学校の怪談 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

学校の怪談』(がっこうのかいだん)は、日本の映画シリーズ。常光徹の小説『学校の怪談』(講談社)及び日本民話の会のコミック『学校の怪談シリーズ』(ポプラ社)が原作だが、内容はほぼオリジナルである。

概要[編集]

田舎の学校で起こる怪奇現象、いわゆる学校の怪談を題材とした作品。怪談ものではあるが、ホラーというよりはファンタジー要素が含まれた冒険ジュブナイルものといった子供向けを意識した趣きとなっている。また、ノスタルジックな雰囲気を持たせたことにより大人層からの人気も獲得している[1]

各作品毎の世界観の繋がりはほとんどない。主演では野村宏伸西田尚美前田亜季米澤史織が2つ以上の作品に出演しているが、いずれも役柄は異なる。さらに黒木瞳津川雅彦岸田今日子などの大物が脇役で出演している。また、建て替えが進む古い木造校舎の映像記録としても貴重な存在である。夏公開の怪談映画であるが、1作目は夏、2作目は春、3作目は秋、4作目は夏と季節は統一されていない[2]

2004年に全4作とメイキングなどの特典映像を収録したDVD5枚と4作品のパンフレットを縮小した冊子4冊を収納したランドセル型のDVD-BOXが発売された。2015年には東宝名作セレクションとして4作品がそれぞれ発売された(収録内容はDVD-BOXのものと同じ)。

『学校の怪談』(1995年)[編集]

学校の怪談
監督 平山秀幸
脚本 奥寺佐渡子
出演者 野村宏伸
音楽 Fuji-Yama諸藤彰彦
山崎茂之
撮影 柴崎幸三
編集 川島章正
製作会社 東宝サンダンスカンパニー
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年7月8日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億円[3]
(1995年度邦画4位)
次作 学校の怪談2
テンプレートを表示

当時小学生の間で広がっていた学校の怪談ブームを受けて製作された。SFXはデジタル合成などの最新技術を最小限に抑え、手作り感のある映像を目指し造られた[4]

1995年度日本アカデミー賞では脚本賞と美術賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

夏休みを翌日に控えた、一学期終業式の日の夕方。小学2年生の美夏は、忘れた絵の具箱を取りに学校に戻っていた。するとそこで美夏は、サッカーボールが自分を導くように旧校舎へと転がっていく不思議な光景を目撃する。旧校舎は取り壊しが決まって立ち入り禁止になっていたが、お化けが出ると子供たちの間で噂になっていた。しかし、美夏はボールにつられて中へと入ってしまい、そしてトイレの中で何者かに襲われてしまう……。
美香を心配した、5年生で姉の亜樹は、一人学校を訪れ、何者かに吸い寄せられるようにやはり旧校舎へと入っていく。そこにいたのは、イタズラしようと忍び込んでいた同級生の研輔と将太、4年生で双子の兄の均、そして6年生の香織だった。転校してきたばかりで、同級生となじめていなかった亜樹は、研輔達と衝突し、単独で妹を探しにいく。
しかしやがて、5人は自分たちが旧校舎から出られなくなっていることに気づく。そして、5人の前に、ただの噂だったはずのお化けが現れた!

キャスト[編集]

亜樹、研輔、将太の担任(5年3組)を務める、どこか頼りない先生。28歳。
子供の頃は、ぜんそくの発作をよく起こしたらしい。由美子とは昔の同級生で、クマヒゲとも面識があった。
当初の設定では2にも登場する予定だった。
5年生。つい最近、東京から転校してきた。愛想がなく、強気な性格が災いしてクラスになじめないでいる。行方不明になった妹の美夏を探して、旧校舎に入る。ポプラ社版小説では妹の美夏と共に未登場である。
2年生。亜樹の妹。亜樹とは対照的な、明るく人懐っこい性格。忘れ物を取りに学校へ戻ったところ、お化けに誘われるようにして旧校舎に迷い込む。ずっと気絶していたため、事件中の登場は少ない。
5年生。クラスメートの亜樹とは仲が悪い。ガキ大将タイプ。よくイタズラをしていて、イタズラ道具を探しに旧校舎に入ったことから、事件に巻き込まれる。集英社版小説では、亜樹に対する態度は好意の裏返しであり、事件を通じて2人は惹かれあうようになる。
5年生。研輔と仲が良く、行動を共にしている。亜樹に対しては冷淡に接するが、性根は気さくで心優しい。旧校舎で出会った香織に一目惚れする(ポプラ社版小説では一目ぼれするのは均になっている)。
4年生。双子の兄。自宅はコンビニエンスストアを経営している。気が弱く、クラスでは「ゲロ兄」と呼ばれている。悪霊を封じる魔法陣を使おうとしていたところを、事件に巻き込まれる。
本人は自覚していないが実は超能力の持ち主で、鏡を使って双子の弟の一とテレパシーで会話できる場合がある。
集英社版小説では名前が善男になっている。
4年生。双子の弟で、不登校。かつて、兄が「ゲロ兄」と呼ばれるきっかけを作ってしまった。兄と同じく超能力の持ち主で、霊感が強い。均からテレパシーで事件解決のヒントを得て、一人校舎外で奮闘する。
演じた町田兄弟は、実際は一(弟)役の昇平が兄で、均(兄)役の耕平が弟である。
集英社版小説では名前が光男になっている。ポプラ社版小説では未登場である。
6年生。亜樹が旧校舎の中で出会った女子で、不思議な雰囲気の少女。
用務員。「廊下を走るな」「物を散らかすな」など、よく愚痴をこぼしている。校内美化や公序良俗に厳しい。伸一が小学生の頃からの顔見知りだが、その頃と同じ姿をしており、言動や挙動もどことなく怪しい。
研輔の母で未亡人。ヤンキーたちのリーダーで、伸一とは昔の同級生。ポプラ社版小説では未登場である。

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

「こんどの夏休みに、出ます」
「ウワサがホントになりました」

ロケーション[編集]

受賞歴[編集]

『学校の怪談2』(1996年)[編集]

学校の怪談2
監督 平山秀幸
脚本 奥寺佐渡子
出演者 野村宏伸
岸田今日子
音楽 寺嶋民哉
撮影 柴崎幸三
編集 川島章正
製作会社 東宝、サンダンスカンパニー
配給 東宝
公開 日本の旗 1996年7月20日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 16億円[5]
(1996年度邦画2位)
前作 学校の怪談
次作 学校の怪談3
テンプレートを表示

前作と同じスタッフにより製作された。

前作同様手作り感のある映像を目指している一方で、カナダ・エイリアス社のCG作成ソフト「パワーアニメーター」を発売前に導入し、これを使用するワークステーションとして当時最大の処理速度を持っていたIndigo2を使用するなど、前作では最小限に抑えられたCGを積極的に導入している[6]。妖怪の造形担当に立体物を製作させてからそのデータをコンピュータに正確に入力するという手間のかかる手法をとることで、CGであっても手作り感を表現している[6]

岸田今日子は本作および『八つ墓村』で1996年度ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

30年前の4月4日4時44分。南小学校で、当時の校長先生が何者かに首をもぎ取られて死んだ。それからというもの、4月4日4時44分には、誰もあの学校には近寄らない……。
小学校の隣の寺で、真行和尚はそのような話を、肝試しをする子ども達に話して聞かせた。彼らは、塾の春休み集中合宿のために都会からきた子ども達と、集められた地元の子ども達だ。塾の講師の理香はこの村の出身であり、合宿がてら自分の故郷に生徒達を連れてきて、自分の弟・司を含めた地元の子ども達とふれあいをさせようとしていたのだった。しかし彼らは結局、合宿の最終日である今日まで仲たがいしたまま、4月4日の肝試しを迎えていた。
そして夕方、肝試しが始まろうとしていた。しかし、その直前に理香が指名手配されている寺泥棒の浅野と遭遇、肝試しは中止になってしまう。準備やすでに出発をしていた数名の子供たちを除いて……。その頃、塾の生徒の憲が、何者かに引き寄せられるように学校の時計台に登ってしまい、そこで時計の歯車にスニーカーを挟まれる。時計は故障してしまい、何と4時44分で止まってしまった。すると謎の赤い服の少女が現れ、突然暗雲があたりに立ち込め、憲を含む数名の子供たちと逃げてきた浅野は学校に閉じ込められてしまう。
そして、30年前、校長先生が殺されたときに校舎内をうろついていた、不気味な茶汲み人形が姿を現し、それに誘われるかのようにお化けたちも出現し暴れだした……。

