FBI (名探偵コナン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FBIでは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス名探偵コナン』の作品に登場するFBIと所属メンバーについて記述する。

概要[編集]

黒の組織を追い、ジェイムズ・ブラックによる現場指揮のもと、潜入捜査のために日本を訪れているFBIの捜査官たち。

物語開始の5年前から2年前までの間には、捜査官の1人である赤井秀一を組織へ潜入させ、当時はボスであるあの方に最も近いとされていたジンに近付くことでボスの身柄確保を狙っていたが、同じく捜査官の1人であるアンドレ・キャメルのミスにより失敗したことで一時撤退する。現在は、主にアメリカで活動していたことで過去の犯罪の証拠を数点掴んでいる組織メンバーのベルモットを標的とし、彼女の来日に伴って米花町付近に滞在しながら捜査を行なっている。

潜入・調査のプロであるベルモットへの対策のため、捜査に訪れていることは彼女の身柄を確保するまで日本警察に伏せる方針[注 1]をとっており、日本ではあまり表立っては動けない状態となっている。拳銃についても同様に使えないため、どうしても使わざるを得なくなった場合は、日本での捜査の協力者である江戸川コナンに口裏を合わせてもらうなど、何らかのフォローが入ることが多い。なお、捜査官の1人であるジョディ・スターリングはキャメルと共に捜査官として日本警察に認識されているが[注 2]、詳細を伏せるために「長期休暇で傷心旅行のために来日している捜査官のカップル」という、少々強引な設定で通している。

ジョディとジェイムズは潜入中に面識を持ったコナンの推理力を高く評価しており、彼との情報交換や共同作戦などを積極的に行なっている他、赤井は彼のことを「坊や」と呼び自身の死を偽装する策を講じてもらうなど[2]、多大な信頼を寄せている。ただし、コナンの正体を知っているのは赤井のみで[注 3]、コナン自身も正体を知られているのではないかと疑っており、明確には気付いていないものの薄々気付いてはいる[4]

赤井を除いて日本人は確認されていないが、日本における極秘潜入捜査のための人選ということもあり、メンバーはほぼ全員とも日本語が堪能である。また、作中での会話は読者や視聴者への配慮からほとんどが日本語で行われており、物語上どうしても必要な場合や印象付けたい場合のみ、日本語訳付きの英語で行われている。

メンバー[編集]

赤井 秀一(あかい しゅういち)
声 - 池田秀一
FBI捜査官チームの実質的なエース格。赤井務武とメアリー世良(領域外の妹[注 4][5]の間に生まれた3兄妹の長男で、羽田秀吉世良真純[6][7]の実兄[8]。FBIに加入する前の国籍はイギリス[8]。年齢は31〜32歳[9]
容姿
目の色はで、目の下には常にがある。髪型は短髪のオールバックで[8]、常に黒い[注 5]ニットをかぶっている。なお、少なくとも物語開始の5年前から1年ほど前[10]までの間は長髪であった[注 6]が、現在では切り落として10年前と同じ[8]短髪になっている。ジェイムズ・ブラックと日本で再会した際には、赤井だと気づかれないほどの変わりようだった。この時、赤井は髪を切った理由として「恋人にふられっぱなしであることによるゲン直し」と語っている[11][注 7]
性格
一人称は「俺」。クールかつポーカーフェイスであるため、あまり感情を表に出すことはない[注 8]
能力
左利き。とてつもない切れ者であり、その推理力と捜査手腕はコナンと似通うところがある。組織のキャンティやコルンをしのぐ非常に優れたスナイパーでもあり[注 9][注 10]ショットガンレミントン)を左手だけで持ちながら発砲できる[注 11]。また、截拳道の使い手で、末妹の真純には「自分よりも3倍は強かった」と評されている[14]。劇場版第20作『純黒の悪夢』では、観覧車の上で安室透と格闘する際、ライフルの入ったバッグを背負った状態で互角以上に渡り合っている。これらのことから、黒の組織のボス(あの方)には"Silver Bullet" (シルバー・ブレット、銀の弾丸)と呼ばれ、恐れられている[注 12]
