Fayray

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Fayray
出生名 大橋 美奈子
生誕 (1976-04-18) 1976年4月18日(46歳)
出身地 東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 1996年 -
レーベル エピックレコードジャパン(1996年)
NeOSITE DISCS(1997年))
アンティノスレコード(1998年 - 2001年)
avex trax(2001年 - 2003年)
R and C(2003年 - 2009年)
事務所 吉本興業(1998年 - ?)

Fayray(フェイレイ、1976年4月18日 - )は、日本歌手シンガーソングライター。本名、大橋 美奈子(おおはし みなこ)。東京都出身。吉本興業所属。所属レコード会社はR and C血液型はA型。姉はタレント木夏リオドラマー青山純は遠い親戚にあたる[1]

来歴

3姉妹の二女。4歳からクラシックピアノを始める。その後幼少期を過ごしたアメリカで触れた1970年代1980年代の音楽や両親が好んで聴いた楽曲に多大な影響を受けた。10歳頃に帰国。当時は日本語がわからず、谷川俊太郎の詩で日本語を勉強したという。高校時代から芸能活動をしていたが、これについて担任との三者面談では親とともに「芸能活動をしながらでも立教ぐらい合格してみせますよ」と言い放ち、実際に立教大学に進学する事となる。

頌栄女子学院で中・高生時代を過ごす。立教大学社会学部産業関係学科(斎藤精一郎ゼミ)卒業。在学中の1995年にミス立教に選ばれ、『ザッツ!・上岡龍太郎vs50人』のミスキャンパス50人の回に大石恵らとともに出演し、スタジオの男子学生による人気投票で上位5人に選ばれ、レオタード姿にもなった(最終的な人気1位は後にTBSのアナウンサーになる豊田綾乃)。

Fayrayを発掘したのは、当時吉本興業東京支社(現・本社)責任者で、現在吉本興業ホールディングス代表取締役会長の大崎洋。芸名も大崎が付けており[2]、由来は映画「キングコング」のヒロイン、フェイ・レイから取られた(ただし、表記に関しては、女優のフェイ・レイのスペルはFay Wrayであり異なる)。

1996年NHK BS2『ASIAライブ』の番組内にて、アジア各国からさまざまな国籍のメンバーで結成された7人組ユニットNEXT7のMINAKOとしてシングル「Get myself」(エピックレコードジャパン)でCDデビュー。活動期間は約1年だった。

その後1997年5月から7月にかけて、スペースシャワーTV『MUSIC BOX-音楽玉手箱-』の番組内にて、本名の大橋美奈子名義(当時、UAなどを手がけていた朝本浩文プロデュース)で1997年秋頃デビュー予定と、Chocolat、中村亜紀(元大阪パフォーマンスドール)と共にエピックレコードジャパン - NeOSITE DISCSレーベルの新人アーティストの一人として紹介されたが、結局CD発売はされなかった(他の2人は発売された)。番組内で紹介された「ささやかな永遠」「Give me,take me」「Monochrome」の3曲はプロモーション映像まで制作されたが現在、未発売のままになっている。

1998年7月29日、Fayray名義で浅倉大介プロデュースのシングル「太陽のグラヴィティー」で正式にソロ・デビュー。

1999年、1stアルバム『CRAVING』を発売。このアルバムでは、当時同じ浅倉プロデュースであったT.M.Revolutionの「アンタッチャブルGirls」をカバーしており、逆にT.M.Rもthe end of genesis T.M.R. evolution turbo type Dとして活動していた時期に、ライブでFayrayの「太陽のグラヴィティー」をカバーしている。

1999年の5thシングル「Same night, Same face」のカップリング曲からシンガーソングライターに転向、作詞作曲を含めたセルフプロデュース作品を発表し始める(タイトル曲でのセルフプロデュースは6thシングル「MY EYES」から)。「tears」「Baby if,」などのヒット曲を生み出し、中でも「tears」はカラオケでよく歌われる曲として女性から支持を集める。

