AZUKI七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AZUKI七
出生名 菅谷里絵
生誕 7月29日
ジャンル J-POP
職業 作詞家キーボーディスト作家写真家
担当楽器 キーボードフルート
活動期間 1999年 - 2014年
レーベル GIZA studio
事務所 ビーイング
公式サイト http://garnetcrow.com/
イギー・ポップ
オスカー・ワイルド
クーラ・シェイカー
ザ・キュアー
ジーザス・ジョーンズ
ジョン・ゾーン
ソニック・ユース
ピーター・ガブリエル

AZUKI七(アズキ なな)生年及び本名非公開は、日本の作詞家作家写真家詩人キーボーディスト。女性。血液型AB型。7月29日生まれ。1999年から2013年まで、GARNET CROWのメンバーとしての活動を主にしていた。ビーイング所属。

概要[編集]

4〜5歳頃から18〜19歳頃までピアノを習う。ビーイングに入る以前は別名でモデル活動をしており関西方面の番組出演などもしていた。大学卒業後の97年頃、オーディションの課題として作詞を行ったことを契機に作詞家として活動を始め、数年間作品発表のない時期が続く。「太陽の国へ行こうよ すぐに〜空飛ぶ夢に乗って〜」で大黒摩季と作詞を共同で手がけたのち、WANDSFIELD OF VIEWらに作品を提供している。著書に『80,0』(はちまるまる)という自作未発表詩と写真で綴られた詩集がある。写真作家としては詩集のほかにGARNET CROWのジャケット写真などにも作品を提供している。キーボーディストとしては、GARNET CROWとしての演奏の他、2003年にはゲスト奏者としてWAGなどのライブに参加している。現在はプライバシーの問題で発表されなくなったが、関西地域の高額納税者として名前が掲載されていたこともある。

作詞の傾向としては、無常観、寂寥感、死といった観念的な専門用語や当て字を数多く使用するなどの、独特な歌詞回しをする。専門用語の一例としては、本人が頻繁に十字架を象徴したアクセサリーを着用していることからもわかるように、キリスト教仏教等、複数の宗教や神話からのものがある。

代表的な単語として、ユダヤ教およびキリスト教からは「JESUS」や、旧約聖書民数記35章より「逃れの町」等、仏教概念からは「輪廻」や「三途の川」等を挙げることができる。また、芸術に影響を受けたであろうフレーズもしばしば使用しているのも特徴であり、文学作品から「青い花」や「ノヴァーリスの扉」、「サガン」、「Duras」、「HUMAN LOST」等、絵画からは「Rembrandt」、「Ophelia」、「Serusier」等がフレーズとして挙げられる。また「基本(的に)女性ボーカルは嫌い」[1]だが「ゆりっぺ(中村)の声やコーラス・ワークにベタボレ」[2]と言い、歌詞も明確に表現したいものがあるのではなく、彼女の声や曲によって引き出されているところが大きい。[3]歌詞の解釈に関しても「受けとり方は人それぞれ」「作った物が作品ではなくて、それを受け取れる人が受け止めて膨らんだ分だけそこに生まれた空間が作品」とし、自ら明言する事はない。

週3〜4冊の本を読む読書家であり、その他にも、スキーダイビングテレビゲームコスプレ陶芸、土いじり(本人自身の表現による)、釣りイタリアン料理登山アーチェリーといった幅広い趣味を持つ。インタビューなどでは関西弁で話している。写真撮影にも造詣が深く、その作品はCDジャケットや著書で目にすることができる。好きな食べ物は「ハーブ系のもの」。嫌いな食べ物は「牛乳」。

作詞提供[編集]

書籍[編集]

  • 『80,0』(株式会社ジェイロックマガジン社、2001年1月31日(ISBN 4-916019-25-3 C0095))

関連書籍[編集]

  • GARNET CROW『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』(株式会社ジェイロックマガジン社、2005年1月21日(ISBN 4-916019-41-5 C0073))

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「J-ROCDmagazine 2000年3月号」株式会社ジェイロックマガジン社、2000年。
  2. ^ 「Music Freak MAGAZINE vol.78」株式会社 エムアールエム
  3. ^ 「J groove magazine vol.1」「zappy 2002年5月号」「CDでーた 2004年6月号」他

外部リンク[編集]