キャスト[編集]

寺や神社をよく狙う泥棒で、指名手配の肖像[7]が出回っている。逃走中に地下通路から学校の校長室に辿りついたことから、事件に巻き込まれる。子供たちに対しては、4月からの新任教師として取り繕う。何故か笛でしか話さない憲の言葉を理解できる。学校でも盗みをしようとしており、それを(知らないうちに)邪魔をする子供たちに対して冷淡に接するが、根っからの悪人という訳ではなく、司と憲の「時計台の扉を開けてほしい」という頼みを(一時的とはいえ)引き受けたり、子供たちに脅される形で直弥となな子の救助に行ったが、いざその2人に気づくと、途中で見つけた盗んだ衝立を崩れた瓦礫から掘り起こす作業をやめて、崩れてきた瓦礫から身を挺して2人を庇う一面を見せている。
小説版では未登場。また、コミカライズ版では、未登場の理香の職業(塾の先生)を勤めており、1作目の小向伸一の雰囲気が強く出ている(1作目はコミカライズされていない)。
10歳。東京からやってきた理香の教え子。肝試しの準備係として他の子供たちに先行して校舎にいたため、事件に巻き込まれる。母親が国際線のスチュワーデスで家を留守にすることが多いため幼い頃から自立心が強く、また、頭の回転も速いため[8]、塾の多くの女子生徒に好意を寄せられているのだが、人を寄せ付けない雰囲気を纏っており、一匹狼な性格。一方で自分に付いてきた幼馴染のなな子を心配し、わき目も振らず必死に行動する一面もある[9]。浅野の正体に最初に気づいた。
小説版では、事件発生に憲と共に妖怪に襲われるが直弥の機転で無事でおり(描写上は共に行方不明)、全員合流後はリーダーを務めている。
9歳。東京からやってきた理香の教え子。幼馴染の直弥に思いを寄せているおさげ髪の内気な少女。一方で行方不明の直弥のことが心配で(理香と和尚の後をこっそり追う形とはいえ)夜中に一人で探しに出る大胆な一面もある。相手が自分の思い通りの行動をしないと「○○しないと〜〜しちゃうぞ」という支離滅裂な内容でまくしたてる癖がある。
学校に閉じ込められたメンバーの中では、一番最後に合流し[10]、その直後に妖怪に捕らえられたため出番が少ないが、時計塔の秘密を伝える役割を果たした[11]。小説版では最初から事件に巻き込まれており、本編では事件中は脱出直前まで出会わなかった杏子との親友と言える間柄が描かれている。コミカライズ版では未登場の杏子の設定を一部受け継いでおり、強気な性格になっている。
10歳。東京からやってきた理香の教え子。強気な性格で、何かと自分に絡んでくる司と激しく対立する。直弥のことが好きだが、全然自分に振り向いてくれない事に対して、もどかしさを感じている(小説版では、身を挺して自分となな子を守ってくれた司にも惹かれていき、2人の間で思いが揺れるようになる)。
ポラロイドカメラで心霊写真を撮るのが趣味で、それを出版社に送るともらえる賞金が目当てで肝試しに参加する。一方で虫が大の苦手。当時としては珍しく、子供であるにもかかわらず携帯電話を所有しており(小説版では「父親のものを借りた」と彼女自身が述べているおり、使用頻度も本編より多い)、司には「生意気」と詰られている。直弥から浅野の正体を指摘されており、「直弥君を助けに行かないと正体をバラす」と彼を脅していた[12]
名前の由来は同じく学校の怪談をテーマにした漫画で当時『少年ジャンプ』(集英社)に連載中だった「地獄先生ぬ~べ~」のメインキャラクターの一人・稲葉郷子からで、東京からやってきたという設定や強気な性格などは郷子とかけたもので一種のジョークである[13]
8歳。東京からやってきた理香の教え子。ほとんど言葉を発する事がなく、かわりにで意思表示をする。唯一、その意味がわかる浅野になつく(小説版では浅野が未登場のため、自分を助けてくれた直弥になついている)。ゆかり曰く「偏差値は高い」が、とても臆病でドジなところがあり[14]、今回の事件の発端は(妖怪におびき出されたとはいえ)彼の不手際によるところもある。
喋らない理由は作中では明言されておらず、パンフレットには「喋らずに何日間過ごせるか実験中だった」という裏設定と書かれているが、小説版ではかつて声が変だとからかわれた事が原因という事になっている。一方、コミカライズ版では普通に喋っている。
11歳。地元の子供で、理香の弟。現地のガキ大将のような存在で、東京から来た子供たち(特に杏子)にイタズラを仕掛けたり、憲を「飯炊き大臣」に任命して、飯盒ではなく学校の炊飯器で米を炊いてこいと命じる。生意気な杏子を意地でも泣かせようと考え[15]、彼女に頼み込んで肝試しの一番手としてペアを組んでもらったことで、共に事件に巻き込まれてしまう。前述のように横暴な言動が目立つものの、杏子が(虫が原因で)本当に泣いてしまった際には、彼女を気遣う優しさを見せている。
小説版では、横暴な言動は少なく、男らしい頼れる存在に描かれており、全員合流後はサブリーダーを務めている。
亡くなった祖母について、「もう悪さはしない」という約束を交わしていたが姉の理香に指摘された際に「(祖母との約束は)死んだら無効だね」と減らず口をたたいたり、泣いて落ち込む杏子の前で祖母を公園に深夜まで置き去りにしたことを笑い話にしていたが、内心ではずっと慕っており、置き去りにしたことに今でも負い目に感じている。そのため、杏子を置き去りにした直弥にくってかかっている。
11歳。地元の子供で、ハルエの友人。口うるさく喧嘩早い性格。司と出会った際に校歌で意気投合するも、喧嘩もしている。新しいものや流行の言葉に疎いところがある。
12歳。地元の子供で、友人のヨシオを「よっちゃん」と呼ぶ。ヨシオを肝試しに誘ったことで、共に事件に巻き込まれる。初対面で名乗っていないはずの司の名前を知っており、直弥と言い争いをしそうになった彼を、ずっと見守ってきたかのように一喝している。
南小学校第7代目校長で30年前、学校の音楽室(小説版では時計塔)で4時44分の悲劇に見舞われた。見つかった遺体には首がなく、学校やその周辺だけではなく村中が捜索されたが見つかることはなかった。金色の懐中時計を大切にしており、その時計は現在は校長室の金庫に保管されている[16]
東京の塾(あおば塾)の先生(小説版では塾講師はアルバイト(英語担当)で、本職は外国語大学の学生)で、司の姉。塾の教え子たちと一緒に地元に合宿へ来ていた。強がっているが気が小さく、一晩で3回も気絶している。しかし、責任感は強く、怖がりながらも行方不明の子供たちを必死に捜索した。
理香たちの合宿先の寺(蓮正寺)の住職。物語冒頭で生徒たちに怪談話(30年前の4時44分の悲劇)をしていた。トイレに行っている間に浅野に寺の宝の衝立を盗まれる。学校の事情にも詳しく、秘密の地下通路や大時計のジンクスも知っていた。理香に振り回される形で、一晩中地下通路をさまよった。小説版では学校に出かける直前の杏子に数珠の玉を渡しており、これが子供たちを救うことになる。
物語冒頭で浅野の手配書を配り回り、物語終盤では仏像を盗んで逃走中の浅野をパトカーで追いかけていた。
杏子、なな子の友人。
杏子、なな子の友人。
司の仲間。
司の仲間。

スタッフ[編集]

