テケテケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テケテケとは、下半身が欠損した姿で描写される亡霊、もしくは妖怪の呼び名、またはそれにまつわる話の題名である。両腕を使い移動する際に「テケテケ」という音がするため、この名で呼ばれるとされている。

噂話」「怪談」「都市伝説」として語られており、いくつかのバリエーションが存在する。また、カシマさんと同一視されることもある。

概要[編集]

冬の北海道室蘭の踏み切りで女子高生が列車に撥ねられ、上半身と下半身とに切断されたが、あまりの寒さに切断部分が凍結し、しばらくの間、生きていたという。

この話を聞いた人の所には3日以内に下半身の無い女性の霊が現れる。逃げても、時速100-150キロの高速で追いかけてくるので、追い払う呪文を言えないと恐ろしい目にあうという。またその異様なスピードと動きとは裏腹に、顔は童顔でかわいらしい笑顔を浮かべながら追いかけてくるためその恐ろしさをさらに助長するという。

多くの場合「女性」とされるが、稀に男性で描写されることもある。

遺体の下半身だけが見つからなかったため、自分の足を捜しているとのこと。

北国で、女性が線路に落下し、電車に轢かれて上半身と下半身に切断されたが、余りの寒さによって血管の先が凍り付いて止血され、暫くの間苦しみながら周りへ助けを求めたものの、駅員の判断によってブルーシートをかけられ、女性はその後しばらくして死んだ、という話もある。この話の場合、自分を見捨てた人間を恨んでいるため、足探しではなく、人間の殺戮自体を目的としている。

考察[編集]

話の構成[編集]

「テケテケ」のストーリーは大きく二つのパートに分かれる。

  • テケテケが亡霊となった理由
  • その逸話を聞いた者に対するサプライズ

まず逸話を紹介し、恐怖心を煽った後に、「この話を聞いた者のところにも現れる」と付け加えることで、さらに恐怖心を増幅するためである。

出血の停止・胴体の切断[編集]

  • 「テケテケ」の因縁に「あまりの寒さに血管が収縮してしまい、出血が止まった(だから楽に死ねずに苦しんだ)」とあるが[1]、現実には「冬の北海道」の寒さ程度ではそのようなことは起こらないとされている。
氷点下数百度で急激に冷却しない限り、人間の体温下では血管を止血するまで収縮させる・もしくは入り口部分の血液を凍結させることはできない。
  • 電車に撥ねられた場合、上半身と下半身に切断されることはほとんどなく、電車が徐行運転であっても人間の体がその衝撃を受けると、全身打撲による粉砕骨折、内臓破裂及び脳挫傷になり、速度が出ている場合では細かな肉片となって飛び散ってしまう。仮に即死しなかったとしても意識があることはまずない。

同じエピソードの都市伝説[編集]

  • 童謡の「サッちゃん」に4番があるという都市伝説も、エピソードが同じで、北海道室蘭で女子中学生の桐谷佐知子(14歳)が、下校途中に通学路の途中にある踏切の線路の溝に足がはまって、くじいて動けなくなり、そのまま人身事故に遭って、胴体を真っ二つに轢かれて死亡したもの。その際も寒さで露出した内蔵や血管が収縮して一時的に出血が停止し、数分間激痛に悶え苦しみながら、自分の下半身を探しながら息絶えたという。そして、その事故を面白がった男子生徒が「サッちゃん」の4番を作り、周りに言いふらすと、男子生徒が足なし死体で見つかったという。このように、「サッちゃん」とテケテケは共通した都市伝説が用いられている。

参考文献[編集]

  • John Berra: Directoyr of World Cinema: Japan, 2. Band. Intellect Books, Bristol 2012, ISBN 184150551X, page 196.
  • Robert B. Durham: Modern Folklore. Lulu Press Inc., Raleigh (North Carolina) 2015, ISBN 9781312909694, page 406.
  • Salvador Jimenez Murguía: The Encyclopedia of Japanese Horror Films, Rowman & Littlefield, Lanham 2016, ISBN 1442261676, page 317 & 318.
  • Bintarō Yamaguchi: 世界の妖怪大百科. Gakken Kyōiku Verlag, Tokio 2014, ISBN 4052040538, page 82.

脚注[編集]

  1. ^ 松山ひろし 『3本足のリカちゃん人形―真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2003年、14-18頁。