高密度焦点式超音波治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高密度焦点式超音波療法(こうみつどしょうてんしきちょうおんぱりょうほう、High Intensity Focused Ultrasound)とは、超音波を利用し、深部にある癌の治療を試みようとする治療法である[1]HIFU(ハイフ)とも呼ばれる。ハイパーサミアを目的とした物理療法の一種であるが現在治療法の有効性は超音波の性質上原理的に疑問視されている。

仕組み[編集]

超音波を一点に集めることにより、その焦点で高いエネルギーを作る[1]。すると焦点部分は90度程度の高温になるのでその熱とそれによるキャビテーションによって癌を破壊する治療法である。焦点部より5mm離れると温度は50度まで下がるため、病巣のみをピンポイントで破壊でき、また超音波を用いるので被曝などのリスクもない、外科手術と違い組織侵襲がないというメリットがある[1]

ただ、骨、強膜では反射拡散され腸管、肺などの含気臓器を加熱することはできない、また脂肪組織は凹レンズの働きをし超音波は拡散され合焦しないそもそも超音波では波長が長すぎて水、海水、アクリル樹脂など非圧縮性の物質でないとエネルギーは伝達されないという物理原則と異なる点で有効性が疑問視されている[2]

適応[編集]

帝京大学医学部泌尿器科によれば前立腺炎が治療効果が最も高く、適用とされるが前立腺癌、腎癌膵癌への適用も言及されている[1]

美容[編集]

顔のたるみに対し、切除手術ほどの劇的な効果はないが、中等度までのたるみに効果があり、使用法が順守されれば火傷、瘢痕のリスクは最小限になる[3]。美容医療用HIFUで特に知名度が高い機種はウルセラで、2009年9月にFDA(食品医薬品局 )の承認を受けている[4]。その他の国ではオーストラリア(AFDA)の承認を受けている[3]

歴史[編集]

米国インディアナ大医学部のF.J.フライなどに出入りしていたインド製ピンセットなどの小物医療用品商サンギビらが超音波焼灼の話を聞きフォーカル・サージェリー社(個人会社)を起こした。その後ノース・カロライナ州のUSHIFU有限会社の一部となりSonablade500を商品化したが医学的根拠が疑問視されFDA申請も受け付けられなかった。その後会社は転売を繰り返し現在は同地でソナケア有限会社として存続している。同社のホームページによると1995年にFDA Clearanceと記載されているがこれはFDA認可ではないし承認申請も受理されていない。 既に1950年代に超音波エネルギーを集束して生体局所の組織を焼灼する方法は脳腫瘍の超音波温熱治療として臨床応用されていたが、当時の診断技術は限られていたので現在のように超音波検査CTMRIなどの精度の高い画像診断技術を用いるまでは十分に真価を発揮できずにいた[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 帝京大学泌尿器科
  2. ^ ハイパーサーミアの開発
  3. ^ a b Mazzoni, Daniel; Lin, Matthew J; Dubin, Danielle P; et al (2019). “Review of non‐invasive body contouring devices for fat reduction, skin tightening and muscle definition”. Australasian Journal of Dermatology. doi:10.1111/ajd.13090. PMID 31168833. 
  4. ^ BioSpace
  5. ^ 超音波治療の最新動向 (PDF)

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]