  • 監督:平山秀幸
  • 製作:藤峰貞利、高井英幸
  • プロデューサー:藤田義則、瀬田一彦、木村典代
  • 原作:常光徹、日本民話の会
  • 脚色:奥寺佐渡子
  • 撮影:柴崎幸三
  • SFXプロデューサー:中子真治
  • 美術:中澤克己
  • 編集:川島章正
  • 音楽:寺嶋民哉
  • 音楽プロデューサー:高桑忠男(東映音楽出版)
  • 劇中歌:あがた森魚「小さな喫茶店」-IN EINER KLEINEN KONDITOREI-
  • 助監督:蝶野博

キャッチコピー[編集]

「そろそろ出る時間です」(実際は「出る」の部分に「・」が付いている)
「4時44分、だれも知らない授業が始まる」

ロケーション[編集]

『学校の怪談3』(1997年)[編集]

学校の怪談3
監督 金子修介
脚本 しまだみちる
出演者 西田尚美
黒木瞳
音楽 大谷幸
撮影 柴崎幸三
編集 川島章正
製作会社 東宝、サンダンスカンパニー
配給 東宝
公開 日本の旗 1997年7月19日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[17]
(1997年度邦画5位)
前作 学校の怪談2
次作 学校の怪談4
テンプレートを表示

監督は金子修介に交替。金子は、前作までが「和風」であったのに対し、本作は「洋風」を目指したという。シリーズで唯一鉄筋コンクリートの校舎が舞台となっており、また学校のみならず(鏡の世界ではあるが)街全体が舞台になっているのは本作が初めてである。撮影が行われた小学校は、シリーズでSFXプロデューサーを担当する中子真治の母校。

本作の宣伝に際して学習研究社が協力しており、同社のイマジン学園の広告に映画のポスターを模した広告(ポスターに使われていた黄色い文字の「うひひひひひ」をもじった「わははははは」というもの)が使われることがあった。

あらすじ[編集]

槙町小学校には、ある噂があった。20年前に亡くなった生徒・タイチが亡霊となって棲んでいる鏡が学校のどこかにあり、運動会の二人三脚で転んだ生徒は目をつけられてしまい、その日の放課後にその鏡の中に引きずり込まれてしまう、と。
運動会の放課後、八橋先生が図工室で見つけたのは、まさにその鏡だった。これをききつけた彼女の教え子である良、繭子、茜、真琴の4人は、鏡を一目見ようと放課後の学校に忍び込む。4人のうち、良と繭子は二人三脚で転んでしまった生徒だった。すると4人は、学校に残っていた八橋先生と、良の母親の再婚相手の連れ子である悟と由香と共に、鏡の中で引きずり込まれてしまう。
そこは、全てが反転しており、噂にきくお化けたちが暴れまわる恐ろしい空間だった。7人は最初はそれぞれ仲たがいしていたものの、やがて互いを理解し団結していく。しかしその7人の前に、亡霊となったタイチが現れて……。

キャスト[編集]

良・繭子・茜・真琴の担任(5年2組)を務める、学校の教師。24歳。生徒からは「八橋ちゃん」と呼ばれている。少しヘタレな一面があるが愛する生徒達のためなら自身の危険も顧みない熱血教師。為山に想いを寄せていたが、騒動の直前にフラれる。当初はお化けの存在を信じていなかった。
幼少時は体が弱く、体力増強のためボクシングを始めており、現在ではライセンスを持つほどの腕前である(小説版では、デビュー戦の試合の様子も描かれている)。学校にもトレーニング用具を持ち込んでおり、暇があれば練習している。運命は自分で切り開くことをモットーとしている。だが、周り(生徒)からは仏滅13日の金曜日生まれという縁起が悪い人間だと思われている。貧乳に強いコンプレックスを抱いている。
良に密かに思いを寄せている生徒で、鏡を見に行く約束をした時に「久保田君がいないとつまらない」と彼にアプローチをかけている。鏡を見に行く約束の時間通りに着いたが、茜たちが遅刻しているとは知らず先に校舎に入っていると勘違いして、校舎に入ったところで事件に巻き込まれる。天真爛漫な性格である一方、掃除機で百枚オバケに立ち向かう勇敢な一面もある[18]
良と二人三脚した際に転倒してちぎれたハチマキを、縫い直して良に渡しており、これが重要なアイテムとなる。
子供たちの中でリーダー格の存在である生徒。彼も繭子のことを密かに思っており、運動会で転倒した際には、身を挺して繭子を庇った[19]。母である真知子が再婚したことにより、悟と柚香の義兄となる。
本来は仕事続きで行事参加どころか食事作りもろくにできない真知子に理解を示し文句や愚痴も言わない心優しい性格だが、彼女の突然の再婚話に反発して[20]家出をしてしまい、その直後に事件に巻き込まれる。事件を通してタイチの本当の姿を知っていき、彼と心を通わせるようになる。当初、柚香に鼻の下のホクロを鼻くそと間違えられたことから柚香に「鼻くそお兄」と呼ばれた。
気が強い男勝りな生徒で実家はケーキ屋。口では不釣合い(良が格下)と言っているが、密かに繭子の恋を応援している。タイチの鏡に強い興味を持っており、その鏡が発見されたと知るとみんなで見に行こうと提案しており、これが事件に繋がっていく。
当初は真琴のことを「マザコン」「ダサい」などと馬鹿にしていたが、事件の最中に彼から告白され、困惑しつつ悪い気もせず、素直になれない態度を見せていたが[21]、時折見せる彼の男らしい態度に心惹かれていく。
ぽっちゃり体型で気が弱い性格だったが、茜のことが好きで先生の言葉に押されて告白し、彼女を守るために奮闘してしっかり者に成長していく。マザコンであるが、本人はその現状に不満を感じている。将来の夢はケーキ職人だが、母からは医者弁護士を目指すよう言われ、反対されている。
鏡の世界にある壁にかけてある世界地図からあふれた水のせいで体を冷やしてしまい、排便していた際にトイレットペーパーが無くなるというアクシデントが発生。このとき唐突に差し出されたトイレットペーパーを受け取るが、幽霊(タイチ)から渡されたものと知ると、トイレから飛び出しその際に体に巻いていたカーテンが取れてしまい、茜に股間をさらけ出してしまう(真琴曰く「これで茜以外にはお婿にいけない」)。
柚香の兄。小学4年生。父の義男が結婚したことで、良の義兄弟となるが、当初は彼を馬鹿にしていた。良を探しに出た妹に付いて行った事で事件に巻き込まれる。眼鏡をかけたインテリな見かけ通り、理屈っぽく非科学的なものを信じようとしないが、本当はかなりの怖がりで、父が再婚して真知子が義母になることを楽しみにしていた。
己の力を過信し、やや自意識過剰な点があったが、騒動中に良に助けられ、和解する。良と和解するまでは茜に「この馬鹿どこから連れてきたの?」と言われるほど感じの悪い性格が強調されていた。また、疑い深い一面もあり、終盤までタイチのことを信じ切れなかった。
本編では事件後は腰を抜かしてばかりでヘタレ全開だったが、小説版では妖怪の退治の方法を立案し(一時的とはいえ)成功させており、有言実行の活躍を見せている。コミカライズ版では妹の柚香と共に未登場である。
悟の妹。小学3年生。父である義男が結婚したことにより良の義兄弟となる。愛称「ユカリン」。
良を一方的に馬鹿にする兄とは反対に、良を一目で気に入り、家出した彼を捜しに行ったところ事件に巻き込まれる。ツインテールで背中に背負ったテディベアのぬいぐるみリュックが特徴。きかん気が強く人懐っこい性格で、聡明。タイチの声が聞こえる等、霊感が強い。
魔法の鏡の持ち主。『運動会の二人三脚で転んだ子供を鏡の世界に連れ去る悪霊』と噂されていたが、実際は心優しい性格で、鏡の世界に引き込まれた良たちを助けるために奮闘する。生前、病気のために運動会に参加できず、死後もそのことに未練を感じていた。
良の母親。36歳。シングルマザーで今までは残業も多く、行事参加もできず息子にコンビニ弁当ばかり食べさせていたが、これからは良と一緒にいる時間をもっと作りたいと願い、義男との再婚を予定しているが、皮肉にもそのことで出来た良との擦れ違いに悩んでいる。
良達の通っている塾の講師で、竹刀を持って厳しい指導を行う。
鏡の世界では、動く人体模型として出現する。
真知子の再婚相手。39歳。悟と柚香の父親で、東京在住。料理上手で家庭的な優しい男性。
かおるに想いを寄せられている図工教師だが、実はとっくに結婚相手(為山曰く、博多美人)がおり、かおるの試合当日が挙式予定日だった。
小説版では挙式がお見合いに変更されており、当日に寝過ごして相手に振られたため試合に行っており、かおるに望みありという展開になっている。
数年前に運動会が終わった後、友達とかくれんぼをして当時タイチの鏡が置かれた図工室に隠れたが、友達が校長に注意されて帰ってしまったことを知らずにそのまま図工室に取り残され、その鏡に引きずり込まれたと噂されている生徒。二人三脚での転倒の有無やその後の消息については語られていない。
鏡の世界では、義男や真知子と共にのっぺらぼうとして出現する。
茜、真琴の友人。
茜、真琴の友人。
由美の友人。

