佐藤美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 美和子
名探偵コナン』のキャラクター
作者 青山剛昌
上野なつひ
湯屋敦子
詳細情報
職業 刑事
加盟 警視庁
肩書き 警部補
家族 佐藤正義(父)
恋人 高木渉
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

佐藤 美和子(さとう みわこ)は、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス名探偵コナン』の作品に登場する架空の人物である。

アニメでの声優湯屋敦子が担当する。ドラマでの俳優上野なつひが担当。

人物[編集]

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部補。捜査一課のアイドル的存在だが、狙撃・格闘技術共に作中有数である(後述)。誕生月は4月。年齢は28前後[1]、刑事歴は少なくとも4年以上とみられる[2]。一人称は「私」。二十世紀梨が大好物であり、嫌いな食べ物はないが、フランス料理を「肩が凝るようなお店で苦手」と発言したことがある。

父の佐藤正義は元捜査第一課強行犯捜査三係の警部だったが、物語開始の18年前に殉職している(その際、二階級特進により警視正となった)。入庁後、父の使用していた手錠をお守り代わりに持っている。マンションで一人暮らしだが[注 1]、母(声 - 秋元千賀子)が暮らす実家も都内であり、非番の日に帰ることも多い。その際には寝転びながらテレビを見ている姿を嘆いた母から、よく見合い話を持ち出される。一度、母の勧めで白鳥任三郎とお見合いしたことがあるが、本人はよそ見しながら足の指で適当に見合い写真をつまみあげた結果、偶然その写真の人物が白鳥だっただけで、一応見合いには行ったものの本人はまったく乗り気ではなかった。なお、少年探偵団が所属する帝丹小学校1年B組のクラス担任である小林澄子が眼鏡を外した姿は佐藤とそっくりの顔であり、そのことが白鳥が佐藤に惚れていた原因となっている。佐藤は小林の顔を見たときに「どこかで見たような顔」と言っており、自分と小林がそっくりであることに気付いていない。アニメでは両者の髪の色は違っており、佐藤は茶色に近い黒髪に対し、小林は青色に近い黒髪である[注 2]

勘は非常に鋭く、自ら推理をして事件の真相に迫ることもある。江戸川コナン毛利小五郎を眠らせて眠りの小五郎を演じた際には本当に寝ているのではないかと疑った佐藤が、小五郎の口をつねっている[注 3]。また、担当した事件の裏に黒の組織が関わっていたときも、裏で暗躍する存在には薄々感づいていた[4][注 4]。コナンの正体には気付いていないものの推理力は高く買っており、彼が事件の捜査に関与することにも比較的寛容である[注 5]。「高校生探偵」と騒がれる工藤新一と服部平次に関してはその能力に疑いを持っていたが、犯人を特定するまでの捜査の迅速ぶりを見た際には驚愕していた[6][注 6]

正義感と使命感が強い一方、激情に駆られやすい面もあり、同僚の仇である犯人を復讐心から射殺しかけたことがある[8]

劇場版には第4作『瞳の中の暗殺者』で初登場。同作では犯人の銃撃で重傷を負い、数日間意識不明となって生死をさまようが、エンディング前には無事に意識を取り戻したことが語られている。以降の劇場版では、第7作『迷宮の十字路』から後遺症も無く復帰して目暮警部たちと共に活躍し、劇場版でも警視庁の常連メンバーとしてほぼ毎年登場するようになる。

第1回キャラクター人気投票での順位は13位(21票)[要出典]

原作漫画において高木抜きでの登場は単行本第85巻現在、2回のみ。テレビアニメ版のオリジナルストーリーでも高木抜きでの登場は存在するが、僅少である。

連続ドラマでは目暮が登場しないため、彼の役割を兼ねている。

狙撃・格闘技術[編集]