持ち物・嗜好
愛車は黒のシボレーC-1500だったが、黒の組織へ潜入しているCIA捜査官の水無怜奈によって来葉峠で爆破された[15]ため、劇場版第20作『純黒の悪夢』では赤のシェルビーGT-500に乗っている[注 13]コーヒーバーボン[注 14]が好き。また、ヘビースモーカーで、タバコにはマッチで火をつける[注 15]
FBI入りの経緯
物語開始の17年前、父・務武の死の真相を探るため、表向きは留学という理由で単身渡米[8]グリーンカードアメリカ国籍運転免許などを取得し、大学卒業後に職務試験を経てFBI入りした[8]。10年前に日本に一時帰国しており、渡米後に生まれた妹・真純や幼少期の工藤新一、毛利蘭とも出会っている[8]
組織への潜入捜査
FBIに加入した後、物語開始の5年前から2年前までの間、黒の組織への潜入捜査を行っていた。組織のメンバーである宮野明美と接触し、「諸星 大」(もろぼし だい)という偽名を使って交際し始め[注 16]、彼女を利用してその妹の志保を介し、組織へ潜入した。組織からはライというコードネームを与えられ、バーボン安室透/降谷零)やスコッチと行動を共にすることが多かった。物語開始の4年前には、3人で一緒にいるところを偶然真純に目撃されている[6]。バーボンとはこの頃からライバル関係にあり、明美によれば「お互いに毛嫌いしていた」らしいが、それでもバーボンからは「あれ程の男なら(スコッチに)自決させない道をいくらでも選択出来ただろう」として実力だけは認められていた[18]。また、バーボンからはFBIのスパイであることを見抜かれていたが[注 17]、同じく黒の組織を追う者としてひそかに見逃されており、バーボンの仲間であるスコッチのことも行動を共にしたことから知っている[18][注 18][注 19]。組織内でうまく立ち回り、最終的にジンとの任務にまでこぎ着けたが、FBIの仲間の1人であるキャメルのミスが原因で正体が発覚し、明美と志保を組織に残して逃亡した。その結果、捜査が失敗しただけでなく、赤井を組織内へ連れ込んだ明美が「10億円強奪事件」を理由として組織に殺されてしまう。なお、組織を抜ける際には明美と別れている[注 20]
コナンたちとの関係
明美の妹である志保(灰原)については、組織への潜入捜査が失敗に終わり逃亡して以降[注 21]は互いに顔を合わせたことはなく、灰原もかつて姉や自分を通じて組織に潜入した諸星大(ライ)と赤井が同一人物であることに気付いていない[注 22]。コナンたちと協力する以前から、灰原と志保が同一人物であることには薄々感づいており[注 23]、彼女の姿を見ながら「まさかな…[19]、「(志保と)よく似ている[20]と呟いたり、ベイエリアでの作戦中にジョディにも「俺はまだ、その茶髪の少女(灰原)と顔を合わせるわけにはいかない」と語ったりしている[13]。灰原の正体を知っているような描写がなされている。
組織を抜けた後はFBIに戻り、物語開始の1年前の時点では、ニューヨークでベルモットを追っていた。この当時、偶然ニューヨークを訪れていた毛利蘭と出会っているが、お互いに10年前に出会っていたことには気付いていない。来日後はジェイムズと合流し、しばらく米花町周辺に潜伏して調査を行っていた。「季節外れのハロウィンパーティー」では、ベルモットを確保しようとして逆に追い詰められたジョディを救出する形でベイエリアに現れ、カルバドスの動きを封じて彼の武器をすべて取り上げた後、ベルモットをショットガンで銃撃して負傷させるが、眠らされていたコナンを人質に取られて逃亡された直後、カルバドスに自決されてしまったため、手がかりは掴めずじまいとなった[13]
「赤と黒のクラッシュ」では、初めてコナンと共同戦線を張り、CIA諜報員であった水無怜奈(本堂瑛海)を組織へ再潜入させることに成功するが、あの方の命令を受けた怜奈によって来葉峠にて肺と頭を撃ち抜かれ、証拠隠滅のために愛車ごと爆破される。その跡地からは身元が確認不可能なほどの損傷を受けた遺体が発見され、残った右手の指紋などの状況証拠からFBIにも組織にも、赤井本人と断定された。しかし、この死はコナンの発案による偽装工作であり、赤井自身は「沖矢 昴」という別人になりすまして潜伏し、単独行動をとっていた[2]