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

「3番めが1番こわい」
「その鏡をのぞいてはいけない」

ロケーション[編集]

『学校の怪談4』(1999年)[編集]

学校の怪談4
監督 平山秀幸
脚本 奥寺佐渡子
音楽 宇崎竜童
撮影 柴崎幸三
編集 川島章正
製作会社 東宝、サンダンスカンパニー
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年7月10日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7億1000万円[23]
(1999年度邦画10位)
前作 学校の怪談3
テンプレートを表示

監督は再び平山秀幸。モンスター的な妖怪はほとんど登場せず、これまでの作品に比べより「怪談」らしいものとなっている[24]。前作同様、町全体が舞台となっているが学校がメインとなるのは終盤のみである。異世界に閉じ込められた子供達(+大人1人)が協力し合って困難に立ち向かい、事件の終息(異界からの脱出)を目指す前回までの3作品とは異なり、子供達はそれぞれが単独で事件に巻き込まれており、その後は(周治を除いて)事態終息まで再登場せず、事態の終息も弥恵と幸一(子供1人と大人1人)の2人で行なっている。設定上、4作品の中で唯一白黒の映像から始まる。

幸一を演じる福田亮太笑福亭松之助と主演の豊田眞唯は『天才てれびくん』(NHK教育テレビ)の「MTK スリラー」で共演している。

あらすじ[編集]

恒と弥恵の兄妹は、夏休みを利用して、海辺の町・戸野崎にやってきた。しかし、やってきたその日、戸野崎は数年ぶりの大型台風に見舞われる。そんなときに、従姉妹のあゆむはこう語った。「嵐の日には、海から死んだ人の霊が戻って来るんだよ」
すると次の日から、町の子ども達が次々と消えていった。ある子は海に引きずり込まれ、ある子は正体不明の列車に誘拐され、ある子は女の子の幽霊に攫われた。そして、どことも知れない木造の古い学校でかくれんぼの鬼をさせられるという夢に悩まされ続けていた恒も、とうとう弥恵の前から姿を消してしまう。

キャスト[編集]

主人公。小学4年生。洞察力のあるしっかり者な性格。両親が旅行へ出かけたため、夏休みを利用して、兄と一緒に戸野崎で親戚が経営する民宿へ遊びに来た。「ダメなヤツ」が口癖。イタズラ好きで、新ネタを習得するたびに兄に仕掛けている。
子供たちが次々に消えてしまう異変を目の当たりにし、兄がそれに巻き込まれることを危惧して忠告する。また関川と会話を重ねるうちに彼の友人たちが事件に関わっていること突き止め、彼と共に行動を起こす。
好物はバナナ。
小学5年生。弥恵の兄。あだ名は「コウちゃん」。妹に対していつも威張っているがぼんやりしていて騙されやすく、よく妹にからかわれている。
民宿へ遊びに来てからある夢を見て以来、幻聴を聞いたりかくれんぼをする夢を見るようになり、一人で夜に出歩くなど様子がおかしくなってしまう。
好物はイチゴ。
弥恵が港で出会った老人。町で文房具屋を経営しており、弥恵から「文房具屋さん」と呼ばれる。少年時代のあだ名は恒と同じく「コウちゃん」。
ネガティブな性格で、弥恵に対してぶっきらぼうに接し、大人げない物言いをすることも多い。一方で色々なイタズラを知っており、それを弥恵に伝授してやる茶目っ気ある一面も見せる。
かつての津波による災害で親友を見捨てて逃げてしまったという辛い過去があり、それ以来よく防波堤で海を悲しげに見つめている。
ポプラ社版小説では玩具屋「関川玩具店」を経営している設定になっている。性格も映画版に比べて穏やかで優しい人物として描かれている。
弥恵と恒の叔母。夫・敦史を亡くしてからは、女将として「はまゆり荘」を一人切り盛りしている。
角川版小説では、小学3年生で登場しており、小学6年生の姉・恵美(後の弥恵、恒の母親)と事件に巻き込まれる。同時の苗字(旧姓)は「竹井」。
小学5年生。弥恵と恒の従姉妹。民宿の娘で面倒見の良い性格。噂好きで、兄妹に町の怪談話を紹介する。
映画版では、直接怪奇現象を経験することはなかったが、ポプラ社版小説では、幽霊列車に遭遇したり、須美子が連れ去られる際には電話越しに幽霊の声を聞いている。
  • 国見敦史
晴美の夫で、あゆむの父。既に亡くなっているため登場せず、劇中でも灯籠流しなどの場面でほんの少し言及されるのみである。
ポプラ社版小説では、台風に日に高熱を出していたにもかかわらず、転覆した船から乗組員を助け出し、さらに雨の中、土嚢を河川に積んだため、肺炎になり亡くなったといういきさつが語られている。
角川版小説では、小学6年生で登場している。少年時代の幸一に似ており、それが原因で事件に巻き込まれるが、事件を通じて恵美と急接近する。
小学5年生。児童会長を務めている。大きな黒縁眼鏡をかけている。自室にはパソコンがあり、中学受験を目指している様子。
海岸清掃で古ぼけたランドセルを見つけ、海へ放り投げたはずが自宅に出現したそれを再び海へ捨てに行くが、ランドセルごと海へ引きずり込まれてしまう。翌日に自力で帰還し、「古い木造の学校でかくれんぼをしていた」と証言した。
小学5年生。あだ名は「須美ちゃん」。あゆむの親友で、児童副会長を務めている。実家は酒造を経営している。とても心配性な性格で、周治のことを気にかけている。
他に行方不明になった子供たちと違って要因となる行動を起こしたわけではないが(ポプラ社版小説では、自分の肩の上に現れたサカエの人形を恐怖に駆られて窓の外に放り投げている)、周治のお見舞いに行った際にサカエの人形に取り憑かれ、異世界へ連れ去られてしまう。どのように帰還したかは描かれていないが、ラストの場面では「(何があったのか)覚えてない」と証言した。
悪ガキ3人組の一人。
悪ガキ3人組の一人。
悪ガキ3人組の一人。他の二人より年下で、弱気なためいつもバカにされ若干こき使われている。
海辺の地蔵に投げた石をぶつけてしまい、その後幽霊列車で異世界へ連れ去られる。どのように帰還したかは描かれていないが、エンディングクレジットで魚を干す網の上で気絶している様子が見られる。
ごく普通の母親だが、周治が海から帰ってきた際の彼の証言を信じていない。周治のお見舞いにやってきた子供たちの中に、いないはずの人形を持った小さな女の子を見たと言う。
関川の少年時代の友人。角川版小説では小学6年生。あだ名は「ユキちゃん」。長身のおかっぱ頭の少女で、サカエの面倒をよく見ている。隠れる前、幸一に「見つけてね」と耳打ちした。他の3人より登場場面が多い。
ポプラ社版小説ではフルネームが「やまざきゆきこ」となっている。
関川の少年時代の友人。外見的には小学校低学年以下であり(角川版小説では小学1年生)、ユキコと一緒に行動している。常に人形を持ち歩いている。
映画では他の3人とは違い服に名札が付いていないため、苗字が不明である。ポプラ社版小説ではユキコの妹という設定であり、フルネームが「やまざきさかえ」となっている。一方、角川版小説ではユキコの友人でありフルネームが「小森サカエ」となっている。
関川の少年時代の友人。角川版小説では小学4年生。
ポプラ社版小説ではフルネームが「たけうちすすむ」となっている。
関川の少年時代の友人。あだ名は「てっちゃん」。角川版小説では小学5年生。
ポプラ社版小説ではフルネームが「さかきばらてつお」となっている。
現実主義的な発言が多く、プールの場面で護が連れ去られたという倫平と恭一の証言を嘲る。直後に泳いでいる最中に何者かによって足を引っ張られて溺れかけてしまう。須美子の話によると、その日の夜に高熱を出してしまったらしい。
溺れかけて助けてもらった際に先生に「シライシ」という名で呼ばれている。
映画版では名前が無く、登場場面も海岸清掃やプールで繭を助けるシーンのみ。
ポプラ社版小説版では、姓が「近藤」となっており、方言を話す。敦史の同級生で旧友という設定で、プールや海岸清掃だけではなく子供たちを捜す場面にも登場する。

