南海キャンディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南海キャンディーズ
NANKAI CANDIES
メンバー 山里亮太(山ちゃん)
山崎静代(しずちゃん)
別名 南キャン、南海
結成年 2003年
事務所 吉本興業
活動時期 2003年 -
出身 NSC大阪校22期(山里)
ABCお笑い新人グランプリ(山崎)
出会い 山里からの勧誘
旧コンビ名 山崎・山里
すずらん
南海ホークス
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
ネタ作成者 山里亮太
現在の代表番組 プレミアMelodiX!
過去の代表番組 笑っていいとも!
落下女
南パラZ!
Qさま
おはスタなど
同期 キングコングオードリー(山里)
アンガールズ(山崎)
公式サイト プロフィール
受賞歴
2004年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2004年 M-1グランプリ準優勝
2005年 上方漫才大賞優秀新人賞
2005年 ゴールデン・アロー賞新人賞
テンプレートを表示

南海キャンディーズ(なんかいキャンディーズ)は、吉本興業東京本社(東京吉本)に所属する漫才コンビ。略称は南キャン南海

メンバー[編集]

来歴[編集]

2003年にコンビ結成。M-1グランプリ2003に初出場し、準決勝進出。2004年大会では決勝に進出し、当時としては最速の結成1年目、男女コンビで初の決勝進出となり、番組のキャッチフレーズは「初物尽くし」だった[1]。ファーストラウンドを2位通過し、最終決戦に進出。中田カウスから1票を得て、準優勝となる(優勝はアンタッチャブル)。2005年大会も決勝に進出したが最下位(9位)[2]となった。敗因は山里曰く「稽古不足」[3]2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった[4]。山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している[3]

7年振りに出場したM-1グランプリ2016年大会では準決勝敗退に終わった。因みに準決勝では時間切れによる強制終了という不本意な形で終わってしまった。また、山里は自身のTwitterにて、仕事の都合で敗者復活戦には出場しない事を明かした[5][6]

2017年、M-1グランプリ2017年大会に出場するも、前年同様、準決勝敗退に終わった。結果が発表された数時間後に放送された『山里亮太の不毛な議論』では、打ち上げに行っていた山崎が急遽呼び出され、ゲストとして生出演。二人で反省会を行った後、2018年2月に初の単独ライブを行なうことを発表した[7]

芸風・エピソード[編集]

  • 下積み時代に、山里の素行が原因で前説に呼ばれず、数えるほどしか経験しなかった[8]
  • コンビでの単独ライブは結成以来、一度も行われていなかったが、2017年11月16日に放送された山里のラジオ『山里亮太の不毛な議論』にて、2018年2月16日・17日に東京グローブ座にて、初の単独ライブ「不毛な議論 presents 南海キャンディーズ初単独ライブ『他力本願』」を開催することを発表。予定通り催された[9]

逸話[編集]

  • 山里が山崎を誘う形でコンビを結成したが、結成後しばらくは「山崎から山里を誘った」と公言していた。これは、山崎の前の相方である二宮が、非常に野球がうまく(大リーグのトライアウトの受験経験がある)、そのせいもあって芸人の先輩から非常にかわいがられており、そんな二宮の相方を山里が奪ったとなれば、先輩からの風当たりが強くなり大阪で芸人ができなくなると恐れた山里が、「しずちゃんから誘ったことにして欲しい」と山崎に頼んだからである[10]

受賞歴[編集]

出囃子[編集]

葉加瀬太郎 with 小松亮太情熱大陸

出演[編集]

コンビとしての出演作品を記載。単独出演作品は山里亮太#出演山崎静代#出演を参照。

レギュラー[編集]

過去に出演した番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

その他[編集]

  • ゆず「リボン」(2006年)8曲目「チェリートレイン」に参加
  • 子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち(2006年)映画『子ぎつねヘレン』の外伝的ショートムービー集、「バー・きたきつね」に出演

DVD[編集]

  • バトルオワライヤル(YOSHIMOTO WORKS)山里のみ
  • ダイナマイト関西2006 〜オープントーナメント大会〜(R and C、2006年12月6日)特典映像のみ
  • 南海キャンディーズ初単独ライブ「他力本願」(よしもとミュージックエンタテインメント、2018年4月11日)

連載雑誌[編集]

  • クールトランス「南海キャンディーズのMr.キャンディー」(ワニブックス
  • ぴあ関西版「魂のランググルメ」(ぴあ)隔週木曜日
  • 「南海キャンディーズ・山ちゃんのねぇ、ちょっと聞いてよ」(日刊スポーツ)毎週水曜日、山里のみ
  • 関西ウォーカー「マルバレ」(角川書店)隔週火曜日、山崎のみ
  • 週刊プレイボーイ「南海キャンディーズの2時間だけのトリオ」(集英社

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 結成1年目での決勝進出は南海キャンディーズと変ホ長調の2組のみである。
  2. ^ 松本人志以外の6人の審査員から最低得点を付けられた。
  3. ^ a b 「M-1完全読本2001-2010」のインタビュー
  4. ^ 審査員のオール巨人、中田カウスからは最下位(9位)となったハリセンボンよりも1点低い「84点」、「88点」を付けられた一方で、東国原英夫からは優勝したパンクブーブーよりも1点高い「89点」を付けられ、審査員の間でも大きく評価が分かれた。
  5. ^ M-1グランプリ決勝進出組が発表 南海キャンディーズ、無念の敗退…。
  6. ^ 2016年11月20日の山里によるツイート
  7. ^ 南海キャンディーズの初単独ライブ 「他力本願」 開催決定、リスナーからネタ募集”. お笑いナタリー (2017年11月23日). 2018年5月27日閲覧。
  8. ^ 山里亮太の不毛な議論. 2011年6月29日放送.
  9. ^ “南海キャンディーズ、結成15年で初単独ライブ 漫才・コントで見せたコンビの将来”. ORICON NEWS. (2018年2月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2105855/full/ 2018年3月24日閲覧。 
  10. ^ ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』2012年9月22日
  11. ^ “南キャン山里が結婚後初CM 「もう、一人のからだやない!」相方・しずちゃんの言葉に感激”. ORICON. (2019年7月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2139764/full/ 2019年7月11日閲覧。 
  12. ^ [https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021913.html “~南海キャンディーズが、久しぶりに二人揃って広告キャラクターに!!~ 南天のど飴とコラボレーション、”南天”キャンディーズに!!� 新感覚CM動画『南天キャンディーズの痛快通販』公開”]. PR TIMES. (2016年10月11日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021913.html 2016年10月11日閲覧。 

外部リンク[編集]