神々の山嶺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神々の山嶺』(かみがみのいただき)は、夢枕獏による小説。『小説すばる』にて1994年7月から1997年6月号まで連載され、1997年8月に集英社により上下巻が刊行された。のちに文庫化。角川文庫より一巻本で文庫化(映画化タイトルにあわせ『エヴェレスト 神々の山嶺』に改題)。第11回平成10年度柴田錬三郎賞受賞。

登山家である羽生丈二が、前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む姿を描く。ストーリーにジョージ・マロリーはエベレストに登頂したのか?という実際の登山界の謎を絡めており、その謎に答えを出しているが、内容はフィクションである。

なお登山者向け雑誌『岳人』(ネイチュアエンタープライズ)では2014年9月号より夢枕による『「神々の山嶺」創作ノート』を連載中。

またこの小説を原作とした漫画作品が谷口ジロー作画で『ビジネスジャンプ』(集英社)に2000年から2003年まで連載された。単行本全5巻。この作品は2001年に第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞を受賞した。

2016年には映画化されている。

スピンオフ作品として長谷常雄が主人公の『呼ぶ山』があり、夢枕獏山岳短篇集の表題になっている。『グランドジャンプPREMIUM』2016年3月号には猿渡哲也の作画で漫画化もされた。

あらすじ[編集]

メンバー全員が45歳以上で構成される中年のエベレスト登山隊は二人の滑落死者を出し失敗に終わる。遠征に参加したカメラマンの深町は帰国する隊員と別れ、あてどなくカトマンズの街を彷徨う中、ふと立ち寄った古道具屋の店先で年代物のカメラを目にする。エベレスト登山史上最大の謎とされているジョージ・マロリーの遺品と見た深町は即座に購入するが、カメラは宿泊先のホテルから盗まれてしまう。カメラの行方を追ううちに、ビカール・サン(毒蛇)と呼ばれる日本人から盗まれた故売品であることが判明するが、故買商からカメラを取り戻すために深町の前に姿を現したビカール・サンはかつて日本国内で数々の登攀記録を打ち立てながら、ヒマラヤ遠征で事件を起こし姿を消した羽生丈二その人であった。

帰国後に羽生の足取りを追った深町は、羽生が登山家としては既に峠を越した年齢でありながら、エベレストの最難関ルートである南西壁の冬季単独登攀を目論み、その最中にカメラを発見したことを察知する。恋人との生活も破綻し、目標を見失いかけていた深町は羽生の熱気に当てられるようにカメラの謎と羽生を追い始める。

登場人物[編集]

羽生 丈二(はぶ じょうじ)
クライマー。岩壁登攀に天賦の才を持ち、谷川岳一ノ倉沢の鬼スラを始め、国内の数々の難所を攻略するが、知名度不足のため資金難で、海外遠征できずにいた。協調性がなく、あまりにも登山を優先させるその生き様に、ザイルパートナーは長続きせず、弟子の岸文太郎を事故で失ってからは単独登攀を好むようになっていく。1979年グランドジョラス冬季単独登攀中に滑落して負傷するも、驚異的な精神力と体力で生還する。その経験を買われ、1984年の冬季エベレスト登山隊に参加するが、第1次アタック隊に参加出来ないことを不満に下山、失踪する。その後ネパールに不法滞在し、シェルパとして働きながらエベレストの冬季単独登攀を計画していた。その間にマロリーの遺体とカメラを発見しており、これが深町と縁を結ぶきっかけとなる。エピソードモデルは森田勝
深町 誠(ふかまち まこと)
クライマー兼カメラマン。1993年のエベレスト遠征で仲間を失い、カトマンズに滞在中に故買屋でマロリーのヴェストポケット・オートグラフィック・コダック・スペシャルを入手したことがきっかけで羽生丈二を追いかけることとなる。
アン・ツェリン
エベレスト登頂2回の経験を持つベテランのシェルパ。羽生に命を救われて以来、ネパールで羽生を支援してきた。
長谷 常雄(はせ つねお)
羽生より3歳若い天才クライマー。羽生に先駆けて鬼スラや海外の高峰を単独登攀するライバルだったが、1985年のK2無酸素単独登山で雪崩に巻き込まれて死亡する。エピソードモデルは長谷川恒男
岸 涼子(きし りょうこ)
岸文太郎の妹で羽生の恋人。羽生失踪後も待ち続け、ついにはネパールに探しに行くこととなる。
岸 文太郎(きし ぶんたろう)
あまりの強烈な個性に孤立していた羽生を慕って山岳会に入会した青年。クライミング中に墜落死し羽生がいっそう孤立する原因となった。
宮川(みやかわ)
アウトドア雑誌の副編集長を務める編集者。羽生とカメラの謎を追う深町に協力し様々な支援を行う。
ジョージ・マロリー
実在人物。1924年のイギリス第3次エベレスト遠征隊でアンドリュー・アーヴィンと頂上にアタックしたが遭難。登頂したかが謎となっていた。本作でその遺体とカメラのフィルムが発見され、謎も解明されるが、これはフィクションである。実際には英米合同調査隊によって遺体は発見されたが、カメラとフィルムは未だ発見されていない。
ナラダール・ラゼンドラ
かつてはグルカ兵の部隊長でビクトリア勲章を授与されたほどの兵士だったが、現在はカトマンズで故買品を扱う商人。カメラをきっかけに深町や羽生と深くかかわってゆく。
井上真紀夫(いのうえ まきお)
羽生と同じく、実力はありながら経済的に恵まれていなかったクライマー。羽生の熱意に押され難度の高い「冬季鬼スラ」の初登攀に成功するが、その後自己中心的な羽生と決別した。会社員となり先鋭登山から引退するが、羽生が現役を貫くことを確信していた。エピソードモデルは岩沢英太郎

