出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
頬を側面から見たところ
頬ずりしたり、頬にキスをする人々

(ほお、ラテン語:buccae、英語:cheek チーク)とは、

  • の側面あたり、の下で の脇にある、柔らかな部分のこと[1]ほほほっぺほっぺたとも[2]
  • 咀嚼(もしくは、それに近い行為)を行う動物(ヒトを含む)の顔の構成部位の一つ。眼窩・口・耳の間に位置し、口器を膜状に包み込んでいる肉(外側は皮膚、内側は筋肉・粘膜など)のことである。[要出典]

概説[編集]

頬とは、目の下、鼻の脇にある、柔らかな部分のことである[3]

頬の皮下には唾液腺のひとつ耳下腺があり、唾液が作られている。食物を食べたり、食べるところを想像すると唾液腺から唾液が放出されるが、頬を円をえがくようにマッサージしても口中に唾液が出る。

顔の様々な部位に毛細血管があるが、特に頬(や鼻)あたりの毛細血管は目立つ場所にある。感情が高ぶると、血行が良くなり頬あたりが極端に赤くなる(「紅潮」する、「頬を赤らめる」)人もいる。(極端な場合で、本人がそれを苦にしている場合は「赤面症」と言う)

世界的に見て、寒い地域に住んでいる子供の頬は、寒風の影響を受けて(しもやけ状になり)真っ赤な色をしている場合が多い。

一般論として言えば、年齢が若い段階では頬の赤さが目立つが、年齢とともに次第に(血行が悪くなり)赤みが失われてゆく。 女性が化粧をする場合(あたかも、相手に好感を抱いたりするなどしてやや感情が高ぶっているかのように、あるいは、(若くなくても)あたかもまだ若いかのように装い)頬にやや赤みがかった色をさす(足す)ことが一般的である。これを cheek color 頬紅と言う。

一般に、頬への接触を許すということは、「相手との心理的な距離が近いと思っている」という意味がある。(頬の場所は、心理学概念の「パーソナルスペース」の中では、「密接距離」に当たる。)
西欧では、親愛を示す挨拶方法のひとつに、(対面して)頬と頬を合わせてキスをする(キスをしたかのような音を唇で出す)、という方法が広く行われている。 また、親しい者同士が親愛の情を示す時、(同じ方向を見るなどして)頬と頬を接触させるという方法がある。(「ほおずり」)。また同様に、家族間、恋人間などでは相手の目を見つめつつ相手の頬を手で優しくなでる、ということが行われることもある。

子供の不満の表現方法のひとつとして(あるいは親しい人同士で、気を許しあって(甘えて)、子供のように不満を表明する方法として)、口を閉じて頬を膨らませる方法がある(「膨れ面」「ふくれっつら」)

呼称[編集]

日本語

方言として、「ほっぺた」系統は東日本、「ほーべた(ら)」系統は西日本に多く見られる用例であった。「ほっぺた」のほうが新しく、江戸時代において江戸を中心に用いられ始めたと推定されている。また、稀な用例としては「びんた」がある。[4]

古語で「頬」にあたるのは「つら」であり[4]、「つらの皮が厚い」「つら汚し」「横っつら」「つらを貸せ」などのかたちで現代にも引き継がれている。

英語

解剖学[編集]

解剖学関連項目

頬骨 / 頬筋 / 咀嚼筋 / 口筋


生物学[編集]

頬が無ければ、口にした食物は噛み砕くほどに口の脇からこぼれ落ちてしまう[要出典]咀嚼を行おうとする動物にとって頬は欠くことのできない部位である[要出典]
画像のイヌは木の枝を咥えているが、物を食べるときには頬を閉める。

機能[編集]

カモノハシ恐竜の一種であるハドロサウルス(生態復元想像図)
頬嚢を具える動物(画像はハムスターキヌゲネズミ科])

咀嚼は、口に入れた食物がこぼれ落ちないようにする覆いとしての頬と、適切な噛み位置に食物を移動させる役割を担うが、ともに正しく機能して初めて可能となる。 咀嚼を行う動物を哺乳類に限定して説明がなされる場合が多いが、厳密には、哺乳類の祖先系統にあたる絶滅動物群[5]も該当する。また、植物食性恐竜などといった他系統の動物にもそのような例はある(例えばカモノハシ恐竜の類いなどの生態復元想像図は、頬を具えた姿で描かれることが多い)。 なお、頬を持たない動物は、海鳥ヘビがそうであるように食物を丸呑みにするか、猛禽類やデスロール[6]を行うワニがそうであるように引きちぎることによって適当な大きさに加工した上で呑み込むという方法を執る。[要出典]