2006年6月からニューヨークに在住、自分の理想とする音楽を追求する活動を行っている。

2009年2月、3年ぶりのアルバム『寝ても醒めても』発売に伴うライブツアーを東名阪の3ヵ所で開催。

愛犬はTaffy(ラブラドール・レトリバー)、May(ミニチュア・シュナウザー)。

現在は、プロデューサー兼エンジニアのRusty Santos英語版が結成したユニット「The Present」に参加。Mina Ohashi名義で音楽活動を続けている[3]

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 楽曲制作 発売元 規格 規格品番 最高位 初週売上 累計売上 収録アルバム
1st 1998年7月29日 太陽のグラヴィティー 作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
アンティノスレコード 8cmCD ARDJ-5068 12位 17,430枚 150,500枚 CRAVING
2nd 1998年10月21日 YURA・YURA〜Vibration ARDJ-5079 28位 12,420枚 35,880枚
3rd 1999年2月10日 Powder Veil ARDJ-5084 30位 9,130枚 16,300枚
4th 1999年5月12日 Daydream Café ARDJ-5089 41位 10,360枚
5th 1999年10月14日 Same night, Same face[4] CD ARCJ-116 48位 7,680枚
6th 2000年3月23日 MY EYES 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:野崎貴郎
ARCJ-119 66位 3,060枚 3,060枚 EVER AFTER
7th 2000年7月26日 tears ARCJ-146 11位 15,760枚 259,510枚
2002年7月1日 エピックレコードジャパン ESCL-9057
8th 2001年3月28日 I'll save you 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:佐橋佳幸
アンティノスレコード ARCJ-168 24位 7,250枚 37,830枚 genuine
9th 2001年6月6日 Baby if, ARCJ-173 22位 12,670枚 65,480枚
10th 2001年10月11日 Over avex trax AVCD-30301 18位 9,150枚 27,030枚 白い花[5]
11th 2002年2月20日 Remember 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:春川仁志
AVCD-30318 52位 7,430枚
12th 2002年5月9日 stay CCCD AVCD-30342 24位 7,340枚 14,420枚
13th 2002年10月2日 touch me, kiss me 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:徳永暁人
AVCD-30360 17位 8,090枚 16,310枚
14th 2003年1月29日 好きだなんて言えない AVCD-30415 19位 8,192枚 18,424枚
15th 2004年2月18日 願い 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:小林哲
R and C CD YRCN-10330 22位 8,687枚 21,458枚 HOURGLASS
16th 2004年3月17日 look into my eyes 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:徳永暁人
YRCN-10033 35位 4,479枚 7,651枚
17th 2004年5月26日 愛しても愛し足りない 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:葉山たけし
YRCN-10041 46位 6,108枚 10,975枚
18th 2004年10月13日 口づけ 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:小林哲
YRCN-10062 26位 4,643枚 12,358枚
19th 2005年11月23日 Spotlight 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:Fayray、Dougie Bowne (ラウンジ・リザーズ)
YRCN-10120 81位 1,498枚 1,934枚 光と影
20th 2006年9月27日 ひとりよりふたり YRCN-10165 79位 1,184枚 2,473枚 寝ても醒めても
21st 2007年7月11日 ゼロ YRCN-10199 127位 646枚 646枚

配信限定曲

発売日 タイトル 楽曲制作 発売元
2006年12月1日 作詞:Fayray
作曲:Fayray
編曲:TOMZUIN H
R and C

アルバム

発売日 タイトル 発売元 規格 規格品番 最高位 累計売上
1st 1999年5月26日 CRAVING アンティノスレコード CD ARCJ-99 10位 75,770枚
2002年7月1日 エピックレコードジャパン ESCL-9056
2013年9月11日 ソニー・ミュージックダイレクト Blu-specCD2 MHCL-30175
2nd 2000年9月6日 EVER AFTER アンティノスレコード CD ARCJ-151 11位 65,110枚
2002年7月1日 エピックレコードジャパン ESCL-9058
3rd 2001年7月18日 genuine アンティノスレコード ARCJ-184 9位 117,920枚
2002年7月1日 エピックレコードジャパン ESCL-9059
4th 2003年2月19日 白い花 avex trax CCCD AVCD-17230 6位 112,136枚
5th 2004年10月27日 HOURGLASS R and C 【初回盤】CD+DVD YRCN-11037 7位 47,060枚
【通常盤】CD YRCN-11038
Cover 2005年6月8日 COVERS CD YRCN-11049 26位 10,904枚
6th 2006年1月25日 光と影 【初回盤】CD+DVD
【通常盤】CD
YRCN-11070 38位 8,674枚
7th 2009年1月14日[6] 寝ても醒めても CD YRCN-95018 105位 1,321枚