その他
名前の由来は、アニメ『機動戦士ガンダム』の登場人物であるシャア・アズナブルの異名「赤い彗星」と、その担当声優である池田秀一[21][22][注 24]。ジョディが「シュウ」と呼ぶのは、シャアへのオマージュである。また、偽名の諸星大と沖矢昴の由来は、「赤い彗星(=諸星)のシャア」とシャアの本名「キャスバル・レム・ダイクン[注 25]。理由は、原作者の青山剛昌が『ガンダム』の大ファンであることから。
第1回キャラクター人気投票での順位は14位(20票)、2012年連載800回記念キャラクター人気投票では7位、『名探偵コナンSDB50+』の人気投票では6位。
ジェイムズ・ブラック (James Black)
声 - 家弓家正(第258話 - 第783話[注 26]、劇場版第18作)→土師孝也(劇場版第20作
来日しているFBI捜査官チームのボスで、ジョディらの上司。シカゴ在住。ロンドン生まれのため、クイーンズ・イングリッシュで喋る。主にジョディたちの捜査指揮を担当しており、拳銃を使用する場面はない。「人を見る目を養っている」と語っており、世良真純が女性だということをひと目で見抜いている[25][注 27]。また、初登場回でも自分に話しかけて来た男2人が偽の警察官であることを見抜いて瞬時にメッセージを残し、コナンの救出計画の全容を理解するなど[11]、推理力もかなりのものだが、コナンや赤井には後手に回ることが多い。
赤井の要請に応じて来日した際には、アニマルショーのスポンサーを務めるランディー・ホークに顔が似ていたため、彼と間違われてマスコミの質問攻めに遭ってしまう[注 28]が、居合わせたコナンの機転により救われた[注 29]ことで彼に一目置くようになった。いつも冷静沈着であるため、前述の質問攻めの後に誘拐された際にも心中では動じず、手がかりを元に追ってくるコナンの実力を試すような素振りを見せた[11][注 30]
赤井の死亡偽装の話は本人から事前に打ち明けられており[注 31]、潜伏を開始した後はひそかに連絡を取り合い、劇場版第18作『異次元の狙撃手』ではサポートを頼んでいる。
ジェイムズの初登場時、コナンと灰原はその存在に不信感を抱いていた[注 32]。なお、アニメでの初登場時は金髪だったが、後に原作に準じた白髪へ変更された。愛車はメルセデス・ベンツCLKカブリオレ[注 33]
ルパン三世』とのクロスオーバー作品ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』では、峰不二子のファンという設定が追加されており、彼女と遭遇した時は携帯電話で写真を撮っていた。
ジョディ・スターリング (Jodie Starling)
声 - 一城みゆ希 / 少女時代:冬馬由美
FBI捜査官。28歳。拳銃の腕前はかなりのもの。日本のアーケードゲームが大好きで、非番時にはゲームセンターに頻繁に通うゲーマーでもある。かなりのプロポーションの持ち主で、非番時は鈴木園子並に露出過多な服装を好む。愛車はプジョー・607
20年前に母諸共ベルモットに殺害されたFBI捜査官を父に持つ。その後、証人保護プログラムの下で成長し、父の遺志を継いでFBIへ入局した。普段かけている眼鏡は、父の形見である。
親友の小学校教師・澁谷夏子に日本語を教わり、彼女の協力を得て来日[26]。「ジョディ・サンテミリオン」(Jodie Saintemillion) という偽名を使い、一風変わった人柄を持つ英語教師として帝丹高校に赴任し、短期間ではあるが一時的に潜入捜査を行っていた。日本語は流暢に話せるが、当初は潜入捜査中のFBI捜査官であることを隠すため、イントネーションがまちまちの訛った日本語を話していた[注 34]。正体を明かしてからは地が出て流暢な日本語を喋ることが多く、高木や蘭からそのことを指摘されている[注 35]。ベルモットの身柄確保が迫ったことで帝丹高校から離任するも、確保に失敗して取り逃してしまったため、以降はコナン(新一)、灰原哀阿笠博士服部平次工藤有希子を除く(つまり「黒の組織」の存在を知らない)周囲には、「捜査でミスをして長期休暇をとらされたため、日本に傷心旅行に来ているFBI捜査官」という設定で通している。ただし、帝丹高校の関係者でそのことを知っているのも毛利蘭と園子だけであり[注 36]、他の教職員や生徒たちは、ジョディのことは当初の予定通りに「教職を離任して故国へ帰った」と認識しており、彼女の本職が実はFBI捜査官であることや、現在も日本にいることすら知らされていない。コナンたちには本職を明かした後も、「ジョディ先生」と呼ばれている。