原作とテレビアニメ版で発砲シーンが描かれている唯一の刑事[注 7]であり、劇場版では音楽ホール内にて十数メートル離れた隣のボックス席にいる犯人が手に持った携帯電話サイズの起爆装置を、狙撃用の追加装備も無しに使用拳銃のニューナンブM60の一撃で撃ち落とす[9]など、狙撃技術は相当に高い。なお、ニューナンブM60については当初は前期型、途中より後期型(最終型)を使用している。

格闘技も得意で、初登場時にはまだモブキャラクターだったものの早々に関節技を決める[10]など、それ以降も犯人を逮捕する際にはキレのある技を披露している。派手な格好した女性に変装しての囮捜査中[注 8]には、それに気付かずナンパしてきた柔道の達人でもある毛利小五郎を一撃で倒している。また、歩道橋から走行中のバスの屋根へ飛び降りた犯人を追いかけた際には自分も後続車の屋根へ飛び降りたうえ、さらに地上へ飛び降りた犯人を追って自分も飛び降りる[8]など、先述の狙撃も含めて洋画ばりのアクションシーンすら描かれている。

運転技術[編集]

の運転技術は非常に高く、事件遺族の少女を見舞うために走り屋の聖地・群馬県の冬名峠へ通い詰めた際、伝説のドライバー「銀白の魔女」として語り継がれていたことがあったが、本人はまったく知らない[12]。犯人を追跡する際には、父から受け継いだ黒[13][注 9]マツダ・RX-7(FD3S)[注 10]を、WRCのドライバーに負けず劣らずの技術で走らせるのが常である[注 11]ドリフト走行の際には悲鳴のような大声をあげる奇癖があり、それが前述の「魔女」の字の由来となっている。ただし、車についての知識は先述のRX-7の型式が「FD」ということすら知らないほど疎く、外車のことだと思っていたほどである。なお、テレビアニメ版ではキャリアカーを運転するシーンもあるなど、大型自動車免許も取得済みであることが描かれている[14]

対人関係[編集]

3年前に爆弾事件で殉職した同僚・松田陣平に想いを寄せていたが、同一犯によって起こった事件を解決することで吹っ切れた。その後は、以前から気になる存在であった高木渉と急接近し、現在は恋人同士である(詳細は高木渉 (名探偵コナン)#本庁の刑事恋物語を参照)。フラッシュバックで松田の最期を思い出すこともあるが、思い出を胸に秘めながらも高木との仲も進展している。非番の日にはよく同僚たちの目を盗んでデートをしており、当初はそのことをよく思わない捜査一課の男性総動員で張り込まれることもあった。仕事中でも、場合によってはたとえ犯人逮捕の直前でも2人だけの世界に入ってしまうことがある。

親友の宮本由美に誘われて数合わせの合コンに参加することもある[注 12]が、左手の薬指の意味[注 13]ホワイトデーを知らず、由美に言われて初めて存在そのものを知るに至るなど、男女交際に関する一般的知識に疎い傾向がある[注 14]