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

「佐藤先生も泣いた」
「つぎは、おまえだ」

ロケーション[編集]

登場妖怪[編集]

以下1作目の『学校の怪談』は1、『学校の怪談2』から『学校の怪談4』まではそれぞれ2から4の数字で表記してある。

シリーズ共通[編集]

花子さん(赤い服の少女)
1から3まで登場。1では旧校舎のトイレや廊下に現れ、2と3では冒頭およびラストに学校の周囲に現れた。いずれも後姿のみで顔は見えず、不気味な笑い声以外は喋らない。ただし3のみ例外として、タイチの予言[25]を静かに呟いている。靴は履いておらず裸足である[26]
テケテケ
1から3に登場。都市伝説での「テケテケ」の描写とは異なり、劇中の妖怪の中ではコメディタッチに描かれている。
1に登場したものはカマとしゃれこうべを背負っており笑いながらあぐらをかいて宙を舞っている。1では埴輪の中に封印されていたものが復活し、2では妖怪屏風に潜んでいたものが復活した[27]。3ではいとこのシャカシャカも登場。
2の小説版では、合宿先の寺の先代の住職で霊能力者である草庵(故人)に仕えた小鬼として登場しており、後半にあの世にいる草庵によって屏風から解放され、主人公たちの手助けを行っている。3の小説版では、言葉を発し、普通に会話することが出来る。
人面犬
2[28]・3に登場。実写の犬の頭部に、役者が犬の被り物を被った映像を合成している[29]
顔部分は、2ではきたろう、3では林家こぶ平(現・九代目林家正蔵)が演じた。
2の小説版では、何匹もおり女性や子供の人面犬も登場している。
幽霊
全作に共通して、なんらかの幽霊が登場する。オバケの世界と主人公たち(この世)をつなぐ存在であり、ラストのドラマに絡むキーパーソンである。また概ね子供たちと共に行動しており(1と2では終盤まで正体を隠している)、作品を追うごとに重要性が増し、4では主役級の扱いとなっている。3を除いて、自身が幽霊であるにもかかわらず、他の幽霊や妖怪に対して驚いたりおびえたりしている。

学校の怪談 (1作目)に登場[編集]

小室香織
事件当日(ポプラ社版小説では3年前)に病気で亡くなった少女の幽霊。みんなとの思い出を求めて旧校舎に現れ、生徒たちと行動を共にする。
皆が旧校舎から脱出するのを見届けた後、最後に脱出した将太に「私を忘れないで」と言い残した。
集英社版小説のエピローグでは、後日談を香織の視線で描いている。
クマヒゲ / インフェルノ
旧校舎を掃除していた用務員。伸一が小学生だったころから学校に居り、死後も学校に幽霊として留まっていたが、邪悪な妖怪が乗り移る。正体は蜘蛛のような姿をした凶暴な妖怪(怪物)。クマヒゲ自体は短気で頑固だが、悪霊ではなく悪さはしない。目玉は眼鏡と一体化しており、これをなくすとより醜悪な怪物「インフェルノ」に変貌する。
クマヒゲの状態では校則に厳しく、廊下を走っていると「廊下を走るなぁ!!」と怒鳴りつける。学校全体が彼の活動場所であるが、特に用務員室を「自分の城」といって聖域の様に扱っており、そこを犯す侵入者には有無を言わさず鬼気迫る表情で襲い掛かってくるなど縄張り意識が強い。最後は他の凶暴な妖怪達と一緒にハニ太郎に封印され、取りつかれていたクマヒゲの幽霊はインフェルノと分離し解放された。
クマヒゲの時は役者、インフェルノのときは着ぐるみで表現。その変身過程では特殊メイク、アニマトロニクスで撮影。元々は「用務員フェルノ」という引っ掛けの名前が考案されていたが、用務員に対する差別表現となる可能性があった為、クマヒゲという名前となったエピソードがある。妖怪の姿も子供が怖がるだろうという理由で蜘蛛をモチーフとしている。顔のモチーフは骨盤[30]。名の由来は「地獄」の意。
ポプラ社版小説では、クマヒゲは幽霊ではなく普通の用務員で、妖怪になるのは偽者のクマヒゲである(伸一の偽者も登場し妖怪になる)。一方、集英社版小説では、クマヒゲは登場せず、代わりに生徒に屋上から突き落とされた鬼島という事務員の目だけの幽霊が登場する(みらい文庫では、突き落とされた設定と名前がカットされている)。
メリーさん
冒頭で美夏から語られる劇中怪談。内容は学校を舞台にするほかは都市伝説として流布されるものを踏襲しており、一人学校に残っていた職員がメリーさんに殺され、その後全身の血を全て抜かれた死体で発見されたという。ただし亜樹からは「職員が死亡したら、誰がこの話を伝えるのか」とロジカルに矛盾をつかれてしまった。
都市伝説においては、フランス人形の姿をしたメリーさんが有名だが、劇中ではスイカジャックランタンのようにくり抜いた姿として登場。これはSFX担当が独断で行ったもので、この作品のテーマを決定付けている。モーションコントロール・カメラで撮影された素材を合成している。
口裂け女
旧校舎の保健室に登場。「私ってキレイ?」と笑いながら質問しマスクを外すものの、都市伝説のように質問対象を追いかけてはこない。役者が演じている。
研輔、将太は上記の質問に「ブス」と答え「ポマード、ポマード」と叫びながら逃げた。
ベートーベンの亡霊[31]
音楽室に登場。亡霊の楽団の演奏の指揮をしている。本編からはカットされたがベートーベンの肖像画から抜け出して登場するシーンが存在する。
巨人
眼鏡を掛けており、ゴム草履を履き、浴衣を着た太った巨人の男の子で、廊下を歩き、隠れた亜樹に笑いかけた。悪さはしない。
役者が演じたものを単純に合成している。天井がどうなっているかは不明。後に発売されたDVD-BOXの特典ディスク内で、巨人が歩く廊下をミニチュアで再現し、役者が歩く場面を先に撮影し、劇中でその映像の足元だけが拡大されて映るように合成している様子が紹介されているシーンがあるが、このシーンにおいては天井は存在していない。
動く粘土の手
図工室にて登場。昔の児童が作った油粘土細工の手首が動き出したもの。
映像上では、ドライアイスの中から実際の手をたくさん突き出すことで表現している。粘土が変化する部分はストップモーション・アニメーションで表現している。
亡霊の楽団
音楽室に登場。どぎついメイクをしているほかは数人編成の楽団で演奏しているだけ。
クマヒゲ演じる佐藤正宏がワハハ本舗に所属しているのに関係するのか、いずれも当事務所所属の役者が演じている。ゾンビの特殊メイクに加えて多重合成をしている。徐々に旋律が崩れていく。
動く人体模型
旧校舎の理科室にあった人体模型が霊の力で内臓を本物の臓器に変えて動き出したもの。均に腸を剥がされたことにより彼を襲うものの、研輔と翔太によって熊の剥製の下敷きにされる。その後、3人が逃げ込んだ理科準備室にドアを突き破って侵入を図るも、何らかの方法で打ち負かされている。
動くホルマリン漬け解剖標本
理科室に保存されていたホルマリン漬けの動物解剖標本であったが霊の力で蘇生。内臓の動きが異様にリアル。
前半終了時には瓶から抜け出て二足歩行で歩く蛙や芋虫状の標本が登場。
骨格標本
研輔が理科室から持ち出し、その後昇降口に放置されてしまったはずが、いつの間にか元の位置に戻っていた骨格標本。自力で戻ったのか、何者かによって戻されたのかは謎。
劇場販売小冊子では妖怪として紹介されている。
動くサッカーボール
最初に出現した妖怪で不自然なまでの反発力で人の目を引き、子供たちを旧校舎に誘導し閉じ込める。
青いチューリップ
夏場の旧校舎で瑞々しく活けられている自然界には存在し得ないチューリップの花。これから起こる異質な世界を暗示するものとなっている。
光の蝶
退魔の魔方陣を修復した際に出現。上記の妖怪と異なり災厄を遠ざける力があり、用務員室に閉じ込められていた均と美夏の下へ案内した。
ハニ太郎
前嶋昭人原作の「ハニ太郎です。」シリーズからポプラ社の作品繋がりで映画に登場した埴輪。モチーフは埼玉県熊谷市野原古墳から出土した「踊る男女像」の男子埴輪である。
厳密には妖怪ではなく普通の埴輪と何ら変わりない置物で、自分で動いたりする事も無い。旧校舎裏に無造作に放置されているが「神秘の力」で諸悪を封じる聖なる依代として物語の重要な鍵を握る存在となっている(原作のハニ太郎は饅頭以外何でも飲み込む妖怪じみた食欲と超能力を有している「生きた埴輪」であるがそれとは明確に区別されている)。
ある程度の儀式を行えば壊れていても再生可能で何度でも封魔の力を宿すことが出来る為、インフェルノを中心とした多くの妖怪からは恐れられている。その為子供たちや学校関係者がその存在に気付かないように妖怪側も様々な手段を用いている。
DVD-BOXの特典映像では、繊維強化プラスチックでかたどった白色の模型の中に電球を入れて光らせていたと紹介されており、撮影終了後はSFXを務めた中子真治の自宅でムードランプとして使用されているという。
旧校舎の階段の踊り場に取り付けられている鏡で、美夏を捜索する亜樹の背後で捕らわれている美夏の姿が映っていた。一面が明るく、反対側が暗い場合、鏡になるが、ライトを当てると透過するマジックミラーの特性を使い撮影されている。このシーンはこの撮影方法の実験的なものだったと特撮担当は語っている。