頬の上部には頬骨(ほおぼね、きょうこつ)があり、ヒトの場合、皮膚の上からも突出部として見える。頬の内側には頬筋(きょうきん)がある。[4]

頬嚢[編集]

齧歯類の多くの種(ネズミリス、など)や霊長類の一部の種(マカクヒヒ、など)は、食物を一時的に保持するための伸縮性に富んだ頬を具えている。 この頬に物が詰め込まれたとき、皮膚の伸びきった様子が袋のように見えることをもって、漢字文化圏動物学用語で「頬嚢(日本語読み:ほほのう、ほおのう、ほほぶくろ、ほおぶくろ。中国語読み[拼音]:jiá-náng〈キョウノウ〉)」と呼び、日本語の通俗語では「頬袋(ほおぶくろ、ほほぶくろ)」とも呼ぶ。なお、英語では「cheek pouch (仮名転写:チークパウチ、意訳:頬小袋)」、ドイツ語では「Backentasche [7](仮名転写:バッケンタッシェ、意訳:頬袋)」と言う。

類人猿、霊長類[編集]

ヒトおよびヒトに近縁の霊長類(類人猿、ヒト上科)は、頬の内側にあってよく発達した頬筋を動かすことによって喜怒哀楽の感情を巧みに表現する。特に、左右非対称の形を作ることで不満怒りを表現することは可動性の高い頬筋があってこそである。[要出典]

「頬」の字を名に持つ生物[編集]


化粧、装飾、キャラクター性、ほか[編集]

頬にピアスを施した男性
  • 赤く丸い頬 :ペコちゃんアンパンマンがそうであるように、現代的なマスコットキャラクター子供アニメキャラクターなどには血色の良い健康的な頬を強調するものが多い。また、そのような特徴は幼児性を描写するにあたって典型的表現の一つともなっている。
  • 頬に描かれる渦巻き模様 :頬に渦巻き模様などが描かれること(例:天才バカボン)は、漫画文化の影響下では「馬鹿」や「間抜け」を意味する記号的表現である。ただし、世界には凝った化粧を顔面に施す文化を持つ民族も存在し、格好がよいなど肯定的意味のある記号として渦巻き模様やそれに近い模様が用いられる場合もある。
  • 頬紅 :頬に施される化粧の代表的一種。
  • おかめ女性の健康的な頬を福々しく強調した造形に由来する、日本民俗。その文化的源流は古く、アメノウズメ信仰とのつながりを指摘される。
  • 道化師(クラウン、ピエロ)
  • 頬に行うピアッシング
    • チーク(en) :頬に行うピアッシング。ファッションとしてのピアッシングだけでなく、インドなどでは古来、宗教儀式の一環として顔面にピアッシングを行うことがあり、そのような場合、頬へのピアッシングは通常的である。
    • アンチ・アイブロウ :眼の下辺りの頬に行うピアッシング。
  • 頬被り(ほおかぶり、ほおかむり) :「ほっかぶり」「ほっかむり」とも称。防寒や顔を隠すことを目的として頬を覆う頭巾、覆面、など。
  • 面頬武士の一部位で、頬を覆って守る機能を持つ防具

頬の関連語[編集]

  • 頬杖(ほおづえ) :腕をに代えて頬の部分で頭を支えること。
  • 頬張る :頬が大きく膨らむほどに口内に物を詰め込む。
  • 頬が落ちる、頬が蕩(とろ)ける :食物の美味しさで至福の状態にあることを、頬の肉が蕩け落ちることに譬える。
  • 頬が扱(こ)ける :痩せて頬肉が減じる。
  • ビンタ :頬を平手打ちすることを言う。
  • 歌詞の「頬」:「頬」のところを「ほお」と言わずに「ほほ」と言うことが多い[要出典]

その他[編集]

  • 頬肉 :頬を形成している肉の部分。日常生活の中では食肉としての頬の肉を指すことが多いが、日本語でこのように言った場合、実際に頬を有する動物だけでなく、顔を持つ動物の口周りの肉をも範疇に入れることがある。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉「頬」
  2. ^ デジタル大辞泉「頬」
  3. ^ デジタル大辞泉「頬」
  4. ^ a b c 佐藤亮一 『方言の地図』 小学館、1991年、56頁。
  5. ^ キノドン類や初期哺乳形類など、かなりの進化を遂げた単弓類
  6. ^ ワニに特有の捕食行動で、獲物に噛み付いたまま激しく体を回転させる。
  7. ^ ただし、有袋類育児嚢も同じ綴り。

関連項目[編集]