漂白剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漂白剤(ひょうはくざい、英 bleach)とは、漂白、つまりなどを取り除き白くするために用いる薬剤の総称。

概説[編集]

漂白剤は酸化作用または還元作用を利用して色素を分解する酸化剤または還元剤の一種である[1]

英語でbleachと言えば、もとをたどればドイツ語系のblǣcという語彙から借用された語で[2]動詞として「白くすること」を指すこともあれば、名詞として「白くする薬剤」を指すこともある。動詞として用いる場合は、ともかく白くすることで、もともとは太陽光を用いて白くすることも薬剤を用いて白くすることも、どちらも指し得る。(古くは布類・衣類をbleachfieldなる場所に広げて水と太陽光によって漂白するということが行われていたのである)。名詞として用いる場合は、白くするために用いられる化学物質を指している。これを日本語に翻訳すると「漂白剤」となる。

漂白剤は繊維工業や家庭での衣類の管理や台所用品の衛生処理などに用いられている[1]。また、食品添加物の一種でもある。

歴史[編集]

上で述べたように、古くは水と太陽光を用いて漂白が行われていたわけであるが、近・現代で用いられるようになった化学物質の漂白剤というのは、18世紀のスウェーデンのカール・ヴィルヘルム・シェーレ、フランスのクロード・ルイ・ベルトレー、同じくフランスのアントワーヌ・ジェルマン・ラバラックフランス語版らの研究・発見に負うところが大きい。

衣料用・台所用・住宅用[編集]

主な用途[編集]

衣類のシミや食器などを漂白する際に使用する漂白剤。

化学物質の酸化反応あるいは還元反応を利用して色素を分解する。この漂白の過程で殺菌作用が認められることから、食器調理器具布巾など台所用品に用いられることもある。ただし、衣類の汚れに対して万能と言うわけではなく、漂白剤が有効とされるシミ・汚れであっても完全に落としきるまで通常数回〜十数回繰り返し漂白・洗濯する必要がある場合があるほか、こびりついた汚れの種類によっては漂白剤でも落とせないものがある[3]

各国に法規制がある。日本では衣料用、台所用又は住宅用の漂白剤については「衣料用、台所用又は住宅用の漂白剤」として家庭用品品質表示法の適用対象とされており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[4]

種類[編集]

漂白剤には酸化作用を利用する酸化漂白剤と還元作用を利用する還元漂白剤があり、酸化漂白剤には酸素系漂白剤と塩素系漂白剤がある[1]

  • 酸化漂白剤
    • 塩素系漂白剤
      塩素系漂白剤は酸化漂白剤の中で最も酸化力の強い漂白剤で、被洗物の基質を傷めてしまうこともあり、通常、セルロース繊維やポリエステル繊維等を素材とする白物衣類にしか使用できない[1]
      塩素系漂白剤は酸と化学反応すると有害な塩素ガスを発生させる(後述)ほか、含窒素化合物と化学反応するとクロルアミンを生成して繊維を黄変させるため取り扱いに注意が必要である[5]
    • 酸素系漂白剤
      過炭酸ナトリウムを主成分とする酸素系漂白剤は染料の分解力も低く、ポリアミド繊維(ナイロン等)を素材とする衣類や色物の衣類にも使用できる[1]。希薄な過酸化水素水溶液を主成分とする酸素系漂白剤は絹や毛などのタンパク質繊維にも使用できる[1]
  • 還元漂白剤
    還元漂白剤は汚れの分解力は低いが、酸化作用による劣化(繊維の基質の黄ばみ等)を回復することができる漂白剤である[1]

塩素系および還元系は基本的に、白物にしか使えない。特に塩素系は、生地を傷めやすく、使っているうちに生地が薄くなっていく、または穴が空くなどの症状が出る。そのため衣類には通常、酸素系が使われる。酸素系は白物だけでなく色物にも問題なく使える。粉タイプと液体タイプがあるが、粉タイプの物は液体よりも強力で、それのみでもある程度洗浄力があるが、必ずお湯で溶かす必要がある。液体タイプの物は、お湯を使う必要はないが、洗剤を加える必要がある。

なお、衣類用洗剤には白さを強調する効果を持つ蛍光剤(蛍光増白剤)が添加されることがあるが、これは漂白剤ではない。

衣料用・台所用・住宅用の漂白剤の区分(日本の雑貨工業品品質表示規程の場合)[4]
系別 成分の種類
酸化剤 塩素系 次亜塩素酸ナトリウムジクロロイソシアヌル酸ナトリウム(又はカリウム)など
酸素系 過炭酸ナトリウム、過ほう酸ナトリウム、モノ過硫酸ナトリウム、過酸化水素など
還元剤 還元系 ハイドロサルファイト(クリーニング店などで業務用漂白剤として使用される)、二酸化チオ尿素(市販の還元型漂白剤の主成分として利用される)など

界面活性剤リン酸塩蛍光剤(蛍光増白剤)、酵素などを配合することもあり、日本の雑貨工業品品質表示規程ではこれらについて一定の配合があれば表示しなければならないとしている[4]

危険性[編集]

塩素系漂白剤は酸と化学反応すると有害な塩素ガスを発生させるため取り扱いに注意が必要である[5]。日本では雑貨工業品品質表示規程により塩素ガス発生試験(塩素系)において1.0ppm以上塩素ガスを発生するものについては、「まぜるな危険」や「塩素系」など「特別注意事項表示」と呼ばれる表示を規程に定められた色でかつ一定の大きさ以上の文字で表示しなければならないとしている[4]

次亜塩素酸を含む漂白剤を酸性の溶液中に存在させることが問題なので、同系統の漂白剤を混ぜても塩素は発生しない。注意を要する例としては、嘔吐物の付いた床などの消毒や嘔吐物の付着した衣服・シーツの漂白などのために、嘔吐物(を含む物体)に塩素系漂白剤や同等の成分を持つ消毒薬を塗布・散布すると、嘔吐物内の胃酸と漂白剤の反応により塩素ガスが発生する。

漂白剤は塩素系・酸素系とも酸化性物質として航空危険物に該当する。

衣料の取扱い絵表示[編集]

国際的な「ケアラベル・取扱い絵表示」(ISO 3758)では、すべての漂白剤による漂白が可能な場合は△記号、酸素系・非塩素系漂白のみ可(塩素漂白不可)の場合には△に斜線2本が入った記号、漂白剤による漂白ができない場合は▲に×印を重ねた記号が表示される[6]

家庭用漂白剤製造メーカー[編集]

ほとんどの洗剤メーカーが、製造・販売を行っている。

食品添加物[編集]

主な用途[編集]

食品添加物としての漂白剤は、食品中の天然色素、及び褐変物質を分解または変化させて脱色する目的で使用される。対象食品には、かんぴょうコンニャク粉、水飴寒天などがあり、それぞれ使用基準が設けられている[7]。還元性の漂白剤を用いると、空気中の酸素に反応して食品の色が元に戻ってしまうことが多い[7]

食品を漂白する目的は以下の2つである[7]

  • 本来白色であるべきだが変色してしまった食品を白くする
  • 着色の前に白くすることで、着色の仕上がりを良くする

主な物質[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 大矢勝『図解入門よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み』秀和システム、2011年、98頁
  2. ^ Oxford English Dictionary
  3. ^ 漂白剤(洗剤類の基礎知識)
  4. ^ a b c d 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  5. ^ a b 大矢勝『図解入門よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み』秀和システム、2011年、100頁
  6. ^ 『2011年版 くらしの豆知識』 独立行政法人国民生活センター、2010年、247頁
  7. ^ a b c 食品保健研究会(編) 1989, p. 213.