ぱしふぃっくびいなす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぱしふぃっくびいなす
Pacific Venus at Noshiro 20170729-1.jpg
能代港・40,000トン岸壁にて
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 新日本海フェリー
運用者 日本クルーズ客船
建造所 石川島播磨重工業東京第一工場(3095)
母港 大阪港
姉妹船 おりえんとびいなす
船級 NK, JG[1]
信号符字 JPEI
IMO番号 9160011
MMSI番号 431281000
経歴
起工 1997年5月16日[2]
進水 1997年9月29日[2]
竣工 1998年3月30日[2]
就航 1998年4月12日
現況 就航中
要目
トン数 7,955トン[2]
総トン数 26,518トン[3]
載貨重量 4,202トン[1]
全長 183.4 m[3]
垂線間長 160.0 m[2]
全幅 25.0 m[3]
喫水 6.5 m[3]
デッキ数 12層
機関方式 ディーゼル
主機関 ディーゼルユナイテッド 12PC2-6V 2基[2]
推進器 2軸[3]
最大出力 13,636 kW[2]
定格出力 12,386 kW[2]
最大速力 21.9ノット[2]
航海速力 20.8ノット[1]
航続距離 7,000海里[1][2]
旅客定員 720名[2]
乗組員 204名[3]
フィンスタビライザー装備[3]
テンプレートを表示

ぱしふぃっくびいなす (Pacific Venus) は、日本クルーズ客船が運航するクルーズ客船

概要[編集]

同社が運航していた「おりえんとびいなす」の準同型船として1998年に就航した日本籍で2番目に大きなクルーズ客船である。おりえんとびいなすでの経験を活かして更にレジャークルーズに重点を置いた構造で[1]、内装は「エコロジー&ヒューマニズム」をコンセプトとして設計されている。

ミドル、ショートクルーズが中心であるが、世界一周やオセアニアクルーズなどのロングクルーズも行う。

2006年1月にはキッズルームをビューティサロン室「びいなすサロン」に転用、6階にスモーキングコーナーを設置するリニューアルを実施。

2008年12月にはスポーツジム「ジムナジウム」の拡張や展望浴室へのスチームサウナ設置、家具のリニューアル等の改装を実施[4]

設備[編集]

12階[5]
  • トップラウンジ「サテライト」 - 宇宙をイメージしたデザインとした[6]
    • ゲームコーナー
  • サンデッキ
11階[5]
  • オブザベーションラウンジ「グラン・シャリオ」 - 空をイメージしたデザインとした[6]
  • びいなすサロン(エステティック・ネイルサロン・ボディセラピー)
  • プール&ジャグジー
    • プールサイドデッキ
    • プールサイドバー
  • 展望浴場
    • スチームサウナ
  • ジムナジウム
10階[5]
  • スポーツデッキ
    • スポーツデッキバー
  • スモーキングルーム(10階利用者専用)
9階[5]
  • コンファレンスルームA
  • カラオケルーム
  • カードルーム
  • 茶室「楽水亭」
  • テンダーボート「きゅうぴっと3」「きゅうぴっと4」
8階[5]
  • メインホール「テアトロ・ピアッツァ」 - 9階まで吹き抜け[1]
7階[5]
  • エントランス
  • メインダイニングルーム「プリマベーラ」
  • メインラウンジ「ル・パシフィーク」 - 海をイメージしたデザインとした[6]
  • ピアノサロン「アルカンシェル」
  • プロムナード
  • ダイニングサロン「グラン・シエクル」(スイートルーム以上船客専用)
  • オープンバー「ウィンド・オブ・メコン」
  • ロゴショップ「ハミングバード」
6階[5]
  • ライティングルーム
  • パソコンルーム
  • シアター - 5階まで吹き抜け
  • コンファレンスルームB
  • レセプションルーム
  • スモーキングルーム
  • 大型ランドリー
5階[5]
  • エントランスロビー - 7階まで吹き抜け[1]
  • フロント
  • オーガナイザーインフォメーション
  • オーガナイザーオフィス
  • オーガナイザーサロン
4階[5]
  • 医務室
  • 美容室
  • 理容室
  • 病室

客室[編集]

客室はスタンダードルームを除き全室が海に面したツインルーム。

  • ロイヤルスイートルーム - 65m2(10階 4室)[5]
    • ロイヤルスイートA
      • 「アルカイック」 - 日本的なインテリアを施した[6]
      • 「モダン」 - 金色の応接セットやガラス張りの寝室を施した[6]
    • ロイヤルスイートB
      • 「エレガント」 - アイボリーとピンクを基調色とした[6]
      • 「ノーブル」 - 中世ヨーロッパ調のインテリアを施した[6]
  • スイートルーム - 35m2(10階 16室)
  • デラックスルーム - 23.5m2(9階 通常18室・バリアフリー2室)
  • ステートルーム - 15.3m2
    • 9階「ステートE」:6室
    • 8階「ステートF」:34室
    • 6階「ステートG」82室・「ステートH」8室
    • 5階「ステートH」20室・「ステートJ」14室
    • E・F・Gは角窓、H・Jは丸窓、F・G・H・Jは3人利用可。
  • スタンダードルーム (5階・6階内側合計16室 2018年現在は販売なし)[5]

その他[編集]

  • 監察医だった西丸與一は大学を退職後にぱしふぃっくびいなすの船医を務めていた(2014年3月引退)。

特別なクルーズ[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 安藤雄三, 豊田宗晴, 吉海研, 池亀渡、「第5章 客船を造る : (2)クルーズ客船「ぱしふぃっく びいなす」の建造(<特集>「客船」)」 『Techno marine 日本造船学会誌』 2002年 865巻 p.38-42, doi:10.14856/technom.865.0_38, 日本船舶海洋工学会
  2. ^ a b c d e f g h i j k 新造船写真集 外洋クルーズ客船 ぱしふぃっく びいなす PACIFIC VENUS 日本クルーズ客船株式会社 - 船の科学1998年7月号
  3. ^ a b c d e f g 第3章 日本の客船 : (3)おりえんと びいなす・ぱしふぃっく びいなす(<特集>「客船」) 『Techno marine 日本造船学会誌』 2002年 865巻 p.25-26, doi:10.14856/technom.865.0_25
  4. ^ 「ぱしふぃっく びいなす」船内施設一部改装 - びいなすクルーズブログ(2008年12月13日)
  5. ^ a b c d e f g h i j k 石川島播磨重工業株式会社東京第一工場技術部「720人乗り豪華外洋クルーズ客船"ぱしふぃっく びいなす"の概要」 - 船の科学1998年7月号
  6. ^ a b c d e f g 7年ぶりに日本の新造クルーズ客船誕生!その名は「ぱしふぃっくびいなす」優雅さと寛ぎを追求する国内最大級の客船 - 上田寿美子(旅コム)
  7. ^ MBS 65th - ドリームズ・カム・クルーズ - 毎日放送
  8. ^ アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトクルーズ | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

外部リンク[編集]