竹中夏海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たけなか なつみ
竹中 夏海
生年月日 (1984-06-10) 1984年6月10日(34歳)
出生地 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 162cm
血液型 AB型
職業 女優振付師
ジャンル 映画ミュージカルJ-POP
活動期間 1995年 -
活動内容

1995年:ミュージカル『美少女戦士セーラームーンSupers 夢戦士・愛・永遠に
2004年:映画『手を握る泥棒の物語
2009年 - :PASSPO☆の振付師

2012年 - :アップアップガールズ(仮)の振付師
配偶者 あり[1]
事務所 プラチナムプロダクション
公式サイト https://takenakanatsumi.com/

竹中 夏海(たけなか なつみ、1984年6月10日 - )は、埼玉県出身の振付師女優プラチナムプロダクション所属[2]PASSPO☆アップアップガールズ(仮)の振付を担当している[3][4]

略歴[編集]

女優として[編集]

1995年、ミュージカル『美少女戦士セーラームーンSupers 夢戦士・愛・永遠に』ちびうさ役で女優としてデビュー[5][6]。その後何本か映画に出演した後、活動を休止[6][7]2004年、WEB配信映画『手を握る泥棒の物語』の助演女優役のオーディションに合格し、萌役を演じた[6][7][8]

振付師として[編集]

5歳のころよりモダンバレエを学んでいたが[9][10]、中学校在学中にバレエからジャズダンスへとシフトしていった[11]。その後、高校では新体操部に所属していたが、2年生の時にチア部のピンチヒッターを頼まれたことをきっかけに、チアダンスに没頭していった[12]。竹中は「客席の声援まであって初めて完成する、このスタイルに強烈に惹かれた」としながらも[13]

  • 「一体感のある盛り上がりを全曲通して持続させられ」る[14]
  • チアダンスで評価されるような「チーム全体での規律」ではなく「一人ひとりの個性」が評価される[14]

そのようなステージ(ジャンル)を追い求めるようになった[14]。そこで、日本女子体育大学で舞踊学を専攻し、さまざまなジャンルのダンスを勉強する[15][16]中で、そのようなステージ(ジャンル)を探すことにした[14]。中学生の頃より、自分で踊るよりも振付・指導の方が好きであったため、ダンサー志望の人たちに混じっても問題ないかという不安もあったが、舞踊学専攻にはAO入試があり、そこで求められている学生像が竹中自身と一致するものであったため、AO入試を受け合格した[17]

大学では上記のようなステージ(ジャンル)と出会うことを目標にしていたが、その目標を達成することは出来なかった[18]。また「何かの振付師になりたい[19]」とは考えていたが、何の振付師になるのか決められないまま卒業した[15]。その後、2007年の紅白歌合戦Berryz工房が「付き合ってるのに片思い」を歌っているのを見て「アイドルだな[19]」「アイドルの振りコピだ![16]」と思い、アイドルの振付師をしたいと思うようになった[20]。竹中はその理由を以下のように説明している[21]

(アイドル)一人ひとりのキャラクターや魅力を生かすことが出来、更に応援してくれるお客さんは曲を覚えてくれるので、一緒に歌うことも踊ることも出来る。 — 竹中夏海、[21]

そこで、2009年4月に女性アイドルグループぱすぽ☆』のブログよりメッセージを送り問い合わせてみたところ、アイドルに詳しいという理由で振付師として採用された[16][20]。以降D-Riveやぱすぽ☆、prediaの振付を担当している[16][20][22]。また、2011年にはプラチナムプロダクション及びその関連会社に属していない女性アイドルグループアップアップガールズ(仮)の公演のプロデュースを担当し[23]、2012年には、同グループのオリジナル曲の振り付けも担当している[24]

2013年には、HKT48の2ndシングル「メロンジュース」の振り付けも担当、「激しく! パンクに!」というテーマで、サビで激しいヘッドバンギングが繰り広げられる振り付けを取り入れた[25]

人物[編集]

父親が青森県出身[5]東京で生まれ、2歳から小学4年まで埼玉県で過ごした[5]

アイドルオタクであるが、自分自身が人前で踊ろうとは思っていない[16][19]。しかし、男のアイドル、特にのメンバーになりたいという考えは持っている[16][19]。2015年10月11日放送「MUSIC JAPAN」(NHK総合テレビジョン)で、藤井隆のバックダンサーとして出演している[26]

スペースクラフト所属のモデルでアイドルヲタクの二宮なゆみ小口桃子日笠麗奈と出会ったことをきっかけに意気投合、「なでksジャパン」(KSDD(クソDD=DD(誰でも大好き)を極めた者の意)界の「なでしこジャパン」の意)を結成。その『次女』としてヲタ活の傍ら、イベント出演[27]も果たしている。

既婚者(2016年入籍[1])。2017年春、PASSPO☆と食事会した際にその旨を伝えたことが「スポーツニッポン」の記事で明かされている[1]

振付担当[編集]

アーティスト
アイドル

THERE THERE THERES‏ 「スナッキー

出演[編集]