新出智明に変装していたベルモットを追い詰める際、ベルモットがコナンのことを「Cool Guy」と呼んだことに疑問を抱いている[注 37]
証人保護プログラムを受けることを拒否した灰原には、自分の過去の姿を投影している様子である。赤井のことは「秀一(シュウ)」と呼び、彼が組織に潜入する以前に交際していたが、それ以後も好意を寄せている様子が見られる。普段は冷静な振る舞いを見せるが、組織の策略に翻弄されて感情的になることも多い。赤井に変装したバーボンと遭遇した際には、激しく取り乱し、無謀な行動を取ってしまっている。
赤井が沖矢として暮らしている家が工藤新一の自宅であることを認識しており、工藤有希子がコナンのことを「新…」と呼びかけた際にあわてて「コナン君」と呼び直したことに疑問を感じている[2][注 38]
アンドレ・キャメル (Andre Camel)
声 - 梁田清之
赤井が作戦の増員として呼び出したFBI捜査官。27歳のドイツ系アメリカ人。独身。人相はあまり良くないが、温厚で心優しい性格。趣味が筋トレであるために筋骨隆々とした肉体をしており、体格と人相があいまって初対面の印象はかなり悪い[注 39]
FBI内でも卓越したドライブテクニックと優れた運動神経を持ち、赤井から一目置かれている[注 40]。しかし、かつて赤井らと共に黒の組織への潜入捜査を行っていた当時には不用意な発言で赤井の正体を露見させてしまったり、FBIへ戻ってからの来日中にもベルモットとバーボンに誘導されるまま楠田陸道の情報を漏らしてしまったりするなど、失敗も多い。
組織への潜入捜査中に自身のミスが引き金となって宮野明美を死なせてしまったことに、負い目を感じている。
来日以降は2年前に訪れたレストランをよく回っているが、その過程でたびたび事件に巻き込まれることから、日本警察や蘭たちとも面識を持つようになる。なお、来日目的については明かせないため、コナン以外の周囲には「傷心旅行中のジョディを連れ戻しに来た恋人」という設定で通している[注 41]
赤井から沖矢になりすましていることを明かされた後には、彼の不在中に阿笠邸の灰原の護衛を務めることもある[4]
名前の由来は、『機動戦士ガンダム』の登場人物であるキャメル艦隊指揮官・ドレン大尉[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本来のFBIは司法機関であるため、オシント以外の国外活動は違法に当たる。
  2. ^ 劇場版第18作『異次元の狙撃手』では、ジェイムズも捜査官として日本警察に認識されているが[1]、原作・アニメではそのような描写は見られない。
  3. ^ 赤井が沖矢として潜伏中、まだ周囲に正体を明かしていなかった頃に発生した事件の捜査時に、新一の携帯宛の電話をコナンが隠れて変声器で受けている様子を目撃したことで、コナンの正体が新一であることを知った[3]
  4. ^ 羽田秀吉の婚姻届に書かれている父親の下の名前は2文字であり、2文字目が「武」であることは確認できるが、1文字目は肉眼では判断できない。ただし、この描写は単行本のみのものであり、アニメでは父親の欄に「赤井務武」、母親の欄に「メアリー世良」と書かれている。
  5. ^ カラーイラストやアニメでは青・紺色になっていることもあるが、「工藤新一NYの事件」などで設定上は黒色であることが確認できる。
  6. ^ 物語開始時を新解釈を交えて描いた『エピソード“ONE”』では、まだ長髪のままとなっている。