映像作品

発売日 タイトル 発売元 規格 規格品番
1st 1999年12月18日 moving fayray アンティノスレコード VHS ARVL-103
2nd 2001年12月19日 Fayray CLIPS 2000-2001 DVD ARBL-2018
2002年7月1日 エピックレコードジャパン ESBL-9060
3rd 2003年9月3日 Seraphic Fayray in New York + 5 CLIPS avex trax AVBD-91158
4th 2005年6月8日 Fayray Live Tour 2004 HOURGLASS -Love At Last- R and C YRBN-13087

参加作品

歌手名 発売日 タイトル 発売元 規格 規格品番 収録曲
Various Artist 2001年10月17日 Hollywood goes wild R and C CD YRCN-34501 4.You
TAK MATSUMOTO 2003年11月26日 THE HIT PARADE VERMILLION RECORDS BMCV-8009 8.Paper Doll
藤井隆 2004年7月28日 オールバイマイセルフ R and C YRCN-11028 9.美しい別れ

タイアップ

曲名 タイアップ
太陽のグラヴィティー TBS系ドラマ『ひとりぼっちの君に』主題歌
YURA・YURA〜Vibration フジテレビ系『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』エンディングテーマ
Powder Veil 日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』エンディングテーマ
Daydream Café 朝日放送テレビテレビ朝日系『人気者でいこう!』エンディングテーマ
Same night, same face プレイステーションZill O'll』イメージソング
朝日放送テレビ・テレビ朝日系『人気者でいこう!』エンディングテーマ
No, never フジテレビ系『うっひゃ〜!!はなさかロンドンブーツ』エンディングテーマ
その愛のかたち WOWOW『Tokyo LONBOO Tower』エンディングテーマ
MY EYES アプラス』CMソング
tears TBS系ドラマ『Friends』主題歌
読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『メッセージ~言葉が、裏切っていく~』最終話挿入歌[7]
I'll save you カネボウ化粧品『KATE』CMソング
US 日本テレビ系ドラマ『shin-D「Happiness」』主題歌
LA VIE EN ROSE (バラ色の人生) NTT西日本』CMソング
Baby if, 日本テレビ系ドラマ『明日があるさ』挿入歌
日本テレビ系『AX MUSIC-FACTORY』AX POWER PLAY
Over カネボウ化粧品『KATE』CMソング
テレビ東京系『倫敦音楽館 Lon-mu』エンディングテーマ
Remember 日本テレビ系『20th Anniversary 2002横浜国際女子駅伝』イメージソング
stay カネボウ化粧品『KATE』CMソング
テレビ朝日系『Matthew's Best Hit TV』エンディングテーマ
touch me, kiss me 東宝配給映画『明日があるさ THE MOVIE』エンディングテーマ
日本テレビ系『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #016
テレビ神奈川Channel-a』エンディングテーマ
札幌テレビ放送『イキナリ』エンディングテーマ
福岡放送『バッテキ』エンディングテーマ
I do テレビ東京系アニメ『サイボーグ009』エンディングテーマ
好きだなんて言えない 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『メッセージ〜言葉が、裏切っていく〜』主題歌
願い 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『乱歩R』主題歌
ヨシモトファンダンゴTVヨシモト∞』土曜2部コーナー『ADORIBU武道会「感動キーワード」』BGM
look into my eyes 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『乱歩R』オープニングテーマ
愛しても愛し足りない 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『アットホーム・ダッド』『アットホーム・ダッド スペシャル』挿入歌
口づけ 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『愛のソレア』主題歌
最初で最後の恋 アスミック・エース配給映画『マインド・ゲーム』イメージソング
feel 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『アットホーム・ダッド スペシャル』挿入歌
読売テレビ・日本テレビ系『アフリカのツメ』エンディングテーマ
Spotlight 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『鬼嫁日記』挿入歌
ひとりよりふたり NHK連続テレビ小説芋たこなんきん』主題歌
ヨシモトファンダンゴTV『ヨシモト∞』2部エンディングテーマ
TBS系ドラマ『笑える恋はしたくない』主題歌
ゼロ TBS系ドラマ『愛の劇場マイフェアボーイ」』主題歌

