下呂町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下呂町
廃止日 平成16年(2004年)3月1日
廃止理由 新設合併
萩原町小坂町下呂町金山町馬瀬村下呂市
現在の自治体 下呂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
益田郡
団体コード 21583-0
面積 194.11km2
総人口 14,527
推計人口、平成16年(2004年)2月1日)
隣接自治体 益田郡 小坂町萩原町金山町馬瀬村
加茂郡 白川町
恵那郡加子母村
長野県 王滝村
町の花 つつじ
下呂町役場
所在地 509-2295
岐阜県益田郡下呂町森960
Gero City Hall ac (1).jpg
旧・下呂町役場(現在の下呂市役所)
座標 北緯35度48分22.1秒
東経137度14分38.1秒
下呂町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

下呂町(げろちょう)は、かつて岐阜県益田郡にあった。2004年(平成16年)3月1日に益田郡の他4町村と合併し、下呂市が発足した。下呂温泉で知られる。

地理[編集]

面積の90%を山林が占め、御嶽山系の1,000m級の山々に囲まれている。川が町のほぼ中央を貫流する飛騨川に合流している。

  • 山:湯ヶ峰、白草山
  • 河川:飛騨川、原川、門和佐川、輪川
  • 滝:乗政大滝

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

上古

  • 『岐阜県益田郡誌』によると、「光仁天皇の御代宝亀7年までは大野郡伴有里の内なりしも後下留郷となし、又其後・・・湯之島・森・小川・三原に中原村大字門原の舊六ヶ村を下呂郷と称す」、「蓋し村名の起因は前記下留が下呂と轉じたるならむ」[1]とあり、古くは下留(しものとまり)と呼ばれていたものがやがて下留(げる)を経て下呂(げろ)と変化したものであろうと言われている。

近代

経済[編集]

産業[編集]

交通[編集]

下呂駅

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜県益田郡役所、『岐阜県益田郡誌』合名会社大衆書房、1960年、30頁。
  2. ^ a b c 『映画年鑑 1963年版 別冊 映画便覧 1963』時事通信社。1963年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]