手に回っている幹部のジミー・カンツ(No.3)を叱咤し、謎の魔術でアジトに潜入してきた峰不二子を操り人形にしてしまう。

銭形警部の介入もある中で、ルパン一行は五ェ門と合流し、宝石商を名乗るイザベルからスーパーエッグの購入を打診される。ルパンは取引に乗り、スーパーエッグを引き渡そうとするが、シルバーマンに操られた不二子によってイザベルを奪われてしまう。また、その際にイザベルがマイケルの生き別れた母親だと判明する。

イザベルの正体はニューウイルスを開発した天才技術者で、スリーメイソンのNo.2であった。数年前に彼女は組織を裏切り、ニューウィルスの情報を隠したスーパーエッグを持って出奔していたため、彼らに狙われていた。しかし、捕らえられたイザベルは逆にカンツを篭絡してしまい、彼と共にシルバーマンを殺し、自らNo1となって組織を乗っ取ってしまう。そんな事態を知らないルパンや五ェ門はイザベルを奪還するためニューヨークにあるスリーメイソンの本部へ潜入するが、彼女の罠によってスーパーエッグを奪われ地下階に閉じ込められてしまう。

ニューウィルスを解放したイザベルであったが地位の簒奪を企むカンツにナイフで刺されてしまう。地下から脱出したルパンは瀕死の彼女を連れて屋上へ逃げる。後を追うカンツは五ェ門による返り討ちに遭って致命傷を負い、最期の悪あがきにニューウィルスを使ってアメリカやソ連の核施設のコントロールを奪って世界を破壊しようとする。ルパンとマイケルは協力して本部コンピュータを操作し、核ミサイルの発射を未然に防ぐ。

脱出するヘリの中でイザベルは息子との再会を喜びながら息を引き取る。マイケルは母に見立てた自由の女神像にバカヤロウと叫ぶ。

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

ルパン三世
世界的な大泥棒。自分のデータが世界中の警察に共有されたことで一時は引退を決意するが、ジュディの作った多額の借金の返済のためスーパーエッグを狙って復帰する。
次元大介
ルパンの相棒。旧友の泥棒ルースターの頼みを受けスーパーエッグの話をルパンに持ち込む。
石川五ェ門
ルパンの仲間。アラスカで修行中に謎の集団に追われるイザベルと出会い、彼女を助ける。彼女に惚れ、護衛役として行動を共にする。
峰不二子
ルパンの仲間。実業家ジミー・カンツに取り入り、スリーメイソンのお宝を狙う。
銭形警部
ルパンを追うICPOの刑事。中盤、マイケルをルパンに誘拐された子供と勘違いし、保護して行動を共にする。

ゲストキャラクター[編集]