出演

音楽番組

  • HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ)
    • 「太陽のグラヴィティー」歌唱 (1998年8月17日)
    • 「YURA・YURA~Vibration」歌唱 (1998年11月16日、12月21日)
    • 「Powder Veil」歌唱 (1999年2月15日、3月29日)
    • 「Daydream Café」歌唱 (1999年6月7日)
    • 「Same night, Same face」歌唱 (1999年10月18日)
    • 「No, never」歌唱 (1999年12月20日)
    • 「MY EYES」歌唱 (2000年4月3日)
    • 「tears」歌唱 (2000年8月7日、12月25日)
    • 「I'll save you」歌唱 (2001年4月16日)
    • 「Baby if,」歌唱 (2001年6月18日)
    • 「Over」歌唱 (2001年11月5日)
    • 「Remember」歌唱 (2002年2月25日)
    • 「好きだなんて言えない」歌唱 (2003年2月17日)
    • 「願い」歌唱 (2004年2月23日)
  • うたばん』 (TBS)
    • 「太陽のグラヴィティー」歌唱 (1998年)
    • 「Daydream Café」歌唱 (1999年6月24日)
  • ポケットミュージック』(日本テレビ) -「YURA・YURA~Vibration」歌唱 (1998年)
  • ミュージックステーション』 (テレビ朝日)
    • 「YURA・YURA~Vibration」歌唱 (1998年10月30日)
    • 「Daydream Café」歌唱 (1999年6月11日)
    • 「tears」歌唱 (2000年7月28日)
    • 「I'll save you」歌唱 (2001年4月13日)
  • ポップジャム』(NHK)
    • 「Daydream Café」歌唱 (1999年)
    • 「tears」歌唱 (2000年9月16日)
    • 「I'll save you」歌唱 (2001年4月7日)
  • FUN』(日本テレビ)
    • 「tears」歌唱 (2000年8月4日)
    • 「I'll save you」歌唱 (2001年4月6日)
    • 「Baby if,」歌唱 (2001年6月15日)
    • 「touch me, kiss me」歌唱 (2002年10月4日)
  • AX MUSIC-FACTORY』(日本テレビ)
    • 藤井隆コスプレ撮影会」、「I'll save you」歌唱 (2001年3月29日)
    • 「Baby if,」歌唱 (2001年6月5日)
    • 「Over」歌唱 (2001年10月9日)
    • 「Remember」歌唱 (2002年2月19日)
  • BEST HIT TVMatthew's Best Hit TV』(テレビ朝日)- ゲスト
    • ヘアースタイル2001・地方限定キティちゃんグッズ」「Baby if,」歌唱 (2001年6月12日)
    • 「未公開トーク集」(2001年7月17日、2002年1月8日)
    • スクールメイツ特集」(2001年10月16日)
    • 「バトルデート」(2002年2月26日)
    • 「マシューケータリング」(2003年2月26日、2004年11月17日)
  • AX MUSIC-TV』(日本テレビ)- 「Fayray Review File」(2002年4月26日 - 2004年9月17日)
    • 「stay」歌唱(2002年5月10日)
    • 「好きだなんて言えない」歌唱 (2003年2月7日)
    • 「願い」歌唱 (2004年2月20日)
  • 月刊Melodix!』(テレビ東京) -「願い」歌唱 (2004年2月28日)
  • AXEL』(テレビ朝日、2000年9月8日)
  • 『T×2 SHOW』(テレビ朝日)- ゲスト (2001年7月6日)
  • JAPAN COUNTDOWN』(テレビ東京、2001年7月28日)
  • 倫敦音楽館 Lon-mu』(テレビ東京)- ゲスト (2001年10月16日、2002年2月19日)
  • 『MUSIC CLUB』(福岡放送、2004年10月19日)
  • KOBE CALLING』(サンテレビ)- VTR出演 (2006年)

