マカク属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マカク属
バーバリーマカク
バーバリーマカク Macaca sylvanus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科 Cercopithecinae
: マカク属 Macaca
学名
Macaca Lacepede, 1799[1]
タイプ種
Macaca sylvanus (Linnaeus, 1758)[1]
和名
マカク属[2]

分布域

マカク属(マカクぞく、Macaca)は、霊長目オナガザル科に含まれる属。

分布[編集]

アフリカ大陸北西部、ユーラシア大陸南部、インドネシアスリランカ日本

バーバリーマカクを除いてアジアに分布する[3]。日本に分布するニホンザルは現生種の霊長類では(ヒトを除くと)最も北に分布する[3]

形態[編集]

胴体は長く頑丈[4]。 頬袋があり、食べた物を一時的に蓄えることができる[4]。前肢よりも後肢が長い[4]。第1指は他の指と対向し物をつかむことや樹上での活動に適している[4]。 出産直後のオス幼獣には空洞の大きな陰嚢がある[4]

分類[編集]



バーバリーマカクMacaca sylvanus





クロザルM. nigra




シシオザルM. silenus



M. nemestrina







ボンネットモンキーM. radiata




ダヴィドモンキーM. thibetana



アッサムモンキーM. arcoides






カニクイザルM. fascicularis




ニホンザルM. fuscata



アカゲザルM. mulatta







(Li et al., 2009)よりSINE法で推定した系統図[5]

アフリカ大陸北部が起源だと考えられている[6]。スペインの中新世末期の地層からバーバリーマカクの化石が発見され、鮮新世にはイギリス南東部を含むヨーロッパ広域に分布していたと考えられている[6]。インドネシアの更新世の地層からカニクイザルやブタオザルと思われる化石が発見されている[6]。現生種の多くはユーラシア大陸に侵入した後に東に移動し、鮮新世以降に種分化したものとする説もある[6]

以下の分類・英名はMSW3(Groves, 2005)を基に、和名は(岩本, 1987)に従う[1][2]

化石種[編集]

  • Macaca majori(サルデーニャ島産) - など

人間との関係[編集]

マカクはアフリカの言語でサルを指す語、さらにそれが転じたポルトガル語macacoに由来する[2]

開発や放牧による生息地の破壊、狩猟、害獣としての駆除などにより生息数が減少している種もいる[3][4][9]

日本では属単位で特定動物(特定外来生物に指定されているアカゲザル、カニクイザル、タイワンザルを除く)に指定されている[12]

画像[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Colin P. Groves, "Macaca". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, pp.161-165
  2. ^ a b c 岩本光雄「サルの分類名(その1:マカク)」『霊長類研究』第1巻 1号、日本霊長類学会、1987年、45-54頁。
  3. ^ a b c 渡邊邦夫 「ニホンザル」「バーバリーマカク」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、136-138頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 渡邊邦夫 「ベニガオザル」「アッサムモンキー」「タイワンザル」「シシオザル」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、125-127頁。
  5. ^ Jing Li, Kyudong Han, Jinchuan Xing, Heui-Soo Kim, Jeffrey Rogers, Oliver A. Ryder, Todd Disotell, Bisong Yue, and Mark A. Batzer, "Phylogeny of the macaques (Cercopithecidae: Macaca) based on Alu elements," Gene, Volume. 448, Issue. 2, 2009, pp. 242-249.
  6. ^ a b c d 高井正成 「マカクとヒヒ:ユーラシア大陸におけるオナガザル亜科の進化プロセスに関する考察」『霊長類研究』第21巻 2号、日本霊長類学会、2005年、121-138頁。
  7. ^ a b Colin P. Groves, Primate taxonomy, Smithsonian Institution Press, Washington, DC, 2001.
  8. ^ Cheng Li, Chao Zhao, and Peng-Fei Fan, "White-cheeked macaque (Macaca leucogenys): A new macaque species from Medog, southeastern Tibet," American Journal of Primatology, Volume 77, Issue 7, 2015, pp. 753-766.
  9. ^ a b c d 渡邊邦夫 「ムーアモンキー」「クロザル」「メンタワイマカク」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、125-127頁。
  10. ^ Anindya Sinha, Aparajita Datta, M. D. Madhusudan, Charudutt Mishra, "Macaca munzala: a new species from western Arunachal Pradesh, northeastern India", International Journal of Primatology, Volume 26, Issue 4, 2005, pp. 977-989.
  11. ^ Kitchener, A. C., and C. Groves, "New insights into the taxonomy of Macaca pagensis of the Mentawai Islands," Mammalia, Volume 66, Issue 4, 2002, pp. 533-542
  12. ^ 特定動物リスト (動物の愛護と適切な管理)環境省・2015年10月12日に利用)

関連項目[編集]