マイケル
本作の主要人物。
コンピュータの扱いに長けた小柄な少年であり、常にパソコンの入った鞄を背負いながら行動する。人物の具体的な情報さえあれば演算結果でその行動を先読みする事が出来る。その知識を用い、「ニューウイルス」を捜すため演算結果によって有効な方法と提案されたルパンの力を借りようとする。だが真の目的は生き別れの母(イザベル)に会うことだった。
イザベル / No.2(ナンバーツー)
本作の主要人物でゲストヒロイン。
五エ門がアラスカで出会った美女。淑女だが男を手玉に取り、意のままに操ることにも長けている。謎の集団に追われており、宝石商を名乗って五エ門を護衛役に雇う。その正体はスリーメイソンの元No.2で、また「ニューウイルス」を開発した天才技術者。さらにはマイケルの実母でもあった。
理由は不明だが自らが開発したニューウイルスを、組織が所有していたスーパーエッグをキーにして封印してしまい、出奔していた。しかし、物語中盤で捕まってしまうと、逆にカンツを唆してシルバーマンを殺し、組織を乗っ取ってしまう。そしてニューウイルスを解放したものの、直後にカンツにナイフで刺され、地位を簒奪される。
先述のように男を手玉に取る一方で、実は亡くしてしまった夫(=マイケルの父親)を今でも愛している。今わの際に五エ門が「夫によく似た面影を持っていた」ことを告白し、律儀に守り続けてくれたことに対して心から感謝する。
ジミー・カンツ / No.3(ナンバースリー)
実業家。スリーメイソンのNo.3。
やり手の実業家の男。その正体は秘密結社スリーメイソンのNo.3であり、No.2ことイザベルとスーパーエッグの行方を捜していた。普段の態度とは裏腹に本性は小心者で、シルバーマンを畏怖する。シルバーマンに叱責されて怯える描写が多いものの、組織をまとめる能力は高いと評され、シルバーマンに代わって現場部隊を指揮している。
中盤では捕まえたイザベルを従えようとして、逆に彼女に手玉に取られ、シルバーマン殺しに協力する。彼女に大人しく従っているように振る舞っていたが、彼女がニューウィルスの封印を解くと、ナイフで刺し、地位を簒奪する。
シルバーマン / No.1(ナンバーワン)
秘密結社スリーメイソンの総帥。魔術師。
魔術師らしいフード付きローブを着込んだ面妖な老人。123歳。吐息で人を浮遊させ操作したり、口から剣を出すなど、オカルト的な能力を持つ。特に中盤においてアジトに潜入した不二子に気づき、彼女を捕らえると、その後、操り人形にしてしまう。
超常の能力を持つものの、既に自分が高齢であることや、このままではこれからの情報化社会では組織を維持できないと憂いており、「ニューウイルス」を手に入れようとしている。
イザベルに強い警戒心を抱いていたものの隙を見せたことで、彼女に唆されたカンツに射殺される。
ルースター
次元の旧友である泥棒。
かつてスーパーエッグを盗み出し、捜査から逃れるため、作業員に変装して自由の女神像に隠したという初老の男。スーパーエッグを回収するため次元を頼るが、同じくスーパーエッグを狙う謎の集団(スリーメイソン)に襲撃され、次元を庇って撃たれ命を落とす。
エド
スリーメイソンの実行部隊の隊長。
スーパーエッグの行方を追う背の低い男。物語序盤において部下を率いてルースターを襲い、彼を射殺する。その際に次元に肩を撃たれるが生きており、ルパンたちの妨害を行う。自由の女神像を盗んだルパンの行方を追ってグランドキャニオンに向かい、パラシュートやキャノン砲を装備した武装車で襲うが返り討ちに遭い、最期は焼死する。
ジュディ
ルパンの恋人。
引退を決意したルパンが生涯の伴侶として選んだ美女。しかし、金遣いが荒くルパンのクレジットカードで散財して3億ドルの借金を作った上に、新しい男を作ってルパンの元を去ってしまう。

用語[編集]

スーパーエッグ
本作のお宝。アメフトボール程の大きさを誇る巨大なタマゴ状の形をした世界最大のダイヤモンド。数年前にルースターが宝石の展示会より盗み出し、自由の女神像に隠していた。
詳細な来歴は不明だが元はスリーメイスンの所有物であり、イザベルが組織から出奔する際に、ニューウイルスのデータを引き出す鍵にし、持ち出したものであった。このため、スリーメイスンはイザベルと共にその行方を追っていた。
ニューウイルス
本作の真のお宝。史上最悪のコンピューターウイルスで、全世界のあらゆるコンピュータ上のデータを、使用者の望むままに改竄・消去できるもの。実際、劇中ではアメリカとソ連の核施設を一瞬にしてハッキングし、核ミサイルの発射準備を完了させている。しかしながら、現在の保管場所などは不明とされていた。
その正体はスリーメイソンが組織の覇権を維持するために、高度情報化社会に対応するべく製造したもので、直接の開発者はイザベル。しかし、彼女が組織から出奔するにあたって、そのデータは自己暗示により彼女の深層心理内に封印され、解放にはスーパーエッグが必要となっている。
スリーメイソン
世界的な秘密結社。本作における敵組織。ニューヨークの巨大ビルを本拠地とし、表向きは大企業としている。組織内部はオカルトめいており、構成員たちはフード付きのローブと仮面をつけている。筆頭のNo1ことシルバーマン以下、No3までの3人の幹部がいることになっているが、物語開始時点ではNo2だったイザベルが出奔中で欠番となっており、No3のジミー・カンツが事実上の次席となっている。トリックかは不明だが、実際にシルバーマンはオカルト的な魔術を用いることができ、構成員たちから畏怖されている。
絶大な力を持つ古い組織だが、情報化技術の発達により衰退すると予測し、これをコントロールするニューウイルスを開発した。しかし、イザベルが出奔してしまったため、彼女と鍵となるスーパーエッグの行方を捜していた。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - モンキー・パンチ双葉社刊)
  • 監督 - 出崎統
  • 助監督 - 篠原俊哉
  • 脚本 - 柏原寛司
  • 絵コンテ - さきまくら
  • 演出助手 - 矢野博之
  • キャラクター・デザイン・作画監督 - 古瀬登
  • 作画監督補 - 長岡康史、とみたくに、佐藤雄三
  • 美術監督 - 中村光毅
  • 撮影監督 - 高橋宏固、松嵜泰三
  • 編集 - 鶴渕允寿
  • 音楽 - 大野雄二
  • 音楽監督 - 鈴木清司
  • 録音監督 - 加藤敏
  • 音響効果 - 糸川幸良
  • 録音制作 - 東北新社
  • 制作担当 - 高橋伸治、松元文一
  • シナリオディレクター - 飯岡順一
  • プロデューサー - 安田穣、武井英彦、徳永元嘉
  • 主題歌「エンドレス・トワイライト-最後の真珠パール-」
    • 作詞 - 三浦徳子
    • 作曲 - 大野雄二
    • 唄 - 慶田朱美けいだ あけみ
  • 企画協力:WOrds、飯岡順一事務所
  • グラフィック協力 - ビデオ・サンモール
  • 企画・制作 - 日本テレビ
  • 製作 - 東京ムービー新社