バラエティ

ドラマ

  • 二千年の恋』(フジテレビ) - ナオミ・ナーギン役(2000年1月10日 - 3月20日)
  • 伝説の教師』(日本テレビ)- 第1話、風間の彼女・小沢友紀役 (2000年4月15日)
  • shin-D「Happiness」』(日本テレビ)- 主演(2001年3月7日 - 3月28日)
  • 明日があるさ』(日本テレビ)- 最終話「Baby if,」歌唱 (2001年6月30日)

ミニ番組

  • 『Something』(テレビ東京、2002年3月1日)
  • 『スイッチ・オン』(TBS、2006年1月30日 - 2月3日)

ラジオ

  • 『uncover』(InterFM) - ラジオパーソナリティ (2000年)
  • 『週末娯楽王』(TOKYO FM) - ゲスト(2002年9月27日)
  • 『Bay Comfort on FRIDAY』(BAYFM) - ゲスト (2002年9月27日)
  • 『クラブ ビートフリーク』(TOKYO FM) - ゲスト (2002年9月30日)
  • 『Bay Comfort』(BAYFM) - ゲスト (2002年10月1日、2003年2月10日)
  • 『ベイモーニングストリーム』(BAYFM) - ゲスト (2002年10月3日、2003年1月28日)
  • DAIHATSU カウントダウン・ジャパン』(TOKYO FM) - ゲスト (2002年10月5日)
  • 『car-life Navi@super Autobacs TOKYO BAY東雲』(TOKYO FM) - ゲスト (2002年10月13日)
  • B-JUNK』(TBSラジオ) - ゲスト
    • 「えんたま・ナイト」(2002年10月15日)
    • TOWER RECORDS サテライト アワー」(2003年2月24日)
    • 「ランク Junk Box」(2004年6月1日)
    • 「Next Tracks Neo」(2004年10月14日)
  • 『キキミミアワー』(TOKYO FM) - ゲスト (2003年2月14日)
  • 『Radical League』(FM FUJI) - ゲスト (2003年2月19日)
  • 『RADIO ST&』(NACK5) - ゲスト (2003年2月21日)
  • HITS! THE TOWN』(NACK5) - ゲスト (2003年3月1日、2004年10月23日、2005年11月19日他)
  • 『Station Drive』(FM Nouth Wave) - ゲスト (2003年3月7日)
  • SUNNYSIDE BALCONY』(α-station) - ゲスト (2003年3月10日)
  • 『afternoon cafe』(FM OSAKA) - ゲスト (2003年3月10日、2004年10月6日)
  • 『MEGA HIT CONNECTION』(Kiss FM) - ゲスト (2003年3月10日)
  • 『HOT JAM』(FM AICHI) - ゲスト(2003年3月11日)
  • AFTERNOON BEAT RADIO』(CROSS FM) - ゲスト (2003年3月12日)
  • 『LUV 9』(LOVE FM) - ゲスト(2003年3月12日)
  • アサヒスーパードライ アクセス・オール・エリア』- ゲスト (2003年5月4日)
  • 『The Power Of Love』(TOKYO FM) - コメント出演(2004年5月21日)
  • 『Radio-X』(NACK5)- コメント出演(2004年5月25日)
  • 『BAY BEATINKS』(BAYFM)- ゲスト(2004年5月31日)
  • 『スマッシュウェーブ』(FM FUKUOKA)- ゲスト(2004年9月21日)
  • 『イブニングショー』(CROSS FM)- ゲスト(2004年9月21日)
  • 『KING OF SUNDAY』(FM FUKUOKA)- ゲスト(2004年9月26日)
  • 『パラダイスビート』(FM AICHI)- ゲスト(2004年9月28日)
  • 『MUSIC PRESS』(HBCラジオ)- マンスリーDJ(2004年10月1日、8日、15日、22日、29日)
  • 『Fayray スペシャルライブ』(FM FUKUOKA、2004年10月3日)
  • 『時計台アコースティックライブ』(AIR-G)- ゲスト(2004年10月3日)
  • 『ROUTE894』(α-station)- ゲスト(2004年10月5日)
  • Kiss MUSIC PRESENTER』(Kiss FM)- ゲスト(2004年10月7日)
  • 『ソニック・ジャンクション』(FM三重)- ゲスト(2004年10月8日)
  • MUSIC SHOWER』(HBCラジオ)- ゲスト(2004年10月9日)
  • SUPER TODAY FUJI』(FM FUJI)- ゲスト(2004年10月13日)
  • レコメン!』(文化放送)- ゲスト(2004年10月13日)
  • NEC POWER COUNTDOWN JAPAN HOT 30』- ゲスト(2004年10月16日)
  • NOW HITS STREET』(BAYFM)- コメント出演(2004年10月18日 - 22日)
  • 『Paraiso Omelette』(FM PORT)- コメント出演(2004年10月25日 - 29日)
  • 『Weekly Nack 5』(NACK5)- ゲスト(2004年10月25日)
  • 若狭敬一のワカサギ』(CBCラジオ)- ゲスト(2004年10月27日)
  • 『RIVERSIDE DAYLIGHT』(FM OSAKA)- ゲスト(2004年10月27日)
  • 『e-PLANETS』(Date FM)- ゲスト(2004年10月27日)
  • DoCoMoHits from the heart』(TOKYO FM)- ゲスト(2004年10月30日)
  • 『イッツ・ミー』(AIR-G)- コメント出演(2004年10月30日、31日)

