金森氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金森氏
家紋
裏梅鉢
本姓 清和源氏土岐氏流
家祖 金森定近
種別 武家
主な根拠地 近江国金森村
飛騨国
越前国
支流、分家 金森左京家(武家
宗和流金森氏(地下人
凡例 / Category:日本の氏族

金森氏(かなもりし)は、日本氏族のひとつ。

歴史[編集]

美濃清和源氏土岐氏当主の土岐成頼の子の一人である定頼が領地を美濃山県郡大桑(現在の岐阜県山県市大桑)に持ったことから大桑氏を称し、後に船田合戦の功によって領を美濃土岐郡大畑(現在の岐阜県多治見市大畑町)に移した事により大畑氏を称した。そして定頼の子の大畑定近は後に近江国の金森村(現在の滋賀県守山市金森)に居を移し、金森姓を称したという伝承がある。

戦国時代の当主・金森長近(定近の子)は織田信長に仕え、斎藤氏攻略戦などで活躍。その後柴田勝家与力となるが、勝家が滅ぼされた後は羽柴秀吉に従い、天正13年(1585年)に飛騨国を与えられた。慶長5年(1600年)に行われた関ヶ原の戦いでは東軍の徳川家康方に付き、戦後高山藩主となった。

長近実子の長光慶長16年(1611年)に7歳で夭逝し、長近が美濃の長屋氏長江氏支流)から養子として迎えた可重の家系がその後続いた。

宝暦8年(1758年)、藩主・頼錦江戸幕府に藩政を咎められ、金森家は改易された。頼錦の子たちも連座したが、明和3年(1766年)赦免され、六男の頼興天明8年(1788年)に1,500俵で名跡を継ぎ、子孫は旗本寄合席として存続した。また重頼の弟の重勝が分家・金森左京家を高山藩内に興しており、本家改易後は越前国に移され、3,000石の旗本・交代寄合表御礼衆として存続した。

一族[編集]

長近・可重は茶道に優れており、可重に廃嫡された金森重近はその才を受け継いで茶人として生涯を送り、宗和流を興している。重近の子・方氏加賀藩に仕えたため、宗和流の金森氏は加賀で存続したが、金森氏の血筋は江戸中期に断絶した。

また長近の兄弟の政近も信長や秀吉に仕えた。その子・一吉(可憲)は関ヶ原の合戦で西軍に付き、大坂冬の陣にも参戦したが、夏の陣には参加せず、尾張徳川家に仕官し子孫は藩士として続いた。

安楽庵策伝もこの金森一族で定近の子だと伝える。ただし疑問視もされている。

系図[編集]

*太線は実子、細線は養子。
土岐成頼大畑定頼金森定近(大畑)
 ┣━━━━┳━━┓
政近   長近1 政秀
 ┃    ┣━━┳───┐
一吉   長則 長光  可重2
  ┏━━━╋━━┳━━━┓
 酒井重澄 重勝 重頼3 重近
   ┏━━━┳━━┫     ┃
 重直  従純  頼直4 方氏
           ┏━━┫    ┃
         近供  頼業5 方一
        |  ┃   ┃
      可英  頼時6 信近
       ┃  ┃    ┃
      近忠  可寛  知近
        ┃  ┃
     近興  頼錦7
       ┃  ┣━━━┳━━━┓
     近利  頼興 井上正辰 頼元
             ┃   ┃
            近興  可儔
             ┃   ┃
            近義  可継
             |   |
            近明  重任
                 |
                重器
                 ┃
                頼功
                 |
                 頼之

金森氏縁故社寺・菩提寺[編集]

金龍院 - 臨済宗東福寺塔頭

脚注[編集]