羊たちの沈黙 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羊たちの沈黙
The Silence of the Lambs
監督 ジョナサン・デミ
脚本 テッド・タリー(脚色)
原作 トマス・ハリス
製作 エドワード・サクソン
ケネス・ウット
ロン・ボズマン
製作総指揮 ゲイリー・ゲッツマン
出演者 ジョディ・フォスター
アンソニー・ホプキンス
スコット・グレン
テッド・レヴィン
音楽 ハワード・ショア
撮影 タク・フジモト
編集 クレイグ・マッケイ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 オライオン/ワーナー
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年2月14日
日本の旗 1991年6月14日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 $272,742,922[1] 世界の旗
$130,742,922[1] アメリカ合衆国の旗
次作 ハンニバル
テンプレートを表示

羊たちの沈黙』(ひつじたちのちんもく、The Silence of the Lambs)は、1991年公開のアメリカ映画。監督はジョナサン・デミ。原作はトマス・ハリス同名小説。主演はジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンス

第64回アカデミー賞主要5部門を受賞。アカデミー賞の主要5部門すべてを独占したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

概要[編集]

連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描く。

物語の主役である精神科医のレクター博士アンソニー・ホプキンスが演じ、アカデミー主演男優賞を受賞した。続編である『ハンニバル』でもホプキンスがレクターを演じている。

もう一方の主役のFBI訓練生、クラリス・スターリングを演じたジョディ・フォスターもアカデミー主演女優賞を受賞している。

粗筋[編集]

カンザスシティ (ミズーリ州)ほかアメリカ各地で、若い女性が殺害され皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生。逃走中の犯人は“バッファロー・ビル”と呼ばれていた。

FBIアカデミーの実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は、バージニアでの訓練中、行動科学課 (BSU)のクロフォード主任捜査官からある任務を課される。クロフォードはバッファロー・ビル事件解明のため、監禁中の凶悪殺人犯の心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンズ)は、FBIへの協力を拒絶していた。クラリスはクロフォードに代わって事件に関する助言を求めるため、レクターの収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。

最初、レクターは協力を拒むものの、やがてクラリスに彼女自身の過去を語らせることと引き換えに助言することを約束する。そしてクラリスは父親の死を受けて伯父に預けられた過去を話し、そこで明け方に伯父が羊たちを屠殺するのを目撃したことがトラウマとなっていることを明かす。

一方、新たに上院議員の娘がバッファロー・ビルに誘拐される事件が発生し、精神病院院長・チルトンは出世のためレクターを上院議員に売り込む。議員である母親は捜査協力の見返りに警備の緩い刑務所へ移送させることを約束する。しかし、レクターは移送の隙をついて病院の職員や警察官を殺害して脱獄を果たす。

レクターの協力によってクラリスはバッフォロー・ビルに近づきつつあった。彼の自宅へ踏み込んだクラリスは暗闇の中、間一髪で犯人を射殺し、人質を無事に助け出す。

事件は解決し、その後、正式にFBI捜査官となったクラリスの元に逃亡中の身であるレクターから電話が入る。レクターは事件解決と捜査官への就任を祝福し、そして冗談めいた言葉でチルトンの殺害を予告し電話を切る。

配役[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS テレビ朝日 DVDBD
クラリス・スターリング ジョディ・フォスター 勝生真沙子 戸田恵子[2] 佐々木優子
ハンニバル・レクター アンソニー・ホプキンス 金内吉男 石田太郎 堀勝之祐
クロフォード主任捜査官 スコット・グレン 有川博 家弓家正 有本欽隆
バッファロー・ビル テッド・レヴィン 牛山茂 曽我部和恭 家中宏
フレデリック・チルトン医師(ボルティモア州立病院) アンソニー・ヒールド 小島敏彦 堀勝之祐 石井隆夫
アーディリア・マップ ケイシー・レモンズ 松本梨香 高山みなみ 湯屋敦子
キャサリン・マーティン ブルック・スミス 喜田あゆ美 中沢みどり 水田わさび
ルース・マーティン議員 ダイアン・ベイカー 此島愛子 谷育子 藤木聖子
バーニー フランキー・R・フェイソン
メンフィスのFBI捜査官 ジョージ・A・ロメロ
(ノンクレジット)

主な受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c The Silence of the Lambs (1991)”. Box Office Mojo. 2010年7月5日閲覧。
  2. ^ [1]”. 戸田恵子オフィシャルブログ 2013年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • プロファイリング - 本作をきっかけに日本でも広く知られ、使われるようになった言葉。
  • ロバート・K・レスラー - 元FBI行動科学課の捜査官。プロファイリング技術の確立に貢献。
  • メンガタスズメ - 学名アケロンティア・スティクス(Acherontia styx)。劇中における重要なガジェットであり、ポスターやジャケットにも登場する。
  • 羊たちの沈没』(原題:The Silence of the Hams) - 本作をパロディしたコメディ映画。

外部リンク[編集]