CM

雑誌

  • sweet』(2002年8月12日、9月12日、10月12日、11月12日、12月12日、2003年2月12日、2004年10月12日)
  • GINZA』(2002年8月12日)
  • CDでーた』(2002年8月20日、9月20日、10月20日、11月20日、12月20日、2003年2月5日)
  • 『CD Hits』(2002年9月20日)
  • 『ソングコング』(2002年9月24日)
  • with』(2002年9月28日、2004年5月28日)
  • GiRLPOP』(2002年9月30日)
  • 『ビートフリーク』(2002年9月30日)
  • オリコン』(2002年10月3日)
  • WHAT's IN?』(2002年10月14日、2003年1月13日、2月14日)
  • anan』(2002年10月16日)
  • 『BARFOUT!』(2002年10月16日、2003年2月17日、2004年3月17日、5月17日、10月17日)
  • 『歌BON』(2002年10月24日)
  • 『流行歌信』(2002年10月27日、1月27日)
  • 『H』(2002年10月31日、2003年2月28日)
  • CanCam』(2003年1月23日)
  • マンスリーよしもと』(2003年2月1日)
  • 週刊アスキー』(2003年2月18日)
  • 『ザッピィ』(2003年2月19日)
  • 『vita』(2003年2月23日)
  • Yahoo!BBマガジン』(2003年3月18日)
  • Cut』(2003年3月19日)
  • サンデー毎日』表紙(2003年4月15日)
  • 『BREaTH』(2004年3月15日、5月15日)
  • 『WO』(2004年3月18日、3月25日、5月27日)
  • 『J-groove magazine』(2004年3月27日、5月27日、10月27日)
  • SPRiNG』(2004年4月23日)
  • 『TV navi』(2004年5月24日)
  • 『attiva』(2004年5月28日)
  • NYLON JAPAN』(2004年5月28日、10月28日)
  • Metropolitana』(2004年10月10日)
  • 『Ultimate Beauty』(2004年10月20日)
  • 『ケリー』(2004年10月23日)
  • 『チーク』(2004年10月23日)
  • キーボード・マガジン』(2004年10月30日)

その他

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「Fayray COVERS Live House 2005」での発言より。
  2. ^ フジテレビ系『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』1998年8月17日放送での発言より。
  3. ^ “DJ Rashad collaborators The Present ready juke-flavored LP, share the seductive ‘U Showed Me’”. Fact. (2015年4月14日). http://www.factmag.com/2015/04/14/dj-rashad-collaborators-the-present-ready-juke-flavored-lp-share-the-seductive-u-showed-me/ 2020年1月2日閲覧。 英語版より確認
  4. ^ C/W「No, never」「その愛のかたち」の楽曲制作は、作詞・作曲:Fayray / 編曲:野崎貴郎、共に2ndアルバム『EVER AFTER』収録 (「No, never」はアルバムバージョン) 。
  5. ^ 「Over」「Remember」「stay」はアルバムバージョンで収録。
  6. ^ 当初は2008年11月19日に発売予定だった。
  7. ^ 4thアルバム『白い花』収録バージョン。

外部リンク