ミュージカル[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルTBSラジオ
    • 「アイドルダンス特集」(2013年1月19日)
    • 「アイドルとしての大江戸線特集」(2013年2月9日)
    • 「白メシ特集」(2014年1月11日)
    • 「グループアイドルを楽しむ基礎教養としての『セーラームーン入門』」(2015年1月24日)
    • 「食べ物や飲み物を入れる容器 特集」(2015年10月31日)
    • 「ねぶたにしたいアイドル特集」(2017年7月22日)
  • ヒャダインの"ガルポプ!"「振付師から見たガールズポップス」(2013年11月29日、NHK-FM放送

MV[編集]

書籍[編集]

  • IDOL DANCE!!! ―歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい―(2012年12月7日、ポット出版)ISBN 978-4-7808-0192-7
  • アイドル=ヒロイン: 歌って踊る戦う女の子がいる限り、世界は美しい(2015年1月20日、ポット出版)ISBN 978-4-7808-0215-3

雑誌連載[編集]

  • TopYell「竹中夏海先生の踊る!アイドルソング時評」(2012年4月号 - 、竹書房

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “PASSPO☆らの振付師・竹中夏海さん結婚「学校の怪談2」などで女優も”. スポーツニッポン. (2017年7月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/16/kiji/20170716s00041000324000c.html 2018年3月25日閲覧。 
  2. ^ TALENT/ARTIST(プラチナムプロダクション公式サイト)”. プラチナムプロダクション. 2011年8月7日閲覧。
  3. ^ 振付師・竹中夏海が初著書でアイドルダンスの魅力分析”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年11月20日). 2012年12月11日閲覧。
  4. ^ 竹中2012 p.167
  5. ^ a b c てれびのスキマ (2018年3月25日). 竹中夏海インタビュー #1 闇を抱えてた「セーラームーン」女優が、アイドルの振付師になるまで. インタビュアー:戸部田誠. 文春オンライン, 文藝春秋.. http://bunshun.jp/articles/-/6667 2018年3月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 『手を握る泥棒の物語』竹中夏海さんインタビュー(fjmovie.com)”. 有限会社日本映画街フォーラム (2003年12月24日). 2011年8月7日閲覧。
  7. ^ a b c 「手を握る泥棒の物語」竹中夏海インタビュー(スクランブルエッグon the Web)”. 株式会社スクランブルエッグ (2004年2月20日). 2011年8月7日閲覧。
  8. ^ a b WEB 手を握る泥棒の物語(allcinema)”. 2011年8月7日閲覧。
  9. ^ Top Yell2011年10月号 p.38
  10. ^ 竹中2012 p.114
  11. ^ 竹中2012 pp.115 - 116
  12. ^ 竹中2012 pp.116 - 117
  13. ^ 竹中2012 p.117
  14. ^ a b c d 竹中2012 p.19
  15. ^ a b Top Yell2011年10月号 p.39
  16. ^ a b c d e f アイドルグループ「ぱすぽ☆」の振付担当・竹中夏海が語るアイドルダンスの魅力とは?(日刊サイゾー)” (2010年11月28日). 2011年8月7日閲覧。
  17. ^ 竹中2012 pp.117 - 118
  18. ^ 竹中2012 p.119
  19. ^ a b c d 【インタビュー】竹中夏海(ぱすぽ☆振付担当) pt.2(HMV ONLINE)”. HMVジャパン (2010年12月7日). 2011年8月7日閲覧。
  20. ^ a b c 【インタビュー】竹中夏海(ぱすぽ☆振付担当)(HMV ONLINE)”. HMVジャパン (2010年12月7日). 2011年8月7日閲覧。
  21. ^ a b 竹中2012 p.20
  22. ^ “ぱすぽ☆のダンスにはこんな秘密が!? 振付師・竹中夏海さんインタビュー”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2011年11月21日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/066/66388/ 2012年6月3日閲覧。 
  23. ^ 竹中夏海 (2011年7月31日). “リアディゾンと顔がまったく一緒(竹中夏海オフィシャルブログ「チロリアンぶろぐ」Powered by Ameba)”. 2011年8月8日閲覧。
  24. ^ 竹中夏海 (2012年4月28日). “動画アップアップコレオグラファー(仮)(竹中夏海オフィシャルブログ「チロリアンぶろぐ」Powered by Ameba)”. 2012年6月3日閲覧。
  25. ^ “HKT48、シングル「メロンジュース」でパンク×ヘドバン”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月13日). http://natalie.mu/music/news/97072 2013年8月16日閲覧。 
  26. ^ 10月11日(日曜)夜23:00からのMJ SPECIALは... 藤井隆”. MJ BLOG. 日本放送協会 (2015年10月7日). 2016年2月28日閲覧。
  27. ^ 【イベントも続々決定!】7/12(土)より『あの娘、早くババアになればいいのに』1週間限定アンコール上映!”. テアトル新宿. 東京テアトル (2014年7月8日). 2018年3月25日閲覧。
  28. ^ 映画 学校の怪談2(allcinema)”. 2011年8月8日閲覧。
  29. ^ Negicco新曲MVにEspeciaら出演 閉館直前サンストリートで無料ライブ決定”. ORICON STYLE (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「アイドル 裏の人 インタビュー〜ぱすぽ☆振付師・竹中夏海の場合〜」、『TopYell』2011年10月号、竹書房、2011年9月、 37-40頁。
  • 竹中夏海 『IDOL DANCE!!!』 ポット出版、2012年12月。ISBN 978-4-7808-0192-7

外部リンク[編集]