  7. ^ この「恋人」とは宮野明美のことではなく、組織のことを指す。また、ジェイムズに「『恋人』とよりを戻せそうなのか」と問われ、「私をふったことを血の涙で後悔させてやる」とも発言している。
  8. ^ 工藤有希子には「イケメンで礼儀正しく、クールでダンディーで、FBIに置いとくにはもったいないくらい」と評されている[2]
  9. ^ アニメによると、キャンティとコルンの狙撃可能距離は600ヤード(約548メートル)であり、両者とも650ヤード(約594メートル)では外している。赤井は700ヤード(約640メートル)以上離れた場所から、豆粒ほどの大きさをした盗聴器を正確にライフルで、しかも立射で狙撃できる[12]
  10. ^ シルバースター」を受賞した経験のある元ネイビー・シールズの狙撃兵が、自分よりも実力が上だと断言し、一番強いと認めるほどである[1]
  11. ^ ただし、アニメでの該当部分は両手で構えて発砲する描写に変更されている[13]
  12. ^ 車で逃亡することも可能だった組織関係者が、捜査に関わっているのが赤井だと知った途端、捕まるのを恐れて拳銃自殺したほどである。
  13. ^ 沖矢昴としてはスバル360デラックスに乗っている。
  14. ^ キャメルによればウイスキー党で、「バーボンと同じくらいスコッチも好き」だったが、本人は「最近はバーボン一筋」と発言している。
  15. ^ 正体がFBI捜査官の1人と断定される(単行本42巻)以前は、毛利探偵事務所前や自分の車の中、道端など、頻繁にタバコを吸っている様子が描写された。また沖矢昴として登場する際は、正体を明かす以前は灰皿に大量の吸い殻が溜まっており、ヘビースモーカーであることが推測できる場面がある程度の描写だったが[16][17]、正体を明かしてからはマッチで火をつけ、タバコを吸っている描写がある[4]
  16. ^ それまではジョディと交際していたが、「ジョディを犠牲にしてでも組織を潰さなければならない」、「2人の女を同時に愛せるほど器用な性分ではない」という理由から、自ら別れを切り出した。
  17. ^ スコッチは赤井が自ら正体を明かすまで、赤井がFBIからのスパイであることに気付いていなかった。
  18. ^ 自身のせいでスコッチを死に追いやったことには今も負い目を感じているため、バーボンと電話口で直接話をした際には「彼のことは、今でも悪かったと思っている」と謝罪している。この「彼」とはスコッチを指していることがうかがえるが、ジョディが赤井にそのことを尋ねた際には邪魔が入ってしまったため、不明となっている[2]
  19. ^ バーボンからは「スコッチに拳銃を渡して自殺に追い込んだ」と憎まれていたが、実際にはスコッチが自分から自殺を選んでおり、それでも彼の最期の行動をバーボンに隠すためにとっさに自分が射殺したように演技していた[18]。ただし、なぜかこの真相は安室に隠している。
  20. ^ 赤井が明美を想っていたか否かはジェイムズやジョディといった第三者からしか語られておらず、本人の口からはまだ明らかになっていない。
  21. ^ 明美・志保姉妹は、赤井の正体が組織に露見した直後に住所を移されたため、連絡が取れなかった。
  22. ^ ただし、灰原はコナンから聞かされている赤井の人物像が、諸星に似ていると感じている。
  23. ^ ジョディたちFBIは灰原とベルモットの会話から、灰原を「組織でシェリーと呼ばれていた少女」として認識しているが、その正体については知らない。
  24. ^ 劇場版第20作『純黒の悪夢』の公開を記念した安室透役を務める古谷徹とのインタビュー形式の対談で、池田はキャラ名の第一印象について「どっかで聞いたことある名前だな」と語っている[23]
  25. ^ 明美からは「大君」と呼ばれていた。
  26. ^ 生前の出演は第651話まで。第783話はライブラリ出演[24]
  27. ^ ただし、ジョディやキャメルとは違いすでに真純との面識があるか、もしくは彼女が赤井の妹であることを以前から知っていた可能性もある。
  28. ^ 後述するように、アニメでのジェイムズは当時金髪だったため、ランディーと間違われる要素が強まっている。