目暮十三警部には亡き父と姿を重ねており、父のように慕っている。

初恋の人物はルパン三世[15]。その後、ルパンと共演した際には銭形警部の指揮下に入り、ルパンの逮捕任務に燃えて一度は手錠をかけるが、その直後に銭形共々感電で焦がされるという、コミカルな返り討ちに遭っている[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現実(2018年現在)の独身警察官は、実家の所在に関係なく独身寮で暮らすことを義務付けられている[3]
  2. ^ ただし、小林も初登場時の髪の色は茶色に近い黒髪だった。
  3. ^ そのため、コナンは佐藤の前では、なるべく眠りの小五郎を控えるように心がけている。
  4. ^ ただし、黒の組織の正体は一切知らない。原作およびテレビシリーズ本編にも、現時点では暗躍する組織の存在を疑う描写はない。
  5. ^ コナンの推理段階での情報による検問要請を引き受けたり[5]、コナンの推理をもとに捜査員を動かしたこともあった。
  6. ^ アニメの該当エピソード(523話「本当に聞きたいコト」)では、既に2002年のOVA第2作『16人の容疑者!?』にて平次とは面識があったので、疑う素振りは見せず、新一と平次の共同推理に驚くだけであった。ドラマ版では、新一が高校生探偵として初めて解決した事件[7]で彼と出会い、その後は捜査協力を要請しているなど、探偵能力を認めている。
  7. ^ 劇場版も含めると、『14番目の標的』では刑事時代の小五郎に、『絶海の探偵』では大阪府警の大滝警部にそれぞれ発砲シーンがある。
  8. ^ 張り込み中の服は由美の知人に借りているが、軽く見えるようでよくナンパされる。美和子本人にしてみれば刑事に見えなければ良いのだが、苗子からも「ビッチ感が漂っている」と言われている[11]
  9. ^ 元は白だったが、霧の多い冬名峠に通っていた際に霧の中で周りから気付かれにくいため、色を変えた。なお、テレビアニメ版では黒ではなく赤となっている。
  10. ^ フロントエンブレムが1998年の変更前のCIマークで、丸目テールランプのためにIV型と思われるが、リアスポイラーはIII型以前のものとなっているなど、真相は不明。なお、このCIマークにより犯人の絞り込みに成功したエピソードもある[要出典]
  11. ^ 劇場版『紺碧の棺』では、冒頭で犯人を追跡する際にその技術を披露している。
  12. ^ その影響で、警視庁以外の男性陣にも佐藤のファンがいる。
  13. ^ 由美が「これをしていると悪い虫が寄り付かなくなる」と言って左手の薬指にシルバーターコイズの指輪をしていたとき、本人は文字通り虫除けだと思い込んで便乗し、同じ指輪を身につけていた。高木から指輪を贈られた後も、その意味を理解していない。
  14. ^ 本人曰く、高木と接近する以前にも松田刑事を含めて複数の片思い経験があったらしく、恋愛経験そのものが皆無だったわけではない。

出典[編集]

  1. ^ 『コナンドリル―オフィシャルブック』 少年サンデー特別編集プロジェクト(編)、小学館2003年5月[要ページ番号]全国書誌番号:20410712ISBN 978-4091794024OCLC 675320813ASIN 4091794025
  2. ^ 単行本第63巻での発言より[要ページ番号]
  3. ^ 寮(単身)生活について 平成30年度 警視庁採用サイト
  4. ^ 劇場版『漆黒の追跡者』。
  5. ^ 単行本32巻File8「ライオンの落とし物」 - File10「バカな作戦」(アニメ258話 - 259話「シカゴから来た男」)。
  6. ^ 単行本62巻File.11「ホントに聞きたいコト」 - 63巻File.2「推理の答え」(アニメ523話「本当に聞きたいコト」)。
  7. ^ 単行本第21巻File4「最初の挨拶」 - File7「胸に秘めて…」(テレビアニメ版第162話「空飛ぶ密室 工藤新一最初の事件」)。
  8. ^ a b 単行本第36巻File8「帰らざる刑事」 - 第37巻File1「バイバイ…」(テレビアニメ版第304話「揺れる警視庁 1200万人の人質」。
  9. ^ 劇場版『戦慄の楽譜』。
  10. ^ 単行本第19巻File9「狙われたボール」 - 第20巻File1「遠くからの眼」(テレビアニメ版第130話 - 第131話「競技場無差別脅迫事件」)。
  11. ^ 単行本第95巻File10「同い年なのに」
  12. ^ 単行本第63巻File9「銀白の魔女」 - File11「魔女の正体」(テレビアニメ版第545話 - 第546話「霧にむせぶ魔女」)。
  13. ^ サンデー公式ガイド『名探偵コナン70+PLUS』(小学館、2014年7月)[要ページ番号]
  14. ^ テレビアニメ版第471話「レンタカー制御不能!」(アニメオリジナル)。
  15. ^ 劇場版『紺碧の棺』。
  16. ^ 劇場版『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』。

外部リンク[編集]