ホワイトデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイトデーのケーキ

ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディマシュマロホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされる。日付は3月14日。ただし、近年(2000年代以降)の日本では友チョコや自分チョコなどバレンタインデー文化が多様化してきていることから、ホワイトデーにも友チョコのお返しが行われるなど多様化が見られる。

ホワイトデーの習慣は日本で生まれ、中国台湾韓国など東アジアの一部でも定着している。欧米ではこういった習慣は見られない。

歴史[編集]

日本でバレンタインデーが定着するに従って、菓子業界でそれにお返しをする日を作ってはどうかという案が出された。これを受けた菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に独自の日を定め、ビスケットやマシュマロ、キャンディ等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。

日本におけるホワイトデーの元祖については諸説あり、ホワイトデーの時期になると各陣がそれぞれが元祖だと広報している。

全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は1978年(昭和53年)に「キャンディを贈る日」としてホワイトデーを制定し、2年後の1980年(昭和55年)よりイベントキャンペーンをスタートさせた。ホワイトデーを3月14日に定めた理由は、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教したが、その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われることに由来しているとされる。全飴協はその後、ホワイトデーを「キャンディの日」とも称している。

また、銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が1977年(昭和52年)のこの日に、「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とチョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出すと決め、翌年の3月14日から売り出し始めた[1][2]、その後、クッキーやキャンディなどをこの日に発売する菓子店が続出したという。

記録として残っている元祖は、1973年(昭和48年)に不二家エイワが協力し、チョコレートのお返しにキャンディやマシュマロを贈ろうと『メルシーバレンタイン』キャンペーンを開催したとする新聞記事がある(読売新聞)。同記事では、“ホワイト)には「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味がある”ということで、バレンタインデーのちょうど1ヶ月後にホワイトデーを設定したことも伝えている。

近年ではデパートなどで食品以外の贈り物などの販売促進も行われており、菓子業界では駅やデパートでの手焼きクッキーなどの販売も売り上げを伸ばしている。

ホワイトデーに関する動き[編集]

返礼
ホワイトデーでバレンタインデーの返礼をする事がある。コミックシーモアが2016年2月に調べたアンケートによると、20代から30代の女性が希望するホワイトデーの返礼の金額は、最頻値は「500円未満」の27%、次いで「500円~1,000円未満」の24%であった。[3]。ブライダルジュエリー専門店の銀座ダイヤモンドシライシが2016年2月に調べたアンケートによると、20歳から35歳の男性が、好きな人(本命)へホワイトデーの返礼をする時の平均予算は、最頻値は「500円から1000円未満」の22.0%、次いで「1,000円~2,000円未満」の21.2%であった。また、33.6%の男性が、「貰ったものの金額よりやや多くお返しする」と回答し、次いで28.0%が「同額程度」、次いで14.4%が「お返ししない」と回答した[4][5]。阪神百貨店梅田本店が2016年1月に調べたアンケートによると、45%の女性がホワイトデーの返礼にがっかり「がっかりした」と回答した。また85%の女性が、事前に好みを調べてほしいと回答した[6]。また、同じアンケートによると、男性が返礼するときの予算は、最頻値は「もらった額と同等」の33%、次いで「2倍」の27%、次いで「1.5倍」の25%であった。そして、「女性の好みをリサーチする」と回答した男性は49%であった[7]
シャンパン業界の展開
九州を中心としたバーテンダーソムリエ、飲食業界、酒類取り扱い業などの間で、“「シュワシュワのお返し」と題してホワイトデーにはシャンパン(シャンパーニュ)を贈ろう”という活動が展開されている。男性が女性に対してお菓子を贈るよりも飲食に誘うほうが自然な流れで普及しやすいのではないか、ということから始まった活動で、主に九州のバーテンダーが中心となって活動しているとされる。[要出典]

日本以外のホワイトデー[編集]

日本の影響で、韓国、台湾、中国の一部でもホワイトデーが行われている。中国語では「白色情人節」と表記する。台湾での贈り物は様々である。

出典[編集]

  1. ^ 「お返しにマシュマロ=嫌い」はウソ? ホワイトデー発祥の店が反論 with news 2016年3月15日閲覧
  2. ^ WD誕生秘話 石村萬盛堂webサイト 2016年3月15日閲覧
  3. ^ “~コミックシーモア調査レポートVol.4~意外に堅実!?マンガ好き女子のホワイトデー恋愛事情!約半数がホワイトデーのお返し『1,000円未満』希望!?” (プレスリリース), エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社, (2016年3月9日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000136.000009284.html 2016年3月14日閲覧。 
  4. ^ “もうすぐホワイトデー!【予算は「貰ったものの金額よりやや多くお返しする」という結果に。】【新生活&出会いの季節。春に出会いを期待する場所ランキング!1位は「会社」】” (プレスリリース), 株式会社シーマ, (2016年3月8日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000007438.html 2016年3月14日閲覧。 
  5. ^ ホワイトデー 見せる女子、作る男子…調査に見るトレンド 毎日新聞 2016年3月15日閲覧
  6. ^ ホワイトデー、女性の半数「がっかり」 百貨店意識調査 産経新聞WEST 2016年3月15日閲覧
  7. ^ 「義理チョコのお返し女性の半数『がっかり』」『静岡新聞』2016年3月11日付朝刊、第B版、第29面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]