顔のたるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

顔のたるみは、一般に重力により形態が下垂した状態と定義されている。

評価法[編集]

視感判定[編集]

程度の判定は一般にこの方法により行われることが多い。視感判定とは経験を積んだ評価者が、被判定者の写真または被判定者本人を観察し、評価を行う方法である。より科学性を高めるには、複数の評価者により、またたるみ判定の明確な基準を設定して評価者間の判定根拠の差異を低減して行う[1]。評価基準が明確であれば、評価者への経験値の要求度は低くなる。たるみ形態の進行の実態に則した明確な評価が可能である。

機器による評価[編集]

評価形態を3次元計測装置にて撮影し、その計測データを解析し、各種パラメーターを用いて評価する手法が開発されてきている。数値データとしてたるみ程度を評価可能だが、設定したパラメーターがたるみの実態に則したものか、十分な検証が必要。また皮下脂肪量や骨格等、個人差の影響の低減が必要。 またこれ以外にも皮膚の物性を測定したるみ程度の指標とする手法を始め、さまざまな計測法が報告され始めているが、たるみの実態を反映しているか十分な検証が必要とされる。

顕著な部位[編集]

顔のたるみが顕著な部位としては、頬、瞼、眼窩下部が挙げられる。

形成機序[編集]

顔のたるみ形成に関してはさまざまな記述が見られるが、科学的な検討に基づくものは非常に少ない。各種計測機器を用い、たるみ形成要因を科学的に検討した学術論文によると、たるみは、皮膚粘弾性の低下、皮下脂肪の増加、表情筋機能の低下[2]により形成されると考えられる。

改善法[編集]

上記の顔のたるみ形成要因に則した改善法が有用と考えられる。皮膚の粘弾性の低下に対しては、その要因となる紫外線や乾燥からの防御や喫煙量の低減、また皮膚のコラーゲンエラスチン等、粘弾性形成に寄与すると考えられる細胞外マトリックスの産生を高めるサプリメント等である。また表情筋機能の低下に対しては、エクササイズ[3]が有用と考えられている。また、過度のたるみにおいては、顔のたるみは美容皮膚科や外科で治療[4]することができます。

参考文献[編集]

  • Ezure T, Amano S. Skin Res Technol. Influence of subcutaneous adipose tissue mass on dermal elasticity and sagging severity in lower cheek. (2010)16:332-338.[1]
  • Ezure T, Hosoi J, Amano S, Tsuchiya T. Skin Res Technol. Sagging of the cheek is related to skin elasticity, fat mass and mimetic muscle function.(2009)15:299-305.
  • [2]

脚注[編集]