  29. ^ "can"の発音。ランディ・ホークは南部訛りで「キャン[kǽn]」と発音していたが、ジェイムズが用いるクイーンズ・イングリッシュは「カン[kən]」。
  30. ^ この事件の際には、解決後の事情聴取で身分が露呈することを防ぐため、犯人たちの車を追跡してきていた赤井の車に同乗して逃れたほか、ベルモットの部屋へ捜査員が潜入していたことから、コナンを彼女が「Cool Guy」としてマークしていた人物であると認識していた[11]
  31. ^ 赤井はジェイムズにも打ち明けるつもりはなかったが、ふとしたことからトリックに気付かれてしまい、やむを得ず事情を説明した[2]
  32. ^ 「ジェイムズ」は、犯罪界のナポレオンと言われる「ジェイムズ・モリアーティ」を、「ブラック」は、黒の組織の「黒(ブラック)」を連想させたため。コナンは、ジェイムズが別れ際に言った「育ちはシカゴカポネがいた街さ…」という台詞も気になっていた。
  33. ^ 「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」ではメルセデス・ベンツのCIマークがそのまま登場していたが[12]、以降はそれをモチーフにした架空のCIマークに変わっている。
  34. ^ ただし、文法は完璧だったことから、服部平次には演技だと見破られた。
  35. ^ 高木には「彼氏(という設定)のキャメルから教わった」と説明したが、蘭に対しては「日本が好きだから」と開き直って適当にごまかしたため、コナンには心の中で「説明はしょりやがった」と突っ込まれた。
  36. ^ 劇場版『異次元の狙撃手』では世良真純もそのことを知っていた[1]
  37. ^ コナンが小学生である(に見えている)ことから、「Guy」ではなく「Kid」が適しているからと思われている。ジョディ自身は初登場の事件後にコナン、蘭、園子と別れる時、「Bye Bye...Cool Guy」と言っているが、このときの「Cool Guy」は、新出病院のベルモットの部屋に貼ってあるコナンの写真に書いてあった「Cool Guy」の文字を引用したために出た言葉である。ジョディはベルモットの変装を知っており、「姿を変えて学校に通っている」と言ったのもベルモットのことである。
  38. ^ この時、有希子がコナンに対して発した言葉は、ジョディには「新コナン君」とつながって聞こえている。なお、有希子がコナンのことを「新一」と呼ぼうとしたのか、「新ちゃん」と呼ぼうとしたのかは不明[2]
  39. ^ 赤井に呼び出されたことを知らなかったジョディには正体を怪しまれ、少年探偵団には殺し屋ではないかと疑われた。また、筋トレ中のビルで殺人事件が発生した際にも千葉刑事に怪しまれ、現場にいた目暮警部と高木刑事に容疑者と疑われたこともある。
  40. ^ 爆弾の爆発と同時に車内から飛び出したり、防弾チョッキを着た状態で走行中の車から飛び降り、犯人に銃撃されそうになったコナンと世良の前に立ちふさがったりしている[1]
  41. ^ 平次や和葉とも後でお互い面識を持つこととなるが、事件の最中だったため、コナンも平次にキャメルの詳しい来日目的を直接話した描写は無い[25]。ただし、工藤有希子と出会った時は、彼女に来日目的も知られている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 劇場版第18作『異次元の狙撃手』。
  2. ^ a b c d e f g h 単行本85巻File.1「緋色の疑惑」 - File.5「緋色のエピローグ」(アニメ781話「緋色の交錯」 - 783話「緋色の真相」)。
  3. ^ 単行本77巻File.6「工藤優作の未解決事件」 - File.8「コナン君だよね?」(アニメ690話 - 691話「工藤優作の未解決事件」)。
  4. ^ a b c 単行本89巻File.11「握られたハサミ」 - 90巻File.2「切り取られた文字」(アニメ861話 - 862話「17年前と同じ現場」)。
  5. ^ 単行本89巻File.8「意地悪なおじいさん」 - File.10「座右の銘」(アニメ849話 - 850話「婚姻届のパスワード」)。
