クリッパーオデッセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルバー・ディスカバラー
Clipper Odyssey03s3872.jpg
側面(神戸港中突堤
基本情報
船籍 バハマ
所有者
  • 1989-1997: 昭和海運
  • 1997-1998: Spice Island Cruise Line
  • 1998–2007: Clipper Cruise Line
  • 2007–2014: International Shipping Partners[1]
  • 2014–: シルバーシー・クルーズ
建造所 日本鋼管津製作所
母港 ナッソー
経歴
就航 1989年
要目
総トン数 5,218トン
全長 103.62m
全幅 15.54m
喫水 4.57m
機関方式 ディーゼル推進エンジン×2 5,194kW
速力 14ノット
旅客定員 128名
乗組員 52名
テンプレートを表示

シルバー・ディスカバラーSilver Discoverer)はシルバーシー・クルーズ(本社モナコ)が運航するプレミアムクラスのクルーズ客船

概要[編集]

1989年、当時世界最高のクルーズ客船と評価されていたキュナード・ラインシーゴッテス(海の女神)号をモデルに日本鋼管津製作所が建造し、オーナーの昭和海運(現在は日本郵船に合併)によって「おせあにっくぐれいす」の船名で就航した小型高級クルーズ客船である。

就航後間もなく最高クラス(ブティッククラス)の評価を得た当船であるが、当時の日本ではクルーズビギナーが大多数であったため、上級者向けというべき当船は受け入れられることが少なく、1997年にスパイスアイランド・クルーズラインに売却されて、船名は「OCEANIC ODYSSEY」に改められ、さらに翌1998年にクリッパー・クルーズラインが購入し「クリッパーオデッセイ」となり、その後2014年にシルバーシー・クルーズに渡り現船名となった。現在でも、ゆかりの地である日本へのクルーズを毎年実施している。

施設[編集]

  • デッキ - 5層
  • 客室数 - 64室
  • キャビン - 6カテゴリー、全客室が海に面している
  • メインラウンジ
  • デイラウンジ
  • 図書室
  • バーラウンジ
  • ダイニングルーム、
  • 船尾格納式プラットフォーム
  • スタビライザー - なし

脚注[編集]

  1. ^ Clipper Odyssey”. shipspotting.com. 2012年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]