学校の怪談2に登場[編集]

ヨシオ、ハルエ
孫に会うために[32]肝試し大会にこっそり参加しようとして(ハルエは乗り気だったが、参加理由を知らされなかったヨシオはそうでもなかった)児童の姿で現れた司の亡くなった祖父母の幽霊。司たちと離れている間には体育館で老人の姿で社交ダンスを夫婦で踊っている様子が、なな子に目撃されている。花壇にできた花時計で元の世界に戻っていく司たちを見届けてから消えていった。
さまざまな伏線があり、ハルエが名乗っていない筈の司の名前を知っていたり、ヨシオが腕時計やポラロイドカメラに驚いたり、校歌の意見が一致しなかったりしている(校歌の最終番号を司が53番、ヨシオが39番と言っており、代々校歌が追加されてきたものと思われる)[33]。司も祖母の名前は覚えており、別れの直前にヨシオが「ハルエ」と彼女の名前を呼んだのをはっきり聞いて[34]、今までの態度や発言、そして別れの挨拶を加味して彼女が自分の祖母だと確信した。
ヨシオは戦時中に亡くなったため司と面識がなく、別れの直前にハルエから教えられるまで彼が自分の孫だとは知らなかった。一方、ハルエは最近まで天寿をまっとうしていたが、ボケていたため司に公園に置いてきぼりされたにもかかわらず、一晩中彼を待ち続けて風邪を引いてしまったことがあった。また、生前に司と「(彼が)もう悪さをしない」と約束をしており、別れの際にも「あまり悪さをするんじゃないよ」と彼に言っていた。
最初に合流した際に司と3人で杏子のポラロイドカメラで写真に写ったが、すべてが終わった後でその写真の2人は老人の姿になった(その写真を司は「心霊写真」と言ったが杏子は「家族写真」と言って彼に渡した)。そして、司と杏子たちが駅で別れる際に、一瞬姿を現して彼女たちが乗る列車を司と見送った。
小説版、コミカライズ版では、2人とも未登場である(ただし、小説版では祖母との約束や彼女を公園に置き去りにした話自体は語られている)。
常盤静子
30年前に謎の首なし死体となって発見された校長先生の幽霊。金色の懐中時計を求めて、ろくろ首に変貌して時計を盗んだ浅野を追い回す。その後、校長室で憲から時計を受け取るとお礼を言って消えていった。彼女が出ている間、校長室に飾られている彼女の写真から肖像が消えており、時計とともに消えた後、その写真には時計を見せびらかす彼女が写っていた。
長く伸びた首や一部の顔、後頭部などはCGIで表現されている。首を伸ばしているときの身体を映し、手で反動をつけているところや、首が伸びきって、反動をつけてさらに伸ばす、ろくろ首も肩が凝るなど、今までには無かった設定を加えている。
小説版では、首と胴体が完全に分離した首だけで飛ぶことが出来る幽霊として登場しており、配下に同じく首と胴体が完全に分離した子どもたちを従えている。亡くなった際に失くした懐中時計を探しており、主人公たちを執拗に襲う。小説版ではヌシが未登場のため妖怪たちのボス的存在になっている。杏子が時計塔で見つけた懐中時計を彼女から受け取ると「ありがとう」と言い残して消えていった。
からくり人形
謎の茶運び人形。冒頭の怪談では、常盤静子が亡くなった直後、その現場(音楽室)から出てきてどこかに去っていく。本編中では、異界に取り込まれた主人公たちを冷徹に観察するような描写がなされている。
映像では本物の茶運び人形を使っている。
「ヌシ」
謎のからくり人形の正体。かなり前から学校の時計台に住み着いている時計塔の主。巨大なしわくちゃの顔に機械仕掛けの腕という不気味な姿をしており、見る者に大きなインパクトを与える。本作における悪役最終ボスといえる存在。
出現時点で時計台の機械時計と融合しており、時計を動かして永遠の4時44分から脱出しようと試みる主人公達を妨害する。時計を直された直後、逃げ遅れたハルエを襲い彼女をかばったヨシオを腕に捕らえるが、杏子の機転で直弥に浅野の道具(カンナと金槌)で腕を攻撃されてヨシオを離してしまい、子供たちの時計台脱出を許してしまう。司とヨシオが歯車から憲の靴を外したことで動き始めた時計の動きに合わせて少しずつ崩れていき、最期は崩れていく学校の時計台ごと滅びた。
映像上はメカトロニクスで表現されている。
動く二宮金次郎像
夜中に動き出し、図書室に本を返却しにくる。かなり運動神経が高く台に戻る際にアクロバティックな動きをする。
上記の手法はストップモーション・アニメーションCGI、スーツ演技などを駆使して撮影した。
ムラサキババア
司と杏子が逃げ込んだ通常教室に登場。ただの老婆と見せかけて豹変する。
アニマトロニクスで撮影。豹変前も造形物である[29]
モナ・リザの複製画
階段の踊り場にかけられた絵画。不気味に表情を変える。
リプレイスメント・アニメーションという目の部分だけのアニメーション素材を置き換えて動いているように見せる。
巨大昆虫標本
理科室とおぼしき教室に登場。捕らえたなな子を標本にしようとしていた。カブトムシクワガタムシが登場している。
メカトロニクスで表現されている。
旧日本軍将校の霊
身体が芋虫で出来ており、天井を逆さで行進する。
すべて役者が演じており、マスクだけでなく腕も造形されていた[29]
トイレから伸びる手
くみ取り式の和式トイレに登場。覗き込んだ憲の顔面をつかんで、引きずり込もうとした(原型は「赤い紙、青い紙」)。
ムラサキカガミ
廊下に掛けられている一般的な鏡であるが、子供達が時計塔に向かうことを妨害する為になな子を攫い、標本室へ閉じ込めた。この為か標本室の柱や梁は全て紫色に統一されている。
人面地球儀
司の顔をした地球儀で、大笑いすることでその地球儀が配備されていた教室の壁一面に司の顔が現れ、見る者に恐怖と不快感を与える(司の顔なのは偶然だと思われる)。
造形物と合成を併用している[29]
血文字とピアノ
上記の「ヌシ」が自分たちに干渉してくる常盤静子に対し不快感を表現するために用いた妖怪。
血が出現する場面と「ブス」の血文字を形作る場面には、それぞれ「CGI」・「ストップモーション・アニメーション」技法が用いられている。