漫画[編集]

谷口ジロー:作画による漫画版は、2000年~2003年、雑誌「ビジネスジャンプ」(集英社刊)に約3年間にわたって連載された。

単行本コミックも、集英社から【愛蔵版】上・中・下 全3巻が刊行されている。

また、集英社文庫・コミック版と、【BUSINESS JUMP愛蔵版】も全5巻で発売されている。

ほぼ原作通りの漫画化だが、所々に谷口ジローのオリジナルの部分が含まれる。

(一例)深町が登攀の途中、アイスフォールの中で助走をつけて、クレバスを飛び越えるシーンは、原作には無い。

(ラスト)雑誌連載の最後1回分は、谷口ジローのオリジナルであり、これも原作には無い。

2001年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門「優秀賞」を受賞。

映画[編集]

エヴェレスト 神々の山嶺
監督 平山秀幸
脚本 加藤正人
原作 夢枕獏「神々の山嶺」
出演者 岡田准一
阿部寛
尾野真千子
音楽 加古隆
主題歌 イル・ディーヴォ「喜びのシンフォニー」
撮影 北信康
編集 洲崎千恵子
制作会社 KADOKAWA
角川大映スタジオ
製作会社 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会
配給 東宝
アスミック・エース
公開 日本の旗 2016年3月12日
上映時間 122分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12億6000万円[1]
テンプレートを表示

エヴェレスト 神々の山嶺』(エヴェレスト かみがみのいただき)のタイトルで平山秀幸の監督により実写映画化され、2016年3月12日公開。配給は東宝アスミック・エース[2]。主演は岡田准一[3]

2015年3月、ネパールでクランクイン。エベレストベースキャンプ付近の標高5200mでのロケを含め[4]、4月上旬にかけて同地で撮影が行われた[5]。直後の4月25日にネパール地震が発生し、エヴェレストでも大規模な雪崩が発生した[6]。映画では同地震で甚大な被害を受けたカトマンドゥの被災前の様子も映像に収められている[7]。6月にクランクアップ[8]

2016年3月8日にはネパール大地震復興支援チャリティー試写会が行われ、皇太子徳仁親王一家が出席した。一家揃っての映画の鑑賞は2009年の『HACHI 約束の犬』以来、約7年ぶり[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2016年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2016年7月25日). 2016年9月11日閲覧。
  2. ^ 夢枕獏の山岳小説が映画化!「エヴェレスト 神々の山嶺」メガホンは平山秀幸監督”. 映画.com (2014年6月20日). 2014年12月21日閲覧。
  3. ^ a b c d 岡田准一、エヴェレストに挑戦! 夢枕獏「神々の山嶺」映画化で主演”. cinemacafe.net (2015年2月19日). 2015年2月19日閲覧。
  4. ^ 岡田准一、標高5千メートル超! エヴェレストでの撮影で「価値観変わった!」 シネマカフェ cinemacafe.net 2015年12月14日
  5. ^ ネパール大地震に関して - Facebook
  6. ^ Charlotte Alfred (2015年4月27日). “エベレストで大規模な雪崩 戦慄の現場を捉えた【ネパール大地震】”. The Huffington Post (ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社). http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/26/mount-everest-avalanche-photos_n_7148504.html 2016年3月9日閲覧。 
  7. ^ “岡田准一VS阿部寛! 標高5千メートル超で命懸けの意地の張り合い”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年12月14日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/14/36408.html 2016年3月9日閲覧。 
  8. ^ 世界最高峰で撮影を敢行した、感動のスペクタクル超大作「エヴェレスト 神々の山嶺(かみがみのいただき)」製作報告会見”. 東宝 (2015年12月14日). 2016年3月9日閲覧。
  9. ^ “岡田准一、感激 皇太子ご一家が主演映画観賞 ネパール大地震復興チャリティー”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2068180/full/ 2016年3月9日閲覧。 
  10. ^ a b c d 岡田准一×阿部寛共演作「エヴェレスト」ピエール瀧、佐々木蔵之介らの参戦決定!”. 映画.com (2015年9月19日). 2015年10月26日閲覧。
  11. ^ “岡田准一主演作『エヴェレスト 神々の山嶺』のキャスト&ティザービジュアルが解禁!”. ぴあ映画生活 (ぴあ株式会社). (2015年9月19日). http://cinema.pia.co.jp/news/165592/64205/ 2016年3月9日閲覧。 
  12. ^ “岡田准一&阿部寛がエベレストに挑む『神々の山嶺』予告編!主題歌はイル・ディーヴォ”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年12月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078627 2016年3月9日閲覧。 
  13. ^ “平成27年度文化芸術振興費補助金による助成対象活動の決定について” (PDF) (プレスリリース), 独立行政法人 日本芸術文化振興会, (2015年4月10日), http://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/kikin/joho/h27/kouhyou_270410.pdf 2015年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]