Doing all right

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Doing all right
GARNET CROWシングル
リリース
録音 2009年
時間
レーベル GIZA studio
プロデュース GARNET CROWKANONJI
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 登場回数5回(オリコン)
GARNET CROW シングル 年表
百年の孤独
2008年
Doing all right
2009年
花は咲いて ただ揺れて
(2009年)
テンプレートを表示

Doing all right』(ドゥーイング オール ライト)は、GARNET CROWの29枚目のシングル

解説[編集]

作詞はAZUKI七、作曲は中村由利、編曲は古井弘人

前作「百年の孤独」から7か月でのリリースとなった作品で、前作に続き2形態での発売。本作は、『Type A 「Doing all right」side』と『Type B 「Nora」side』の2形態があり、収録曲とジャケットが異なっている。なお、2形態共通の特典として、同時発売予定のライブDVD『Are You Ready To Lock On?! 〜livescope at the JCB Hall〜』との連動特典応募券が封入されている。

タイトル曲「Doing all right」は、「世界はまわると言うけれど」以来となる『名探偵コナン』のエンディングテーマで、同番組が土曜夕方に移動してから最初のエンディングテーマとなった。『Type A 「Doing all right」side』には、同曲のアコースティックバージョンが収録されている。

「Doing all right」はライブを意識して制作されており[1]、随所にクラップ音が挿入されている。ビデオクリップは、大阪府にある堂島リバーフォーラムの楽屋で中村由利が歌う様子や、2008年のライブツアー「livescope 2008 ~Are You Ready Rock On?!~」の模様を収録している。PVの流れは主に楽屋内での中村由利の表情のアップが多くを占め、他メンバーはライブ映像内でしか登場していない。最後は楽屋からスタッフに呼ばれて出ていく様子のスローモーションと表情のアップで終わる。

カップリング曲の「Nora」は、「まぼろし」以来となるドラマ主題歌に起用された。カップリング曲にもタイアップが付くのは今回が初めてである。『Type B 「Nora」side』には、同曲のオーケストラバージョンが収録されていおり、事実上A面と同等の扱いである。また、ベストアルバム「GOODBYE LONELY 〜Bside collection〜」発売前に行なわれたカップリング曲のファン投票で2位となっている。

収録曲[編集]

Type A 「Doing all right」side[編集]

  1. Doing all right
  2. Nora
  3. Doing all right (Acoustic vocal ver.)
  4. Doing all right (instrumental)

Type B 「Nora」side[編集]

  1. Doing all right
  2. Nora
  3. Nora (Orchestra vocal ver.)
  4. Doing all right (instrumental)

タイアップ[編集]

Doing all right

Nora

収録アルバム[編集]

Doing all right

Nora

関連項目[編集]

出典[編集]


テレビアニメ名探偵コナンエンディングテーマ
2009年4月4日 - 2009年7月4日
前作:
Naifu
恋心 輝きながら
GARNET CROW
Doing all right
次作:
BREAKERZ