古井弘人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古井弘人
別名 ゴッドハンド
生誕 2月7日
ジャンル J-POP
職業 作曲家編曲家キーボーディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1993年 -
レーベル GIZA studio
事務所 ビーイング
共同作業者 GARNET CROW
公式サイト http://garnetcrow.com/
デイヴィッド・フォスター

古井弘人(ふるい ひろひと、2月7日 - )は日本作曲家編曲家キーボーディストビーイング所属。男性。

GARNET CROWの元メンバー。

概要[編集]

アマチュア時代は山根公路(現DEEN)とバンドを組んでいた。T-BOLAN大黒摩季等を輩出した『BADオーディション』を契機にビーイングに入社し、編曲家として、DEENや宇徳敬子小松未歩といった様々なビーイング系アーティストに楽曲を提供していた。その後GARNET CROWを結成し、編曲・キーボードを担当し、楽曲制作における実務的なリーダーとなる。GARNET CROWには他にAZUKI七もキーボードを担当しているが、AZUKI七がピアノ類、古井がシンセサイザー類を担当している。最近では音楽配信限定で個人活動も行っている(詳細は下記)。

各メンバーより絶大な信頼を得ており、演奏・編曲の腕前から「ゴッドハンド」の別名を持つ。ライヴにおいては、普段のクールなキャラクターとは対照的に、パフォーマンスとして激しいキーボード演奏を行う。その結果、度がすぎてしまい、キーボードを壊してしまったなどのエピソードを持つ[1]愛内里菜倉木麻衣ZARD等のバックバンドにも時々参加する。GIZAクリエイターズスクール(旧関西クリエイターズ学院)の講師も務める。趣味はサングラス収集。 幼少期に少しだけエレクトーンを習っていた。耳で覚えるタイプだった為、譜面を見ずに弾いて先生に怒られていた。

略歴[編集]

  • 1994年 - DEENの1stアルバム「DEEN」で、「Keep on Dancin'」の作曲、「恋が突然よみがえる」の編曲を手がける。DEENファンクラブ「DEEIM」のVOL.1号でサポートメンバーとして写真付で紹介とコメントが掲載されている。
  • 1999年 - GARNET CROWを結成。ほとんどの編曲を手がける。作詞は全てAZUKI七、作曲は全て中村由利が行う。
  • 2013年- GARNET CROWを解散
  • 2013年7月-8月 - 大田紳一郎doa)のソロライブ「Singin' man's "The Bandwagon" 2013」にゲスト出演する。
  • 2013年11月発売のDEENの『もう泣かないで』の編曲を担当。GARNET CROW解散後初の編曲担当曲となる。
  • 2016年2月にTwitterを始める。GARNET CROWのメンバー個人のSNSに関してはこれが初となる。
  • 2016年5月21日にZARDの25周年ライブ「What a beautiful memory ~25th Anniversary~」大阪公演にゲスト出演。

アルバム[編集]

  • imagination (2006年3月15日)

楽曲提供[編集]

作曲・編曲[編集]

作曲[編集]

編曲[編集]

共同編曲[編集]

レコーディング参加[編集]

関連書籍[編集]

  • GARNET CROW『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』、株式会社ジェイロックマガジン社、2005年1月21日(ISBN 4-916019-41-5 C0073)。

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古井弘人「Diary 03.8.19(Tue) Furui Hirohito」(GARNET CROW official website)、2003年8月19日。(参照:2007年11月16日)

外部リンク[編集]