目の隈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

目の隈(めのくま、英称:Periorbital dark circles)とは、眼窩)の下にできることがある黒ずんだ部分である。遺伝とあざを含む多くの原因がある[1]

ビタミンKとレチノールを配合したクリーム、ヒドロキノンなどが用いられる

原因[編集]

遺伝[編集]

ほとんどの場合、目の隈は皮膚を通して見ることができる血管によるものである。眼窩周囲の皮膚は最も薄い皮膚(他の部位の厚さ2mmと比べ約0.5 mm前後)で、皮膚が薄ければ薄いほど、目の隈はより暗く見える。

眼の下の静脈瘤のようなクマは、遺伝形質である。

深い骨格を持つ人は、影によってクマを生じさせることもある。

アレルギー、喘息、およびアトピー性皮膚炎[編集]

の周りをこすったり、ひっかくことによりクマを生じさせる。特に花粉症の場合は、その多発時期において、目の隈が表れる。ある種のアレルギーでも同様に目の下の部位が隈になる。

[編集]

血管を拡張させる薬が目の隈を引き起こす可能性がある。目の下の皮膚はとてもデリケートなので、血流量増加は皮膚を通して表れる。

貧血[編集]

ダイエット、またはバランスの取れていない食生活による栄養素の不足は、の隈を引き起こす。鉄分の不足がまた、目の隈を引き起こす場合があると考えられている。

疲労[編集]

睡眠不足や過度の疲労は、目の隈を引き起こす可能性がある。

肝臓の問題[編集]

目の下の隈は、肝疾患の徴候である場合もある。[2]

年齢[編集]

目の隈は、年齢と共により顕著になる可能性が高い。 人の皮膚は年を取るにつれて、コラーゲンが減少し、より薄くなる。

光と影[編集]

皮膚の色だけでだけではなく、顔面の凹凸による光と影により目立っている場合が多い。[3]

治療[編集]

ビタミンKレチノール(ビタミンA)が含まれるクリームによって、有意に腫れや変色を減らすと考えられている[4]

ほかにヒドロキノンがあり、皮膚漂白剤のように機能するオイルフリーの保湿剤で、少なくとも3か月用いられ、一般に5-7か月後に効果が判明する[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "What causes the dark circles that sometimes appear under my eyes?". Mayo Clinic women's healthsource 7 (6): 8. 2003. PMID 12838
  2. ^ Dr Sandra Cabot - The Liver Doctor
  3. ^ 目の下のクマ・色と形の関係
  4. ^ Elson ML, Nacht S (1999-12). “Treatment of a periorbital hyperpigmentation with topical vitamin K/vitamin A”. Cosmet Dermatol 1999 (12): 32-34. 
  5. ^ Sarkar R, Ranjan R, Garg S, Garg VK, Sonthalia S, Bansal S (January 2016). “Periorbital Hyperpigmentation: A Comprehensive Review”. J Clin Aesthet Dermatol 9 (1): 49–55. PMC 4756872. PMID 26962392. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4756872/. 

関連項目[編集]