その他[編集]

奈良醸造奈良県奈良市)が2019年に本作に因んだビール「Bye-Bye Liberty(バイバイ リバティー)」を発売している。新作のビールを仕込んでいるときに原作者モンキー・パンチの訃報を知った奈良醸造の醸造責任者は、この新作ビールに使用しているホップが「Liberty(リバティー)」という品種であったことから、敬意を表してTVスペシャルシリーズの1作目から名付けた。Bye-Bye Libertyのスタイルケルシュである[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ルパン三世 PARTIII』最終回および『ルパン三世 風魔一族の陰謀』からでもルパンたちの活動がアニメ化にて描写されるのは久しぶりであり、それに伴う形で本編でもルパンは銭形に対して「よぉ、とっつぁんご無沙汰ぶりだこと」と発言し、次元はルパンに「引退したって噂、本当だったのか」と話しかけ、不二子はルパンに「あら、ルパンお久しぶり」と挨拶代わりに指で投げキッスをするなど、ルパンたちがしばらくの間は顔を会わせていなかったことは示されている。
  2. ^ いずれも「複製人間」の衣装設定に準じている。
  3. ^ TV第4シリーズ』を基に制作された『イタリアン・ゲーム』や『グッバイ・パートナー(後半)』を除く。
  4. ^ 18%を記録したこともあったという。

出典[編集]

  1. ^ 『テレビ視聴率月報(関東地区)』ビデオリサーチ。
  2. ^ ルパン三世 Master File』の「ルパン三世クロニクル」インタビューより。
  3. ^ 福岡桃子 (2019年7月11日). “思わず二度見?ちょっと変わった素敵な名前のビール~名前とラベルにまつわるストーリー~”. ビール女子. 2019年7月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』DVD付属の冊子。
  • 飯岡順一 『私の「ルパン三世」奮闘記 アニメ脚本物語』 河出書房新社、2015年。ISBN 4309275591 
  • 「89年、ルパンのターゲットはコンピュータビールス」『アニメージュ Vol.129』、徳間書店、1989年3月。
  • 「出崎統が描くハイテク時代の「ルパン三世」」『アニメージュ Vol.130』、徳間書店、1989年4月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 土曜スーパースペシャル(第2期)
前番組 番組名 次番組
天丼・かつ丼・いろいろ丼・
今夜発表!日本縦断
うまいどんぶり大集合!!
(1989年3月25日)
ルパン三世
バイバイ・リバティー・危機一発!
(本放送)
(1989年4月1日)
日本テレビ系列 金曜ロードショー
天空の城ラピュタ
※21:03 - 23:29
(1995年3月24日)
ルパン三世
バイバイ・リバティー・危機一発!
(再放送)
(1995年3月31日)
ツインズ
(1995年4月7日)