学校の怪談3に登場[編集]

タイチ
慎町小学校の20年前に亡くなった病弱な少年の亡霊。運動会に出ることに憧れていた。運動会二人三脚で転んだ子供に目をつけ、の世界に連れ去る悪霊と語られていたが、実際は遊んでくれる友達がほしいだけだった。その思いを妖怪達に利用されてしまい、自分が少しでも意地悪なことを考えてしまうと、妖怪達が悪事を働いてしまう。
良達と二人三脚をすることで思いを遂げるが、そのことで妖怪達が激怒してしまう。タイチの鏡が割れた後、自ら光の橋となって(コミカライズ版では学校のプールを脱出用の鏡にしている)、良たちを元の世界へと帰し、感謝の言葉を伝えながら消えていった。その後、母親の再婚による東京への引越しに伴う良の転校(転出)の日、繭子から彼への(頬への)別れのキスの後に、良と二人三脚するときに使った(運動会で良と繭子も使った)ハチマキを、空から餞別として彼に贈った。
四次元カガミ(タイチの鏡)
この世と異界をつなぐ鏡。タイチの無念が乗り移っており、タイチの腕や特別な吸引力で次々と人を吸い込む[35]。鏡の世界は空間がゆがんでおり、現実世界と位置関係が異なっていることがある(その関係なのか、文字は反転しているが、ものの向きは必ずしも反転しておらず、現実世界と同じものもある)。この世界では、ある人物のことを強く思うと、その近くに行けたり逆に呼び寄せたりすることが出来る。
タイチが思いを遂げた後、激怒した妖怪たちによって鏡の世界は崩壊を始め、タイチに鏡も割れて粉々になってしまう。
のっぺらぼう
鏡の世界の住人。久保田真知子・木村義男・警官おまわりさん)の姿で現れ、凹凸はあるが真っ白な顔面をしている。
自分に顔が無い事を悲しんでおり、鏡の世界にやってきた主人公達から顔を奪おうと刃物を持って追いかけてくる。性格は目的の為なら平気で人を殺そうとするなど凶悪そのものであり、とても恐ろしい妖怪であるが、間抜けな一面も見せる(が無いとも知らず、食べ物を頬張ろうとする等)。顔があるように見せかけることが可能で、主人公達を現実世界に戻ったと思わせて騙した。最後はタイチが鏡の中に呼び寄せて閉じ込めてしまった(コミカライズ版では、学校崩壊時に脱出して再び主人公たちを襲う)。
顔の石膏を作ってそれを付け、ストローから息している。後でストローは消している。
ゾンビバス
運転手を含め、乗客が全員ゾンビのバス。正体は現実世界のバスが鏡の世界で姿になったもの。乗客や運転手のゾンビ達は現実世界では普通の人間であり、言わば現実世界のバスの運転手・乗客がゾンビとなった者達である。その為、(乗り込んだ主人公たちに迫ってはいるが)人に危害は加えない模様。走行中にスキール音が鳴るほどなので、かなり危険運転なドライバーになってしまったと思われる。冒頭のバスより、ドアのブザー音が乱れている。一応路線バスなので運賃はしっかりと請求する。
運転手・乗客とも特殊メイクを施した役者が演じている。
シャカシャカ
テケテケの従兄弟とされている妖怪。為山先生がテケテケの従兄弟として形作った粘土細工が勝手に動き出したもので、未完成らしく、下半身は何も履いていない。かなりお茶目な性格のようで、他の妖怪のような明確な悪意は持ち合わせていないようである。劇中でかおるに好意を持ち、手から花を出して告白するが、パンツを履いていない事を指摘され、赤面して消えた。
しかし、元の世界に戻ったかおるが確認すると、赤いふんどしを着用した彼が置いてあったが、何故か妖怪としての彼も一緒についてきてしまった(小説版では、為山先生がかおるのボクシングデビュー戦のお祝いとして会場に持ってきている)。
テケテケ同様、ストップモーション・アニメーション、パペット演技で表現されている。
小説版では、言葉を発し会話することが出来る。
赤い大玉
階段を転がり落ちてきて、人間に食いつこうとしてくる。食べられても大玉の中に入るだけで害はない。運動会に使われる玉転がし用の単純な大玉であるが、CGIで表現されている。
百枚オバケ
塾の職員室にある大量のプリント類が積み重なって人間の形をとったオバケ。繭子によって掃除機の気流に巻き込まれてバランスを崩し、蛍光灯と接触した際に感電・発火して消失した。CGIで表現されている。
恐竜骨格
怪獣のハリボテ(児童の作品)の中に潜んでいた。タイチと和解して鏡の世界から脱出しようとする主人公達を妨害するために妖怪達が送り込んだ尖兵。悪役のボスのような扱いであったが、最後は崩れゆく学校とともに、地下深くに消えていった。
ストップモーション・アニメーション、原寸大の実写、CGIで表現されている。イメージは5、6メートルのアロサウルスで顔と手は1.5倍に強調してある[36]
動く筋肉標本
良に壊された人体模型が、鏡の世界で塾の教師に化けていた。硬直した歩行と、首を曲げる癖が特徴。繭子によって百枚オバケが倒されると同時に消滅した(その後、本物(?)の塾の教師が現れて、早く帰宅するよう、主人公達に注意した)。
約300万円する本物の人体模型とそれを基にした動くとき用のマスクとボディスーツを着た役者と壊されるとき用の発泡スチロールで作られた模型の3種類が使われた。

学校の怪談4に登場[編集]

ユキコ、サカエ、ススム、テツオ
戦前、戸野崎尋常小学校の津波による災害時、たまたま校舎内でかくれんぼをしていたために逃げ遅れ、死亡した4人の生徒の幽霊。4人の魂を弔うため、海岸には4体の地蔵がまつられている。
現在の戸野崎小学校に彼らの写った過去の写真が残されており、この写真に最初の異変があった。
角川版小説では、ユキコが敦史をコウイチと勘違いしたため、彼を連れ去ろうとしており、それを邪魔する恵美に憎悪を抱き執拗に彼女を襲うが、後に誤解が解けて和解する。また、サカエは人形とはぐれており、それを探して町を彷徨っていたが、その中で晴美と出会い心を通わせるようになり、このことが恵美を救うことになる。
コウイチ
フルネームは関川幸一。上記のユキコらとともにかくれんぼをしていたが、コウイチは鬼役で一人だけ廊下をうろうろしていたために異変に気づいた。他の児童たちに異変を呼びかけるも通じず、やむなく一人だけ逃げ出したことで惨事から生き延びることができたが、これが心残りとなってしまう。戦後は地元で小さな文具店を経営し、弥恵からは「文房具屋さん」という愛称で呼ばれている。
実はストーリーの始まる1年前にすでに亡くなっていたのだが、友人を亡くしたことへの後悔の念から霊になって残り、連日防波堤から海を悲しげに見つめている。弥恵にだけその姿が見えていた。
本編終盤で弥恵と共に彼岸の世界の校舎内でユキコらを見つけ出し、この世への執着が晴れて笑顔で成仏した後、海の底に眠る過去の校庭でユキコらとともに遊び続けている。
角川版小説では、普通の生きている人間であり、事態を終息させて友人4人を成仏させようと奔走する。
国見敦史
晴美の夫で、あゆむの父。幽霊での登場はポプラ社版小説のみである。
コウイチたちが成仏した後、ダイバーの姿で弥恵、恒、護、須美子の前に現れて海へ沈みゆく校舎から彼らを救い出し、駆けつけて来た妻・娘とも再会を果たし、僅かだが言葉を交わしたあと消えていった。
幽霊列車
廃線となった鉄道路線の踏切に現れる。列車の中にはススムとテツオが乗っており、人をさらって列車ごと海へと入っていく。
接近時は実物で、海へ入っていく遠景ではCGで表現されている。なお塗装パターンが微妙に異なること以外は2のラストに登場した電車と同型(ポプラ社版小説では、貨車と車掌車(最後尾)を繋げた蒸気機関車(挿絵あり)で2人は車掌車に乗っている)。
女の子の人形
サカエが死亡時に持っていた人形。サカエの無念とともにたびたび現れ、須美子を連れ去った。彼岸の世界では、サカエの隠れていたロッカーの中に遺されていた。
角川版小説では、サカエとはぐれており、彼女を探して昔彼女の家があった場所(今の小学校)をさまよっていたが、晴美の協力で無事に再会を果たす。
海で死んだ人の魂
のような蛍のような幻想的な姿をしており、彼岸の世界の校舎内で漂っている。すべてCGで表現されている。