  6. ^ a b 単行本88巻File.10「ガールズバンド」 - 89巻File.1「死角での犯行」(アニメ836話 - 837話「仲の悪いガールズバンド」)。
  7. ^ 『週刊少年サンデー』2013年33号付録より。SSC第83巻所収。
  8. ^ a b c d e f g 単行本92巻File.2「さざ波の邂逅」 - File.4「さざ波の魔法使い」(アニメ未放送)。
  9. ^ 青山剛昌スーパーダイジェストブック 名探偵コナン90+』 キャラメル・ママ(編)、小学館〈少年サンデーコミックス〉、2017年4月12日全国書誌番号:22877763ISBN 9784091276254OCLC 987294513ASIN 4091276253
  10. ^ 単行本34巻File.11 - 35巻File.4「ゴールデンアップル」(アニメ286話 - 288話「工藤新一NYの事件」)。
  11. ^ a b c d 単行本32巻File8「ライオンの落とし物」 - File10「バカな作戦」(アニメ258話 - 259話「シカゴから来た男」)。
  12. ^ a b 単行本48巻File.9「ピンポンダッシュ」 - 49巻File.4「黒の組織VS.FBI 2」(アニメ425話「ブラックインパクト! 組織の手が届く瞬間」)。
  13. ^ a b c 単行本42巻File.5「満月の夜と黒い宴の罠」 - File.10「ラットゥンアップル」(アニメ345話「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」)。
  14. ^ 単行本81巻File.9「截拳道vs.空手」 - File.11「まるで魔法のように」(アニメ744話 - 745話「容疑者か京極真」)。
  15. ^ 単行本58巻File.8「意外な容疑者」 - 59巻File.1「鋼の楔」(アニメ501話「赤と黒のクラッシュ 嫌疑」 - 504話「赤と黒のクラッシュ 殉職」)。
  16. ^ 単行本77巻File.9「自分の領分」 - File.11「灯下の孤影」(アニメ699話 - 700話「灰原の秘密に迫る影」)。
  17. ^ 単行本85巻File.6「封じ手」 - File.9「妙手」(アニメ785話 - 786話「太閤恋する名人戦」)。
  18. ^ a b c 単行本90巻File.6「裏切りの制裁」 - File.9「裏切りの真相」(アニメ未放送)。
  19. ^ 単行本37巻File.8「白い雪…黒い影…」 - 38巻File.1「新兵器!」(アニメ309話 - 311話「黒の組織との接触」)。
  20. ^ 単行本41巻File.4「暗闇は死の罠の扉」 - File.6「黒い光の謎」(アニメ335話 - 336話「東都現像所の秘密」)。
  21. ^ a b 単行本58巻より。
  22. ^ スタンリー@金曜ロードSHOW!による2017年4月14日21時56分のツイート2017年4月21日閲覧。
  23. ^ 池田, 秀一; 古谷, 徹 (2016年3月23日). 劇場版『名探偵コナン』が「通常の3倍」観たくなる奇跡の対談!――劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」』インタビュー. インタビュアー:宋 莉淑. アニメイト.. アニメイトTV.. http://www.animate.tv/news/details.php?id=1458689734 2016年3月24日閲覧。 
  24. ^ 置鮎龍太郎による2015年6月27日のツイート2017年4月21日閲覧。
  25. ^ a b 単行本74巻File.5「どっちが名探偵なんだ?」 - File.7「魔法の料理」(アニメ651話「コナンVS平次 東西探偵推理勝負」 )。
  26. ^ 単行本84巻File.9「最後のピース」 - File.11「バーボンの追究、緋色の序章」(アニメ779話「緋色の序章」 - 780話「緋色の追求」)。

外部リンク[編集]