関連書籍・ゲーム・サウンドトラック[編集]

書籍[編集]

ストーリーブック

  • 学校の怪談ストーリーブック(東宝)
  • 学校の怪談2ストーリーブック(東宝)
  • 学校の怪談3ストーリーブック(東宝)

公式超全集

  • 学校の怪談2公式超全集(講談社)
  • 学校の怪談3公式超全集(講談社)

大百科

  • 学校の怪談3オバケ大百科(マイルストーン、ポプラ社)

小説:映画の小説版となるが、人物設定や話の展開などが映画と少し異なっている。

  • 学校の怪談(集英社岡崎弘明)・・・後に集英社みらい文庫から挿絵付(弥南せいら)で発売された。
  • 学校の怪談(ポプラ社岡本賢一
  • 学校の怪談2(ポプラ社、岡本賢一)
  • 学校の怪談3(ポプラ社、大場惑
  • 学校の怪談4(ポプラ社、秋月達郎
  • 夏のかくれんぼ 学校の怪談4(角川書店飯野文彦)・・・映画版主人公・弥恵の叔母・晴美とその姉・恵美(弥恵の母)が本作の主人公を務めている。

コミカライズ:2と3が『コミックボンボン』で連載され後に単行本化された。その関係か、『学校の怪談4』では子どもが『コミックボンボン』を持っているシーンがある。また、4が「なかよし」1999年7月号および8月号に掲載されたが、これは単行本化されていない。

シナリオ日本シナリオ作家協会):2と3のシナリオ台本が1996年9月号と1997年8月号にそれぞれ掲載され、2は脚本家、3は監督と脚本家のインタビューも掲載された。

その他

  • 映画「学校の怪談」によせられたこわーいうわさ(ポプラ社)

ゲーム[編集]

  • 『学校の怪談』(セガセガサターン 1995年7月14日発売
    ホラーアドベンチャーゲーム。1作目の『学校の怪談』の実写映像を使ったゲームとなっている。

サウンドトラック[編集]

  • 『学校の怪談 スペシャル・サウンドトラック 』(キングレコード)1997年7月22日発売
    3のサウンドトラックに1の6曲と2の3曲を加えた映画音楽CDとなっている。

関連イベント[編集]

宝塚ファミリーランド・イベントホール『学校の怪談』『学校の怪談2』
同映画版を基にしたお化け屋敷
CM出演…*尾上寛之 * 中村香実 * 福岡香純 * 庄田裕一
岐阜県下呂温泉合掌村 『学校の怪談2 放課後のうわさばなし』
SFXプロデューサーの中子真治プロデュースによるお化け屋敷。
なお、下呂温泉は3作目のロケ地でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇宙船YB 1997, p. 56.
  2. ^ 2作目と3作目は舞台の設定上(4月4日、運動会)この季節しかない。
  3. ^ 1995年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ 石井博士ほか 1997, pp. 374.
  5. ^ 1996年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  6. ^ a b 石井博士ほか 1997, pp. 385.
  7. ^ 手配書を見た子供たちは「ロンゲ」「サル顔」などと言いたい放題言っており、彼が寺に侵入した時点で手配書の顔にすごい落書きをされていた。
  8. ^ 塾生たちと地元の子供たちの喧嘩(食材の投げ合い)をお寺の鐘を叩いて治めている。
  9. ^ なな子を探す際に「どうして(彼女が)ついて来ないんだよ」と言っており、彼女になつかれることに意義を見出しているところがある。一方、小説版では、なな子の好意には気づいているものの恋愛に興味が無いため、告白してきた彼女を振っている(ただし、友人関係は変化なく続いている)。
  10. ^ 地下通路から体育館に到着した。
  11. ^ パンフレットには、テケテケとの遭遇シーンで本編では合流前のなな子が他のメンバーと写っている写真がある。
  12. ^ 浅野の正体を知っているのは、直弥と杏子のみである。
  13. ^ その関係なのか、『コミックボンボン』(講談社)で掲載されたコミカライズ版では杏子は未登場である。
  14. ^ ご飯を炊くために、炊飯器に米と水を入れてスイッチを入れたまではよかったが、そのまま眠ってしまったうえにそもそも炊飯器の電源プラグを差し忘れていた。
  15. ^ 彼の計画では、学校に行く山道に落とし穴を掘り彼女をそこに落とす計画だったが、その前に逃走中の浅野がその穴に落ちてしまう。
  16. ^ 時計には「光、時の果てより来たるべし」と彫り書かれており、これが重要なキーワードとなっている。
  17. ^ 1997年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  18. ^ この後、呼び方が「久保田君」から「良」に変わる。
  19. ^ 彼女にお礼を言われた際には、照れ隠しで「重いよおまえ藤井…」と普段は言わない苗字で呼んだ。
  20. ^ 「(再婚すれば)二人とも幸せになれる」と言う真知子に対し、「今まで幸せじゃなかったのかよ」と吐き捨てている。
  21. ^ 呼び方も「太田」から、告白後には「真琴」に変わっている。
  22. ^ 演じる野村は前作までと違い、冒頭のみのわずかな出演。
  23. ^ 大高宏雄 「付録 日本映画1990-1999配収ベスト10」『日本映画逆転のシナリオ』 WAVE出版、2000年4月24日、251頁。ISBN 978-4-87290-073-6
  24. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 2000』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2000年4月20日、68頁。雑誌コード:01844-04。
  25. ^ 「タイチが見つけた、あの子が欲しい…」。
  26. ^ 3のDVDの表紙では、靴下とスリッパを履いている。
  27. ^ エンドロール終了後、日中電車で新聞を読む浅野の後ろから現代風の格好(サングラスにスニーカー)で現れ、乗客達を驚かせた(浅野は気づいていない)。
  28. ^ 2のラストでは、パグを連れた人面犬と瓜二つの男性が登場している。
  29. ^ a b c d 宇宙船YB 1997, p. 36
  30. ^ 宇宙船YB 1997, p. 39.
  31. ^ 劇中パンフレット及びオフィシャルガイドブックにも登場
  32. ^ オーディオコメントでの監督の発言より
  33. ^ これらに加えて、台本上ではなな子が消えた(ムラサキカガミに捕らえられた)際に、ハルエが一緒になな子を探していたヨシオと直弥に司は姉である理香にコンプレックスを持っていると漏らしている。
  34. ^ 時計台でもヨシオが「ハルエ」と叫んでいたが、ヌシとの戦いでそこまで気が回らなかった。
  35. ^ タイチ自身が引きずり込んでいるように見えるが、実際には妖怪たちが彼の意思に反応して行っている。
  36. ^ 『劇場版 学校の怪談 DVD-BOX』特典ディスクより

参考文献[編集]

  • 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年ISBN 4766927060
  • 『宇宙船YEAR BOOK 1997』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1997年2月28日。雑誌コード:018844-02。

関連項目[編集]